CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
2019 ドネーション・クリスマスツリープロジェクト ご報告 [2020年03月16日(Mon)]

ご報告が遅くなりました。
先月、いつもハウスのお庭をお手入れしてくださる「阪神園芸」の皆さんが、庭の木々を飾るボールを取り外してくださり、
今期のドネーション・クリスマスツリープロジェクトが終了いたしました。

写真.jpg

写真2.jpg

今期は暖かくてすっきり晴れ空も多く、きらきらと光るボールがきれいに見える日が多い冬でした。
中庭の木々のデコレーションもすっかりおなじみになり、プレイルームで過ごすお子さんやご家族を楽しませてくれていましたぴかぴか(新しい)

今年ご参加くださった
石見サービス株式会社様/豆ポレポレ様/みんなのレモネードの会様/川中 いづみ様/植松 ひろみ様/関根 隆博様/
佐藤 厚臣様/山口 良様/谷川 弘治様/株式会社エフネス様/増本 友美様/田村 心結様/松岡 眞理様/
在原株式会社様/在原ニット株式会社様/佐伯 みゆき様/蛭田 位行様/森 考司様/山下歯科医院様/
岩崎 昂志様(順不同、ご紹介可の方のみ)

そして、お名前はご紹介していませんがご参加くださった皆さま、
さまざまな形でご協力くださった皆さま、
これまでにご参加くださったたくさんの皆さまも、本当にありがとうございます!


木々からはボールが外され少し寂しくなりましたが、春はもうすぐそこまで来ているな〜と思うような暖かさの日も増えてきました晴れ
新しい芽を出したり花を咲かせたりと、ここからはお庭の植物たちがハウスで過ごされるご家族を楽しませてくれる季節です。

写真6..jpg写真5.5.jpg

早くも咲き始めた、写真のピンクの花はハナモモ、白い花はユキヤナギ。これからもっと開花が進みそうです。
いろいろと心配なニュースが多い中でも、自然は元気いっぱい。
皆さんも身のまわりの春を探してみてはいかがでしょうか。
少しでも状況が良い方に向かい、皆さんがほっと穏やかな春を迎えられますように。
【2020年5月24日(日)第8回チャイケモチャリティウォーク開催 Tシャツデザイン発表!】 [2020年02月16日(Sun)]

【2020年5月24日(日)第8回チャイケモチャリティウォーク開催 Tシャツデザイン発表!】

GO,GO,GO!!!2O2O

今年も、みなさまの力で盛り上げて下さい!

今年はスポーツエントリーのサイトからのお申し込みとなります。お申し込みされる代表者様にはお手数ですが、スポーツエントリーにご登録をお願いいたします。(参加者全員の登録は不要です)

今回は初の、日曜日開催です!!

神戸の街をみんなで歩いて、小児がんの啓発と、チャイケモのことを広めましょう!!

今年も当日参加できない方に、チャイケモTシャツを郵送できるシステムを作りました!(3月以降にご郵送させていただきます)

スポーツエントリーのサイトで、「チャイケモ」で検索していただければ、出てきます!

お申し込みは、こちらから

https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/82197

チャイケロTシャツ2020.jpg
【チャイケモ陸上部結成】 [2020年02月09日(Sun)]

昨年の大阪マラソンでチャイケモTシャツを着て5名のランナーが走ってくれました。先日の阪神タイガース原口選手のチャリティマラソンでは支援団体に選んでいただきました。そして、本日のMDRT様主催の神戸チャリティリレーマラソンの支援団体にも選んでいただきました!このように、ランニングを通じて、チャイケモを応援していただけることが増えてます!それならば!!と、本日チャイケモ陸上部を結成しました!!

また、詳細は適宜ご報告させていただきます。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ビッグニュースも入ってきました!お楽しみに!

チャイケモ楠木

Instagram chaikemorikujobuも始めました!


DSC_0069.JPG



#チャイルドケモハウス #チャイケロ #大阪マラソン #陸上部 #チャイケモ陸上部 #チャイケモ #みんケロ

mdrtマラソン.jpg

【 入院による体力低下を回復するためには、どうしたらいいか?スポーツトレーナーさんに聞いてみよう 】 [2020年02月07日(Fri)]


【 入院による体力低下を回復するためには、どうしたらいいか?スポーツトレーナーさんに聞いてみよう 】
日時:2月16日(日)13時ー15時

「リハビリに通うほどではないから、あとは日常生活で回復していきますよ。」と言われて、退院したけど、なかなか体力が回復しない。

「日常生活には問題ないけれど、バランス感覚がおかしい、体幹が弱い、などのため、運動を楽しめない。」
などの相談を受けたことはありませんか?

子どもや若者にとって、運動能力の低下は、自己肯定感に直結します。

プロのスポーツトレーナー(某プロ野球選手のトレーナーもされていました)にいろいろ相談してみませんか?

先日のシンポジウムでは、このトレーナーさんに鍛えてもらって、体幹がしっかりし、片足立ちが見事に安定した小児がんを経験したお子様の紹介をしてくれていました!

関心のあるかたは、是非お越しください(無料です)

日時:2月16日(日)13時ー15時
場所:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル23F
株式会社リファレンス 2308号室

テーマ:退院前後の子どもたちの体力づくり
講師:中務 正幸(ジム&スタジオNeeDS<ニーズ> ヘッドトレーナー)

内容:治療や入院等によって学校や日常生活で体力面に不安を抱えている方々への体力づくりの方法や支援のあり方について話し合います。

参加予定者数:20名以内

7月に行ったシンポジウムでは、ジムトレーナーの中務さんにお越しいただき
「退院前後の子どもたちの体力づくり」についてお話いただきました。
お話の中で、学校に自分で歩いて通えなかったお子さんが、体力づくりのトレーニングによって自信をもって学校に通えるようになりその後運動部に入った、というようなエピソードもご紹介くださいました。

当日会場に来られた方の中にも、病院で体力面の支援をどのようにしたらよいかと悩んでおられる方もおられました。

長い治療によって学校に通う体力や筋力がない場合は子どもも自信をなくしてしまい、親も心配が尽きないことも多いです。

中務さんのお話ではどんな状況でも「体を動かすことを楽しむ」ことで生活を前向きにできることを教えていただいているような気がします。

事例検討会は20名以内で実施しアットホームな雰囲気で講師の中務さんやチャイケモスタッフらともお話いただけるかと思います。体力づくり以外のことについても遠慮なくご相談ください。

【 参加申し込み方法 】
下記必要事項をご記入の上
event@kemohouse.jp  までお申し込みください。(ご質問等も同アドレスにお送りください。)(申し込み締め切り 2020年2月12日)

・ 氏名
・ 連絡先(メールまたは携帯番号) (当日連絡のつくご連絡先のご記入をお願いいたします)
・ 参加希望の動機(簡単にで結構です)

定員になり次第、申し込みを締め切りますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

講師中務さんご紹介ページはこちら http://www.kemohouse.jp/15_event02.html

以前のシンポジウムや事例検討会についてはこちらの掲示板をご参照くださいhttp://chaikemo.bbs.fc2.com/
【 「武漢で過ごされた方、ご不安だと思います」ってコメントできませんか? 】 [2020年01月30日(Thu)]

新型コロナウイルスの件が日々放送されています。私もいくつかニュースを見ました。先ほどは、ゴールデンタイムのNHKのニュース30分しっかり見ました。

「外国では、武漢で過ごされた方は、離島などで隔離。」

「他人に伝染させたら懲役刑という国もあります。」

「日本に帰国された方の中には、検査を受けるのを拒否した方がいた」と報道がありました。

専門的には、隔離するという対策はもちろん正しいです。検査は、他人に伝染させないためではありますが、当事者にとってもメリットは大きいはずです。

では、なぜ検査を拒否したのか。

「みんなのために、検査を受けるのは当然だ」という圧に反発したのかもしれません。

病気が見つかるのが怖かったのかもしれません。


報道を見ていると、「現在感染していない人たち」を対象とした番組になっていて、最も不安なはずの、武漢で過ごされた方に対するメッセージはありません。このような雰囲気だと、
「感染源なのだから、隔離されてあたりでしょ」という印象を持たれても仕方がないと思います。

日本における「病人に対する態度」は、結局そうなんです。不安になると、冷静に、そして、優しくなれないんです。病気なんだから、我慢してあたりまえ。もう、この「病気になったやつが悪い」的思考回路は終わりにしてほしい。

みなさんも、いつその立場になるかわかりませんよ。

おそらく数週間後、ほとんどの隔離された方は、「医学的に感染源の可能性無し」と判断され、日常生活を送れるでしょう。

その時に、その方たちが隔離されていたことを隠さずに過ごせることを望みます。「

大変でしたね」と優しい言葉をかけてあげてほしい。

感染拡大を防ぐために貢献してくれた方々なのですから。

チャイケモ楠木
事例検討会、相談会を実施します! [2020年01月28日(Tue)]

事例検討会、相談会を実施します!

日時:2月16日(日)13時ー15時
場所:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル23F
株式会社リファレンス 2308号室

テーマ:退院前後の子どもたちの体力づくり
講師:中務 正幸(ジム&スタジオNeeDS<ニーズ> ヘッドトレーナー)
内容:治療や入院等によって学校や日常生活で体力面に不安を抱えている方々への体力づくりの方法や支援のあり方について話し合います。
参加予定者数:20名以内

7月に行ったシンポジウムでは、ジムトレーナーの中務さんにお越しいただき
「退院前後の子どもたちの体力づくり」についてお話いただきました。
お話の中で、学校に自分で歩いて通えなかったお子さんが、体力づくりのトレーニングによって自信をもって学校に通えるようになりその後運動部に入った、というようなエピソードもご紹介くださいました。

当日会場に来られた方の中にも、病院で体力面の支援をどのようにしたらよいかと悩んでおられる方もおられました。

長い治療によって学校に通う体力や筋力がない場合は子どもも自信をなくしてしまい、親も心配が尽きないことも多いです。

中務さんのお話ではどんな状況でも「体を動かすことを楽しむ」ことで生活を前向きにできることを教えていただいているような気がします。

当初、シンポジウムの参加者の方のみに事例検討会にご参加いただく予定でしたが、この度シンポジウムにご参加できなかった方にも是非お話を聞いていただき、ご自身の体験なども共有いただく機会にできればと思っております。

事例検討会は20名以内で実施しアットホームな雰囲気で講師の中務さんやチャイケモスタッフらともお話いただけるかと思います。体力づくり以外のことについても遠慮なくご相談ください。


参加申し込み希望の方は、下記必要事項をご記入の上
event@kemohouse.jp  までお申し込みください。(ご質問等も同アドレスにお送りください。)(申し込み締め切り 2020年2月10日)

・ 氏名
・ 連絡先(メールまたは携帯番号) (当日連絡のつくご連絡先のご記入をお願いいたします)
・ 参加希望の動機(簡単にで結構です)


定員になり次第、申し込みを締め切りますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

講師中務さんご紹介ページはこちら http://www.kemohouse.jp/15_event02.html

以前のシンポジウムや事例検討会についてはこちらの掲示板をご参照くださいhttp://chaikemo.bbs.fc2.com/


2020★新年のご挨拶 [2020年01月15日(Wed)]

1月も気づけばもう半ば。少し寒くなりましたね。
ご挨拶が遅くなりましたが、
今年もチャイケモをどうぞよろしくお願いいたします。

今年も病気の子どもたちやご家族をサポートしていけるよう、スタッフ皆で
取り組んで参ります。
皆さんにも、その様子をお伝えしていければと思っていますので、引き続き見守り、
ときにはいっしょに考えたり、何かのときには(ウォークとか!)足をお運びいただければ
とてもとても心強いですかえるきらきら

写真はハウスのお庭で、太陽の光を浴びてきらきら輝くチャイニーズホーリーの赤い実です。
クリスマスらしくも、お正月らしくも見えるこの光景。
花が少ないこの時期、お庭に明るい彩りを添えてくれています。

blog.jpg
2019年冬★ドネーション・クリスマスツリープロジェクト [2019年11月29日(Fri)]

毎年恒例・冬の時期だけの特別企画
「ドネーション・クリスマスツリープロジェクト」
ただいまお申込み受付中ですぴかぴか(新しい)

ご寄付をくださった皆さまのお名前入りボールで、チャイケモのシンボルツリーであるクスノキや、お庭の木々を飾って
クリスマスツリークリスマスにしようという「ドネーション・クリスマスツリープロジェクト」。
クリスマスを彩ったボールは、その後来年のバレンタイン頃まで飾らせていただきます。
ひとつひとつの飾りに、皆さまのあたたかな想いをこめて…ハートたち(複数ハート)
たくさんのご参加を、お待ちしております!

<ドネーション・クリスマスツリープロジェクト>

・お申込みしめきり:2019年12月3日(月)
           → しめきり延長しました!12/20(金)まで
・デコレーション期間:2019年12月6日〜2020年2月中頃まで

・一口10,000円のご参加で、デコレーションボールをひとつご用意します。
・デコレーションボールに、ご参加くださった方のお名前を掲載いたします。(ボール1個につき6文字まで)

・お申込み必要事項:寄付者氏名、住所、電話番号、メールアドレス、お申込み口数、
 ボールに記載を希望するお名前(6文字以内)、HP等への掲載(可/不可)
 上記の必要事項を、メール support@kemohouse.jp 、FAX 078-303-5325 までお知らせください。

・お問い合わせ:メール support@kemohouse.jp 、電話 078-303-5315
 ご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。

ひらめき昨年の様子のご紹介はこちら:
https://blog.canpan.info/kemohouse/daily/201812/27

 blog写真5.jpg
 
【 看護師募集 】 [2019年10月11日(Fri)]

【 看護師募集 】

・チャイルド・ケモ・クリニックでは「理不尽な平等より、みんなに特別を」という理念
のもと、小児がんなどの難治性小児疾患とそのご家族にとって理想の看護を目指します。
・小児の外来診療、入院治療、在宅医療に取り組んでいます。
・大病院と在宅の中間的な位置づけを担うことにより、患者・患者家族の療養生活の新し
い選択肢となります。

〈当院で学べる事〉
・きょうだいを含めた家族看護
・ビリーブメントケア(グリーフケア)
・小児がん看護
・小児慢性特定疾病児などの在宅医療
・意思決定支援
・自立支援
・一般小児科外来診療(難治性小児疾患の看護を習得するためには、一般小児科の知識・
看護を習得する必要があると考えています)

〈待遇〉
・ 常勤看護師
月給:26 万円 〜 (看護師手当込み・小児がん看護経験者優遇)
夜勤手当あり
賞与:年 2 回あり
福利厚生:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険。
交通費:実費支給(公共交通機関利用から算定)

・ 非常勤看護師
時給:1550 円 〜
〈勤務時間〉
・日勤:8 時 30 分から 19 時(適宜相談可能)
・夜勤:16 時から 9 時 00 分


〈休日・休暇〉
・4 週 8 休制。年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇。

【勤務開始日】2020年 1 月以降
【試用期間】 3ヶ月
【応募方法】 次の書類をご郵送ください。
送付物:履歴書、職務経歴書(なお、提出された書類については返却いたしません。
当法人にて責任を持って処理いたします)、
送付先;〒650-0046 神戸市中央区港島中町8丁目5番3
公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金 チャイルド・ケモ・クリニック
適宜、指定する日に面接を行います。(書類選考を通った方には、適宜ご連絡します)
面接後、採用者には採用決定通知予定
【募集期間】
2019年10月 11日〜決定次第募集締め切り
〈 問い合わせ先 〉
〒650-0046 神戸市中央区港島中町 8-5-3
電話番号 078-303-5315 メール suppport@kemohouse.jp


やる気のある方、大歓迎です。
一緒に働きましょう!

チャイルド・ケモ・クリニック
院長 楠木 重範 
7月28日(日)チャイケモのシンポジウムin 梅田 [2019年07月06日(Sat)]

(みんなで)夢の病院をつくろう!!
〜重い病気の子どもと家族の生活に寄り添う活動〜
「『病気になったから仕方がない』といろんなことを我慢するのはやめよう」「いつものような生活がしたい」そんな想いを支えたいと思い活動してきました。このシンポジウムでは、企業やボランティアなど様々な人たちによって実現したことをご紹介します。
日時:2019年7月28日(日)13時〜15時
場所:阪急グランドビル 26階 1・2・3号室(大阪市北区角田町8番47号)
参加費:無料
当日の予定
【テーマ1】「重い病気の子どもと家族が生活で感じる困難なこと」
 NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス 副理事長 田村亜紀子
【テーマ2】「チャイルド・ケモ・ハウスでの取り組み」
@『退院前後の子どもたちの体力づくり』
講師 中務正幸 ジム&スタジオNeeDS(ニーズ)ヘッドトレーナー
A『病気の子どもと家族にとっての学生ボランティアとの時間』
講師 新家一輝 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 生命育成看護科学講座 講師
【テーマ3】「様々な団体、病院等の取り組み」
@小児慢性特定疾病児童等自立支援相談事業(愛媛県・松山市委託)における就学支援
 などの取り組み
認定NPO法人ラ・ファミリエ 理事 西 朋子 (ラ・ファミリエ ジョブサロン マネージャー)
A大学病院等での取り組み、様々な団体、個人の取り組みの事例紹介
公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金 理事長 楠木重範
申込方法:こくちーずPro
https://www.kokuchpro.com/event/84f11b6e1ee5a7c9ecdcfbf02701cca7/?fbclid=IwAR2H929q12rxpzG9fw0CZH7KMyLV-IOFwJfSzciriiCw3sJTZkvcb80xJPQ
どなたでも大歓迎です。たくさんのみなさんのご参加お待ちしております。
本事業は、第10回「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」より助成を受けております
| 次へ