• もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


進む稲刈り [2022年11月07日(Mon)]
IMG_0556-e0ff5-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-f75fe-thumbnail2.jpg

稲刈りが始まって3週間程度。

近い圃場は自分の道具での作業なので
ゆっくり匍匐前進状態です。

コンバインも乾燥機も籾摺り機も
全てが2〜30年前のものです。

そのため、いつ不具合発生になるか
地雷の上を安全確認しながら歩いているような
感覚です。

毎回、
「慣れて定常状態になった頃には
 終わっている」
状態です。

私の関係する圃場は3.5ha程度ですが、
米で何とか再生産可能になるには
JAなどの言う通りにするなら
50haくらいは必要みたいです。

自分は自分で考えてやらなければ
生きて行けません。

なにより、
「何のために米をつくるか?
 何のために野菜をつくるか?
 何のために仕事をするか?」
自分でも組織でも毎回確認する要が
あります。

関係者の気持ちをまとめて
同じ方向を観て
同じ方向に進むことは
難しいことですが
そのための努力は惜しめません。

  速く行くなら一人で行け
  遠くに行くなら皆で行け
  と言われていますが
  まだまだ自分のものにはなりません。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml