CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


中期(安定期)→心が揺れる人生の休憩 [2021年02月27日(Sat)]

支援テキストを制作するに当たり、不登校・ひきこもりの状態を初期(3カ月〜1年)・中期(6ヶ月〜3年)・長期(3年以上)に分けて、総論・本人・家族(親)・支援者別に、支援に関する提案をご紹介していこうと考えています。

不登校・ひきこもりの状態6ヶ月〜3年までは、本人はゆっくりと休み、人生の休息時期と考え、これからの行き方を呆然と捉えなおす作業中なのではないでしょうか?

自分でも、このままの状態ではよくないと思いつつも、今はこの状態を維持したいという思いが強く、揺れ動く心とは別に、その日その日を漠然と暮らしています。

家族や周りにも、わからない様に、あるいはそっとしてもらいたい雰囲気をかもし出しながら、本人のこれまでの人生とこれからの人生を感じながら考えていることでしょう。

CIMG1014.JPG

動き出し始めるまで、動けるのかどうかは自分にもわかりませんが、どこかに動き出せば動けるという自信もあります。
けれども何かの弾みで、動き始めたときに、焦りすぎて、ゆっくりと社会参加を進めればいいものを、急速に(リハビリなく)、いきなり以前と同じように動き始めると、動けない。
思ったような結果が生まれない。
そこで自信をなくし、再びひきこもり状態に戻ると、これは長期化して、自分だけの力では動き出せなくなります。

この中期の支援や関わりは、本人の気持ちに添いながら、具体的に出きるところを挑戦している本人を、出来たところを認めて、自信を積み上げることが望まれます。 

本人の話しを丁寧に聴きながらも、口出しはせず、時に頼まれれば頼まれた分だけには一緒に付き添います。
本人にとっての失敗もそのまま認め記憶しておき、成長したときにはそのときと比べて、本人の成長振りを言葉にして評価してあげてください。

沢山の多種多様な経験をゆっくりと階段を踏みしめながら、味わいつつ進めて下さい。
つまずいたときには階段を小さくして、余裕を持って進める方法を試みながら進めて下さい。
この中期の本人と家族との関わりの温かさが、今後の家族への信頼、社会への信頼へと育っていくことになります。

但し、不登校の場合、高校進学後、若しくは大学でやり直し進学後、再びひきこもり状態に戻ることが多いのです。
進学・進級後、頑張り過ぎず、ゆっくりと遠回りもついでという気持ちでマイペースを尊重するのが寛容です。
Posted by 林 at 17:32 | 中期対応 | この記事のURL | コメント(0)
初期(発展期)→「生きる気力・体力」を蓄える [2021年02月27日(Sat)]

今回、支援テキストを制作するに当たり、不登校・ひきこもりの状態を初期(3カ月〜1年)・中期(6ヶ月〜3年)・長期(3年以上)に分けて、総論・本人・家族(親)・支援者別に、支援に関する提案をご紹介していこうと考えています。

不登校・ひきこもりの状態になり3ヶ月までは、本人はゆっくりと休み、「生きる気力・体力」を蓄える時間と見ています。

家族や周りも、本人の現実的な様子(生活と心理面)とその変化を見守り、味方になり応援して行こうという意思表示から始めることだと思います。

CIMG1094.JPG

まずは丁寧に観察する時期です。
記録したものを元に信頼出来る人・団体・機関2箇所以上で相談し、今後の方向を考える為に、生活と心理面の変化を記録して、基本的に見守ること(心配して、注意・要求をしない)が基本です。

楽観視は出来ませんが、この時期は力を取り戻し、自分から動き出す可能性を信じてあげるべきと判断しています。
もし、動き出せば、今後再び困難なことに出会っても、自分のやり方で乗り越えていかれることでしょう。
そういう意味では、まずは、本人への信頼が大事です。

「風月庵」では、この初期には、家族との信頼を徐々に取り戻し、本人が家族を安全基地と認識出きるようになれば、本人のやり方で動き始めることを信じています。

その意味も含めて、この初期には、本人への直接的な支援や関わりよりも、家族(親)に、安全・安心の環境づくりと、安定したコミュニケーションを維持することを目的に、家族会や学習会への参加と個別相談を提案しています。

3ヶ月〜1年程度は、自分で発展していければ見守るし、ひきこもり状態が深まるのであれば、安心して受け入れていくことをお勧めします。
1年間は、本人の力を信じて背中を後押ししながら、家族の中での安全・安心感を保障していくことに専念していただくことが寛容と思えるのです。
Posted by 林 at 17:27 | 初期対応 | この記事のURL | コメント(0)
支援テキストの矛盾 [2021年02月27日(Sat)]

今回、支援テキストを制作するに当たり、不登校・ひきこもりの状態を初期(3カ月〜1年)・中期(6ヶ月〜3年)・長期(3年以上)に分けて、総論・本人・家族(親)・支援者別に、支援に関する提案を紹介していこうと考えています。

不登校・ひきこもりの状態、それぞれの時期により捉え方や支援のポイントが変わってくると考えています。
個人の性格特性や、環境、時代や社会に対する認識の違いにより、本人の気持ちに届く伝え方と、本人が少し努力して挑戦できる方法は、各々で違っていて当然なのです。

それを大枠で捉えて、支援の参考にしていただこうということに抵抗と矛盾を感じています。
出来るだけ、各々の状況や時期や環境によって幅広く活用出来る切り口で表現し、現場で応用いただけることに気を配りながら編集するつもりです。
しかしながら、実際には現場の方々の創意工夫に頼り、何よりご本人の勇気によるところが大きいと思われます。

CIMG1215.JPG

そういう観点からみれば、初期(3カ月〜1年)・中期(6ヶ月〜3年)・長期(3年以上)という分け方は納得いかない方も多いと思われますが、

・初期(3カ月〜1年)は、生きる力を蓄える時期で、ご本人の味方になり、見守り、安心を保障する。

・中期(6ヶ月〜3年)は、現状から発展させる時期で、ご本人を信頼し、経験の一つ一つを大切に成長する。

・長期(3年以上)は、ご本人の力だけでは困難な時期で、重複した支援の協力を得て、社会への信頼を育てる。

どんな時期であっても、見守りながら、ご本人を信頼して任せ、後押ししながら気持ちを合わせて、共に成長を喜び、みんなで支え合う関わり方を作っていってくださることで、ご本人と家族が、支援者と共に新しい生き方を育ててくださることを願っています。

Posted by 林 at 17:12 | 総論 | この記事のURL | コメント(0)
 いきいきと解き放つ命の輝き [2021年02月18日(Thu)]

徳島県近代美術館にて、2月11日〜28日開催中のアトリエ・コーネス/片山工房/たんぽぽの家の表現者たち展に、17日4人で行ってきました。

CIMG1210.JPG

この日は朝から雪が舞い、昼の出発時には、視界が見えにくく、積もりそうな雲行きになっていました。

寒さをのがれて、小走りで入り込んだ美術館は温かく、ゆっくりと観て廻ることができました。

関西の障がい者福祉施設・アトリエとして著名な3箇所に通う表現者たちの作品展で、興味を持っていたのです。

アトリエコーナス(大阪市)、片山工房(神戸市)、たんぽぽの家アートセンターHANA(奈良市)で制作され、仲間の年齢も、障がいの違いも多種多様であるからか、又違う理由でか、表現方法や画面に現される質感も明らかに違い面白かったです。

障がいを個性としてみる発想が叫ばれて久しいですが、正しくそのことを「なるほど、こういうことか!」と感じさせてくれたのも嬉しかったです。

人格と個性がまるごと認められる信頼感から、サポーターとの共同で生み出された作品、空き缶の中のインクが流れ出る様を掴み取っての作品作り、命を搾り出す作業というにふさわしい作品を沢山観させてもらいました。

可能性は、その人らしさの中から深まり、広がっていくという考えがあるからなのでしょう。大胆な表現も、繊細な表現もあり、画材や素材の違い、色彩や描き方、何より人の想いと個性の違いが紡ぎ出されているのがわかりました。

そんな多様な表現を見ていくと、障がい者芸術の固定したイメージは全く変わってきます。
創造力を育む関係や環境が整えば、このわたしも何か表現してみたいとかき立てられる衝動を感じました。

その後、徳島県に縁のある画家の常設展も観て廻り、有名人の醍醐味も味わってきました。

CIMG1217.JPG

帰る頃には雪もやみ、空も明るくなって、窓外の緑も輝いてみえました。
Posted by 林 at 10:32 | 活動 | この記事のURL | コメント(0)
心と語り合うコラージュ制作 [2021年02月18日(Thu)]

何年間かお休みしていた「表現クラス」を今月より再開です。

「表現クラス」では、コラージュ制作・イメージ書道・コンポラ写真・おもしろ川柳・ジェスチャーマイム・ダイナミクス舞踏等を、その時の仲間に提案し、順番に楽しんできました。

名称だけを聞いても解りにくいので、今回開催した「コラージュ制作」について説明します。

「コラージュ」とはフランス語で、貼り絵という意味です。
用意した雑誌から映像を切り抜き、それを画用紙に貼っていきます。その手順に少しルールがあります。

先ずグラビア雑誌を手に取り、パラリとめくり、出会った映像(写真・イラスト・文字・色模様等)を、自分の心に「何処まで切るの?」と問いかけながら、気持ちに添って切り取っていきます。

暫く切っていくと、すっと心が軽くなりますので、そこから切り取った映像を、必ず一枚ずつ貼っていきます。
この時、2枚以上でバランスを見ながら貼るのは、なしです。

暫く貼っていくと、すっと心が軽くなりますので、そこで終わりです。日付とサインを入れて完成となります。

切り取った映像が余ったら捨ててください。
足りなかったら、すっとする画面になるまで、切り取って貼り加えてください。

CIMG1206.JPG

出来上がった作品を皆で眺めて見ましょう。

本当にいつも思うことですが、全員違っています。その違いや、受け取れる印象について話し合ってみましょう。

昔はコラージュ療法として、定期的に「コラージュ制作」をして、その画面の変化や流れを見ることで、気持ちを支え、心を感じとる心理療法の一つとしていた時代もありました。

しかし、今は
映像(言葉じゃなく)で独りお喋りのワークとして、
自分の気持ちを軽くするトレーニングとして、
映像で自分の心と語り合う安らぎとして
色んな楽しみ方をしてもらっています。

 約1時間程の作業で、気持ちが軽くなったと好評です。
是非一度やってみてください。

作品を持ち帰り、暫くは部屋に飾って見つめてください。
映像で自分の心と語り合う時間を味わってみてください。

Posted by 林 at 10:25 | 活動 | この記事のURL | コメント(0)
車窓にて、冬小旅 [2021年02月13日(Sat)]

どこかへ 出かけたくなった

CIMG1163.JPG

JRのホームに立っていた

CIMG1166.JPG

 何年ぶりだろう
この駅から旅に出るのは

CIMG1168.JPG

 線路が奏でる 単調なリズム
少しずつ 心が動き出している 

CIMG1170.JPG

途中停車の余韻・・・

CIMG1175.JPG

 車内では リズムが
左へ行ったり 右へ来たり

CIMG1179.JPG

 去り行く景色は 過去

CIMG1182.JPG

 みつめる 二人の今

CIMG1176.JPG

 現実を映し出す 陰影

CIMG1180.JPG

 「この旅を楽しもう」と つぶやく 

CIMG1183.JPG

 委ねて待つ身なら 
ゆったりと 揺られながら行こう


Posted by 林 at 20:53 | 作品 | この記事のURL | コメント(0)
「気楽な雰囲気」だから、軽く返ってくる [2021年02月10日(Wed)]

2月の夜家族会は3人のお父さんと「家族が出来る役割」について話し合いました。

新人父さんが、一人参加される予定でしたが、欠席となりました。始めは敷居が高いものですが、家族会で無理に話をする必要はなく、黙ったままの参加にも意味があります。
馴染みの家族の方が話されているのを聞いているだけでも、参考になり、安心できたりします。

さて今回は、週1回家族で外食は続けているけれども、他に自分たちで「外出に慣れる」心掛けを考えてみようということになりました。

 CIMG0275.JPG

まずは、ご本人が行き先を決めているとのことで、他の家族が決めることもやってみたらとの意見がありました。
食事中や食後のリラックスの時こそ、何気ない話を振っていき、色んな話題をさりげなく広げていくこと。
気楽に、さらっと、褒める・認めることも大切です。
過去からの成長を褒めすぎることはないので、「わしはすごいと思うわ」と父が断言してあげることもポイントです。

本人に散歩に行ってもらいたいなら、親が「散歩に行こう」と宣言して、親から始めてみましょう。
時に「一緒に行ってくれるか」と、父から頼んでみましょう。
言葉掛けは散歩に行く前から始まっているのです。

生活の気楽な場面で、軽く話していると軽く話しかけてくれる様になっていきます。
その「気楽な場面」こそが、家族を温める宝になりますから。

昔、本人が買い物に行ける様になる為に、先ずは親がコンビニで買い物をして来ていましたよね。
今なら、出来る自転車で夜「コンビニ」に買い物に行くことを、毎週1回以上続けると、外出することに慣れていきます。

しかし、1ヶ月行かずに、久しぶりに行くと不安に感じたりします。
そこで「やっぱり、行けない」と思うと、次に行く勇気が湧いてこなくなります。
毎週1回を目安に、続けることをお勧めします。

Posted by 林 at 12:58 | 家族・親 | この記事のURL | コメント(0)
存在感を育てる適度な刺激 [2021年02月05日(Fri)]

26日、風月庵会員会報誌「風と月と」38号を発行しました。
掲載した記事のひとつを、ご紹介します。

何事も続かないとか、何故、やる前から「出来ない」と決め付けてしまうのか?
本人・家族・支援者が各々に、その意味を悩んでしまいます。
色んな経験はしたいけれども自信が持てない、きっと出来ない時がくるからと確信を持っている様に見える。

自信を持って行動出きる様になるには、がむしゃらに自信を持てというより、自分の存在に価値を感じ、周りの誰かから愛され、見守れている実感を得る「愛着の実感」が先なのです。

存在感の実感の第一歩は、出産時の産道を通る時の、母体から締め付けられ、全身を抱きしめられた刺激が、子宮の中で長い時間、羊水の中で浮かんでいた身体に、存在感というものを感じさせているというのです。

そして、赤ちゃん時代に周りの大人から沢山の関わりを貰い、赤ちゃんが存在感を感じ、それを積み上げることで愛着の形成が養われていきます。
充分な関わりで愛されている赤ちゃんは、成長と共に、経験と共に、自信を(存在感)を確かなものへと自覚できてきます。

CIMG0311.JPG

生きている内は同じことで、心や身体が適度な刺激に触れることがあってこそ、存在感と自信が蓄えられるのです。

さて、ひきこもり状態とは、よくお母さんの子宮の中に居るような安全と安心を保っていると例えられます。
ひきこもり状態が長いと、心理的に自己存在感を見失っている状態と考えられます。

ですから、適度な刺激(様々な言葉掛け、働きかけ、体験すること)を受け続けることが、自己存在感を育て、自分の考えや・言葉や・行動に自信を持てていく手順と考えられます。

適度な小さな刺激は、その時その本人の性格や心理・体力状態で影響度合いは違いますから、やりながら、流れを共有し、出きることも出来なかったことも言葉にし、互いを見守り、支え合うことで、本人に合ったやり方を見つけることです。

自然に出来ることが「出来ること」であり、無理しないと出来ないことは、「無理し過ぎていること」なのです。
無理はせず、楽に続けられる方法を、家族と共に試みながら身につけていきたいものです。

Posted by 林 at 09:53 | 家族・親 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード