• もっと見る

2022年07月25日

2022年度「手話学コロキアム」第1回を開催しました

 去る7月3日(日)に今年度第1回目の手話学コロキアムを開催しました。
 今年度は全3回シリーズで、より実践的な学びの場を提供するために、これまでに手話学コロキアムにご参加いただいた皆様を中心に参加を募りました(募集は終了しております)。
 本イベントは、新型コロナウイルスの影響で、3年振りの対面開催となりました。
 対面ならではの実践を交えた内容に、参加者が集中して取り組まれる姿が印象的でした。

 今回は「ELANの基本的操作方法」をテーマに、手話言語研究センター客員研究員の矢野羽衣子先生による講義とワークショップを行いました。手話研究の際に役立つ技術として、動画解析ソフトELANを用いた手話動画分析の基本操作について学びました。
 前半の講義では、矢野先生ご自身の研究事例を通し、ELANを活用してどのような研究をされてきたのか、ELANを用いることでの研究の可能性などをうかがいました。

講義の様子

後半のワークショップでは、実際に手話での自己紹介動画を用いてELANの操作を体験しました。動画を撮影する際の注意点や動画の取り込み方、注釈のつけ方、覚えておくと便利な操作方法など、実践を通して学ぶことができました。
そして、最後にはディスカッションも行いました。例えば、/よろしくお願いします/という手話表現を、/よろしく/と/お願いします/で区切って表記したほうがよいのか、/よろしくお願いします/と一語で表記したほうがよいのかなど、活発な意見交換がなされました。

ワークショップの様子

以下、参加者からの感想です。
(抜粋、原文のまま)
・ELANを使った言語資源の管理にとても関心がある一方、これまで、音声言語のファイルしか扱ったことがなかったため、ビデオのとり方から分析の仕方までとても勉強になりました。
・ELANの可能性に面白さを感じました。
・実践型だったので集中して取りくめた。

講師の矢野先生、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


posted by 大原 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年06月27日

2022年度ミニ講座「手話とろう学校」を開催しました

6月16日(木)に本学西宮聖和キャンパスのラーニングコモンズ「リプラ」のロングアクティビティープログラムの一環として、当センター主催のミニ講座「手話とろう学校」を開催しました。

今回のミニ講座では、このほど日本財団聴覚障害者海外奨学金事業第16期生として、ギャロデット大学ろう教育研究修士課程を修了された大西啓人氏をお招きし、学生を中心に16名の参加者が手話やろう学校について学びました。
大西氏ご自身の学生時代や教育実習の経験から、ろう学校において手話が堪能な教員がまだまだ不足していること、ろう者にとっての音読、ろう教育の課題、さらに大学院で学んだ手話教育に関する理論まで、多岐にわたるお話をしてくださいました。
大西啓人氏.jpg

また、後半には、NPO法人手話教師センターの重田千輝氏による日本手話体験講座を行いました。音声言語を使用せず、目で見て手話を学ぶという新鮮な教授法で、参加者は次第に手話の世界に引き込まれていきました。
重田千輝氏.JPG

参加者の感想を一部紹介します。
・今回のイベントでは、手話について全く知識のない私でも理解することができ、新しく学んだことが多くありました。特にろう学校での教育課題について考えさせられました。
・ろう学校に手話があまり得意ではない先生もいるということにとても驚いた。ろう学校の実情を詳しくは知らなかったので良い経験になった。手話を実際に体験してみて、簡潔で分かりやすく学べた。
・手話について、また、ろう者の教育について学ぶことができて非常に良い時間になりました。大学生になってからずっと手話を勉強したいと思っていたので、これを機に勉強したいと思います。

講師の大西様、重田様、参加された皆様、会場をご提供くださった「リプラ」スタッフの皆様、ご協力ありがとうございました。
posted by 大原 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年04月01日

海外大学との手話言語学、ろう文化等に関する共同研究の講演動画:第2〜3回を配信しました

手話言語研究センターは、手話を研究している 海外の5大学と共同で、手話言語学、ろう文化、ろう研究等に関する全5回の講演動画の配信を予定しています。今回は、第2回と第3回の動画を公開しました。(詳しくは以下のウェブサイトをご覧ください)
https://www.kwansei.ac.jp/c_shuwa/news/detail/102

第2回目の講演タイトルは" An overview of the transformation of Sign Language Interpreting as profession & research, & SLIS as a transformative field" (職業、研究における手話通訳の変革と変革の場としての手話通訳学)です。
講師は、英語・イギリス手話・オーストラリア手話・国際手話間の手話通訳者であり、手話通訳に関する研究者及び教育者でもあるJemina Napier教授(ヘリオット・ワット大学)です。手話通訳に関する研究者としてのご自身の経験に触れながら、手話通訳学がコミュニケーション、相互作用、言語的多様性等に変革をもたらす学問であることをお話しされています。
2021webinar2.png


第3回目の講演タイトルは" Students Disability and Accessibility " (障害学生とアクセシビリティ)です。
講師はグリフィス大学、障害学生・アクセシビリティ支援室室長のCathy Easte氏と、シニア・ディスアビリティ・アドバイザーでアーティストのRiona Tindal 博士です。グリフィス大学では、アクセシビリティとインクルージョンの原則を、可能な限りカリキュラムに反映させており、その支援の様子についてお話しされています。
2021webinar3.png


※第4回〜第5回の動画も近日公開予定です。
https://www.kwansei.ac.jp/c_shuwa/news/detail/102

posted by 大原 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年03月31日

2021年度研究成果報告会を開催しました

2022年3月13日(日)、手話言語研究センター所属の研究者の1年間の研究成果を共有するための研究成果報告会を行いました。
発表者と研究テーマは以下の通りです。(以下、発表順)

松岡 克尚(研究員:センター長)
「手話言語と多文化共生をめぐる考察」

森本 郁代(研究員:センター副長)
「日本手話会話における順番構成単位未投射に用いられる資源と話者交替」

下谷 奈津子(研究特別任期制助教)
「成人聴者の日本手話習得プロセス」

板垣 静香(研究員)
「英語学習のための日本手話―英語表現デジタル教材」

中島 武史(客員研究員)
「コーダと移民の共通点」

前川 和美(研究特別任期制助教)
「ろう児をもつ親への手話指導に関する研究」

矢野 羽衣子(客員研究員)
「不就学ろう者や離島で生活するろう者の手話表現コーパス」

平 英司(専門技術員)
「バイモーダル児の言語発達 -バイモーダル聴児Cのケーススタディ-」

今西 祐介(研究員)
「日本手話の文末指さしに関する統語的研究」

20210313seika.png
(写真をクリックすると拡大します)

この報告会は非公開で開催しましたが、一部学外の研究者の方々にも参加いただき、アドバイスをいただきました。
以下、参加者の感想を一部ご紹介します。

・手話が言語であるとの根拠が明確化されたと思い良い学びとなりました。
・手話に対する幅広い分野での色々な見方や研究を知ることができ有意義だった。
・さまざまな領域にわたる発表、興味深く拝聴しました。関西学院大学の専任教員の先生方もそれぞれの研究課題をもち、発表されていることが、組織として素晴らしいと思いました。

コロナ禍の中、苦慮しながらも少しずつ研究を進めています。
posted by 大原 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年03月25日

ミニ講座「ろう者について知ろう」の動画を公開しました

このたび、「ろう者について知ろうーもしも、あなたがろう者と出会ったらー」をテーマに、40分程度の動画を作成しました。
ぜひ、学校や職場のみなさんと一緒にご覧いただき、ご活用ください。


<内容>
●ミニ講義「ろう者について知ろう」講師:前川和美
●事例紹介「もしも、あなたがろう者と出会ったら」解説:前川和美、下谷奈津子
●実践「今日から使える手話」講師:前川和美
posted by 大原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年03月07日

関西デフ・フリースクール「しゅわっち」との共催企画「ようこそ、ろう者の世界へ」を開催しました

 去る1月23日(日)、本センターと創立20周年記念を迎えた関西デフ・フリースクール「しゅわっち」との共催企画「ようこそ、ろう者の世界へ」(オンラインイベント)を開催いたしました。386名の参加があり、盛会となりました。

 記念公演ではお笑いコンビ「デフW」に、ろう者が日常生活の中で経験してきたことやデフリンピックについてなどの内容を、笑いという形式で参加者のみなさんにお伝えいただきました。このパフォーマンスでみられたろう者の内にある共感こそが、ろう者を1つのコミュニティーとして結びつけ、コミュニティーのメンバーとしてのアイデンティティーを形成する要因であることを示唆するものでした。
20220123bunka01.png


 座談会ではろう児をもつ聴者の親やろう児をもつろうの父親、しゅわっちの元スタッフで現在ろう学校の教員、小さい頃しゅわっちに通っていた現しゅわっちスタッフ、というそれぞれの立場から「ろう者のアイデンティティー」について話し合いました。

 ろう児にとって、他のろう児や大人のろう者と出会う場が、アイデンティティーの形成には重要であることが示されました。ろう児の9割が聞こえる親のもとに生まれると言われる中、ろう児やその親がスムーズにろう者や手話に出会うことのできる場を提供できる社会システムの整備が急務であることも指摘されました。

 登壇者であるろう児を持つ聴者のお母さんから、ろう児をもつ親御さんへの「ぜひ手話を学んで、子どもと手話でたくさんお話をしてあげてほしい」というメッセージが印象的でした。
20220123bunka02.png


 午後の部では、しゅわっちの歴史の振り返りや、社会で活躍しているろう者へのインタビューなどがありました。ろう児が、社会で活躍するろう者(ロールモデル)に出会うことは、将来の自分の姿をイメージしながら成長するために大切なことです。
20220123bunka06.png


イベントの最後はクイズで締めくくられました。
以下、参加者からの感想です。

<参加者の感想>*抜粋、原文のまま
・とても面白かったです。聴者とのずれはもっとたくさんあると思います。このようなコントになっていると分りやすく、また嫌な感じは全くしないでお互いもっとわかりたいと思う気持ちが膨らみました。有難うございました。

・手話通訳者をはじめとする関係者が「聞こえない人はかわいそう」論から脱却する、良いきっかけとなる講演と感じました。

・聴者の親のほとんどは、どうにかして聴こえる環境を作ろうとするイメージが強い中、聴こえない子供に合わせて、家族が手話を覚えていくという考えは大切だと思いました。聴こえないことを否定しない環境づくりが、ろうの子供を持つ聴者の親に広がってほしいと思いました。

・ろう者のアイデンティティーについての座談、興味深かったです。しゅわっちのような場が全国各地に広がるといいなと思います。そしてろうの子供たち、またその子供を持つ親御さん達が窮屈な思いをすることなく、自由に自分の好きな言語で自分の思いを紡いでいけるといいなあと感じました。

・聞こえない大人が聞こえない子に小さい頃から関わること、聞こえない子の集団が大切だと再確認しました。若い方々が頑張っている姿を見るのはうれしいです。

・聴者であっても、自分の苦手意識や自分を認めるということが難しい時がある。今日は、ろう者のロールモデルからの言葉から、聴者である私が元気をもらった。

お忙しい中、ご参加いただいた皆様、登壇してくださった皆様、ありがとうございました。ぴかぴか(新しい)
posted by 大原 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年02月22日

2021年度 手話学コロキアム第4回を開催しました

 去る2月12日(土)に第4回手話学コロキアムをオンラインで開催いたしました。
 第4回目は「L1/L2の日本手話表出に関する比較研究」というテーマで、群馬大学の中野聡子准教授をお迎えし講義とワークショップを行いました。

 講義では研究者としてのご自身の経験をふまえながら、第二言語習得の基礎理論と聴者成人の手話習得に関わる先行研究について、手話で語る際の学習者とろう者の視点の違いなど、具体的に分かりやすくお話をしていただきました。
 そして、講義をふまえワークショップでは、グループに分かれ、手話の第二言語習得研究を行うと想定し、対象者の選定等どのように研究計画を立てていくのかについてディスカッションを行いました。
20220212colloquium1.png

以下、参加者からの感想です。

(抜粋。原文そのまま)
・気づかなかった課題や新たな発見、知らないことに興味を持てる様になりました。
・L2としての手話学習というテーマについて、聴のL2学習当事者として見落としていた視点や、領域内の興味深いテーマいろいろと気づかされました。非常に勉強になりました。
・具体的な研究計画を話し合って中野先生からアドバイスをいただくことで自分ではなかなか気づけないところもご指摘いただいて本当に勉強になりました。
・研究とは、比較、条件、環境、方法など色々ルールがあって、それに則ってしないと意味がないんだという事が勉強になりました。

講師の中野先生、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。ぴかぴか(新しい)

この第4回目をもちまして、今年度の手話学コロキアムは終了となりました。
来年度も充実した手話学コロキアムを企画していきますので、よろしくお願いいたします。
20220212colloquium5.png
posted by 大原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年01月06日

2021年度 手話学コロキアム第3回を開催しました

12月19日(日)に第3回手話学コロキアムをオンラインで開催いたしました。
「マウジング」を研究されている岡田智裕氏(総合研究大学院大学5年一貫制博士課程)を講師に迎え、講義とワークショップを行ない、活発な議論がなされました。
マウスジェスチャーにも様々な種類があることを講義で学び、ワークショップではグループで分類について話し合うなど、日ごろ手話をする際に何気なく使用している口の動きについて改めて考え、手話研究の奥深さにふれる有意義な時間となりました。

2021年度コロキアム第3回11.jpg

以下、参加者からの感想です。
(抜粋。原文そのまま)
・口の動き方も手話言語の重要な一部であることがよく理解できました。
・マウス・アクションについてこんなに専門的に集中的に講義していただいたことがなく、貴重な機会をいただきました。
・海外の研究をたいへんわかりやすくご紹介いただき、マウスアクション研究の領域の奥深さと多くの課題を非常に興味深く拝見しました。
講師の岡田先生、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

2021年度コロキアム第3回2.jpg
posted by 大原 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年12月07日

2021年度 手話通訳研修「あなたの知らない手話通訳の世界〜手話による医療通訳〜」を開催しました

 去る11月23日(祝・火)に「あなたの知らない手話通訳の世界〜手話による医療通訳〜」と題し、手話通訳研修をオンライン(Zoomウェビナー形式)で行いました。 この事業は、兵庫県手話通訳士協会、NPO法人インフォメーションギャップバスター、関西ろう者医療保障研究会との共催で行われ、765名にも上る参加がありました。
 開会に先立ち、ご来賓の、自見はなこ参議院議員、薬師寺みちよ元参議院議員、家根谷敦子明石市議会議員よりご挨拶を頂きました。
 第1部では、日本で唯一ろう通訳の資格をもつ川上恵氏、親の通院にも同行経験のある竹内幸代氏、看護師で手話通訳士の多賀真理子氏、薬剤師でろう者の柴田昌彦氏をシンポジストに、看護師で手話通訳者の江木洋子氏をモデレーターに迎え、医療現場における手話通訳について、お話をしていただきました。

➀第1部シンポジウムの様子.jpg
【第1部 シンポジウムの様子】
また、第2部では手話通訳演習として、実際の医師や薬剤師の協力のもと、ろう患者への問診や診察、薬の説明場面を設定し、手話通訳演習を行いました。 5名の通訳者が演習に参加され、各場面の演習後は医師役/薬剤師役、患者役からのフィードバックに加え、川上氏からもコメントをいただきました。演習をとおして様々な気づきがあり、とても内容の濃い演習となりました。

B第2部手話通訳演習(シーン3薬の説明)の様子.jpg
【第2部 手話通訳演習(シーン3 薬の説明)の様子】
 
以下、参加者からの感想です。
 
<参加者の感想>*抜粋、原文のまま

・医療者側と通訳者とのギャップ、解釈の仕方や、聾者独自の問題など貴重な話が聞けて大変参考になりました。
・様々な立場の方のお話が聞けて、とても貴重な時間でした。手話通訳の専門性に加えて、医療という専門分野が加わるので、より丁寧で、明確な対応や通訳が必要だとよく理解できました。
・それぞれの立場からのご発言とても参考になりました。ろう者が感じている不安、諦め、悩み…、医療従事者の誤解、戸惑い…、ろう者が当たり前の権利としてきちんとした医療を受けるために是非解決しなければならない課題だと感じた。
・とても難しい内容や医療用語もあり、演習をした通訳の方の積極性と頑張りに拍手を送りたいです。やはり利用者(ろう者)の表情をよく見ること、また、医師・薬剤師と患者、双方の「口調」(声の調子、手話の強弱など)も伝える必要があることがわかりました。
 ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様 ありがとうございました。

A第2部手話通訳演習(評価・コメント)の様子.jpg
【第2部 手話通訳演習(評価・コメント)の様子】
posted by 大原 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年11月08日

2021年度 手話学コロキアム 第2回を開催しました

 去る10月23日(土)、豊田工業大学の原大介先生をお迎えし、「日本手話の音素・音節・音素配列論」をテーマに第2回手話学コロキアムを開催しました。

 講義では、一部のパーツが異なる2人の人物の顔のイラストを用いてミニマルペアを解説されるなど、音韻等について分かりやすくお話をしていただきました。
物理的な手指の形は、理論上は左右の手の手型・位置・動きの組み合わせが1京(1億の1万倍)以上あるが、その中から手話に不適格なものは使用されず、一定のルールによって用いられるというお話が印象的でした。
20211023colloquium1.jpg
 
 また、ワークショップでは、提示された手話の語彙について、参加者がそれぞれの語の適格性を考え、意見交換を行いました。
20211023colloquium2.jpg

<参加者の感想>*抜粋、原文のまま
・音韻や音素という側面から学ぶことで手話の新たな魅力に気付くことができました。あっという間の時間でした。
・手話が言語であるという概念についてはこれまで福祉的な見方しかしてきませんでしたが、音声学的に根拠があることがわかり大変衝撃的でした。さらに学びを深めていきたいと思いました。
・自分から積極的に考えていかなければならず、それがたいへんいい効果を生んでくれました。

ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした。原先生、ありがとうございました。
posted by 大原 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)