CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


今度は・・ [2021年04月30日(Fri)]
IMG_0705.jpg

びわ酒でした。

またまた出てきた昔の薬酒。
こんどはびわ酒でした。

発見場所から考えると
15〜20年前のものかと・・・。

びわ酒は飲んだことがないので
どんなものか楽しみと同時に一抹の不安も・・・。

匂いからして飲んでも大丈夫と判断していますが、
梅とびわの差が未経験なので
舐める程度にしておこうかと思っています。
超天然 2 [2021年04月29日(Thu)]
IMG_0701.jpg

超天然さくらんぼは色々な反響?があり
ブランデーに漬けろとか
ジャムはどうかとか
アドバイスを戴きました。

が、関連施設責任者さまから
みだりに収穫することはダメ
とのお言葉がありました。

全ては現状のまま、
施設利用者さまの
目と口を喜ばせるため
の存在になりました。

  残念ですがこれからの進展は
  ありません。
根付いた葡萄苗木 [2021年04月28日(Wed)]
IMG_0703.jpg

キャンベルアーリーの苗木です。

なんとか根付いたようです。

3年後の初収穫を目指しています。

     楽しみです。
超天然 [2021年04月27日(Tue)]
IMG_0701.jpg

何もしないサクランボです。

関係施設の畑に植えた桜の木に結実?しました。

施肥・予防・間引きなど一切なし、
超天然です。

小さくてあまり甘くありません。

有名な佐藤錦を食べたことがないので
比べようもありませんが、
サクランボです。

鳥に食べてもらって
種を遠くに落としてもらい
種を保存する機能は果たせるのでしょうか?

神様の仕組みなので
きっと上手く機能するのでしょう。

   昔食べた山桜桃梅(ゆすらうめ)を
   思い出す味でした。
歳をとると・・・2 [2021年04月26日(Mon)]
IMG_0562-36a78-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

近所まわり・・・
美しい言葉で言うと
「地産地消」あたりでしょうか。

最後には、
人が暮らす過程で
神仏の造ってあるシステムに
出来る限り負担をかけずに
循環させる
ということになるのでは
と考えています。

20年前、30年前とは
大違いなことを
本気で考える時代になりました。
歳をとると・・・ [2021年04月25日(Sun)]
IMG_0562-36a78-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

考えることも次第に変わってきます。

現在、頭から離れないのは
  近所まわりに存在するもので
  健康に生活する方法は
  どんなものだろうか?

ということです。
出てきた梅酒 2 [2021年04月24日(Sat)]
IMG_0697.jpg

保存続行か飲んでしまうか
迷っています。

中の梅を出したほうが良いと
アドバイス下さった方がいらっしゃいましたので
中の梅を取り出しました。

IMG_0699.jpg

1Lの容器に2個ほどありました。

12年前、我が家に梅の木があった記憶は
ありませんので、貰い物か買ったものか
ふと、考えました。

粒の大きさがかなり揃っているので
買ったものの確率が高いですが、
12年前の母の体調から考えると
何処かに収穫しに行った可能性も
まだまだ捨てきれません。

   3回忌に何かしろというメッセージかも
   と考えるような年齢になった自分に驚き、
   親が子を念う気持ちの有難さを噛みしめています。
よもぎ発酵液2 [2021年04月23日(Fri)]
IMG_0696.jpg

2〜3日前にスタートしたよもぎ発酵液です。

普段使うさとうきび由来の黒糖とは違う
パーム由来の黒糖?を使ってみました。

元々、この糖は黒糖より安い糖を探していたときに
買っていたもので、計測したわけではありませんが、
糖分が「軽い」気がして置いていたものです。

やはりというか、吸出し力も弱く思われ、
同じものを追加しました。

IMG_0700.jpg

   出来れば上手く出来上がって欲しいのですが、
   どうなることやら・・・。
またまた出てきた [2021年04月22日(Thu)]
IMG_0697.jpg

平成21年に漬け込んだ梅酒発見しました。

前回の30年ものには劣る年数ですが、
それでも12年。

バランタインとかいうウイスキーだったか
12年ものなどは胸を張っているので
飲もうか保管しておこうか
迷っています。

   匂いからすると
   味に厚みは感じられません。
   時が付け加えてくれるかも知れません。

久々の発酵液 [2021年04月21日(Wed)]
以前からよもぎの発酵液を作ろうと
思っていました。

近所に沢山自生していますが、
散歩させられている犬が気がかりで
着手に至りませんせした。

ふと気づくと自分の足元に
大丈夫と思えるよもぎがありました。

IMG_0695.jpg

かなり美しいよもぎです。

容器に入れて1.3倍の植物由来糖を加えて
紙で蓋をしました。

IMG_0696.jpg

糖がよもぎの水分を吸い出し
発酵液になるまで3〜4ケ月の予想です。

出来たらどうするという予定もありませんが、
自分が健康になる一助になれば
他の人にも勧めるつもりです。

    最近一気にジジ臭くなったようです。

| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml