CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


直売かぼちゃ [2020年07月26日(Sun)]
kgi310.jpg

置く場所が不自由になってきたので、
倉庫の自動車を外に出して
移動などの作業をしていました。

県道隣接なので目立つのか、
女性が2人立ち寄り、
販売を求められました。

さらに2時間後、
若い中国人女性が3人
やはり、片言の言葉で販売を求められ、
カボチャ、ジャガイモを販売しました。

いっそ、直売中ののぼりでも作ってみようかと
考えています。

   有難いことです。
甜瓜・・・ [2020年07月25日(Sat)]
ysi010-thumbnail2.jpg

第2弾(2番なり?)甜瓜が畑から
届きました。

画像ではわかりませんが、
天候から考えると、
糖度十分とは考えられません。

頭の中では、
  排水・日照のよい畑で
  雨を遮る透明なビニールで雨を避け
  必要な水分を供給できたら・・・
糖度十分な甜瓜(に限りませんが)が
食べられると思っています。

自然の前で人が出来ることは限られています。
かぼちゃ収穫が本格化 [2020年07月23日(Thu)]
kgi310.jpg

1週間ほど前からかぼちゃ収穫が本格化しています。

畑からの報告では、1番成りの後半(半数)だそうです。

画像が全予定収量の1/12で約400個。
狸の皮算用に近い予想ですが、
話半分でも残り1000個以上です。

昨年に比べて格段多い収量です。

原因は現時点では
「猪被害に遭わなかった」
ということに尽きます。

販売は一括大量販売を避け、
自社自力での直接販売を目指しています。

自社の販売力を越えた収量なので、
妙齢美人職員さんの腕の見せ所には
間違いないですが、
事業所一丸チームプレーで乗り切れたら
と考えています。

全ては神様のお試しと覚悟して
全力を尽くします。

        嬉しい誤算です。
次の一手 [2020年07月22日(Wed)]
ine055.jpg

田植え終了したら、次の一手は「除草」のはずでした。

が、予定通りいかないのが未熟の証明。

予定通り行かない時でも余裕で対応出来る
技術があれば焦る必要はありません。

(再び)「が」、の登場です。

1.ジャンボタニシに田植え直後の苗を喰われて
 かなりの面積(約1.1ha)を再田植えしました。
 苗の手配も通常の田植え終了時から
 時間が経過していたので手こずりました。
2.被害大発生で対応農薬も超品薄。
 普段農薬を使わない方針なので
 急遽調達に応じてくれた肥料屋さんには
 大変感謝しています。
3.再田植え、
 ジャンボタニシを殺す?か近づけない農薬も
 なんとか散布し一息つく間もなく回ってきた回覧板に
 「7月24日から土用干し」と書いてありました。

 6月中旬の順調な田植えであれば、
 7月下旬の低水位は当然です。
 が、タニシ被害で遅れた田植えに7〜10日後の
 土用干しは害あれど利なし・・・。

 地域の農業取水慣行なので仕方がありません。
 畦畔などで抱けるだけ抱いた水で凌ぐしかありませんが、
 ダメージは防げません。

 今年の稲作米収穫は単に収量の数字では
 ありません。

 私にとって、数年間の集大成とも言える
 鶏の餌の量の「多い少ない」です。

 安全な食材のための安全な飼料づくり・・・。
 泣く泣く使ったジャンボタニシ対応の殺虫剤?。

頭のなかで色々な考えが渦巻いています。
最後までやってみないと結果もわからない
未熟者です。

私には事業所に来てくれる人達への義務があります。
安全な食材を心待ちにして下さる方達への責任もあります。

神仏に祈っても、
悪魔に魂を売っても
予定に近い収穫を確保します。 



  案ずるより産むが易しを希望しています。
最遅の田植え [2020年07月18日(Sat)]
ine055.jpg

7月15日に田植えしました。

事故・補植を除いて、
私が植えた中では最も遅い田植えです。

地域標準から遅れること4週間。

種々の理由と欲望の結果の試行です。
4ケ月もすれば答えが出ます。


全体ではジャンボタニシ被害の補植は
現在も続いています。
確定した食害 [2020年07月16日(Thu)]
ine055 (2).jpg

3週間ほど前に田植えした圃場です。

画像右側が比較的高い(水が浅い)圃場です。

左に移動すると

ine055 (1).jpg

稲はほとんどなくなります。

田植え直後に大雨で水没しました。
苗が呼吸出来なくなり、枯れたと考えていました。

が、先日水が少なくなり、
生き残っていることがわかりました。

ジャンボタニシによる食害です。
田植え2Rの苗 [2020年07月15日(Wed)]
ine051714.jpg

6月25日に播種した苗箱です。

見事な出来栄えで
自分でもほれぼれしています。

ジャンボタニシの食害に遭わなければいいのですが。
甜瓜 [2020年07月13日(Mon)]
ysi010.jpg

近所では「金瓜」と言われています。

全国的には「まくわうり」が標準みたいです。

完熟すれば大変おいしいものになり、
個人的には高価な**メロンにも引けをとらないと
思っています。

昨年は糖度を測った記憶がありますが、
今年の現時点では、
それに届いていません。

収穫が早い事、
収穫する時期の降雨量
が原因です。

  いづれにしても梅雨明けから
  楽しみな甜瓜です。
大流行している(らしい)食害 [2020年07月12日(Sun)]
p.jpeg

「ほぼ確定」に至る根拠?に
農薬屋さんの在庫不足があります。

近隣農家から注文殺到し、
在庫0状態、
次回メーカーからの納品も
多量は期待出来ないようです。

他の農家さんの状態は気になりませんが、
自分が困るのは確かで、
農薬は好きではありませんが、
自分・関係者への不便迷惑を考えると
使用せざるを得ないようです。

    残念!
ほぼ確定 [2020年07月11日(Sat)]
p.jpeg

見えなくなった苗は
ジャンボタニシ食害と
ほぼ確定です。

面積約7000m2で拡大の恐れあります。

悩んでも仕方ないので
苗を集めて再度田植えします。

初めての経験です。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml