CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

吉右ヱ門さん家

小規模多機能ケアは、1980年代から全国各地で草の根的に生まれた宅老所が実践してきた在宅支援方法です。制度を活用しながら、また、制度の隙間を埋めながら、利用者中心の在宅支援を行ってきました。そして、今回の介護保険法改正により、地域密着型サービスとして、「小規模多機能型居宅介護」が制度化されました。
このサービスは「通い」機能を中心に利用者の24時間の生活を支え、必要に応じて「宿泊」機能や「訪問」機能を行うことで在宅生活の継続を確保します。さらに、利用される一人ひとりが望む地域での暮らし方を尊重し、必要に応じて自らのもつ機能を柔軟に生かしながら、利用者がそれまで築いてきた地域、家族との関係に配慮しながらサービスを提供します。


<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

吉右ヱ門さん家さんの画像
吉右ヱ門さん家
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
けん
サザンカ (12/04) だいちゃん
サザンカ (12/03) だいちゃん
もう8月・・・ (08/05) けんちゃん
救急法 (08/01) だいちゃん
救急法 (08/01) だいちゃん
7月初☆★ (07/23) だいちゃん
絵手紙教室(吉右ヱ門さん家にて) (07/23) けん
7月初☆★ (07/14) だいちゃん
7月初☆★ (07/08) けんた☆
もういくつ寝ると・・・ ♪♪ (07/07)
リンク集
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/kichomon/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kichomon/index2_0.xml
大雪です [2022年02月26日(Sat)]
もうすぐ3月なのに目今年は、昨年に引き続き雪もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
外は雪の山が出来ていますあせあせ(飛び散る汗)

P2240505.JPG


連日の雪で、朝から地域の職員も除雪作業を手伝ってくれます

P2220503.JPG



雪の日に通ってこられる利用者の方々も、あまりの雪にびっくりダッシュ(走り出すさま)

皆さんの会話も、雪の話題が多くなります。
「昔は、もっと雪が多くて、屋根雪おろしをしたよ」
「道も除雪車も遅くて、バスも止まってしまって、歩いて仕事に行った」
色々な昔の様子を教えてくださいます耳

その中で、太平洋側の地域から〇〇年前に嫁いでこられた方は、
「子供の頃、少しの雪が降っても雪うれしくて、一番に外に飛び出して遊んだもんやわ。
でも美浜に来たらたくさん雪が降って、全然雪見てもうれしくないわ。子供の頃が
良かったわ。」
と話されていました。

天気予報をみると、しばらく雪マーク出ていないので、これで最後かなと思いつつふらふら

はやく春が来ないかな〜グッド(上向き矢印)




【(カテゴリなし)の最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント