• もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


不具合?か・・・2 [2022年10月29日(Sat)]
IMG_1428.JPG

上手く動かない画像のタイマーを
1個壊して見えるところを観察しました。

小さなモーターの役割の簡単なパーツが
観にくいところにあるようですが、
自分の都合で、予想した原因は

目盛りの回転部に小さな埃がつまり
回転部の動きを妨げている

のではないかという事になりました。

浸潤剤を吹付て時間がたてば
復活するのでは?
と思いやってみました。

少し遅れるようですが
何とか動いています。

これからの時期、
ひよこの保温は大切な要素です。

タイマーの値段と
予想される卵売り上げ金額で
修理?して使う時のリスクをとるのが
得策かは疑問です。
そろそろ終了か? [2022年10月28日(Fri)]
IMG_1423-thumbnail2.jpg

長い間楽しませてくれた
ほったらかしカボチャ。

花をつけている個体もありますが、
樹勢が何となく落ちてきました。

朝夕もめっきり涼しくなり、
日照時間もグンと減りました。

カボチャコンピューターは
どういう答えを出しているのでしょうか?

   私達のお手本は「自然・森羅万象」なので
   どういう判断をされているのか
   もう暫らく拝見学習させて戴きます。
不具合?か・・・ [2022年10月28日(Fri)]
IMG_1428.JPG

このタイマーは1000円弱の品物です。

考えてみれば、
このタイマーで管理しようとしているのは
1個50円以上の卵を産む鶏で、
1個のタイマーで、フル稼働すれば、
1年稼働すれば12回転・15羽で180羽、
1羽300個産めば計算上は270万円が
お世話になります。

もちろん、人件費・餌・光熱費
その他限りない費用がありますが、
通過することは間違いありません。

ひよこ時に通過するので、
この道具に不具合あれば、
影響は恐ろしいものです。

    やはり毎回新品にするか・・・。
毎日?起こる不具合 [2022年10月27日(Thu)]
IMG_1428.JPG

鶏関係であると便利なタイマーです。

毎日、定時にオンオフを繰り返してくれる
タイマーで、精度はあまりよくありませんが、
安いので数が多いと大変重宝しています。

使用環境が湿度・埃もあり、
主に温度が低い時期に稼働させます。

毎日動いていれば状態も維持できるかも
知れませんが、半年動いて半年休む、状態では
動き始めが難しく、動かなければ、
次の個体を用意することになります。

ほぼ使い捨てを前提として作ったのか
分解・修理などは出来ないようです。

滑りを良くすれば使えるのではと
欲を出して加油して様子を観ています。

  周囲の冷ややかな目が気になります。

毎日?起こる不具合 [2022年10月26日(Wed)]
ido07-thumbnail2-b9358-thumbnail2.jpg

今回はまたしても井戸ポンプ関連でした。

ポンプ内部の保水タンクを
掃除するように取説に書いてあったので
掃除しました。

給水・吸水口を取り外しポンプ単体状態で
傾けて水道水の圧力で掃除しました。

予想以上に小さな砂が
たくさん出てきました。

私のミスで、吸水と給水を反対に
取り付けて運転開始して
氣がついて修正しましたが、
くみ上げ口のフートバルブが
破損してしまいました。

20m弱のパイプを引き上げてもらい、
部品も交換して貰いました。

吸水口あたりには砂泥が堆積してしまった
様ですが、別のポンプを用意するまでもなく、
何とか正常に動いています。

ついでに空気混入個所も発見し、
掃除前より順調になった感じがします。

  失敗ばかりですが、
  経験値はどんどん増えていきます。
菌ちゃん改 4 [2022年10月25日(Tue)]
IMG_1422.jpg

温度が外気温と同じになってきました。

そろそろ畑に出し、
次の段階へ進みます。
続く曇天の晴れ間? [2022年10月24日(Mon)]
IMG_1314.jpg

世の流れは最後には良い状態になる
との事。

現状はどんどん悪くなっているのが
実感です。

悪くなってある時点に来ると、
このままでは全員生存出来なくなると
ほぼ全員が痛感した時に
初めて全体が変わると考えています。

私と似たような考えの人は
かなり増えています。

どんどん悪い方向に進む日常の中で
似た考えの人達の存在を知った事は
曇天中の晴れ間みたいな感覚でした。

   倦まず弛まず最善を尽くす
   ことに変わりありません。
夜明け前 [2022年10月23日(Sun)]
p-b156f-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

肉から卵へ切った舵は
随分?時間がかかっています。

インフルエンザ騒ぎは収まらず、
産卵適齢期個体数も減りました。

現在、卵用鶏を孵化中ですが、
久しぶりなのでミス続出中です。

道具の不調もあり、
考えられる故障・ミスは
こんなに沢山あったか
と言うほど押し寄せて来ました。

  元より、身から出た錆、
  全て私の責任です。

直近は、エアコンの故障でした。
電気屋さんの現在の繁忙度は知りませんが、
道具は値上がりしたものが沢山あるようです。

孵卵器の部屋の温度管理が
上手く行かなかった時間があり、
無事孵化してくれるか心配しています。

卵の数360個。

  お金も辛いですが、
  何より時間が痛いです。

急がば廻れ かも知れないし、
今の自分に必要な何かを
示唆して下さっているのでしょう。

   腐らず淡々と微力を尽くします。
Posted by fujiwara at 05:44 | | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
椎茸の収穫時期 [2022年10月22日(Sat)]
IMG_1426.jpg

椎茸にも収穫に適した時期があるそうです。

「裏側の筋?が開けば収穫時期」
だそうです。
菌ちゃん改 3 [2022年10月21日(Fri)]
IMG_1422.jpg

温度も次第に安定してきたようです。

手触りも変わってきたとの事でした。

上手く行ったら第2弾を
準備します。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml