CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


三角ホー [2021年07月19日(Mon)]
IMG_0805.jpg

除草用具で画像のようなものがあります。

正式名称は知りませんが、
三角のカラスの觜みたいな刃物が
先端にセットされた鍬みたいなものです。

昨今、ホームセンターなどで同様のものを
よく見かけます。

先日、埼玉県で同様のものを見かけ、
使い心地の差に驚きました。

尋ねたところ近所(久喜市)の鉄工所で
製造販売しているとのことでした。

鉄工所を訪ね、買ってきました。
正式には
「野口鍛治店」
とのことですが、
70歳前後の店主(職人さんです)が対応してくれ、
あれこれ話を聞きました。

   私の近隣にも同様の鍛冶屋があり、
   そちらは私より一世代前の職人さんでした。

   残念ですが、1年余前から閉店されています。

野口鍛治店さんの方は、まだまだご健在が続きそうです。

この道具、「実用新案」「元祖」の文字が光っていますが、
刃先形状を50年前に登録したと言われていました。

実用新案の有効期間が何年か知りませんが、
ホームセンターで同様のものが半値以下で売られているのも
そういうことかと納得しました。

使い勝手は似て非なるもの、
本物の凄さと迫力は金額以上のものです。

刃物部分は使用まで保護してありますが、
これは意図しない怪我を防ぐためと思います。

適度な重さ、柄の材質など
私には魅力的な要素満載です。

使い込んで寿命寸前の個体を使って
改良点を考えていた自分の未熟さを
新品の個体が吹き飛ばしてくれました。

   「人の仕事はかくありたい」
    と思わせてくれた一品でした。

  同じ道具を使っても、
  精農家の畑と私の畑の草の数の差、
  原因は明らかです。反省

スモールアグリ? [2021年07月09日(Fri)]
IMG_0791.jpg

農業で使う道具は高額です。

米を栽培しようとすると、
主だったもので、
トラクター
コンバイン
田植え機
乾燥機
籾摺機
などあっという間に大した金額になります。

それなりの面積を確保出来れば、
それなりの金額での販路を確保出来れば、
それなりのモチベーションを維持出来れば

生産も継続も可能です。

が、農業人口の減少は論を待ちません。

私は100人分の食糧を賄う農業を目指しています。

それなりの道具で
それなりの規模で、
国の方針とカブる部分は
あまりありません。

  自分の考えをいいと思う人の
  後押し・声援がなによりの
  スモール?アグリです。
昔買った・・・ [2021年05月30日(Sun)]
IMG_0727.jpg

数年前に買っていた道具です。

一度も使った記憶がありませんが、
使途や当時の状況を思い出しました。

これは、ひよこの觜の先端を切り落とす道具です。

当時、鶏を孵化させて自家増殖の確率を目指して
奮戦していました。

今も別のポイントで奮戦苦戦していますが、
当時は孵化したひよこが同級生や少しの下級生を
いじめることが多発していました。

現在も弱った個体を集中攻撃する傾向はありますが、
ひよこの場合、とりわけ残酷に思えました。

いじめ防止のため、觜の先を切断して、つついても
つつかれた個体がダメージを負わないように
するためです。

ずるがしこい個体は他のひよこの足の指の間の
薄い膜を攻撃します。

薄っすらとでも血がにじむと、
他の個体も血がにじんだ個所を集中攻撃します。

集中攻撃を受けた個体はやがて死んでいきます。

あれこれと試行錯誤しましたが、
群飼の場合はどうしても避けられませんでした。

現在も率は低減している筈ですが
皆無ではない筈です。

觜を切ることを切觜(セッシ)とかデビークとか
言うらしいですが、
結局、画像の道具は一度も使わずじまいでした。

何故使わなかったかははっきりとは思い出せませんが、
爪切りとは違って、觜を切られたら痛いだろうなとか
小さな部分で仏心がでたのかも知れません。

そのせいで死んだ個体もいたはずなので、
使わなくてよかったのか
使ったほうがよかったのかは
私にはわかりません。

    考え乍ら、迷いながら、
    確たる自信もなく、
    「安全な食事の提供」を錦の御旗に進んでいます。
    
愛車41万km [2021年05月17日(Mon)]
IMG_0716.JPG

酷使に耐えている愛車。

ついに41万km到達しました。

ありこち寿命の部品が出ていますが、
交換・修理が可能な間は
頑張って貰います。
調子に乗って・・・ [2021年05月08日(Sat)]
IMG_0568-thumbnail2.jpg

これは使用している軽自動車のメーターです。

走行39万kmですので1年ほど前の画像です。

現在40.7万kmですので、
口約50万kmまで9.3万kmです。

機械的にはまずまず快調で、
運転手の老化が気がかりです。

同じ個体を長く使っていると
何となく機械を超えて
「意思を持った生き物」みたいに
感じるときがあります。

これもメーカーからすれば
「ご愛顧」の部類でしょう。

    私達の生み出すもの、
    自然の力を借りて生産するものも
    多くの人に「ご愛顧」されたくて
    努力を重ねていますが、
    まだまだ足りないようです。
もう少し?旧い道具 [2021年05月07日(Fri)]
p.jpeg

こちらは私が個人的に所有していた
道具です。

私の氣億では半世紀前の道具です。

亡母の愛用機でした。

当時は道具にあまり愛着も感じず、
メンテナンスもおざなりで
何度か大手術?を行いました。

使い方が未熟なため、
エンジンをオーバーヒートさせてしまい、
半ば意地になり、
エンジンのヘッドを削り直したこともありました。

現在は畑で余生?を全うし、
それなりに活躍してくれています。

今となっては、
ヒストリー付きの大事な個体です。

  「愛用」という言葉がなんとなく理解出来始めました。
自然な劣化 [2021年05月06日(Thu)]
p.jpeg

縁あって私達の手許にきて10年弱の
耕運機です。

私達が3代目の使用者らしく、
新品時代からは25年は経過しているようです。

とは言え、使用時間は短く、
機械的にはあまり痛んだ部分がありません。

消耗部品は当然ですが、
以前の使用者の方の丁寧さというか
真面目な人柄が機械個体に反映されています。

それでも、自然な経年変化は避けられず、
オイルのにじみが激しくなり、
必要最低限のパーツ?交換を要します。

これまでの働きと
これからの活躍も期待して
メンテナンスさせて頂きます。
ほんの2年前 [2021年05月04日(Tue)]
IMG_0126.jpg

鶏部屋での給水方法もかなり変わりました。

2年前の画像には20L程度の給水器が
写っています。

方法を自動給水に替えようとして
パッケージになった大陸製の
簡単な道具に替えていく途中の時期です。

思えば、
井戸堀に始まり、
既成給水器への変更、
更に自作給水器へと
休む暇なく走りまわりました。

現在のテーマ?は
鶏糞を利用した堆肥作りを
安定軌道に乗せることです。

目に見えない微生物相手は
因果関係も掴めず苦戦の連続です。

諦めなければ、きっと突破できると
信じていますが、なかなか、
灯りが見えません。

チームプレーで何とか乗り切りたいのですが、
ここでも「祈り」の力を信じて
最後までやり切りたいと念じています。

    昔の画像を見ていると
    当時の考えや労苦、
    超えたときの嬉しさが思い出され
    今の励みになります。
悪い癖・・・ [2021年04月06日(Tue)]
dg067-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.JPG

喉元過ぎれば・・・。

昨秋、クローラがトラブり、
手こずったコンバイインです。

ガイドローラー?の一番大きなやつ、
(駆動ギアと対極にある他より大きなローラー)が
ぽっきり折れて行動不能になりました。

ローラー自体は部品取り用の個体が
2台ありましたので、
さほどの苦労はありませんでした。

が、故障した現物は圃場の真ん中で
足元も良くなく、取り外し作業から
かなり苦労しました。

予想外の苦労は、
クローラの重さ
でした。

加齢による骨・筋肉の減少で
思うようには行かなかった
ということでしょう。

苦心惨憺、手伝いの数も頼み
やっと交換出来たときは、
自分のずぼらさが
部品を痩せさせ摩耗の極みで
故障に至ったのだから、
シーズン終了時には
ちゃんとメンテナンスをしなくっちゃ・・
と思っていました。

思ったままで今日になったのだから
喉元過ぎればとは正に自分のことと
痛感しています。

ネズミの遊び車みたいに
目先の事ばかりしか
見えていません。

     バカは死ななきゃ・・・
     とは良く言ったもの・・・。
気が付けば浦島太郎 [2021年03月26日(Fri)]
IMG_0624.jpg

先日来自動車に振り回されています。

画像の自動車ホンダステップワゴンを
日本財団さま仲介で譲り受けました。

以前の使用団体では特に問題なく
使用されていたようですが、
当事業所では畑の出入り時に
最低地上高が不足することがありました。

一計を案じ、タイヤで地上高を稼ごうと
しました。

205-60-16が標準サイズでしたが、
195-80-15というサイズを取り付けて
2〜3cm高くなりました。

ところが、半日も使わないうちに、
警告灯が3個だか4個だか点灯しました。

確認のため診断機で観たところ
やはりタイヤエラーとのこと、
急遽元のサイズに復帰したところ消灯しました。

考えてみれば、
自動車をコントロールする
コンピューターというかICチップというか
電子的なものが組み込まれている筈でした。

時代の進歩は想像よりも
ずっと速く、
取り残されそうな状態に氣がつきました。

   時代では変わらないものを
   探しておく必要がありそうです。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml