CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


一年経ちました・・・。 [2019年12月31日(Tue)]
進歩はあったか?

kgi103-d8e49-thumbnail2-thumbnail2-4047b-thumbnail2-2f2dc-thumbnail2-thumbnail2-8e309-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg
(1年前の書き込みです。)
畑では、猪にさつまいも・なんきん・ネギなどが
被害を与えられました。
通じての収量は前年よりかなり増えています。

今年です。
kgi103-d8e49-thumbnail2-thumbnail2-4047b-thumbnail2-2f2dc-thumbnail2-thumbnail2-8e309-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

残念ですが1年間の進歩は実感出来ません。
玉ねぎの収量は4〜5倍増でしたが、
それに伴うマイナス面も出ました。
 @大量の収穫に販路が追い付かず苦戦。
 A労力が集中的に要求され、他の作業が適時に出来なかった。
 BAのリカバリーを優先させたため金銭的には少しマイナスだった。
プラス面もありました。
 @自分達のその時点での限界がわかったこと。
 A足りない部分がわかったので、
  改善すれば(望めば)次の段階へ進める。
 B何を目標にすべきかがわかったこと。

hiyoko-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

(鶏部門は合計720余羽を数え、
 来年は、飼料都合もあり、
 肉になりお金に換わって貰います。)
       ↓
鶏部門、大勢に変化ありません。
僅かに、卵がお金に替わりました。
肉はサンプルであちこち配りましたが
高額販路には結びついていません。
来年の奮起が待たれます。

p-ec11c-thumbnail2.jpg

(コーヒー豆焙煎販売も緩やかですが、
 じわじわと売り上げを伸ばしています。

 なにより、店のムードは過去最高です。
 担当(美人)妙齢職員さんの力量を見くびっていました。)
          ↓
大勢に変化ありません。
が、一昨年に比べると売り上げはかなり増えています。

今年ラスト1ケ月で、
焙煎豆の販売までの時間管理を導入しました。
  現在、焙煎後5日を設定実行していますが、
  来年中に3日以内を目指しています。

  そのためにも、(ネット・スマホなどを利用した)
  注文焙煎を確立する必要があります。


 (総じては、職員それぞれ力量を伸ばし、
     利用者も人数・能力(やる気?)増加し
  来年度結果悪ければ、天変地異以外、
  私の責に帰すると覚悟しています。

   願わくば1年後、
   自画自賛状態であれるよう・・・。)
        ↓
 この部分は全く変化なしです。
 進歩のない男だったか、
 最初から完成形に近い人格だったか
 後世の評価を待ちます。

     ヨタヨタの毎日ブログも残り50回程度で
     1000回を迎えます。

   ご愛読ありがとうございます。
   来年もよろしくお願いします。


黒豆 [2019年12月30日(Mon)]
p.jpg

お正月に備えて黒豆を煮ています。

巷では「丹波の黒豆」とか「丹波黒」とかが
もてはやされています。

10余年前、岡山県の農林関係職員さんが
頑張って丹波に負けず高く売れる黒豆を
作って農業者の収入を増やそうと
「作州黒」という豆を作りました。

素人の私には丹波黒との違いも
よくわかりませんでしたが、
関係者(特に岡山側)では
丹波黒より高品質だと期待を集めていました。

3年もすると予期せぬ事態になりました。

作州黒を仕入れて丹波黒と錯覚させて
販売しているのではないかという噂が流れました。

真偽のほどは不明ですが、
作州黒はブレークしませんでした。

作州黒と同じ県職員Mさんが手がけた?ものに
青森県の「黒ニンニク」がありました。

こちらは、簡単に出来、
生ニンニクよりも高額に販売できるので
当地では定着したようです。

正直、私はお役人が提唱するものに懐疑的です。
そのポジションにいる間に、
自分の功績を残したいがための施策のため
振り回される民間業者・人を数知れず知っています。

ごく稀にふったバットに当たることも
あるようですが、大多数は外れ定着しません。

関係アイテムで鶏もありますが、
要は「販路」。
望みに近い値段で売れるかどうかが
生産者としての私の第一感心事です。

せめて再生産可能な値段で
販売出来たらと願っています。

   画像の豆は作州黒ではありません。
   在来種を愚直に育てたものです。

   食べる人の健康に役立つ事を願っています。







































































































































































































































































































そりゃーおいらもびっくりしたぜ・・・。 [2019年12月29日(Sun)]
a010.jpg

個人的な話です。


日の出が遅くなり季節の変化を
愛おしむ年代になりました。

先日、今年最後?の納税に行き
3〜4年前のことを思い出しました。

個人的な税金を役所の指定する期限での納税が
難しく、年4回を年12回で支払うように依頼し、
12回で支払っていました。

  もちろん、時間差での延滞金の発生は
  ルール通りです。


10年前だと難しかった気もしますが
とにかくそういう事にしてもらい
メンタル部分では随分楽になりました。

12回払いにしてもらってから
1年くらい経過した頃だと記憶しています。

  納税以外の用事でいつもの隣の係を
  訪れました。
  帰ろうとするといつもの納税対応妙齢美人職員さんから、
  「あんた、今日は素通りかな?」
  と声がかかりました。

  全く嫌な気がしなかったことも意外でしたが、
  襖の裏側から槍でも出たくらい驚き
  柄にもなく照れてしまいました。

  役所の職員さんも(いい意味)
  変わったもんだと驚きました。

  万一、徴収をスムースにするための
  方策なんかだとすると
  「恐るべし市役所」です。
見事に失敗 豆腐つくり [2019年12月28日(Sat)]
dg166.JPG

新しいアイテムが届いたので
チャレンジした豆腐つくりは
見事に失敗しました。

どこで失敗したか自分でもおかしくなるような
場面で失敗しました。

道具に対する原料豆の多さです。

何度かのチャレンジで、
にがり代替品の量と固まるたんぱく質の量の
バランスや絶対量が不適切では?と考えていました。

豆の絶対量が不足していると考え、
いつも使う道具に多量の浸潤豆を
入れました。

ところが、多すぎたのか、一部しか
豆乳にならず、たんぱく質絶対量が
ほんの少量で豆腐は出来ませんでした。

画像はありませんが「らしき物」が
紙のように張り付いていました。

     残念!
短く貴重な時間 [2019年12月27日(Fri)]
a010.jpg

現在 日の出は7時7分頃
   日の入りは16時59分頃
だそうです。

俗にいう昼間は11時間52分程度になります。

当分日の出も日の入りも遅れてきます。

80年生きて半分が昼間だと40年、
晴れ・曇り・雨で想像すると
日照時間はどれ位になるのだろう・・・。

当たり前と言えば当たり前ですが、
毎日、夜が明け、陽が照り、雨が降り、
誰も頼まないのに風も吹き、
不思議で有難いことだと思います。

人として活動出来る限られた時間を
どう使うかがその人の個性とも言われます。

残り時間が少なくなって気づくことも
沢山あります。

遅いと言えば遅いかも知れませんが
気づいてから何もしないより
結果が残せなくても
やりたい事をする努力はするべきだと
強く感じています。

      百年は一瞬かも・・・。


醤油樽 大きい! [2019年12月26日(Thu)]
dg168.jpg

縁あって私のところへ来られました。

昔でいう4石入の樽です。

醤油屋さんから出たものと聞いています。
匂いも醤油の名残があります。

4石(コク)とは昔の体積の単位で、
1合(180CC)から
10合→1升
10升→1斗
10斗→1石
だそうですので、
4石だと720Lになります。

有効容積2/3とすれば
約500L程度使えそうです。

が、それだけの材料を揃えるのも
大変ですし、失敗時のリスクを考えると
当分実稼働は無理なようです。

dg169.jpg

中には栓と槌、さらに、

dg170.jpg

蓋までついた涎垂ものです。

失敗してもチャレンジしたくて
ウズウズしています。

     困った性格です。
すっきりしない「おかやま地鶏」 [2019年12月25日(Wed)]
p.jpg

ほぼ一巡した地鶏関係の問題点です。

初期の問題点はほぼ解決し、
餌の確保・種卵なども持続可能な状態に入りました。

唯一未解決なのは満足な金額の販路です。
 が、これも愚直な時間の積み重ねが
 解決してくれると信じています。

更に深い問題が沸いてきました。

   心に関係する部分です。

   動物・植物を問わず、
   私達は他の生物の命を邪魔せず生きることは
   大変困難です。
   植物の種子だけを食糧にすれば
   殺すという感覚から逃げられるかも知れませんが、
   現実的には難しいと思います。

   ビーガンという方たちもいらっしゃるようですが、
   植物を殺して食べることは否定しないでしょう。

   「おかやま地鶏」を飼養・販売する限り
   誕生から殺処分・販売までが受け持ち範囲になります。

   他人に作業を委託しようとも、
   私の指示の下で行われることに変わりありません。

   無抗生物質・無ホルモン剤・無遺伝子組み換え作物・・・
   どんなに美しい言葉を並べても、
   「他者の命の上に成り立つ商売」に変わりありません。

   見方によれば、同業他社より高い値段での販売のため
   身に着けた衣服みたいなものです。


   スタート理由の一つに
   「安全な食材の提供」
   がありました。

      現在小学生の孫が小麦粉アレルギーで
      苦しむ様子を目の当たりにした時の驚きは
      生涯忘れられません。

 少しでも安全な食材を提供するため
 気持ちの部分で抵抗ある仕事が
 少しだけノリが悪くなっています。
発進したはずの醤油 [2019年12月24日(Tue)]
sz299.JPG

画像は仕込み直後(約10日前)のものです。

私は「いらっち」なので、毎日でも
かき混ぜたいのですが、
1週間ほどはあまりかき混ぜない方がよい
との情報もありましたので、
軽く全体を整える程度に撹拌しました。

酒とか酢に比べると
仕込む材料の量と出来上がる品物の量が
醤油が材料をたくさん使うようです。

値段が1Lあたりで高額なものは
平均的には酒だと思いますが、
酒には税金が含まれており
税別の値段でいうと醤油かも知れません。

酢は約2ケ月で出来るそうですが、
醤油は18〜24ケ月かかります。

醸造・発酵など私達の先人が残してくれた
偉大な遺産を上手く利用出来れば
安いコストで大きな成果(健康)が得られます。

   貧乏でケチな私にはピッタリです。
明日から夜明けは [2019年12月23日(Mon)]
a010.jpg

明日から夜明けは早くなります。

今は大体6時30分ころなので、
1日に1分弱づつ早くなると思っています。

とはいえ、日照時間と体感気温はづれているようで
寒さも暑さも彼岸までが待ち遠しくなります。

土の中では、色々な植物が来年の準備を
スタートさせています。

人間よりも正確で几帳面です。

話せるものなら聞いて見たいことが
沢山あります。

難しく考えるよりも
植物の気持ちになった方が
いいのかも知れません。

   変な知識が邪魔します。
再開 豆腐つくり 2 [2019年12月22日(Sun)]
dg167.JPG

浸潤した大豆。

約200ccです。

一日置いておくと目視3倍程度のボリュームに
感じられます。

豆乳メーカーを使って豆乳を作ります。

豆乳までは失敗なく出来ています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml