CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


黒豆 [2019年12月30日(Mon)]
p.jpg

お正月に備えて黒豆を煮ています。

巷では「丹波の黒豆」とか「丹波黒」とかが
もてはやされています。

10余年前、岡山県の農林関係職員さんが
頑張って丹波に負けず高く売れる黒豆を
作って農業者の収入を増やそうと
「作州黒」という豆を作りました。

素人の私には丹波黒との違いも
よくわかりませんでしたが、
関係者(特に岡山側)では
丹波黒より高品質だと期待を集めていました。

3年もすると予期せぬ事態になりました。

作州黒を仕入れて丹波黒と錯覚させて
販売しているのではないかという噂が流れました。

真偽のほどは不明ですが、
作州黒はブレークしませんでした。

作州黒と同じ県職員Mさんが手がけた?ものに
青森県の「黒ニンニク」がありました。

こちらは、簡単に出来、
生ニンニクよりも高額に販売できるので
当地では定着したようです。

正直、私はお役人が提唱するものに懐疑的です。
そのポジションにいる間に、
自分の功績を残したいがための施策のため
振り回される民間業者・人を数知れず知っています。

ごく稀にふったバットに当たることも
あるようですが、大多数は外れ定着しません。

関係アイテムで鶏もありますが、
要は「販路」。
望みに近い値段で売れるかどうかが
生産者としての私の第一感心事です。

せめて再生産可能な値段で
販売出来たらと願っています。

   画像の豆は作州黒ではありません。
   在来種を愚直に育てたものです。

   食べる人の健康に役立つ事を願っています。







































































































































































































































































































トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml