• もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


待ったなし・・・? [2022年12月06日(Tue)]
IMG_1078.jpg

自分の「仕事」が何か
今もはっきりとはわかりません。

一番やりたい事は年々変わってきます。

底にあるのは、
自分に出来ることで他の人のお役に立つ
ということです。

自分の得意技?も年齢・時代で
変わってきました。

昔出来たことが出来なくなり、
ごく稀にその反対もあります。

人生の昼間に居れる時間も
限られているようです。

3次元の日没と
人生の日没がダブるこの頃です。

コロナ始め世の激変時に
安全な食材・調味料での食事を
間に合わせるよう
老骨に鞭を入れています。

    明日・来月・来年も明るい!
辿り着けるか・・・ [2022年12月05日(Mon)]
IMG_1445.jpg

こちらは、
ヨタヨタと発酵と腐敗の境界線を歩いていた
米酢です。

温度も下がり、酢酸菌が表面に集まり、
酢の様相を整えてきています。

従来の米酢の程よい香りは
まだまだですが、
無事育ち始めた未熟児?みたいで
愛着もひとしおです。

   ゴールまで到着出来ることを願っています。
終盤の柿 [2022年12月04日(Sun)]

IMG_1435-thumbnail2.jpg

画像と同種の柿は熟成が進み
落下するものも出て来ました。

収穫が難しい場所にあり、
枝になると折れやすい種なので、
諦めるものが大半です。

収穫したものも、
販売は難しい残り時間・・・。

直ぐに生食が最高に美味いと
思いますが、
ごく少数の方にしかお届け出来ません。

     残念!
旬の食材 [2022年11月28日(Mon)]
IMG_1435-thumbnail2.jpg

食材といえるかどうか不明ですが、
お馴染みの柿です。

含まれる養分については
ご存じのとおりですが、
旬がそろそろ終わろうとしています。

生柿、干し柿、柿チップなどで
提供して来ました。

近隣だけでもかなりの量で、
手間が追い付かないので、
これからのオーバー分は
「柿酢」になって貰います。
次の一手は・・・ [2022年11月20日(Sun)]
IMG_1390-a8952-thumbnail2.jpg

やはりこれかな ムクナ豆・・・。

認知症にも薬効?ありそうな
ムクナ豆・・・。

何に変わるかお楽しみです。
これも好調・・・。 [2022年11月19日(Sat)]
IMG_1435.jpg

柿も好調です。

予想よりも早いペースで販売終了しています。

単体を販売する柿、
加工して販売する柿
いずれも好調です。

良心的な単価も影響していますが、
乾燥させた柿チップ?は
売り惜しみするほどおいしいものです。

   今年は風向きが変わってきました。
短期間で終了 [2022年11月18日(Fri)]
IMG_1433-thumbnail2.jpg

梨のコンポートは少量のせいもあり
超短期間で終了しました。

   好評でした。
椎茸の収穫時期 [2022年10月22日(Sat)]
IMG_1426.jpg

椎茸にも収穫に適した時期があるそうです。

「裏側の筋?が開けば収穫時期」
だそうです。
腐敗と発酵の分かれ目 [2022年10月19日(Wed)]
IMG_1422.jpg

腐敗と発酵の差は何かは
はっきりとは知りません。

腐敗というと悪者で
発酵というと良いもの
というイメージがあります。

が、神仏の仕組みに善悪はなく、
人が自分に都合の良い悪いで
発酵と言ったり腐敗と言ったり
してるのではと思うようになりました。

大きな意味では、
腐敗も各種腐敗菌?による発酵状態で
発酵も各種発酵菌?による腐敗状態
なのでしょう。

素人の私にもわかり易いのは
腐敗には虫が関係するというか
発酵の途中で虫が見えると
腐敗に進んでいる心配があります。

その理屈で行くと、
土の中にミミズなどがいると
土は腐敗に向いて進んでいる状態で
腐敗が完了すると、虫はいなくなる・・・
ということになります。

   知らんけど・・・。
来るべき近未来 [2022年10月02日(Sun)]
452845499E83790FCB4E2A6AF2E45BF2E3B6A510.jpeg

年初幾つかの商品が値上げされました。

これから本格的な値上げがありそうです。

来春には2割程度値上がりしているような
気がしています。

外国から輸送費をかけて運んだ品物は
少しづつ減っていくのだろうかと
危惧(ある意味期待)しています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml