CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


ほったらかし・・ [2021年12月31日(Fri)]
IMG_1082.jpg

ほったらかし栽培?の「せとか」

そろそろ収穫しようと思って
随分経ちました。

一説によると、
果実へ送られた糖分などが、
適期を過ぎると果実から元へ戻るそうです。

試してみたくなりました。
収穫も近い [2021年12月30日(Thu)]
IMG_1054.jpg

春頃植えたムクナ豆です。

葉も落ち始め、さやは黒ずんできました。

振ってカラカラ音がし始めると収穫適期だそうです。

もう少しかな・・・。
上向くベクトル [2021年12月29日(Wed)]
IMG_1055.jpg

来年に向けて看板などの更新をしました。

意外とも思えたオレンジ色の看板が
目に付きやすいのか、

ポスティングしたチラシの効果か
初めて来店されるお客様がチラホラと・・・。

店に活気が増えています。

年内営業は今日までなのが残念です。

来年に期待!

    来年はネットも加えて
    ホップ→ステップの年にします。
そろそろ今年の・・・ [2021年12月28日(Tue)]
IMG_0876.jpg

今年の私なりのカウントダウンが始まります。

自分の思う「今年の仕事」は
予定通り進捗したか?

出来て無かったら、
どう補正するか?

目的に追加や補正はないか?

来年の予定についての準備は出来ているか?

    はっきりさせる事が
    痛みを伴うことと表裏一体なことも・・・。

どうあれ、いいと思う目的のため、
残り時間が少なくなる分
加速させる必要があります。
手抜きの結果 [2021年12月27日(Mon)]
IMG_1052.jpg

頂いた落ち葉を圃場に撒きました。

そのうち腐ると考えていましたが、
近日来の強風で吹き飛ばされ
近所に迷惑をかけていたようです。

トラクターで圃場に漉き込みました。

緑肥の種もまき直ししました。
意思の強さ5 [2021年12月26日(Sun)]
IMG_1029.jpg

結局、私は恥を曝し続けて、
リカバリーショットを打とうと試み続けて
お呼びがかかるまで
頭を掻きながら生きていかなければ
ならないようです。
意思の強さ4 [2021年12月25日(Sat)]
IMG_0876.jpg

反省しているから
罪一等減じてくれ
とは考えませんが、

今の気持ちを続けて持ち続けることが
自分にも周囲にもよい事と信じています。

過ちては即ち改むるに憚る事勿れ
とは言い得て妙・・・。

   いっそ認知症になった方が楽かも。
意思の強さ3 [2021年12月25日(Sat)]
IMG_0876.jpg

「素直さ」「天心爛漫さ」と
現在までの自分の大きな隔たりは
何が原因だったか?

自分なりの現在の結論は
「比肩」という言葉が端的に示す
私が生来持つ「天分」?です。

文字のとおり「肩(の高さを)比べる」という
意味なのだろうと理解しています。

他人と自分を比較して、
自分との長短を自分に都合よく解釈し
他人を重んじたり軽んじたり・・・。

私の場合は長所よりも
短所のほうがよくわかる
始末の悪いもので、
知らず知らずのうちに
驕り高ぶりの嫌な性格になっていたのだろう
と反省しています。

長年の
他の人に対しての不遜な態度の積み重ねで、
皮肉屋の憎まれ爺が出来上がりました。

    これからの残った時間で
    リカバリーショットが打てるか
    自身もありませんが、
    努力しないよりはマシと信じています。


意思の強さ2 [2021年12月24日(Fri)]
IMG_1029.jpg

「良い」と思った事を続けてやり切るために、
諦めるものもあります。

どんなものをどれだけ諦めるか?
やってみないと解らない部分もあります。

色々な事を深刻に考えず、
あるがままに受け入れる
「素直さ」「天心爛漫さ」は
私に欠けている天分です。

認知症になっても
打算を忘れない
神仏はもちろん近親にも好かれない
ひねくれ爺だけは避けたいと考え始めました。
意思の強さ [2021年12月23日(Thu)]
IMG_1029.jpg

何をするにも良い事・良くない事がついて回ります。

「良い」と信じることをやり続けることには
色々な妨げに近いものがあり、
その人の気持ちが試されます。

あまり深く考えず、
「良い」と思ったことを
止めずに続けることが
やり切ることの近道?だと思っています。

| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml