CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


焙煎機用火口 [2020年12月26日(Sat)]
p.jpeg

このところ注文焙煎が少しづつ増えています。

「注文焙煎」というのは文字通り
「注文を受けてスタートする焙煎」です。

以前は「焼き立て」を希望するお客様のため
注文焙煎以外のラインアップ品の中から
新しいものを販売した時期もありましたが、
ご希望されないお客様とのコンディション差を
考え、ラインアップ品は焼いた順番に販売することに
させていただきました。
お客様へのサービスのイコールコンディション化です。

現在「注文焙煎」の種類は「高額商品」です。

あまり売れない種類を焙煎した状態で
時間が過ぎると廃棄処分になるのが
経営上悪影響を及ぼすためです。

そのため、高額な商品は
「生豆**grスタート」で
出来上がりは重量約80%になります。

金額が大きくなるため少量での焙煎が多いですが、
火力の調整に神経を使います。

少量には少量用の道具があった方が
良い状態でお客様に渡せるので
少量用の火口を用意します。

ない場合は作るか
メーカーに特別注文で作って貰います。

高額な商品は売り上げに占める割合も
少ないので切り捨てればいいのですが、
少しでも試してみたいお客様のために
頑張ってチャレンジしています。

焼き立てのハワイコナ、焙煎直後のブルーマウンテンなど
小ロットだと探すのが難しいようです。


当初は全く注文がありませんでしたが、
コロナ騒動の影響で(巣ごもり?)ポツリポツリと
見かけるようになりました。

年末年始を控え、多少目につくようになってきたので
専用の火力を確保する必要が出てきました。

元より、利益確保が第一目標ではありませんので、
いつあるかわからない注文のために
高額な原材料を備蓄し、
専用の道具も作り、
職員も技術を獲得・維持する必要があります。

自分達の規模では背伸びした状態ということは
承知していますが、
喜んでいただけるお客様のために
私達は背伸びして努力します。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml