CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


この世の残り時間 [2020年07月05日(Sun)]
kgi103-b32ff-thumbnail2.jpg

現在40余人がNPO事業所を利用してくれています。

開設から10年を迎えました。

10年で世間の空気、事業所の中身、
職員さんのレベルが大きく変わりました。

何より変わったのは私自身だと感じています。

世の平均ではリタイアしている年齢ですが、
まだまだ未練というかやりたい事が山積みです。

目に見える事でやりたい事は
なんとか出来るのではという状態になりましたが、
見えない「目的」の部分はまだまだ遠く感じます。

大それた?望みと笑われるかも知れませんが、
私の「目的」は職員・利用者共通して
「生き抜く勇気」を持って持ち続けて欲しい
ことです。


以下更に個人的な考えです。

裸で生まれ、
死ぬときには何も持たず死にます。

死後の世界を見た訳ではありませんが、
物理的な肉体がなくなっても
精神的なもの(霊)は残っていると感じています。

私自身、父母・祖父母・祖先の方々だと思いますが
何かにつけ守られていると感じることがあり、
最近強く感じます。

生きている間に何をするかは長年の課題でしたが、
  約50年前に決めた事
  30年前の父他界時に決めた事
  今回コロナ騒動で加えた事
などなど
残りのこの世時間を悔いなく過ごすため
  自分を取り巻く全ての環境に感謝し  
  出来る限りの自我を捨て
  労を惜しまず生きて行こう
と決めています。

  

先人の凄さ [2020年06月14日(Sun)]
za002.jpg

煮詰まり、手詰まりになると
あれこれ考えるのを休んで
別の勉強や情報収集に逃げ込み?ます。

「神宮の森」と呼ばれる日本植物学界の英知を集結した
傑作があるそうです。

調べてみると「明治神宮」の敷地内の林のことでした。

何が凄いというと、
自然が創る完成形の植物体系を
人工的に短時間(といっても100年程度)で
作ったというところです。

残念ですが、私には凄さが感じられませんでした。
何の違和感もない大木の林が広々と広がっていました。

「違和感がない」というところが凄いのでしょう。

説明分には上意下達でなく
民意発展ボトムアップ?型の進み具合だったようです。

併設説明文の中に教育勅語がありました。

旧い言葉使いなので説明文がないと
感覚的にしか捉えられ私ですが、
内容は極めて当然なことばかり・・・。

外国が参考にしてもいいことが沢山ありました。

      令和・コロナと世相もどんどん変わっています。
      私達の祖先は懸命さで
      今に続く基礎を積み上げてくれています。
昔日の喜び [2020年04月29日(Wed)]
hiyoko-thumbnail2-91a37-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

「NPOけしごやま」は法人発足10年を過ぎました。

当初の世相とは隔世の感、
特にコロナウイルス以前・以後で
人心は大きく変わりそうです。

発足当初はまだまだ金銭の占める大きさは
否定しがたいものがありました。

現在、金銭以外のものが占める割合は
かなり大きくなって来ている感じがします。

私の周辺だけかも知れませんが、
金銭だけでは満足感を得られない人達が
増えている気がします。

そういう前提で再度周囲を見回すと
浮世の義理には縛られないと肩ひじ張った人たち以外に
さらりと淡々と自分の物差しで生きている人たちが
少なからず見受けられます。

かなり田舎の当地にしてこの状況ですから、
人間関係希薄な都市部などどんなものか
想像すら出来ません。

  世相も揺り戻しというものがあるなら
  どんな風にかわるのか
  ある意味楽しみでもあります。

   もう少し長く
   世の中の変遷を見ていたいと願います。
今、私達(私?)に一番欠けているもの [2020年02月27日(Thu)]
kgi103.jpg

いつも、「次の一手は」と自問自答しています。

基本的に考えていること
世情により変化すること
自分達の状態で変化すること

種々の要素が絡み、
複数次元の方程式を解くような
感覚を味わいます。

最後の決め手は単純明快です。

「好きか嫌いか」になってしまいます。

論語だったか
欲する処に従って規を越えず
という言葉を思い出します。

自分の「好き」は取り巻く人達や
応援してくれる人たち、
更には神・仏・天みたいな存在に
認めて貰える「好き」なのだろうか、
自分勝手な「好き」ではないのだろうか

     自問自答が続く毎日です。
迷ったときに戻るところ [2020年02月05日(Wed)]
kgi103.jpg

やろうとした事が上手く行かない時、
私はいつも「何がやりたかったか」を
思い出す事にしています。

     食の安全を通して世の中に貢献します。

上手く行かないことが何件も重なると、
凡人な私はいつも落ち込みます。

抜け出すまで随分時間がかかることもありました。

最近は年齢のせいか、
落ち込んでもすぐに落ち込んだ事を忘れます。

  認知症かも知れません。


何がしたくて動いているか?
そのために切り捨てたものも
少なからずある(あった)筈だし、
したい事は実行できたのか?
実行出来ても効果はあったか?



?が3つも並ぶと、
あれこれ落ち込んでいる時間も
勿体ないと思い始めます。

   やりたい事が思い出せる間は
   認知症であっても、
   まだまだ頑張れると信じています。

   神様か仏様かご先祖様か止めて下さるまで
   前進あるだけです。


  食の安全を通して世の中に貢献します。
   
不具合な性格に挑む [2020年01月29日(Wed)]
a010-thumbnail2.jpg

昭和20年までの日本では
旧正月が今よりも認知実行されていたと聞きます。

旧歴の軽重は別にして、
暦のうえで「節分」は重要な日です。

「節」とは1年を24に分けた約2週間が
それぞれ意味を持ち「啓蟄」「立冬」などの
文字になりカレンダーに載っています。

今年と来年の境が「節分」で
今年は閏年なので2月4日が「節分」にあたります。

来年は12支の「子」(ね)にあたり、
物事の始まりであり、増えるという意味だそうです。

今年の2月3日までに
スタートする準備をしておきなさい
ということだったようです。

出来る限りの準備をしておきたかったのですが、
出来たのはごく一部でした。

何が妨げになったか反省してみると、
一番は自分の性格でした。

本当に難しいことですが、
準備期間中に限らず、
少しずつでも訂正改善していかないと
目指す状態は遠いままです。

近く思えた夜明けは
まだまだ遠いかも知れません。

   が、間違いなく最初の一歩を踏み出す決心です。
一年経ちました・・・。 [2019年12月31日(Tue)]
進歩はあったか?

kgi103-d8e49-thumbnail2-thumbnail2-4047b-thumbnail2-2f2dc-thumbnail2-thumbnail2-8e309-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg
(1年前の書き込みです。)
畑では、猪にさつまいも・なんきん・ネギなどが
被害を与えられました。
通じての収量は前年よりかなり増えています。

今年です。
kgi103-d8e49-thumbnail2-thumbnail2-4047b-thumbnail2-2f2dc-thumbnail2-thumbnail2-8e309-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

残念ですが1年間の進歩は実感出来ません。
玉ねぎの収量は4〜5倍増でしたが、
それに伴うマイナス面も出ました。
 @大量の収穫に販路が追い付かず苦戦。
 A労力が集中的に要求され、他の作業が適時に出来なかった。
 BAのリカバリーを優先させたため金銭的には少しマイナスだった。
プラス面もありました。
 @自分達のその時点での限界がわかったこと。
 A足りない部分がわかったので、
  改善すれば(望めば)次の段階へ進める。
 B何を目標にすべきかがわかったこと。

hiyoko-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

(鶏部門は合計720余羽を数え、
 来年は、飼料都合もあり、
 肉になりお金に換わって貰います。)
       ↓
鶏部門、大勢に変化ありません。
僅かに、卵がお金に替わりました。
肉はサンプルであちこち配りましたが
高額販路には結びついていません。
来年の奮起が待たれます。

p-ec11c-thumbnail2.jpg

(コーヒー豆焙煎販売も緩やかですが、
 じわじわと売り上げを伸ばしています。

 なにより、店のムードは過去最高です。
 担当(美人)妙齢職員さんの力量を見くびっていました。)
          ↓
大勢に変化ありません。
が、一昨年に比べると売り上げはかなり増えています。

今年ラスト1ケ月で、
焙煎豆の販売までの時間管理を導入しました。
  現在、焙煎後5日を設定実行していますが、
  来年中に3日以内を目指しています。

  そのためにも、(ネット・スマホなどを利用した)
  注文焙煎を確立する必要があります。


 (総じては、職員それぞれ力量を伸ばし、
     利用者も人数・能力(やる気?)増加し
  来年度結果悪ければ、天変地異以外、
  私の責に帰すると覚悟しています。

   願わくば1年後、
   自画自賛状態であれるよう・・・。)
        ↓
 この部分は全く変化なしです。
 進歩のない男だったか、
 最初から完成形に近い人格だったか
 後世の評価を待ちます。

     ヨタヨタの毎日ブログも残り50回程度で
     1000回を迎えます。

   ご愛読ありがとうございます。
   来年もよろしくお願いします。


何を目指すか・・・ [2019年08月22日(Thu)]
kgi103-d8e49-thumbnail2-thumbnail2-4047b-thumbnail2-2f2dc-thumbnail2-thumbnail2.jpg

世の中種々雑多な情報が溢れています。

ヒトは自分に都合よい情報を受け入れ
都合悪い情報は真実であっても
向き合わない傾向があります。

組織もスタートしたときから
永久に機能することは保証されていません。
人の生命と同様、死(解散)に向かって一直線です。

存続できている間に、目的をやり遂げようと
最善の努力を重ねます。

目的に関しての実行・成否はなにをもって判断するか?
自己設定したハードルを越えたか否かが、
自分以外の判断基準になることが一般的です。

評価が金銭のプラスマイナスで表されれば簡単です。
(お金を稼ぐことが簡単という意味ではありません。)

私達の目指す「利用者さんの満足感」を
出来るだけ高度な次元で提供するには
(短期長期含めて)どうすればいいか
頭を使うことが多くなりそうです。

  見方を変えれば、
  スタート時よりも求められるものが多くなった
  ということでしょうか・・・・。
一体日本はどうなるのか・・・? [2019年07月07日(Sun)]
kgi103-d8e49-thumbnail2-thumbnail2-4047b-thumbnail2.jpg

その昔、開高健?さんという作家?PR関係?釣り師?さんが
いらっしゃいました。

種々の文字作品を残されていますが、
テレビのコマーシャルで
「一体日本はどうなるのだろう〜」
という台詞を書かれたと記憶しています。

当時は、単に、昔釣れた魚がめっきり釣れなくなった
位にしか受け止めていませんでした。

先日、友人と「これからどーなるんかなー」と
話していた時に「一体日本は・・・・」という言葉が
急に浮かんできました。

考えてみれば、放映当時でも、
最近私が感じたものと同じ類のことを感じられた方々が
多数いらっしゃったはずだと思います。

年齢か情報量の多寡、思慮深さなどで同じ言葉も
受け取りかた、解釈は随分変わってきます。

個性と言ってしまえばそれまでですが、
時代の変遷は大きなものがあります。

50年前の当たり前は現在の当たり前ではありません。
100年前・500年前も当然大きく異なるはずです。

日本がどうなるかも心配ですが、
人類はどういう方向に進むのでしょうか?

100年前200年前それ以前に比べて、
一人当たりの生産可能量?は想像出来ないほど
増えています。

人口も増えましたが、
衣食に事欠く人々も多くいます。

   人の欲望は
     エベレストより高く
     地球より重たい 
   そうです。

どうして、万人皆、そこそこで満足出来ないのか
不思議でなりません。

     知足(足るを知る)とは誰(何?)の言葉だったか
     昔日の人は今日を見通されていたのでしょう。





私にも尽きない欲?があります。
  私の関係する事業所に関係する全ての人が
  笑って毎日過ごせるようになることです。
朋友とのお別れ? [2019年05月06日(Mon)]
KGI012-d2328-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

平成最後の1年間、最も大切な人の一人との
お別れを経験しました。

平成最後の週、人生の転機を与えてくれた方との
お別れがありました。

令和最初の1週間には
昭和平成をともにした朋友が久々に来訪してくれました。

  私には、体力的のも苦しいなか、
  最後に顔を見せに来てくれたように感じています。

年齢が進むと、
 新たな出会いよりも惜しまれる別れが多くなることは
 仕方ないと思いますが、残念でもあります。



自分に残された時間・体力・使用可能な資源は
同世代の人に比べて恵まれたものもある筈です。

  出来る限り有効に使わせてもらって
  自分の役割を果たす努力を重ねます。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml