CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小規模多機能ケアは、1980年代から全国各地で草の根的に生まれた宅老所が実践してきた在宅支援方法です。制度を活用しながら、また、制度の隙間を埋めながら、利用者中心の在宅支援を行ってきました。そして、今回の介護保険法改正により、地域密着型サービスとして、「小規模多機能型居宅介護」が制度化されました。
このサービスは「通い」機能を中心に利用者の24時間の生活を支え、必要に応じて「宿泊」機能や「訪問」機能を行うことで在宅生活の継続を確保します。さらに、利用される一人ひとりが望む地域での暮らし方を尊重し、必要に応じて自らのもつ機能を柔軟に生かしながら、利用者がそれまで築いてきた地域、家族との関係に配慮しながらサービスを提供します。

« 来客♪♪ | Main | 草刈り!! »

<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

吉右ヱ門さん家さんの画像
吉右ヱ門さん家
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
けん
サザンカ (12/04) だいちゃん
サザンカ (12/03) だいちゃん
もう8月・・・ (08/05) けんちゃん
救急法 (08/01) だいちゃん
救急法 (08/01) だいちゃん
7月初☆★ (07/23) だいちゃん
絵手紙教室(吉右ヱ門さん家にて) (07/23) けん
7月初☆★ (07/14) だいちゃん
7月初☆★ (07/08) けんた☆
もういくつ寝ると・・・ ♪♪ (07/07)
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/kichomon/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kichomon/index2_0.xml
取材!![2009年05月20日(Wed)]
こんにちは♪
昨日読売新聞の記者の方が吉右ヱ門さん家に取材しに来てくださいました。



なぜ取材に来たのかというと、吉右ヱ門さん家がある佐柿地区の「若狭国吉城歴史資料館」が先日オープンし、その取材の一部で地域の応援団ということででした。
取材されるのは、あまり慣れていないので、少し緊張して思うように話が出来なかったのですが、思いのままを話しました。
こうやって取材に来て下さると、とても吉右ヱ門さん家のPRにもなると思ったし、色々な人に吉右ヱ門さん家に存在をしてもらう事が出来るので良い機会だと思いました。

新聞に掲載されるのは5月31日(日)だそうです。
よかったら、読売新聞を拝見してください。

Posted by 吉右ヱ門さん家 at 17:20 | 職員のつぶやき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/kichomon/archive/53

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント