CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


意外な原因 [2020年08月06日(Thu)]
dg284.jpg

使用中のパソコンに不具合が発生しました。

昔に比べて生活の中でパソコン・スマホの
占める重要性は非常に大きくなり、
デジタルディバイス音痴の私にも
困った事態になりました。

重要なパソコンでの用事もあり
知人の中で明るそうな人に
指示を仰ぎました。

推測どおりの原因で
事なきを得ましたが、
その原因は「埃」でした。

   昔からの言い伝えに
   あったような事を思い出しました。
ほぼ終わった田植え [2020年07月04日(Sat)]
p.jpg

雨の多い梅雨時期、
なんとか田植えも終わりが近づきました。

今年は除草を新しいやり方で進めるつもりです。

面積が少なければ、
ハンドツールで可能ですが、
梅雨明けの高温や体力的な事もあり、
画像の道具に活躍して貰おうと考えています。

イメージどおりに進めばいいのですが・・・。
「特別な部品」3 [2020年06月28日(Sun)]
dg274.jpg

田植え機専用?ハイスペックVベルト
新品の画像です。

手許での天幅計測していませんが、
JIS規格によると12.5mmとなっています。

使用が重なり痩せて不具合になったベルトの
画像です。

dg276.jpg

 天幅約9.5mmです。

さすがに調整範囲を超えています。

   やはりメーカーは凄い・・・。

高額だとは思いますが、
値段以上の仕事はしてくれました。

    感謝!
「特別な」部品 2 [2020年06月27日(Sat)]
dg274.jpg

「特別な」部品にもメーカーの思惑が
透けて見えることがあります。

画像のベルトなどは
設計上スペース確保に限界があり
品質でカバーせざるを得なかったことは
すぐに理解出来ます。

すぐに理解出来てもメーカーのセコさが
透けて見えるものもあります。

某一流ポンプメーカーさんが組み込んでいる
ベアリング、現在もそのままか不明ですが、
JIS規格から外れた専用部品で値段も20倍程度だったと
記憶しています。

軸を受けるため汎用のベアリングと
機能的には何ら変わりません。

ところが外寸が微妙にJIS規格品と違いました。

外寸が異ならなければならない理由など
見当たりませんでした。

ポンプメーカー営業所に在庫の有無・値段を
聞きに行ったものの、
あまりの下らなさに呆れて、
JIS規格品ベアリングに外寸を太らせるケースを
削ってつくり使用しました。

機能的には十分かつ外観もカバーの中なので
何の不都合もありません。

ある意味、ベアリングは消耗品なので、
そこで稼ごうというのは理解は出来ますが
一流メーカーのすることではないと
私は思います。
「特別な」部品 [2020年06月26日(Fri)]
dg274.jpg

道具の寿命は手入れと部品の供給が
大きな割合を占めます。

画像の部品は田植え機のオイルポンプ用の
Vベルトです。

サイズはJIS規格A-19というものですが、
求められる強度が通常のものより高くなっています。

空間的な制限でベルトにとって楽な範囲を超えた
短い距離しか選択出来なかったようです。

更にプーリー径も小さいので
曲がりやすさと強度を同時に求められています。

通常の強度のものの上級品として
型番文字が赤いものが有名ですが、
このベルトは更にその上の青い文字です。

通常品であれば2〜300円程度ですが、
青文字ベルトは5000円程度なので約20倍です。

話が逸れますが、
昭和中期に高級スコッチウイスキーとして
名を馳せたジョニーウォ-カ−にも
赤ラベル・黒ラベル・青ラベルがあるそうです。
炭焼ROT3 失敗 [2020年06月22日(Mon)]
dg271.jpg

竹炭つくり 第3回目は失敗しました。

確たる原因はわかりません。

自分では
材料の竹材の含水比が多すぎた
ことが原因と考えています。

第4回目は乾いた材料を選んで使用します。
焙煎排気ファン掃除 [2020年06月18日(Thu)]
dg270.jpg

このところ順調なコーヒー豆焙煎販売です。

が、正直なところ、
春から梅雨、夏と気候変化で
販売量に影響があるのは確かで、
減少量が読み切れません。

ありがたいことは、嬉しい誤算かも知れませんが、
新規客が増えていることです。

幹線道路沿いなので、毎日結構な通過車両、
更に両隣が「しまむら」「中銀」
向かいが百均と恵まれた立地なので
横目で見ながら通過する人数は少なくありません。

通過客を店内へ誘導する方法が分からず
今日になりましたが、
コロナ前から新規客が目に付くようになりました。

原因不明で、振ったバットに偶然当たり、
有難く思うと同時に、
新規客を常連客になって貰えるよう
関係者一同努力を重ねます。

私のささやかな努力、
道具のメンテナンスです。
   焙煎後の豆の温度をなるべく早く下げるためです。
送風機修理 [2020年05月26日(Tue)]
dg262.jpg

修理・メンテナンスした送風機です。

コーヒー焙煎店では都合2台の送風機を使用しています。

焙煎終了時、豆の温度を下げるための道具と
焙煎中の排煙の道具です。

専用の道具を買うと高いので
ほとんど手作り状態です。

自分が関係したところは、
「外観よりも機能」ということにして
素人丸出しの外観です。

排煙用の送風機が異音が始まり、
我慢出来ずベアリングを交換しました。

交換といっても営業しながらの作業なので、
新しい送風機を準備し、
取り合えず、送風機交換。

更に、取り外した送風機を修理、
次に修理済みのものを取り付け・・・と
3手詰めです。

dg263.jpg

原因だったベアリング「6202Z」の表示があり、
近所の部品屋さんへ走りました。

ベアリング屋のお局様曰く、
「ZがなくZZならあります」
心配なので
「外寸同じですか?」
と聞くと
「もちろん同寸です。」
2個使いだったので2個にしようか
不具合な1個だけにしておこうかと
一瞬ためらいました。

「何かお困りですか?」
とのお言葉に正直に伝えると
「1個でよろしい」

「お局様のご指導に従います。」
473円払って帰り際
「小娘が知らん事をよーけ知っとるなあ」
と余分な事を言ってしましました。

dg264.jpg

473円の「6202ZZ」1個、お局様のお勧め。
醤油、黄ランプ? [2020年05月22日(Fri)]
冬から順次スタートした醤油作り。

縁か運かは不明ですが、
木製の桶も加わり、
いい環境でのスタートが出来ました。

発酵も順調に進んでいるようです。

撹拌用に道具を作って貰いました。

dg259.jpg

檜だそうです。

dg260.jpg

天地返しのイメージで撹拌していて
気が付きました。

桶のどこかから漏水しています。

少量なので気が付くのが遅れましたが、
同時期スタートのポリ容器のものとは
粘度が違う感じがします。

もっと酷くなるようだと
漏水しない容器に移し替える必要も
出て来るかも知れません。

加水してみようかとも考えましたが
思案中です。
自分に必要な道具? [2020年05月13日(Wed)]
p-4cd9c-thumbnail2.jpg

もみ殻燻炭器です。

長年の使用で躯体に穴が開き始めました。

0.6〜0.8mm程度の鉄板を筒状に加工したもので、
使用に伴う温度変化の繰り返しで
鉄板が痩せてきて薄くなり
酷いところが穴あき状態になりました。

寿命といえば寿命かも知れません。

お陰でもみ殻の処理は燻炭への加工販売という
妙手がなくなりました。

耐久性のあるステンレス製のものを買おうかな
と思って調べたら結構なお値段でした。

なんとか補修出来ないかと模索しています。

      

      自分には必要な道具でした。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml