CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


心の癖との付き合い方 [2021年12月08日(Wed)]

9月の中旬から無気力状態が、2ヶ月位続いていました。

その状態の中では、自分は能力がない、役に立たない、この活動を続ける意味があるのだろうか? 色んなこと、些細なことにまで無力感を抱いている自分を見つけ、こんなことではいけないと思うと余計に負のループに入り込むのです。

今回のうつ症状は、いつもの症状とは違っていました。
胃の痛みもあり、気持ちはやる気がなく、特にパソコン作業に入るととたんに拒否感が出てくるのです。
パソコン作業に没頭した7〜9月の記念誌編集作業の燃え尽き症候群かと思えました。

いや、原因追求は不毛だと言い聞かせ、ありのままを受け入れようと、マインドフルネスを心がける。
マインドフルネスとは、今の自分をそのまま味わい、受け止め、それでいい状態と許す作る作業を言います。

あえて、ダラダラしてみて、その自分を許す。
感覚を味わえるような、散歩をしながら写真撮影をする。
音楽に合わせ、自分の気持ちで体を動かすダンスをする。
ふっとしたいと浮かんだことを、素直にしてみる。
寒風の中、スクーターを飛ばし、雲の流れを感じる。

CIMG1394.JPG

私の場合はそんなことを思いつくままにしてみる。
同時に考えることを感じることに向けるように努める。

これを来る日も来る日も繰り返していると、何となく負の気持ちが薄らいでいることに、なくなっていることに気付く時がやってくる。

いつもなら、2週間もすれば、その時はやってくるのだが、今回は違っていて、2ヶ月と長かった。

胃の痛みは内科に行くと、服薬で楽になった。
記念誌の印刷が出来上がり、発送を済ますと、胃の不調は全く気にならなくなってきた。

やっぱり、そのストレスだったのか。
自分の「気にする気質」が自覚以上であることを再確認した。

自律→自分の心をコントロールする方法はいくつもあるのでしょうが、自分にあったやり方を身につけるには、自分で開発するしかないのです。

その開発の仕方を、風月庵学習クラスでは、自分の体験を踏まえて学んでいるのです。

ひきこもりからの躾 [2021年12月08日(Wed)]

私自身は躾けられたくないので、この「躾」という言葉は嫌いです。何か枠に押し込められるようなイメージを持ってしまいます。

しかし、以前も提案させてもらいましたが、見よう見まね型や、弟子入り制度の、勝手に身につけろ的な教育スタイルは、日本人に、ひきこもり気質にもあっていると思います。

「背中をみせて、育てよ」というのも同じでしょう。

「絵本の読み聞かせ」も同じと思っています。
後で感想文を書かせては、全く台無しになってしまいます。
絵本の後は後味を噛み締め、じっくりと自分の中に落としこむ作業に没頭してもらいたいと、私は考えます。
いい絵本の場では、終わると一瞬、シーンとしますから。

「絵本の読み聞かせ」のボランティア活動で、小学校にお邪魔していますが、私の読みきかせが終わると直ぐに、教師が正解を言って、説明されることがあります。
あれは止めてほしいのです。

CIMG0660.JPG

子どもが行動する前に、あれこれ質問し、心配という余計な注文をつけてくる親の言葉も、これに似ています。

どの様に落とし込むかは、各自違っていていいのです。
そこに正解・間違いは、存在しないし、本物の応えは自分の中の何年後かに見えてくるものだと思うからです。

一人ひとり違って、みんな正解なのである。
直ぐに答えを出してしまう教育や躾で、人生の生き方をつまらなくしてしまっている人が多く、「ねばならない!」の縛り付けに、自分から苦しんでいる様にも見えます。

折角、不登校・ひきこもりに出会ったのですから、色んな体験を細かく味わい、自分にとっての本物を落とし込める生き方を自分で工夫してもらいたいものです。

ご家族には、その個性的な発想ややり方を、身近で認め、応援してあげて下さいとお願いしたいのです。

家族内であっても、一人ひとりの考えを尊重し合える関わり方が、「自分らしく生きる力」を養う躾といえるのではないでしょうか。

困った時には、誰にでも相談出きる・助けてもらえる感性を身につけることで、多様性の社会を自分流に生きることが出来れば、それが今風の「躾」になると思うのです。
長期→支援者の協力を得て、新しい生き方に出会う [2021年03月03日(Wed)]

支援テキストを制作するに当たり、不登校・ひきこもりの状態を初期(3カ月〜1年)・中期(6ヶ月〜3年)・長期(3年以上)に分けて、総論・本人・家族(親)・支援者別に、支援に関する提案をご紹介していこうと考えています。

不登校・ひきこもりの状態、長期(3年以上)は、ひきこもり生活にある種の安心と安定を保持されていますから、本人から動き出す気持ちは、生まれないと考えてよいでしょう。
「将来どうするんだ!」と問うと、「その時になったら考える」か「生活保護で、独りで老衰」と答えます。

家族との会話もほとんどなく、子どもが何を考えているかわからないと親は途方に暮れた気持ちで相談に来られます。

CIMG0552.JPG

お互いの存在感を認め合うところからやり直さなければ、初期・中期の様に、自分で動き出すことへの期待はできないと思われます。

何気ない日常会話を取り戻し、気兼ねのない雰囲気を約束し、本人の味方になり、本人が出来るだろうやり方と方法で、時間をかけて、ゆっくりと家族から動き始めることです。

「お互いの存在感を認め合う」とは、お互いの存在自体に価値を認め合い、そこから少しでも生活や心が豊かになることを双方で創意工夫し、実践することに他なりません。

喜怒哀楽が表現し合える関係、喜ぶのも、怒るのも、哀しむのも、楽しむのも、生きている証拠です。
実生活で、この喜怒哀楽を家族が素直に出せ、互いに受け止め合えていますか?
それぞれに我慢や無理をしていませんか?
家族全員が、今までよりはゆったりと安心出来る生活や暮らしの雰囲気作りに挑戦していただきたいのです。

CIMG1197.JPG

家族が家族の育て直しを全員で始めるつもりになっていただきたいのです。
個人の生きる力は、家族という土壌の質でいかようにも育つというところを見直してください。

このひきこもり生活を新しい生活様式に変える為に、家族の気持ちを一つにして、「心を養う新たな土壌作り」が必要だと提案しているわけです。
Posted by 林 at 15:05 | 長期対応 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード