CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«移植 | Main | 泣く場所»
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
移植2 [2008年02月18日(Mon)]

移植中、たったひとつだけ救われたこと。。
小児科病棟で、一番仲良しのお母さんとお子さんがこの病棟で治療中でした。
そのお子さんはとてもしんどい時期でしたし、私も慣れない環境にストレスフルな毎日を送っていたので、よく廊下の隅で色々と思いを吐き出し合いました。その環境がなければ乗り切ることはできなかったと思います。(Fさんありがとう!)

1週間後、ものすごく広い個室にお引越しとなりました。普通の個室が二つくっついたような大きさでした。
まずは、迷惑をかけるかもしれないというストレスからは解放されました。
そして、イヤホンでテレビの音を聞くことができなかった娘は(小児科病棟ではみんなイヤホンなしです)アンパンマンの声をやっと聞くことができて喜んでいました。私も大好きな音楽を聴くことができるようになりました。

主治医の先生と数人のヘルプの小児科医で試行錯誤し、ベッドの向き、場所、などセッティングしてくださいました。「お母さんのベッド、ここでいいですかぁ〜?」「もうどこでもいいわぁ〜」と少し投げやりな気持ちにもなりました。
が、娘のベッドは、ドラマで見るビニールカーテンで覆われはじめました。それを見ると「いよいよだ、、、」と覚悟を決めなければならない気がしました。
入室前に、部屋は徹底した消毒がされました。

向かいの部屋にはFさんが入室していました。ときどきFさんはこちらの部屋まで遊びにきてくれました。ちょっとした憩いのひとときです。
Fさんのお子さんは移植後のGVHDでとても辛い毎日を送っていました。Fさんはいつも泣いていました。「この子には今何も楽しみがない、、毎日毎日しんどいだけで、前は言わなかったおうちにかえりたいばかり言うねん、、そのほかは笑うこともなく、起き上がることもなく、嫌なことばっかりされて、、」と。私は明日は我が身という気持ちで、懸命にFさんの気持ちを受け止めるように努力しました。

s.kusukiは、別病院に行ったにもかかわらず、こちらの病院に用事があり来ることがあったそうで、マメに病室まで来ては、話相手になってくれました。今までの経過を知っていてくれる人の存在はとても大きく、精神的にとても救われました。

Sは造血幹細胞移植をすることになりました。臍帯血移植バンクからの到着を待ちます。
タイミングをぴったり合わせるため、1週間かかる移植前処置がいよいよ始まります。

つづく

クローバーまさみさまクローバー
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント