CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


ドタキャンって、凄い! [2018年08月30日(Thu)]
風月庵では、土壇場になって来ない(キャンセル)=ドタキャンは当たり前だ。
ドタキャンができない内は半人前といえる。
ドタキャン・遅刻を気にしていたら、やっていけない。
風月庵仲間で、ドタキャンも、遅刻もしたことがない者はいない。
どちらかというと、常習犯だ。

もうドタキャンをしたくないから、人と会わないともいえる。

皆で、○○に出かけるけど、参加する?と聞かれる。
行きたいけど、行けないだろうと思ってしまう。
何かで急に行けなくなったら、皆に迷惑かけるから行かないことにする。 
かといって、その何かって何?と聞かれても、特には思いつかない。

 長年、外に行っていないと、人と話しをしていないと、
それを想像しただけで、緊張してしまう。
こんな状態じゃ、はずかしい。他人にどんな風に思われるだろう?

やっぱり止めとこうとなり、その「やめとく」と言う一言が言葉にならなくて、
家族から、嫌なことを言われた傷あとがうずいたりもする。
やっぱり、自分は人と会う、人と話す、人と一緒に何かをするなんて
無理だと信じて疑わない自分が顔を出す。
こんな思いをしてまで、人に会うくらいなら、
このまま一人でいる方がいいに決まっているとなってしまう。

ドタキャンすることになるかもと思うと約束ができない。

ドタキャンしてもいいんだよ!
自分でも出来るドタキャンのやり方を一緒に考え、
一緒にやれる方法をやってみようが、風月庵での活動なのだから。
ブログ用縦変換0279.jpg
Posted by 林 at 13:55 | 本人 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード