CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鏡 | Main | チャイルド・ケモ・ハウスイベントのお知らせ»
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
待ちに待った退院 [2008年10月29日(Wed)]

Sは臍帯血移植をし、無事にそれは成功しました。
そして、待ちに待った桜の咲く季節が来ました。。。

小児病棟へ戻り、Sも私も退院を間近に控え早くその日が来ないかと、これまで以上に病院にいることをストレスに感じる毎日を過ごしました。
そのときの私は「やっと家に帰れる!やっと家族みんなで過ごせる!」という気持ちと「友人たちを置いていかなければならない、、、」という後ろめたさとのジレンマの中にいました。

そんな退院を間近に控えたある晩、Sがなぜか足の甲のあたりが痛いようで、一晩中泣き続けたことがありました。

しびれたのかな、、、何だろう?何だろう?
しばらくたっても治らない、、、何だろう?何だろう?何だろう、、、

当直の先生に看てもらっても原因はわからず、あんまり痛がるので、とにかく痛み止めを投与してもらい、結局その夜はベッドにおろせば泣くような状態の中、部屋にも戻れず(総室だったので、、)、談話コーナーでSを抱いて一晩過ごしました。春目前のまだ寒い、心細い夜でした。

夜が明けて、何事もなかったようにSは普通にもどりました。
一安心しましたが、「何やったんやろう、、、」という不安は消えません。

その2日後、退院の日を迎えました。
A(お姉ちゃん)が嬉しそうに迎えに来てくれました。「みんなでおうちにかえれるん?やった〜!やった〜!」
お世話になった看護師さんたちと記念撮影をし、私は大切な友達を置いていくことに罪悪感を感じながら、そしてここから離れることになぜか寂しいような気持ちを感じながら、それでも「もう絶対ここにはこないっ!!」と逃げるように家路につきました。

これから、週1回の外来通院が始まります。

桜の木は少しずつ花を咲かせていました。

クローバーまさみさまクローバー
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
★ただいま流れ星(ネットサーフィン中)
流れ星に乗った天宙のうさぎからあなたにプレゼント♪

「頑張って」とか「あきらめないで」とかそんな簡単な言葉よりもこの詩を。

あしあと「footprints」
http://siawasenokomiti.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_1205.html

ニューヨーク大学リハビリテーション研究所の壁の祈りの詩
http://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/bengoshiron/bengoshiron14.htm

とても良い詩なので(他サイトですが)よければご覧ください。

★ただいま流れ星中・・・ということで願い事があったらこの瞬間お祈りしてみてね。
もしかしたらあなたの願いが叶うかもしれないよ(*^^)v

※フィクションですが(笑)
Posted by: 天宙のうさぎ  at 2008年12月10日(Wed) 14:54