CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


ひまわりにも種類はある・・・? [2020年08月07日(Fri)]
hmw014.jpg

画像の中に背は低いが花が4〜5個ついているのが
あります。

他の個体は1個だけです。

異種のひまわりなのか
同種でも条件によって複数化するのか
不思議です。

夏休み?でもあるし、
年齢を詐称して子供電話相談室にでも
尋ねてみたい気持ちです。

ちなみに、生育途上のものもありました。

hmw015.jpg

脇芽といようなものが見えます。
この個体も複数花になると思います。
ひまわり 4 [2020年08月02日(Sun)]
hmw012.jpg

来年の種用です。

無肥料・無農薬です。

ここ1週間で随分大きくなりました。

搾油機制作、益々プレッシャーかかります。
油用ひまわり [2020年07月31日(Fri)]
hmw011.jpg

戴いたひまわりの種を取り合えず乾燥させます。

今年は準備運動のつもりでしたが、
この量を見ると身が引き締まります。

どれだけの油になるか楽しみです。
収穫したひまわり [2020年07月30日(Thu)]
hmw010.jpg

油用ひまわりは今年はほんの少量です。

今年は準備・情報収集・経験値の積み上げのため
親戚の人が緑肥に使うため栽培していたひまわりを
花というか種の部分だけ貰ってきました。

現在、乾燥中です。

どうやって油にするか調査中です。

久々のご来訪 [2020年07月29日(Wed)]
hkw083.jpg

次第に薄れていく罪悪感に
自分のいい加減さを痛感しています。

ここ半月くらいの考え事の半分くらいは
猪被害に遭わなかったカボチャの販売でした。

人参はウサギに食べられ全滅し、
昨今の野菜高値を残念に思ったりしていました。

一昨日、捕獲された猪です。

鶏肉ウインナーが意外に好評だったので
猪肉ウンナーに挑戦してみようと思います。

 余すところなく命を使わせていただきたいと思いますが、
 まだまだです。
早速使った鶏肉ウインナー [2020年07月28日(Tue)]
sz357.jpg

見るからに旨そうな画像です。

件のウインナーを使って
ポトフ風の食べ物にチャレンジしました。

にんにく、ウインナー、ししとう、ナスを
油で炒め、きゅうり・とまと・水を加え、
圧力鍋で加温しました。

食べることの出来る状態にはなりましたが
目指すイメージとはかけ離れていました。

原因の一つに、圧力鍋パッキンの不具合がありました。

もう一度、確実にセットして加熱するか
このまま食べるか悩んでいます。

     ドジ。
鶏肉ウインナー [2020年07月27日(Mon)]
sz356.png

飼養している鶏を肉にして
更にウインナーにしてもらいました。

飼養期間と食感との関連性を
まだまだ掴めていません。

おおよその感覚は
なんとなく理解出来そうな気がしていますが、
まだまだ狭い範囲に収まりません。

さてさて、画像のウインナーですが、
ウインナーにする前に、
ミンチ(機械・包丁など)で小さくしています。

唐揚げなど2cm以上の塊だと噛むたび
力が必要でしたが、
今回は食感も良く、味も濃く、
合格点でした。

味付けは好みに応じて、
塩・胡椒などで調整可能です。

選択出来る範囲がぐんと広がりました。

         感謝!
油用ひまわり [2020年07月24日(Fri)]
hmw008.jpg

ひまわりに花が準備されているようです。

播種が遅れていたので、実をつけるか
心配していましたが、
なんとか開花、結実しそうです。

本来がどれくらいのサイズかを知りませんので
大小は不明です。

気になったことがあります。

次の画像をご覧ください。

hmw007.jpg

脇芽というか花になりそうなものが
最上部の下にも見えます。

葉の面積が同じであれば、
花が複数咲くとエネルギー不足になり
小さなものになってしまいそうです。

脇芽の個体は1本だけです。
ひまわりの成長 [2020年07月17日(Fri)]
hmw002.jpeg

これが


hmw005.jpg

こうなりました。

虫に喰われているのが気になりますが、
随分大きくなりました。

どんな花をつけるのか楽しみです。
カレースパイス [2020年07月02日(Thu)]
sz355.jpg

近未来に営業しようとしている食堂の
メニューの一つに「カレー」があります。

野菜カレー
チキンカレー

です。

いづれにしても、
「カレー」についての全般的な知識と
スパイスについても知っておく必要があります。

巧に組み合わせると美味しいのはもちろん
体にも有益なことは確かです。

ある意味「薬膳料理」的な感じがしています。

食材・調味料に化学的に作られた農薬・添加物が
盛沢山の私達の日常とは違うようです。

  もしかすると、 
  インドでも現状は日本に近いものが
  あるかも知れません。

画像は一般的なカレースパイスの組み合わせです。

食材・天候・食べる人の健康状態などで
種類や割合を変化させていると思います。

     取り合えずは基本的なものから練習です。

| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml