CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


死に至る病 [2021年10月30日(Sat)]

以前にも「回避性愛着障害」と「愛着障害の克服」をご紹介しましたが、今回も愛着障害についての岡田尊司氏の著書「死に至る病」あなたを蝕む[愛着障害]の脅威(現代人はなぜ幸福になれないのか)をご紹介します。いずれも[光文社新書]です。

内容的には「愛着障害の克服」とそんなに変わらず、この時ほどの感激はありませんが、今回の「死に至る病」が、私には説得力がありました。

IMG_1571.JPG

現代社会の課題ともいえる「現代人の生き辛さ」から、愛着障害が時代の流れの中で顕在化してきてことが説明されています。
次に、生命維持と愛着の関連を、生理的・神経的・心理(発達)的・社会的な各視点から説明され、さらにこの病の深刻さと、時代としての大きな課題を提唱されています。

ここで見えてくる発達障害と愛着障害との関連をどう捉え直すのかという点も述べられています。

その個人の成長発達の課題と、家族生活の(子育て・老人介護を含む)コミュニケーションによる課題、見直すことが困難な社会が作り出した課題、其々の課題に向かい我々が出来ることを実践しなければなりません。

不登校・ひきこもりの問題も、同じその課題に含まれると捉えていいと、私は以前より、そう考えているからです。

その意味でも、共感できるところの多い岡田氏が呼びかける「愛着障害」と、「不登校・ひきこもり」への視点とは、大きな繋がりの中で捕らえ直していきたいと考え、20周年記念事業「不登校・ひきこもりに出会ったら」支援テキストに、ページを割いてご紹介させてもらっています。

「支援テキスト」は、11月発行予定で、希望者には無料でお送りする予定です。

「不登校・ひきこもり」の状態にある若者に対する支援についても、「愛着障害の回復」から学び実践することで、家族が、ご本人が動き出す大きな力を生むことになると確信しているのです。
Posted by 林 at 16:40 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
講演; 「自立支援」という立場 [2020年10月24日(Sat)]

「自立支援」とは、ご本人の可能性を引き出し自覚していただく為に、体験と実感を持って、自分で決めて進んでいくことを応援する関わりです。

まずは、何事もご本人に決めてもらうことから始めます。
自分で決める体験を身近なところから計画し、一緒に実践することで、ご本人から周りと相談しながら進めるやり方を身につけてもらうことを目指します。

具体的な指図や教えることは一切せず、ご本人のやり方で一緒に進めていき、困った点、違った結果を見つけたら、次のやり方も本人に見直してもらい、本人がどういう風に物事を捉えて進んでいかれるのかを、共有体験することで進めます。

CIMG0632.JPG

間違い、失敗することも経て、話し合いを重ねながら、ご本人のやり方をご本人と同じ様な視点で見つめ直し、応援していくことが「自立支援」といえます。

スタッフの考えや視点や進め方は全く外において、ご本人の価値基準で物事を進めていくことを尊重するやり方です。
失敗しても、やっていく内に、双方が楽になったか、解り合えて来たかどうかがポイントです。
双方がしんどくなり、信頼をなくしてきたなら、方法を別なステップに考え直すべきなのです。

生活を進める内で自然に出きるようになるには、1年2年という単位がかかります。 
考えてみれば、5年、10年、20年のひきこもりの生活に馴染んだ若者が社会に出て行くことは恐怖でしかありません。

社会生活や人間関係を想像できる人はまだ進めやすいのですが、学校も不登校で、仕事の経験も一切ない若者では、未来は想像出来ず、不安でしかないのです。

CIMG0653.JPG

出発点の自分のやり方から始めて、除々に誰かと一緒に成長させていき、周りに納得してもらえるやり方迄たどり着いた時、お互いが自信を実感できることでしょう。

その挑戦の具体的な提案は容易ではありません。
経験のない若者に「自立」といっても実感が湧きませんから誰かモデルになる人の存在が大きく影響してきます。
少し先を行く先輩(メンター)の行動や考え方はとても支えになるものです。そういった存在が必要です。

ご本人の生き方で共に歩むことが、「自立支援」にこだわる関わり方、見守り方といえるのではないでしょうか。
Posted by 林 at 18:59 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
講演; 訪問活動の手順 [2020年10月19日(Mon)]

訪問活動の前に、3ヶ月間は家族会や学習会に勉強に来てもらい、家族の雰囲気の変化を伺っていきます。
その内に、その家庭の動きが見えてきます。
家族内の関係が緩んできた頃を見計らい、家族への訪問を本人の了解を取り付けて始めます。

始め訪問は家族への訪問ですから、
本人には会わない、本人に話しを聴くことはしない。
家族の学習の為の訪問と約束します。

家族の様子が、風月庵に通い出して何かが変わります。
ひきこもり青年は、その変化をキッチリと感じ取っておられます。
その本人と家族との一本の信頼関係が、社会へと繋げていく最初の一歩になります。

CIMG1096.JPG

そうして、家族への訪問が始まります。

ご本人は何か起こるのではないかと心配しているのですが、心配していたことは何も起こらず、毎週、人が尋ねて、話をして帰っていきます。
「なんだ、本当に自分に会いに来たわけではないのだ。」と安心されていきます。

その内に、家族の笑い声が聞こえ、ゲームをしていると解ってきて、本人からのぞきに来る場合もありました。

 そんな動きが感じられた時に、「かぜさんが会って、話を聞いてもらいたいと言ってるけど、どうする? 10分でいいんだって。あなたは一切話さなくていいらしいわよ。」
ご本人の不安を抑え、少しの好奇心に期待を掛けます。

そうなると、大概が会って下さいます。

本当に10分で切り上げます。
私の自己紹介と、家族の雰囲気を変える為に来ているが、その効果があったかをお尋ねします。
大概、返事はありません。
黙々と聞いて下さっています。

CIMG0640.JPG

そうして、20分、その次は30分と増やします。
私は緊張してうまく話せないので、絵本を読みますので聞いて下さい、一緒にゲームをして下さいとお願いします。
ほとんどはそれをして終わりにします。
ご本人とは30分お会いして、後半の30分はご家族とお話しして、帰ってきます。

何ヶ月かして、ご本人と話しが出きるようになってきますと、風月庵での活動の様子、どんな子が居るのか、前情報を徐々にお話します。勿論、風月庵の若者達に彼の情報を話します。

その仲間の一人を連れてきてもいいか?一緒にゲームをしないかと提案し、ご本人がはっきり会ってもいいと返事を下さると、その一人を連れてきて、一緒に遊びます。

この頃はまだ、基本的には無言です。
遊んでいる内に声が出て、表情も緩やかになってきます。
声が出始めたら、時々話しをし始めます。
話しが弾む様になると、一緒に外へ出かける相談をします。

CIMG0417.JPG

話の中から、興味の持てる場所や体験を一緒に始めます。
よければ風月庵に来て一緒に学ぶことを提案します。
今迄の状況の違いで、ここまでが数ヶ月〜3年かかります。
Posted by 林 at 17:18 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
講演; 訪問支援活動の実際 [2020年10月09日(Fri)]

活動当初は、本人と会って話す、一緒に出かけるが必要と考えて、本人への訪問活動から始めました。

伺っても、話にはなりません。
一方的に話すしかありません。
とにかく一緒に話す、一緒に行動することを心がけました。本人の興味に沿って状況を進めていきます。
一緒に旅行にも出かけました。
話しのやり取りは傾聴を基本としていますが、こちらから話しかけて、ポツリポツリと応えてくださるのはまだいい方で、無言や、理解に苦しむ表現や、何か拒否された態度で接し続けられると、訪問している方も辛くなってきます。

CIMG0258.JPG

W君→「こんにちは」と玄関に入ると「何しにきた?お前みたいな人間に用事はない」と拒否されます。
それでも傾聴が基本ですから、うんうんと聞いていきます。
暫く話して「そろそろ帰ります?」と切り出すと、「せっかくだから、部屋に上がっていけ!」と自分の部屋で、山積みの本の解説を次々と話して下さるのでした。

T君→頑として喋らないという若者も居ました。
訪問前に電話をします。「これから伺ってもいいですか?」といいますと、「・・はい!」と遅れて返事をしてくれます。
玄関で、ブザーを鳴らすと、部屋に案内してくださり、私の前に正座で座り、黙っています。
色々と声掛けしても、頑なに拒まれている感じでした。

そこで当時の風月庵仲間に頼み、一人ずつ一緒に訪問し、彼の前で、いつもの調子でお喋りを続けていました。
訪問は3ヶ月で、あっさりと終わりました。
それから3ヶ月後、彼から電話を貰い、風月庵に通う様になったのです。
 
CIMG0228.JPG

S君→中学不登校のまま高校も不登校が続きました。
風月庵では18歳未満のお子さんには、不登校になると最低3ヶ月はゆっくりと休ませて、心の力を蓄えることを優先させてあげてくださいとお願いしています。
3ヶ月後の9月頃、「つまらないなあ!」という言葉を連発するようになり、本人の了解を貰い訪問に行きました。

初対面なのに、不登校状態なのに、S君は流暢に私に話しかけてくれ、1時間の面談はあっという間に終わりました。
しかし、私はどうしたものかと頭を抱えていました。
というのも、後半30分は姉が憎くて殺したいから、どんな殺し方がいいのかという相談?でした。

1週間後に2度目の訪問で話を始めると、
お姉さん殺人計画は全くありません。
私も殺人計画の話は一切しませんでした。
一緒にゲームをして、飼い犬との付き合い方や、どんなことをしたいのか等、色々楽しい話題ばかりでした。

CIMG0121.JPG

この頃の様に直接本人に訪問はせず、途中からは、先ず家族のみを対象に家族訪問をし、後に本人も参加する訪問に、それから本人を対象の訪問へと段階で進める様になりました。


Posted by 林 at 19:11 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
講演;支援ネットワーク作り [2020年10月09日(Fri)]

スリースクール阿波風月庵を法人化することは日本一周をしながら考えていましたから、2005年にはNPO法人として、公益事業を積極的に行っていきました。

第一弾は、徳島県の委託事業「働けない若者を考えるシンポジウム」を開催しました。
それがきっかけで、三好保健所と美波町社会福祉協議会との出会いがあり、連携した活動を続けてきました。

CIMG0519.JPG

三好保健所では、ひきこもり相談を引き受けながら、ひきこもりの若者の居場所作り「すり〜ぴぃ」を展開しました。
これは主に文部科学省の受託事業として、内閣府の提言する支援ネットワーク作りを見据えての居場所作り事業でした。
今は、「みよしサポート協会・ぴあぞら」が事業を引き継いでくださり、風月庵と同様の相談・訪問・居場所・生活就労支援と幅広く活動をされています。

さらに注目したい点は、地域の福祉・医療・保健・教育・行政・民間等の10団体以上と協力関係を持ち、支援に関する協力会議・事例検討会を定期的に開催し、積極的に三好保健所管内の地域連携を図っておられるところです。

このような支援ネットワークが市町村単位で出きることを願って、10年前に県内数箇所で、ひきこもりの支援ネットワーク作り事業を呼びかけましたが、私たちの力及ばずで、今実践されているのは、三好保健所管内だけであることは残念に思います。

県の精神保健福祉センターで、「ひきこもりサポーター養成講座」を、今年は10月5日に開催されます。
訪問支援の実施を推奨されていると聞いています。

ひきこもり支援に関して、訪問活動はなくてはならないステップでありますので、これからは積極的に各市町村で、訪問支援活動に取り組んでいただき、支援ネットワークが有効に働く地域連携が発展することを願っています。

Posted by 林 at 19:04 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
自殺予防講演会 [2020年10月05日(Mon)]

去る9月29日に、徳島県主催、令和2年度徳島県自殺予防講演会「孤独から仲間に出会う」(共に生きる、ひきこもり支援の実際)と題して、私がお話しさせていただきました。

その内容は、ひきこもり人生である私の半生を振り返り、そこから生まれた風月庵活動ならではの活動内容や、沢山の事例を一般化して、お話しをさせていただきます。

私も若い時に、自分で命を絶とうとして、出来なかった経験があります。
風月庵の活動を通じても、実際に自分から命を立った若者を何人か見送りました。

先に行ってしまった仲間に、私の残された仕事として、この活動を出来る限り続けることが、彼らへの祈りを捧げることになると考えています。

 CIMG0912.JPG

そんな私がフリースクール活動をする様になったのは、当然の流れであったとやっと思えるようになりました。

不登校・ひきこもりという生き方を選んでいる多くの仲間に、
あなたがその生き方を選んだことで、あなたの周りは一歩幸せに近づいているよと、今日ここで、お伝えしたいのです。

話しは、「かぜさん」の自己紹介→ひきこもり特性→反抗としての家出→支援ネットワーク作り→訪問支援活動→父親の会→親がかわる→訪問活動の手順→自分で決める→自立支援→ピアサポーター→共有体験を言葉にする→後押し→親がメンターになる
順次ブログで、ご紹介いたします。

その後、1件の質疑応答があり、自殺の回避から楽に生きられるようになったキッカケと道筋は?と、訊ねられ、
→父からの好きに生きていいという解放と、自分が決めた生き方を始めたこと。
回避できたのは、家出したこと。
自殺予防の注意点に、手段を考えていたら緊急事態だと判断しますと、お答えしましたが、各自の事情は異なります。
Posted by 林 at 16:15 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
愛着スタイルからみると・・・ [2019年09月19日(Thu)]

私は、徳島県里親会に所属して、里親活動もしています。
9月1日に、香川県高松市で開催された「四国里親会研修会」に参加してきました。

CIMG0647.JPG

実際に里子と一緒に暮らしたのは、4年前に2週間程と、
3年前に7ヶ月間でしたが、そこから学んだことは、私たちの活動にも大きく影響するものでした。

私は里親となり里子と一緒に生活するためには、「愛着障害」について学ぶべきだと知っていました。

「不登校・ひきこもり」の原因や支援方法を考えるにあたり、「社交不安」→「家族トラウマ」→「発達課題」→「愛着スタイル」へと、視点が移っていったのです。

すると、私たち「不登校・ひきこもり」の支援に関しても、「愛着」に関する課題があることが分かってきました。
なかでも、「愛着スタイル」の見解は、私たちの視点を揺るがすほどに迫ってくるものがありました。

「愛着スタイル」に関しては、「回避性愛着障害」− 絆が希薄な人たち−岡田尊司著/光文社新書など、岡田さんの著書を参考にしてください。

CIMG0482.JPG

人間が他人・家族・組織・社会・時代に対して基本的信頼がもてるかどうかは、これまでに身につけてきた「愛着スタイル」に起因しているというのです。

さらに、「愛着スタイル」を、不安型・回避型→安定型に育て直すことで、基本的信頼を得て、社会への適応能力を高めることになるのです。

当本に紹介された試みは、私達の活動に直結していて「こういう意味が含まれていたのか」と、素直に再認識できるものばかりでした。

里親としての歩みがなければ、「愛着」を捉え直す視点を、私は得られていなかったと思うと、不思議です。
Posted by 林 at 16:25 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
順調に悪くなっている! [2019年08月03日(Sat)]

私は19年前に日本一周(沖縄以外)をして、色んなところを、スクーターで訪ね歩きました。
その中で印象に残り、かつその後の活動でも、最も影響を受けたのが「浦河べてるの家」の活動理念です。

元々キリスト教の教会から始まった活動であることも気になっていました。
加えて、精神障害の方が自分たちの幸せを手にする為、病気を治すことを目標にはせず、病気のまま幸せになる生き方を求めようとする視点に惹かれたのでした。

長年活動の中で、人の心の成長を見ていると、変化・成長というのは、表面的には良好な場面ばかりではありません。
逆に変化は、佳い波と悪い波が繰り返す中で落ち着いてくるものなので、変化し続けていることに重きをおきたいのです。

良くなることばかり気にしている人は、悪くなる不安を併せ持っていて、心から安心な気持ちになれないといいます。

CIMG0552.JPG


「べてるの家」では、「順調に悪くなっている」という言葉で励まし合っています。

「悪くなっていることを喜び合おう!」という呼びかけで、悪くなることを受け入れると、佳くなることも安心して受け入れられ、変化する自分をありのままに認めることになります。

私たちの活動で、「変わりありません。問題ありません。」と、親御さんがよく言われます。
その言葉は「我が家は、まだまだ大問題です。」という風に、私には聞こえています。

「順調に悪くなっている」と互いに見守り合えるようになると、悪い変化も、好い変化も受け入れられます。
変化する自分を、変化する家族を大切にする心の成長過程をここから家族と一緒に歩むことが始まるのです。



Posted by 林 at 18:09 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
次の寺を、次の寺を! [2019年07月20日(Sat)]

2ヶ月ほどかけて、風月庵のボランティアスタッフのYさんが、四国遍路88箇所を巡ってきた。
特に何の目的はなく、ふっと旅に出たくなったのだという。しかし、何かきっかけになること、今までになんとなく思い描いて、心に潜んでいたものもあったに違いない。

Yさんは徳島県内を歩き遍路で、18番札所:薬王寺から、高知・愛媛・香川とは、自転車で回ったという。
88箇寺あるので、朝起きて、今日巡る寺の予定を立て、後はひたすら歩くだけという。
そんな毎日を重ねていくと、色んなことを考え廻らしながら歩いていた遍路が、[次の寺に向かう]ことしか考えなくなっていたことに、ある日気付いたという。

ひたすら歩き、[次の寺に向かう]ことのみを考えるようになってくると、周りの景色や、吹く風や、草の香に、ふと気づくようになってきた様です。

CIMG0567.JPG

そんな時、腰を下ろして、[人生、案外そんなものかな?]
と思い浮かぶ頃、旅の終わりに近づいていたとのことでした。

今日の楽しみを一つ見つけて、それを味わうことで、一日を大切に過ごす。

そんな発想に気づかせてもらった気がしました。
私たち[ひきこもり]の生活をしている者、してきた者も、
もしかすると同じではないでしょうか?

悩み、苦しみ、めぐり巡っているものから離れ、自分の温かな楽しみを一つみつけること、少し大切にすること、そして、出きることならば、その楽しみを誰かに語り、分かち合うこと。

遍路は、そんなことを体で知り、心に刻む、もう一つの人生(旅)を味わえるのかもしれません。

CIMG0319.JPG
Posted by 林 at 08:20 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
聞き下手・聴き上手 [2019年06月18日(Tue)]
人の話を聴くのが上手な人に、話を聴いてもらうと、気持ちが軽くなり、自分の考えが整理でき、安心できると聞きます。

親が聴き上手になることで家族の雰囲気を安心できるものにしようと学習しています。
これは親子関係だけでなく、夫婦間、男女間、異年齢間、職場で、人間関係のあらゆる場面で、活用できる技術です。
身につくと自分も生き方が楽になることを体験します。

話を聴くことを「傾聴」といっていますが、下手な人と上手な人の性格や考え方の傾向を見てみたいと思います。

CIMG0430.JPG

○ 傾聴が苦手な人の性格(や考え方):
・先々考える
・気遣いが出きる
・論理的に考える
・沈黙が苦手(テンポよく進める)
・信念がある(自分の考えに固執)
・答えを出したがる(何が言いたいの)
・具体的解決を探る
・正義感が強い(白黒はっきりつけたい)
・言葉を大切にする(言葉に左右され、後までこだわる)
・文脈から大まかな理解では置けない
・答えを予測し、断定している

CIMG0448.JPG

○ 傾聴が上手な人の性格(や考え方):
・気持ちを大切にする
・口を挟まない
・相手の気持ち・考えを聴ける
・文脈や流れで大まかな判断で済む
・気持ちの世界で展開する
・自分に浮かんだことは相手とは違うことを知っている
・相手の反応に応じて次の言葉を探す
・自分から言葉は出さない
・コンプレックス(弱み)を大切に受け止める

あなたは、どちららでしょう?

自分を変えることは、コミュニケーションを変えることと考えています。
Posted by 林 at 11:02 | 支援者 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード