• もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


状況で変わる氣持ち [2022年10月20日(Thu)]
IMG_1029.jpg

このところ取り巻く環境の変化が
著しいと感じています。

この世は虚仮
とはお釈迦様のお言葉とのことですが、
私には虚仮とはとても実感できるように
ありません。

収穫した芋が予想以上に売れると喜び、
台風や猪で作物が収穫できなくなると凹み、
凡人の極みです。

周囲に影響されなくなる事を
解脱というのか知りませんが、

一喜一憂する自分を𠮟咤激励しながら
目的の方向へ1mmでも前進できるよう
毎日努力出来ることに感謝しています。

  大した事も出来ませんが、
  自分に出来る最善を
  自分に求めます。
腐敗と発酵の分かれ目 [2022年10月19日(Wed)]
IMG_1422.jpg

腐敗と発酵の差は何かは
はっきりとは知りません。

腐敗というと悪者で
発酵というと良いもの
というイメージがあります。

が、神仏の仕組みに善悪はなく、
人が自分に都合の良い悪いで
発酵と言ったり腐敗と言ったり
してるのではと思うようになりました。

大きな意味では、
腐敗も各種腐敗菌?による発酵状態で
発酵も各種発酵菌?による腐敗状態
なのでしょう。

素人の私にもわかり易いのは
腐敗には虫が関係するというか
発酵の途中で虫が見えると
腐敗に進んでいる心配があります。

その理屈で行くと、
土の中にミミズなどがいると
土は腐敗に向いて進んでいる状態で
腐敗が完了すると、虫はいなくなる・・・
ということになります。

   知らんけど・・・。
菌ちゃん改2 [2022年10月18日(Tue)]
IMG_1422.jpg

仕込んだ糠ボカシ(と言うらしい)は
何とか発酵開始したようです。

温度計を入れて異常発酵しないように
注意しています。

  これを機会に「チーム菌ちゃん」
  発足しました。

  少人数なので、
  少数精鋭?で頑張ります。
小康状態の井戸ポンプ [2022年10月17日(Mon)]
ido07-thumbnail2.jpg

ポンプ本体交換後
小康状態が続いています。

交換直後、
不具合は1度発生しましたが、
その後はたいしたトラブルなしです。

このまま安定してくれれば
よいのですが・・・。

   神様の合格は簡単には
   頂けないようです。
ほったらかし畑 [2022年10月16日(Sun)]
IMG_1423.jpg

ほったらかして
楽しんでいる畑は
1/3を整理して貰いました。

私には貴重な師となる場所ですが、
別の人から見ると
「単なる雑草地」にも見えるようです。

IMG_1424.jpg

かぼちゃはまだまだ元気で、
寿命を終えた個体もあるようですが、
元気な花を咲かせている個体もあります。

これから気温が下がり、
果たして成熟が終了するのか
来期に命を繫げれるのか
大変興味があります。

私達がご利益にあずかれるのか
という私欲も見透かされそうですが、

ジャストタイムで
冬至に熟成終了時のかぼちゃを
誰かに味わって貰えればとも
願っています。
菌ちゃん改1 [2022年10月15日(Sat)]
IMG_1422.jpg

肥料が高くなったためもあり、
手に入るものを組み合わせて
試行する「菌ちゃん改畑」。

本などによると、
EM菌を使うのですが、
別の菌を使っての開始です。

米糠に種菌を混ぜ、
菌の活発化を待ちます。

狙いどおり行って欲しいのですが。
黒豆の枝豆 [2022年10月14日(Fri)]
IMG_1420.jpg

枝豆ように黒豆を収穫しました。

少し早すぎた氣もしますが、
今が食べごろかも。

選別して販売します。

きっと美味いでしょう。
皆大変だ! [2022年10月13日(Thu)]
IMG_1300-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

私の居住する地区、
100年程前の「可知村」は
400軒ほど。
今は(未確認ですが)7〜8000軒。

100年前90〜95%が農家だった筈ですが、
現在は10軒未満。

水田だけの農家は皆無。
米麦の割合が高そうな人も
収入の3〜4割位と邪推しています。

私は「農業」も営業品目で不可欠なものですが、
全てではありません。

自分の頭の蠅を追うのが精一杯で、
近隣諸先輩にあらゆる面で助けて頂いています。

100年前には「当たり前」だった
隣人への気配りなどを受けると
どうお返ししようかと考えたりしました。

考えが熟成?したのか、
「自分が出来ることで、
 他の人の助けになれることを
 すれば良いのではないか?」
更に、
未熟者の私は人の好き嫌いが激しく
出来ても助けたくない人もいましたが、
好き嫌いなく、出来るだけ多い人の
力になれたら・・・
と思うようになりました。

思うだけで出来ない事だらけです。

全て文言では知っていた事ばかりで
「知る」と「する」は大違い
という言葉を噛みしめています。




不調?ポンプ パーツ [2022年10月12日(Wed)]
ido07-thumbnail2.jpg

今回の不調騒動での
バタバタ体験から
いくつか学習しました。

1. 不調原因がわからないこともある。
2. 道具はなるべく予備機があること。
3. 消耗パーツは備えておくこと
4. メーカーそのものも無くなる可能性もある。

将来に備えて、ポンプ交換を楽にするため、
吸給水パイプ接続部品を用意します。

自分では、どう見ても2〜3千円のものが
5500円でした。

パーツ供給を生業にすると
理解出来ることですが、
買うだけの人には不満しか残りません。

供給を受けられるだけでも
有難いことなのですが、
「不満」の背景には
「自分でも作れる」という気持ちがあります。

実際には
1個作るコストと1000個作るコストなど
諸般の事情が絡みますが
「日本の平均的基礎工業力が落ちている」
「日本人の自分で作る経験・能力が
 低下している」
ことは間違いありません。

どんどん減っていく日本人、
いったい日本はどうなるのだろう・・・。
原因不明の不調 3 [2022年10月11日(Tue)]
ido07-thumbnail2.jpg

苦戦している井戸ポンプ運用。

どういう訳か画像の場所での
ポンプ運用に苦戦しています。

酷いときには朝動いていたものが
夕方には何故か動きません。

フィルターの掃除、
ポンプ給水羽根部分の掃除、
に始まり貯水部分の掃除
圧力スイッチ不調を疑い
最後には
順調なポンプ個体との交換まで・・・。

順調だったポンプも2〜3日で不調発生し、
不調だったポンプも画像以外の場所では
順調に稼働したり・・・。

現在の暫定結論は
「くみ上げる水」
になにか原因があるのでは?
ということになりました。

最近画像近隣で何か地下水流に
変化を促す異変があったのかも知れません。

    水神様への配慮が足りなかったのかも・・・。
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml