• もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


2回転落した燕2 [2024年07月16日(Tue)]
1796CB25876860123DC5D1EE568E34138DF7E991.jpeg

一人だけ巣に残り生活?しています。

元の巣の同期は全員いなくなりました。

巣立ったようです。

  運命に従い淡々と生き、
  長くない天寿を生き切って欲しいです。
手のかかる燕 [2024年07月15日(Mon)]
1796CB25876860123DC5D1EE568E34138DF7E991.jpeg

2回転目の孵化した燕。

4〜5羽孵化したはずですが、
その中の1羽です。

特筆すべきは その性格。
前に前に出る性格?のようです。

元々、蛍光灯カバー反対側の巣で孵化し、
4〜5羽のうち1羽は5〜6日前に落下死亡、
昨夕、この個体が落下していました。

比較的元気だったので、
元の巣に戻しました。

人が触るとその後 
親燕が育児しなくなるとも聞いていましたが、
巣に戻すと 2〜3時間後には
再度落下していました。

他の雛に押し出されたのかとも思い
別の巣に戻しました。

今朝の様子です。

まだ飛べませんが、
巣の淵に立つ姿はなかなかのもの・・・。

自分で落ちたのかも とも思います。

     無事巣立ってくれることを
     祈っています。
貰い物の米 [2024年07月14日(Sun)]
IMG_2028.jpg

知り合い農家さんからいただきました。

小米(サイズの小さい未熟米)です。

30kg弱、鶏半日弱分くらいの感じです。

        有難い事です。
Posted by fujiwara at 18:09 | | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
皆さんそれぞれ・・・ [2024年07月13日(Sat)]
IMG_1078.jpg

自分の持ち場で頑張っておられます。

たまたま私の友人知人がそうなのかも知れませんが、
大変頑張っておられると感じています。

自分の励みにさせて頂いています。
2個1、3個1 田植え機  545/1000  [2024年07月12日(Fri)]
IMG_2023.jpg

今朝、雨の中修理した田植え機です。
恐らく25年もの、すごく古いです。

ヤンマーRR400という桁式?だったと記憶しています。
4条植え、おそらく4〜5馬力程度です。

私には非常に有難い道具です。

部品の供給が途絶えて不思議ない年数ですので、
部品どりを兼ねて合計4台あります。

きょうは、なんと、前輪がパンクしたので、
他の個体から取り外し交換しました。

IMG_2024.jpg

ドナーにされた個体です。

何とか交換出来、急場はしのげました。

   有難いことです。

   何故、私に都合がよいかは次回に。
ほんまに梅雨? [2024年07月12日(Fri)]
IMG_2022.jpg

季節的には梅雨ですが・・・。

雨の降り方が短期集中で
時間当たり雨量の多さは異常です。

近隣下流に大型配水ポンプが稼働可能なので、
地域での水害は避けられています。

  先人に感謝。
初雛! [2024年07月11日(Thu)]
IMG_2021.jpg

新しい部屋に移ったヒヨコ達は
半日もすると部屋に慣れた様子です。

心配した昼夜の温度差、
特に夜の温度低下は
大した問題では無かったようです。

案ずるより・・・でした。

慣れたころにミスが出るのが世の常なので、
気を緩めず、自然に則り、
天寿?を全う出来るよう
お手伝いさせていただきます。
Posted by fujiwara at 00:00 | | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新しい命 [2024年07月10日(Wed)]
IMG_2021.jpg

植物の新しい命は緑色が多いようです。

鶏の新しい命が増えました。

稚いものは無条件に可愛いらしい・・・。

「無邪気」はどこから来るのだろう?

人も生まれながらに持っているはず・・・。
Posted by fujiwara at 00:00 | | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
調整しながら ムクナ豆 [2024年07月09日(Tue)]
IMG_2020.jpg

成長著しい蔓部分にばかり
気を取られていました。

足元では、
黄色くなり落ちている葉も
出てきています。

原因は不明ですが、
個体としての選択だと考えています。

今のところ、植物個体としては、
成長に軸足を置き、
効率よく太陽光を受け取れる上部の葉に
エネルギーを割き、
光受け効率の悪い葉を落とした
のではないかと想像しています。

更に推測すると、
地下 根の部分の土量は限られていて、
小さな植え込み部分に 
かなりの本数が植えられています。
個体同志での情報のやりとりもあるはず・・・。

これからどんな選択を重ね、
秋を迎えるのか勉強させて貰います。

 年度を越えた情報も持っているのでは
 とも思います。

延びるムクナ豆 4 540/1000 [2024年07月08日(Mon)]
IMG_1995.jpg

脇芽も伸び始めました。

個体としては、
脇芽を延ばす余力あり
と判断しているようです。

台風など気象変化・事故も
あるかとおもいますが、
現在の最適解なのでしょう。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml