• もっと見る

2023年09月27日

2023年度 国際シンポジウム「手話言語✕AI〜ICTを活用した新たなチャレンジ〜」を開催しました

 2023年9月10日(日)に、2023年度国際シンポジウム「手話×AI〜ICTを活用した新たなチャレンジ」を、本学西宮上ケ原キャンパスの中央講堂にて開催しました。今年の4月に、手話言語研究センターが正式に本学の研究所として常設化され、再スタートを切ってから、記念すべき最初のイベントとなりました。オンラインではなく、対面での開催でしたが、大変多くの方にご参加いただきました。

 本シンポジウムは、香港中文大学 手話言語学・ろう者学研究センター、Google社、日本財団と協働ですすめている「プロジェクト手話」の新製品、「手話タウンハンドブック(AIによる手話認識技術を活用した手話学習ツール)」のお披露目も兼ねて、皆さんと一緒に手話教育におけるICT、AIの可能性と課題について考えを深めることを目的に開催いたしました。

 まず初めに、主催者を代表して、本学の土井健司副学長(神学部教授) より、開会の挨拶として、手話言語研究センターの設立から今日に至るまでの様々な取り組みについて、お話しさせていただきました。
全体の進行は、前半がプレゼンテーション、後半はパネルディスカッション、という二本立てで進められました。まず、プロジェクト手話に関わった5名の登壇者に、このプロジェクトの概要、AIを使った手話認識の仕組み、今後の課題や展望等を話していただきました。
初めに、香港中文大学、手話言語ろう者学研究センターのKa Yiu Cheng氏にこのプロジェクトが始まった経緯と背景を、次に、Google社 のJoe Fry氏よりプロジェクト全体のコンセプト、続いて公益財団法人 日本財団 特定事業部の川俣 郁美氏より、これまでの取り組みについてご報告いただきました。技術的な観点からは、タイのbit.studioより、Kiattiyot “Boon” Panichprecha氏にご登壇いただき、AIの機械学習の仕組みと、この手話タウンというソフトがどのような技術を使って作られているのか等、専門的なご説明をいただきました。次に、主に手話のデータ収集については本学の手話言語研究センターの前川和美助教より、現状と課題についてお話いただきました。
20230910_presentation.jpg


 後半のパネルディスカッションでは、まず本学の副学長、巳波教授より前半の総括と、本学のAI活用人材育成プログラムの紹介がありました。その後、モデレーターとして、各登壇者との意見交換を進行していただき、それぞれプロジェクト手話に関わる中で見えてきた課題、今後の展望などを語っていただきました。

技術だけが先行してしまうのではなく、その技術を利用する人と一緒に開発をすることが大切だということ、またAI技術がすべてを解決するのではなく、あくまで大切なのは人であり、AIは、人と人とのやり取りを助けるために介在するものであるべき、そして、本当の意味でこの技術を使えるものにするには、大量の正確なデータが必要不可欠である、等の意見が交わされました 。また、これまで無理だと思われていたことが、技術の進歩により当たり前になった事例も多くあるので、音声言語と手話言語の垣根を越えて、いつでもどこでも誰とでも、自由にコミュニケーションが取れる社会を作っていきたいという大きな夢も語っていただくなど、密度の濃い、大変有益な時間となりました。
0910_discussion.jpg

 最後のQ&Aの時間では、「利き手の違いや服装の違いで手話認識に影響はあるのか」、「手話データの偏りについて」等、様々な質問が寄せられました。利き手や服装の違いだけで手話の認識に影響することはないが、より精度を上げるために、今回の技術を開発し、またさらに発展させていきたいということでした。また、データ収集には、正確なデータを大量に集めることが最も大事であることが強調されていました。時間の都合上、すべてにお答えすることはできませんでしたが、参加者の皆さんも一緒に、考えを深めてくださっていることが良く分かりました。

 最後に、参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。
・AIについて詳しく知らないまま苦手意識があったが、今日のお話を聞いて、今後の利用や可能性に期待が持てた。
・ろう者とAIにおける取り組みの課題や成果を知ることで、私たちに何ができるのかを考えるきっかけになった。
・話題のテーマだけに大変良かった。ただ、専門的内容も多く、難易度が高めに感じた。
・AIの素晴らしさだけでなく、課題も赤裸々にお伺いできて、私もその一員となりたくさん考えさせられた。

 まだ課題は多くありますが、今後も皆様のご協力をいただきながら、このプロジェクトを継続し、発展させたいと考えています。お忙しい中、登壇してくださった皆様、ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
posted by 大原 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2023年09月22日

2023年度 手話通訳研修事業を開催しました

 2023年8月25日(金)、「2023年度 手話通訳研修事業・勉強会兼懇談会」を、本学西宮上ケ原キャンパスにて開催しました。

 近年、学術領域において、ろう者の参加がますます増えてきましたが、それに対応できる高度な技術を持つ学術手話通訳者が圧倒的に不足しているという状況を踏まえ、現状と課題を明らかにするため、これまで本学の授業やミーティング等の手話通訳をお引き受けいただいている手話通訳者を対象に、勉強会兼懇談会を開催しました。

 当日は6名の参加で、講師は本センター前川和美助教、下谷奈津子助教が共に務めました。参加者へは、事前に日本語への読み取り通訳および、日本手話への聞き取り通訳のための課題(いずれも手話言語学に関するテーマ)を送り、各自で準備をしてからお越しいただきました。当日は、一人一人の通訳パフォーマンスを見て、各講師より講評を行いました。読み取り通訳課題では、今回の課題のキーポイントとなる「二重分節性」をテーマに取り上げました。専門性の高い内容を通訳する際、事前準備における用語の理解は非常に重要ですが、個々の理解度にばらつきがあったため、改めて整理し、それぞれの疑問や気づいた点等も話しあって理解を深めました。聞き取り通訳課題では、講師との打ち合わせを行い、学術場面で必要とされるスキルについて、学びを深められる内容となりました。
懇談会では、事前課題送付時に聞いていた、個々の課題や悩みについて、意見交換を行いました。多かったのは、やはり技術研鑽に関するテーマで、専門用語の理解や手話表現、文末の処理をどうすれば良いか等について聞きたい、ということでした。各課題について、講師や参加者から、それぞれの経験や工夫等を自由に話してもらい、それぞれ今後の通訳現場で活かせるような内容となりました。
1.jpg

 終了後は、「もっと学びたい」「パワーポイントの効果的な使い方等を具体的に学べて、良く分かった」「自分のレベルを再確認できた」「地域、活動環境の異なる通訳者の話を聞くことができ、励みになった」等の意見が寄せられました。また、「半日では時間が足りなかった」という声もありました。
今後も継続的に研修を開催し、学術現場に対応できる手話通訳者の学びの場を提供できればと考えています。
posted by 大原 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2023年03月30日

関学大・群馬大合同シンポジウム「高等教育機関が担う次世代手話教育の可能性」を開催しました

  2月19日(日)に群馬大学との合同シンポジウム「高等教育が担う次世代手話教育の可能性」をオンラインにて開催しました。 このシンポジウムは、基調講演・話題提供・パネルディスカッションの3本立てで行われました。

  基調講演では「手話教育・研究は高等教育の情報保障ニーズを満たせるか?」というテーマで、文部科学省大臣官房総括審議官の井上諭一氏よりご講演いただきました。ろう、聴覚障害の学生や大学での情報保障の状況などのデータに基づいて、今後どれだけ手話通訳者の養成に力を注いだとしても、様々な専門分野で学ぶ学生に十分な情報保障を提供することは、現状のままでは量的にも質的にも困難であるとご説明いただきました。一方で、AI(ディープラーニング)により自動翻訳技術が飛躍的に進展していることから、それに画像認識技術と手話言語学研究の成果を掛け合わせることで、自動学術手話通訳の実現も夢ではないこと、そして、それを人間の通訳士がフォローする形にできれば、高等教育機関における手話通訳不足の問題は解決できる
のではないかというお話がありました。ほかにも、サイバネティック・アバターのお話
など、未来を感じられる示唆に富んだ講演をしていただきました。
井上審議官基調講演2.png
 基調講演の後は、松岡克尚 関西学院大学手話言語研究センター長と金澤貴之 群馬大学手話サポーター養成プロジェクト室リーダーによる「意思疎通支援者養成における法制度の検討」と題した話題提供を行いました。本学の松岡センター長からは、手話言語条例の制定状況や障害者権利条約の対日審査結果の勧告内容、障害者情報アクセシビリティ・コミュニケーション施策推進法といった法制度に関わる最近の動きに加えて、社会福祉士制度の歴史や養成の仕組みについて情報提供がありました。また、群馬大学の金澤プロジェクト室リーダーからは、手話通訳を取り巻く制度や通訳者養成に関する複雑で多岐にわたる内容を、クイズ形式で分かりやすく解説いただきました。
2)話題提供松岡金澤1.png

「高等教育機関における手話通訳者養成」と題したパネルディスカッションでは、初めに5名のパネリストからそれぞれ事業報告、実践報告がありました。 まず、関西学院大学手話言語研究センターの森本郁代センター副長と前川和美研究特別任期制助教から、関西学院大学でのナチュラルアプローチによる手話教育の取り組みや手話言語研究センターが設立されたことの意義などの報告があり、次に群馬大学手話サポーター養成プロジェクト室の中野聡子准教授が、群馬大学の日本手話・手話通訳教育において「専門職としての手話能力の欧州基準」(2016)を参照しつつカリキュラムや授業の改善を行ってきたこと、またトランス・ランゲージングを導入した指導実践について報告されました。また、社会福祉法人全国手話研修センター 手話事業課の井惠美氏からは、厚生労働省委託事業である「若年層の手話通訳者養成モデル事業」の取り組みについて報告があり、2022年度は4大学で実施されたことや、オンラインや集合(対面)授業を併用して行われた結果、予習が習慣化したといった学習効果についてのお話と、今後の事業計画についても説明されました。 最後に、社会福祉法人聴力障害者情報文化センターの飯泉菜穂子氏より、元世田谷福祉専門学校手話通訳学科長の立場から、世田谷福祉専門学校での取り組みについてこれまでの教育実践に基づいてご説明いただきました。入学1年目で手話検定1級を100%近い割合で取得していたという実績がありつつも廃科となった実状をふまえて、持続可能な教育環境の担保のためにはエビデンスの構築が重要であることも示唆していただきました。 パネリストからの報告後の討議では、高等教育機関であり研究機関でもある大学では、人材育成の実践により研究を深化させ、その成果を教授法の開発やカリキュラムの構築に活かしてさらに人材育成をするという循環を生みだすことができるといったお話や、今回のように様々な機関が連携していくことが重要であるという発言などがあり、活発な意見が交わされました。
3)パネルディスカッション5名.png

当日は250名を超える方にご参加いただき、高等教育機関が担う役割についての関心の高さを改めて実感しました。

以下、参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。
   ・高等教育機関における教育や、テクノロジーの現状、また問題点、課題についてさまざまな方からのお話を伺い、大変勉強になりました 
   ・手話に関する教育や研究のみならず、AI、第二言語習得、教員養成、福祉行政など、関連領域へのインプリケーションに富む内容になっていた点が非常によかった  
   ・基調講演のような、未来をみすえた構想が必要だと思いました。実現のためには教員の養成と共に、先進技術との協働がとても重要だと思いました
お忙しい中、ご参加いただいた皆様、登壇してくださった皆様、ありがとうございました。
posted by 大原 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2023年03月29日

2022年度「手話学コロキアム」第3回を開催しました

1月28日(土)、第3回手話学コロキアムを西宮上ケ原キャンパスにて開催しました。

第3回目は群馬大学・共同教育学部の中野聡子准教授をお招きし、これまでの手話学コロキアムで学習してきたことをふまえて、「研究計画の作成」について学びました。

まず初めに、中野先生による「研究計画の作成」のためのイントロダクションがあり、「何を知りたいのか」という目的を明確にし、研究テーマに対して「問題は何か」を整理すること、手話に係る専門用語の定義と概念を把握することが必要であるということをうかがいました。

 参加者それぞれの発表後は、他の参加者からの質疑応答や意見交換が行われ、中野先生からは、「研究の目的を一つに絞る方がよい」、「様々な要因が関係している場合もあるため、目的に合わせて条件を統一する必要がある」といった助言をいただきました。さらに、直感的な感覚は、深く分析することによって他にない研究アイデアの源泉となりうるものなので、大切にしてほしいというお言葉もいただきました。
第3回コロキアム1.jpg

 参加者からは、

・「いろいろな視点の話がきけて、視野が広がりました。」
・「講師の助言が具体的で、大変勉強になりました。」
・「みなさんの意見から何かしらヒントが得られひらめき、自分の研究を進めること
  ができます。」

 といった感想をいただき、たいへん充実した学びの時間となりました。
 これをもって、今年度3回の開催予定であった手話学コロキアムも全て無事に終了しました。 今回講師を務めていただいた中野先生はじめ、第1回講師の矢野先生、第2回講師の松ア先生、また参加者の皆様、ありがとうございました。
第3回コロキアム2.jpg
posted by 大原 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年度講話会「通訳を深掘りする」を開催しました

 12月10日(土)、「通訳を深掘りする」と題し2022年度講話会を西宮上ケ原キャンパスで開催しました。
さまざまな領域で通訳者としてご活躍の方々を迎え、通訳の仕組み、現場での様子、課題などについてお話しいただきました。
 前半に、3名の講師によるミニレクチャーを行い、後半は、それぞれの領域の共通点や相違点について対談しながら、「通訳」について深掘りしていきました。
 手話言語研究センター 松岡克尚センター長の開会あいさつの後、初めに、兵庫県手話通訳士協会の元会長であり、現在も手話通訳者として活躍されている池上睦氏にご登壇いただきました。池上氏からは、「地域で活動する手話通訳者の現状」をテーマに、手話通訳制度の歴史や役割をご説明いただいた後、地域で活動している手話通訳者の現状についてお話をいただきました。また、通訳者の高齢化や、通訳者養成を行う講師の人材不足などの課題をご提示いただきました。
 続いて、米国認定ろう通訳士の資格を有し、国内外の幅広い分野で通訳活動をされている川上恵氏から、「異文化同士をつなぐ通訳活動」をテーマに、お話しいただきました。通訳では、それぞれの利用者の文化的背景等を理解したうえでコミュニケーションをつなぐ必要があることを、具体例を示しながら解説いただき、そのためのろう通訳者の役割や、ろう者と聴者の通訳者による協働の意義についてご講演いただきました。
 最後に、立教大学異文化コミュニケーション学部の教授で、日本の翻訳通訳政策を研究されている武田珂代子氏から「手話通訳との比較から考える音声通訳の特徴」をテーマに、手話通訳と音声通訳の特徴や違いについてお話しいただきました。音声通訳の教育実践にも言及しながら、手話通訳の特徴について分析いただいたほか、通訳の仕組みを説明するセレスコヴィッチの「意味の理論」についても分かりやすくご講演いただきました。
 後半は、英語と日本手話の通訳として国際会議等でご活躍されている高木真知子氏をモデレーターにお招きし、3名の講師とともに対談を行いました。通訳者の専門性やその養成、手話通訳を取り巻く課題などについて活発なディスカッションが行われました。その後の質疑応答でもフロアから様々なご質問をいただき、大いに盛り上がりました。最後に、手話言語研究センター 森本郁代センター副長のあいさつで閉会となりました。
参加者からは、「様々な立場・視点からのお話を伺えてとても勉強になった」、「日頃から感じている課題について考えるよいきっかけになった」、「手話の奥深さや面白みを改めて感じた」などの声が寄せられました。また、久しぶりの対面でのイベントで、登壇者の思いや参加者の熱意が直接感じられ、充実した時間をもつことができました。 ご参加いただいた皆様、登壇者の皆様、ありがとうございました。
posted by 大原 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年11月09日

2022年度「手話学コロキアム」第2回を開催しました。

 10月22日(土)に第2回手話学コロキアムを開催しました。
 手話研究について実践的に学んでいただく3回シリーズの第2回目となります。
 今回は、宮城教育大学の松ア丈先生をお招きし、「研究事例を通して研究手法を学ぼう」をテーマに講義とワークショップを行いました。
 
 はじめに、松ア先生が執筆された「ろう児が自己経験を物語ることの発達的意義」に関する研究論文をご紹介いただき、論文完成までの研究過程を具体的に示しながら、研究の進め方や分析の手法、考察の方法等について講義いただきました。

講義2.jpg

ワークショップでは、「ろう児の語り」の分析を体験しました。ろう児の語りを模して作成した手話動画を基に、グループに分かれて分析を行いました。まず、語りを記述したうえで、どのような「出来事」が見られ、それらがどのように関連しているかをグループ内で話し合いました。その後、分析の結果や分析をして気づいた点などをグループごとに発表し、活発な意見交換が行われました。

ワークショップ2.jpg

 以下、参加者からの感想です。(抜粋、原文のまま)
・経験したことのない観点からの研究・分析だったためとても実りのある企画でした。
・具体的な事例や先生のご経験が聞けて良かったです。
・ろう児の言語能力の分析方法について詳しく知ることができて大変興味深かったです。

 講師の松ア先生、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by 大原 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年07月25日

2022年度「手話学コロキアム」第1回を開催しました

 去る7月3日(日)に今年度第1回目の手話学コロキアムを開催しました。
 今年度は全3回シリーズで、より実践的な学びの場を提供するために、これまでに手話学コロキアムにご参加いただいた皆様を中心に参加を募りました(募集は終了しております)。
 本イベントは、新型コロナウイルスの影響で、3年振りの対面開催となりました。
 対面ならではの実践を交えた内容に、参加者が集中して取り組まれる姿が印象的でした。

 今回は「ELANの基本的操作方法」をテーマに、手話言語研究センター客員研究員の矢野羽衣子先生による講義とワークショップを行いました。手話研究の際に役立つ技術として、動画解析ソフトELANを用いた手話動画分析の基本操作について学びました。
 前半の講義では、矢野先生ご自身の研究事例を通し、ELANを活用してどのような研究をされてきたのか、ELANを用いることでの研究の可能性などをうかがいました。

講義の様子

後半のワークショップでは、実際に手話での自己紹介動画を用いてELANの操作を体験しました。動画を撮影する際の注意点や動画の取り込み方、注釈のつけ方、覚えておくと便利な操作方法など、実践を通して学ぶことができました。
そして、最後にはディスカッションも行いました。例えば、/よろしくお願いします/という手話表現を、/よろしく/と/お願いします/で区切って表記したほうがよいのか、/よろしくお願いします/と一語で表記したほうがよいのかなど、活発な意見交換がなされました。

ワークショップの様子

以下、参加者からの感想です。
(抜粋、原文のまま)
・ELANを使った言語資源の管理にとても関心がある一方、これまで、音声言語のファイルしか扱ったことがなかったため、ビデオのとり方から分析の仕方までとても勉強になりました。
・ELANの可能性に面白さを感じました。
・実践型だったので集中して取りくめた。

講師の矢野先生、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


posted by 大原 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年06月27日

2022年度ミニ講座「手話とろう学校」を開催しました

6月16日(木)に本学西宮聖和キャンパスのラーニングコモンズ「リプラ」のロングアクティビティープログラムの一環として、当センター主催のミニ講座「手話とろう学校」を開催しました。

今回のミニ講座では、このほど日本財団聴覚障害者海外奨学金事業第16期生として、ギャロデット大学ろう教育研究修士課程を修了された大西啓人氏をお招きし、学生を中心に16名の参加者が手話やろう学校について学びました。
大西氏ご自身の学生時代や教育実習の経験から、ろう学校において手話が堪能な教員がまだまだ不足していること、ろう者にとっての音読、ろう教育の課題、さらに大学院で学んだ手話教育に関する理論まで、多岐にわたるお話をしてくださいました。
大西啓人氏.jpg

また、後半には、NPO法人手話教師センターの重田千輝氏による日本手話体験講座を行いました。音声言語を使用せず、目で見て手話を学ぶという新鮮な教授法で、参加者は次第に手話の世界に引き込まれていきました。
重田千輝氏.JPG

参加者の感想を一部紹介します。
・今回のイベントでは、手話について全く知識のない私でも理解することができ、新しく学んだことが多くありました。特にろう学校での教育課題について考えさせられました。
・ろう学校に手話があまり得意ではない先生もいるということにとても驚いた。ろう学校の実情を詳しくは知らなかったので良い経験になった。手話を実際に体験してみて、簡潔で分かりやすく学べた。
・手話について、また、ろう者の教育について学ぶことができて非常に良い時間になりました。大学生になってからずっと手話を勉強したいと思っていたので、これを機に勉強したいと思います。

講師の大西様、重田様、参加された皆様、会場をご提供くださった「リプラ」スタッフの皆様、ご協力ありがとうございました。
posted by 大原 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年04月01日

海外大学との手話言語学、ろう文化等に関する共同研究の講演動画:第2〜3回を配信しました

手話言語研究センターは、手話を研究している 海外の5大学と共同で、手話言語学、ろう文化、ろう研究等に関する全5回の講演動画の配信を予定しています。今回は、第2回と第3回の動画を公開しました。(詳しくは以下のウェブサイトをご覧ください)
https://www.kwansei.ac.jp/c_shuwa/news/detail/102

第2回目の講演タイトルは" An overview of the transformation of Sign Language Interpreting as profession & research, & SLIS as a transformative field" (職業、研究における手話通訳の変革と変革の場としての手話通訳学)です。
講師は、英語・イギリス手話・オーストラリア手話・国際手話間の手話通訳者であり、手話通訳に関する研究者及び教育者でもあるJemina Napier教授(ヘリオット・ワット大学)です。手話通訳に関する研究者としてのご自身の経験に触れながら、手話通訳学がコミュニケーション、相互作用、言語的多様性等に変革をもたらす学問であることをお話しされています。
2021webinar2.png


第3回目の講演タイトルは" Students Disability and Accessibility " (障害学生とアクセシビリティ)です。
講師はグリフィス大学、障害学生・アクセシビリティ支援室室長のCathy Easte氏と、シニア・ディスアビリティ・アドバイザーでアーティストのRiona Tindal 博士です。グリフィス大学では、アクセシビリティとインクルージョンの原則を、可能な限りカリキュラムに反映させており、その支援の様子についてお話しされています。
2021webinar3.png


※第4回〜第5回の動画も近日公開予定です。
https://www.kwansei.ac.jp/c_shuwa/news/detail/102

posted by 大原 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年03月31日

2021年度研究成果報告会を開催しました

2022年3月13日(日)、手話言語研究センター所属の研究者の1年間の研究成果を共有するための研究成果報告会を行いました。
発表者と研究テーマは以下の通りです。(以下、発表順)

松岡 克尚(研究員:センター長)
「手話言語と多文化共生をめぐる考察」

森本 郁代(研究員:センター副長)
「日本手話会話における順番構成単位未投射に用いられる資源と話者交替」

下谷 奈津子(研究特別任期制助教)
「成人聴者の日本手話習得プロセス」

板垣 静香(研究員)
「英語学習のための日本手話―英語表現デジタル教材」

中島 武史(客員研究員)
「コーダと移民の共通点」

前川 和美(研究特別任期制助教)
「ろう児をもつ親への手話指導に関する研究」

矢野 羽衣子(客員研究員)
「不就学ろう者や離島で生活するろう者の手話表現コーパス」

平 英司(専門技術員)
「バイモーダル児の言語発達 -バイモーダル聴児Cのケーススタディ-」

今西 祐介(研究員)
「日本手話の文末指さしに関する統語的研究」

20210313seika.png
(写真をクリックすると拡大します)

この報告会は非公開で開催しましたが、一部学外の研究者の方々にも参加いただき、アドバイスをいただきました。
以下、参加者の感想を一部ご紹介します。

・手話が言語であるとの根拠が明確化されたと思い良い学びとなりました。
・手話に対する幅広い分野での色々な見方や研究を知ることができ有意義だった。
・さまざまな領域にわたる発表、興味深く拝聴しました。関西学院大学の専任教員の先生方もそれぞれの研究課題をもち、発表されていることが、組織として素晴らしいと思いました。

コロナ禍の中、苦慮しながらも少しずつ研究を進めています。
posted by 大原 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)