CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


梅ジュース? [2021年06月23日(Wed)]
IMG_0768.jpg

完熟梅を使って梅ジュース?を
スタートしました。

梅・水・黒糖が材料です。

白砂糖か氷砂糖が普通ですが、
買いに出かけるのが面倒だったので
手許にあった黒糖を使いました。

   味がくどいかも・・・。
ムクナ豆 [2021年06月21日(Mon)]
IMG_0762.jpg

薬効ありのムクナ豆の苗をいただきました。

秋には収穫出来る予定です。

           楽しみ。
最後に仕込んだ醤油 [2021年06月17日(Thu)]
IMG_0759.jpg

最後に3〜4ケ月前に仕込んだ醤油です。

見た目はまだまだ代わり映えしませんが、
匂いなどは素人にもわかる位
変わってきました。

見えないところで粛々と仕事をしてくれています。

       私もかくありたいと念じています。
スタートした梅干し [2021年06月15日(Tue)]
IMG_0752.jpg

6月6日収穫した梅、
品種聞き忘れ、無農薬、33kg。

洗って取り敢えず重量20%狙いで
7kgの塩で塩漬けして水が上がった状態です。

ここからどーするのか
聞いてないので一旦停止、
何もしないで指示待ちです。

いい匂いがします。

文字通り「梅塩」で良い塩梅です。
少しの違和感 [2021年06月04日(Fri)]
IMG_0729.jpg

4月中旬からスタートしている
「よもぎ」です。

当初「よもぎ発酵液」の予定でしたが、
「よもぎ酒」に変更して、
先日よもぎ本体を取り出しました。

「違和感」の大きなものは
「匂い」です。

主に「梅酒」の体験からの違和感ですが、
梅とよもぎの差、特に果実と葉の差での
進行状況・速度の差かも知れません。

次が粘度です。

尤も梅酒のほうは完成品、
よもぎ酒はスタート後まもない物なので
差があって当然です。

     が、何か違和感を感じています。
     どーなることやら・・・。
よもぎ酒 [2021年06月01日(Tue)]
IMG_0729.jpg

わかり辛いですが、
作っていたよもぎ酒のよもぎを取り出しました。

梅酒よりも接触面積が大きいので
そろそろ葉が溶け出すのではないかと
心配して取り出しました。

まだまだ未熟な固い匂いがしています。

少し早かったかなとも思っています。

果実酒はあれこれ聞きますが、
よもぎ酒はあまり聞きません。

先達のいないものは不安もありますが、
興味津々です。

匂いが変わったら試飲してみます。
ひまわり種 [2021年05月29日(Sat)]
IMG_0726.jpg

画像でみても、
残念ながら在来種・・・
というわけではありません。

コーティングしていて、
更にコーティング前には
殺菌剤などで前処理し、
その前の生まれは
運が悪ければ遺伝子組み換えかも知れません。

耳情報では、遺伝子組み換えではない
とのことでしたが、パッケージからは
判定出来ません。

とにかく、搾油までやってみないと
次の一手が考えられなにので、
今年はこれで・・・。

   出来上がる油はトップレベルのものでした。
   搾油に使用する道具のお陰もあるようですが。
ダブルブッキング! [2021年05月26日(Wed)]
IMG_0719.jpg

先日お世話になっている集まりで作った
草餅?です。

目ざとく大きな個体を見つけたので
確保しました。

持ち帰り食べてみると、
一度作ったものを、更に、
拡げた餡と包む餅でくるみ、
2個分の材料で2重のものを1個作っていたようです。

食べ応えも十分でした。

遊び心ある人の作品だったのでしょう。

   私には「喰い心」しか無かったようです。
   画像でみてもデカイ!
醤油その後 [2021年05月23日(Sun)]
IMG_0574-thumbnail2.jpg

見た目の変化はあまりありません。

が、
匂いと
混ぜたときの手触りというか感じが
変わってきました。

うまし神の命さまがお働き下さっているようです。

    感謝。
貢物?到来 [2021年05月21日(Fri)]
14081406231676.jpg

さわら を頂きました。

運よく捌けそうな人が身近にいたので
お口に入りそうです。

こうなると、酢でしめて、
ちらし寿司などと、
食べるだけの口先男は妄想が膨らみます。

    ありがたいことです。
    感謝!
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml