CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


鳥インフルエンザの現状 [2020年12月03日(Thu)]
p-f9635-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-524be-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

12月1日時点での現状。

国内では11の養鶏場で発生しています。

厳密に言えば
「高病性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認」
というらしいです。

大半は香川県三豊市で、
福岡県、宮崎県、兵庫県でも各1例発生しています。

岡山県もいつ発生しても
不思議ではない状態で、
関係者はピリピリしています。

コロナもそうですが、
農園で死亡した鶏を検査して
鳥インフルエンザと判明したら
その農園の鶏は全数が殺処分されます。

補償金も僅かでるらしいですが、
お金だけでは済まされない部分も
沢山あります。

まだまだ収束の気配は見えません。

素人の素朴な疑問ですが、
生きている個体から
発見されたケースはありません。

もちろん、生きている個体を検査した事例を
聞いたことがありませんので、
結果も聞いたことがなくて当然です。

終息後、一度やってみてもいいのではと
思っています。が、藪をつついて蛇を出す事にも
成り兼ねないので、今は言えません。

ともかく、一日も早い収束を願うばかりです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml