CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


出来るか?依頼された稲刈り [2019年10月31日(Thu)]
ine031-thumbnail2.jpg

やっと天候が安定状態に入ったと
感じています。

近所の方から頼まれた稲刈り、
面積は少ないですが、
道具も小さいので所要時間は結構なものです。

自分の圃場であれば、きままに出来ますが、
乾燥施設の日にちの制限があるので
気を使います。

  私にまで頼まれる位だから
  日本の農業は逼迫しているようです。
これから収穫 [2019年10月30日(Wed)]
ine031-thumbnail2.jpg

定期的に雨が降り、
適期の米も収穫が遅れています。

幸か不幸か2種類の米を植えていました。

遅い種類は来月中旬が刈り取り適期になりそうです。

新米は水分が多く風味も格別です。

日々微々な量ですが水分が抜けて1年も経てば
随分変わっている筈ですが、
日ごとの変化はわかり難いものだと痛感します。

  天気が安定すれば収穫開始します。
状況の変化 [2019年10月29日(Tue)]
ine020-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

やりたい事、その時点での働く人の得手不得手で
道具が替わります。

というか替えないと出来ないことが多いので
必要に迫られて替わっていきます。

道具達は毎日使うものから
1年に1度しか使わないものまで
多種多様です。

メンテナンスは頑張れば出来そうですが、
困っているのは保管場所です。

考えてみれば、
必要な時だけ借りてくるという方法もありますが、
貸し出ししていないものも多くあります。

使わなくなったもの、
他の事情で手放さなければならなくなったもの
誰かが使ってくれればいいのですが、
廃棄するものも多くあります。

廃棄したくないものがあちこちに点在していますが
そろそろ限界です。

dg152-thumbnail2-thumbnail2.jpg

 画像のものはここ1年で加わったもの、
 当分は活躍して貰います。
固い?硬くない? [2019年10月28日(Mon)]
最後の画像は閲覧注意してください。
少しグロいので気になる方は見ないでください。

先日来、再燃している硬い鶏肉の中途報告です。
飼養期間で基本的には解決出来ることですが、
なんとか利用方法がないものかと
あれこれ試しました。

@低温度調理
 効果は確かに感じられます。
 技術の有無が問題
A圧力鍋
 効果はかなりあり普通に食べられます。
 柔らかくジューシーとまではいきません。
B塩麹など酵素系
 自分では未体験で準備中です。
  ぶどう天然酵母?ジュースを利用して調理した方が
  食した感想が「少し硬かったけど旨かった」とのことでした。
  塩麹はあと2〜3日待って調理する予定です。



















sz281.JPG
                  合掌
不順な天候 [2019年10月27日(Sun)]
ine031-thumbnail2.jpg

ウィークエンド台風として定着しそうなほど
頻繁な台風の襲来です。

何か自然現象とは異質なものを感じるのは
私だけではないと思います。

被害に遭われた方々、
命をなくされた方々も多く
命は失わないまでも家屋・生産設備などの被害
また何度も同じかそれ以上の心労を
余儀なくされている方々
本当に言葉もありません。

まず私は自分の身の回りから整え、
他の人お手伝いが出来る状態になることが
全ての始まりと考えています。

台風での被害は、私は、直接的にはありませんでした。
順調だった稲作も倒伏程度で、
収穫の難易度が上がった程度です。

  早く終了させ出来る事があれば
  お手伝いできる状態になるよう頑張ります。
続く苦闘 [2019年10月26日(Sat)]
p-f9635-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

固い鶏肉との戦いは続き
場外戦へと発展しています。

能力不足を可愛そうと思われた神様が
塩麹漬け
天然葡萄酵母液
を恵んでくださいました。

結果待ちです。

   意外と答えは足元に転んでいたりすることも・・・。
カレースパイス [2019年10月25日(Fri)]
sz280.jpg

インドカレーにも幾通りものレシピがあると思います。
今回は北インド王室レシピなるものを
学習させていただきました。

使ったスパイスは画像の種類のものです。

教えてくれる人の力量は大したものだと想像します。

極めて感心したのは水を殆ど使わなかった点です。
最後にほんの少し調整のため
ごく僅か加えていたようです。

私は加えなくてもよかったと感じています。

食べて6時間ほどですが、
口の中にまだスパイスの残像があります。

      自分で再現できるか不安です。

    カレー粉を使わなくてもカレーは出来る・・・。
電気圧力鍋 2 [2019年10月24日(Thu)]
p-f9635-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

大きく固く育った鶏肉を食べることに
腐心しています。
本来、あるかないかのレベルで生活していたので
味わい食感などには無頓着でしたが、
お金を貰おうとすると別の話しに変わります。


dg160.jpg

柔らかく調理する技術がないので
手っ取り早くできそうかなと
圧力鍋を用意して試しました。

結論は、
食べられるレベルにはなりました。
柔らかくジューシーとは行きませんが、
調理方法を工夫すればまだまだ良くなると思います。

捨てている内臓も順次利用方法を開発します。
電気圧力鍋 [2019年10月23日(Wed)]
dg160.jpg

固い肉をなんとか調理出来ないかと
圧力鍋を買ってみました。

ガス用のものはあるようですが、
火力が強いので少し恐怖感もあり、
電気式のものを用意しました。

まずはカレーにトライしてみます。

セット後ボタン一押しで終了と思っていましたが、
圧力鍋として機能したあと、一手間かかって
通常の電気鍋として使うようです。

考えてみれば当然なことですが、
楽しようという性格は治りません。

目論見どおり肉が柔らかくなるか
興味深々です。
少しおもちゃっぽい [2019年10月22日(Tue)]
dg159.JPG

これからの展開に欠かせない微生物関連での
道具です。

液体の希釈に使います。

残念ですが1/250限定です。
構造を確認した訳ではありませんので
断定は出来ませんが、「約1/250」で
誤差の範囲は想像の域です。

薄める液体(水)の量と時間で誤差の生じ方が
変わると思っています。

もっとも、ぴったり250倍を求めている訳ではありませんので
当分はこれで十分です。

更に、薄められる原液を最初から
求める希釈倍数の250倍濃度にしておけば
かなりの範囲に対応できるようです。

家庭菜園用みたいですが、(能率を言わなければ)
画像中央の約1Lの容器でなくより大きいものが使えれば
より大量の散布使用が出来そうです。

実際の稼動に向けて試運転が待っています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml