• もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


大好評! 340/1000 [2023年12月19日(Tue)]
IMG_1785.jpg

冬至にあわせて販売しました。

4.5kgを追熟させて、
切り分け1kg越えのものを販売しました。

知り合いが買ってくれたものもあり、
2〜3人から「まだあるか?」と連絡貰いました。

中でも50年来の友人は、
あまり食材を褒めたこともなく
自分でも食べてみました。

  自画自賛ですが、
  大変おいしかったです。

  友人も私も70歳超の老人加入組。
  体が変わってきたのかも・・・。
成熟末期? [2023年12月16日(Sat)]
IMG_1765.jpg

ムクナ豆の近況です。

葉の色が変わり、
落葉も増えています。

そろそろ成熟も終盤に入ったようです。

明日からは、気温も本格的に下がるようです。

   冬 本番まっしぐら・・・。
ほんの5ケ月前・・・335/1000 [2023年12月14日(Thu)]
IMG_1618-thumbnail2.jpg

成熟に努めるムクナ豆。

移植後5〜7日たった様子です。

今の姿など想像も出来ない程、
小さく可愛く命に溢れています。

ほんの4〜5ケ月で今の状態になりました。

  それぞれの個体の役目があるかどうかは
  私の知るところではありませんが、
  それぞれの個体は与えられた環境で
  全力を尽くしてくれています。

ムクナ豆の精一杯の努力をどう活かすか
私の裁量が試されます。

  私も全力を尽くします。

  歳の瀬も濃くなる毎日、
  活きることの大切さ・難しさ・喜びを
  味わわせていただいています。
意外な原因 [2023年12月05日(Tue)]
IMG_1789.jpg

異変が起きほぼ全滅している
ほったらかしカボチャ・・・。

あれこれ情報収集して暫定結論に至りました。

原因は  「低温」です。

霜が降りるなど、冷え込みが始まると
カボチャは生き残れないようです。

残念ですが、自然の摂理には勝てません。

  お騒がせしました。
ほぼ全滅 325/1000 [2023年12月04日(Mon)]
IMG_1789.jpg

ほったらかし畑のカボチャです。

3個体ありましたが、
ほぼ全滅です。

   涙。
異変、ほったらかし畑 3 [2023年12月02日(Sat)]
IMG_1780.jpg

起こった異変についての推測です。

あれこれ考えていますが、
1.土中環境の変化
   虫
   菌
2.除草剤などの薬物
に分けられるか、
複数の組み合わせか
だということと思っています。

原因も特定出来ず、
りかばりーショットを打とうとしているのも
おかしな話ですが、
私には手段が限られています。

  振ったバットにボールが当たってくれる
  のを願っています。
ほったらかし畑の異変2 [2023年12月01日(Fri)]
IMG_1780.jpg

1番樹 ほぼ 全滅の様子です。

葉がしおれて軸だけになると
成長中途の実がよく見えます。

残念ですが、これ以上の生育は期待できません。

これから、リカバリーショットを
いくつか試してみます。
ほったらかし畑の異変 [2023年11月30日(Thu)]
IMG_1780.jpg

先日ふと気づきました。

カボチャの拡がる一部に異常が発生していました。

元気がなくなり、すぐに枯れて行きます。

どんどん広がり、やがて個体が死滅する勢いです。

  原因についてあれこれ考えています。

収穫したカボチャ [2023年11月28日(Tue)]
IMG_1785.jpg

4.5kgありました。

収穫適期はも少し先だったようですが、
この個体だけで沢山養分を貯めこみそうだったので、
収穫しました。

これから追熟に入ります。
冬至には充分間に合いそうです。
農林**号 [2023年11月27日(Mon)]
IMG_1784.jpg

草に囲まれ大苦戦していたミカン。

数年前から畑の隅に鎮座しています。

今年は受難の年というか、
私の怠慢で、多数(恐らく200〜300個)
結実していましたが、草に囲まれ全滅しました。

他の用事がひと段落して、大きな草を片付けて貰ったところ、
ごく僅か落ちずについていました。

樹が自己判断で残り数を決めて、
命がけで繫いでくれていました。

有難く食べさせていただきます。

   樹のほうが立派に職責を果たしました。
   猛省。

  巷では「マドンナ」
  一定以上の糖度のものは
  「紅マドンナ」の名を許されるそうです。
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml