CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


いのちを見守る [2021年10月05日(Tue)]

雲の形に誘われて、出かけることになった

CIMG1357.JPG

風のやつが、少し冷たく

CIMG1362.JPG

「こっちへおいでよ」と、つぶやいた

CIMG1365.JPG

誰もいないじゃないか!

CIMG1363.JPG

何にもないじゃないか!

CIMG1360.JPG

いのちのささやきだったのか?

CIMG1370.JPG

営みは、美しくつづき

CIMG1348.JPG

やがて、土へとたどりつく

CIMG1347.JPG
 
 空は静かに見守ってくれている
加茂の大楠 [2021年04月17日(Sat)]

 気が引き締まる この空気感

CIMG1260.JPG

 青空を ゆっくりと 移ろいでいく
楠木は 広げて見上げながら 彼らを見送る

CIMG1261.JPG

 光を集めては 深く抱きしめている

CIMG1269.JPG

 新たな命を生み 注ぎ続けている 愛情

CIMG1275.JPG

 ほらっ 音楽が聞こえる
光と風と 共に 一緒に 踊ってみよう

CIMG1265.JPG

 行き通う  光と 水と 風とから
 大楠よ!
 空の全てを 大地へと 届けてくれ!
冬空 旅歌 [2021年04月17日(Sat)]

この透明感が 好きだ
 
CIMG1194.JPG

この空気感が 大好きだ

CIMG1190.JPG

 今 僕は 窓から飛び出し
空という芝生に 寝そべっている

CIMG1193.JPG

 飛ぶのに 羽根は要らない

CIMG1191.JPG

 時空を越える ジャンプだ

CIMG1192.JPG

 今 異国の空の下 寝そべっている

CIMG1196.JPG

 はて ここは どこだろう?

CIMG1185.JPG

 我に返った 瞬間

CIMG1187.JPG

 テレビ塔が 僕を 
この国に 現代に 呼び戻したのだった
車窓にて、冬小旅 [2021年02月13日(Sat)]

どこかへ 出かけたくなった

CIMG1163.JPG

JRのホームに立っていた

CIMG1166.JPG

 何年ぶりだろう
この駅から旅に出るのは

CIMG1168.JPG

 線路が奏でる 単調なリズム
少しずつ 心が動き出している 

CIMG1170.JPG

途中停車の余韻・・・

CIMG1175.JPG

 車内では リズムが
左へ行ったり 右へ来たり

CIMG1179.JPG

 去り行く景色は 過去

CIMG1182.JPG

 みつめる 二人の今

CIMG1176.JPG

 現実を映し出す 陰影

CIMG1180.JPG

 「この旅を楽しもう」と つぶやく 

CIMG1183.JPG

 委ねて待つ身なら 
ゆったりと 揺られながら行こう


 朝散歩の道すがら [2020年12月31日(Thu)]

この地に引っ越して丁度一年になろうとしている

温かい季節に、奥さんと一緒に、河川敷公園まで夕方散歩と簡単なスポーツに出かけていた

CIMG0957.JPG

暑くなり始めて足が遠のき、陽が短くなり始めても、散歩に出かけることもなくなった

CIMG1151.JPG

体重が戻ってきたのをキッカケに、朝の独り散歩に、えいっと出かけ、いつもの道を歩き始めた

CIMG1155.JPG

朝は肌寒いが、空気が澄んで、風の刺激が心地よい

CIMG1157.JPG
 
 空の色や輝きが季節の移り変わりを告げる

CIMG1140.JPG

 道脇の花や実が、季節の結実を喋りかけてくる

CIMG1135.JPG

CIMG1136.JPG

 朝光に遊ぶものたちが、軽やかに踊っている

CIMG1146.JPG

 ああ、空気と時の流れが止まっているようだ

CIMG1147.JPG

 CIMG1149.JPG 

光と影がリズムを刻み、まどろみから陽下へと導く

CIMG1141.JPG

 秋空に向かって、舞い疲れた落ち葉たち

CIMG1127.JPG

CIMG1123.JPG

ゆっくりと別れを告げて、未来の季節を待とう

CIMG1154.JPG

 季節が、生と死を巡り会わせのだから、
黄葉は、ただ、ここに居るから、美しい・・・

ささやかれた一滴の光を祈る [2020年11月29日(Sun)]

その昔、川面に浮かび上がる橙光に、胸揺さぶられ、
時間よ止まれと祈ったのは、いつのことだろう

CIMG0906.JPG
 
 あれから、そんな瞬間を
数え切れない光との語らいを記憶してきた筈なのに

CIMG0712.JPG

 立ち止まっている人の横を一瞬に通り抜ける

CIMG0709.JPG

 こんなところに、懐かしい光が落ちている

CIMG0821.JPG

 そのリズムが時を動かそうと祈っている

CIMG1071.JPG

 光のパイプは2本、汽笛と共に走り出そうとしていた

CIMG1008.JPG

 街の中では、眠りにつこうとする静かなシンフォニー

CIMG1006.JPG

 空へと帰っていく光たち、いつ、また遇えるのか?

CIMG0833.JPG

 ここで、あの光が落としたものを、僕は探している

時間が一人、流れるままに [2020年11月03日(Tue)]

特に、すねている訳ではない。
一人で居ることが好きで、一人のものに心惹かれる。

CIMG1094.JPG

それが、木片なら、尚更に、いとおしい。

CIMG1093.JPG

それが、犬なら、声を掛けてみよう。

CIMG1090.JPG

それが、留守番のテディベアなら、お喋りをしよう。

CIMG1082.JPG

それが、街灯なら、人の暮らしを見守ってもらおう。

CIMG1037.JPG

それが、夕暮れの月なら、自分を祈ろう。

CIMG0962.JPG

それが、壁掛け時計なら、リズムに踊ろう。

CIMG0644.JPG

それが、綿毛の蒲公英なら、一緒に飛び立とう。

CIMG0948.JPG

それが、一片の花びらなら、共に眠ろう。

CIMG0865.JPG

それが、一枚の紅葉なら、静かに静香で、ここに居よう。

CIMG1047.JPG

それが、私なら、私のままを、好きでいよう。

それが、私なら、漂うままに、流れるままに。

私の神様になって、見守ってあげよう。

小さき声を聴いていたくて [2020年08月31日(Mon)]

この先へと歩いていく

CIMG0308.JPG

小さきものの声が、あちこちから聞こえる

CIMG0463.JPG

そっちを向いて、やるせなさを知る

CIMG0857.JPG

地に居る、はかなさを知る

CIMG0432.JPG

身を寄せる、安心を知る

CIMG0644.JPG

耳を傾けて、役割を知る

CIMG0991.JPG

役割に生き疲れた、わ た し

CIMG0360.JPG

ここに居る、小さな居心地のよさ

CIMG0450.JPG

ニンマリと笑い、
「もう少し生きてみよう」と、
心でつぶやく

CIMG0552.JPG

何を見つめて、生きているのか?

CIMG1059.JPG

光の中から生まれる、い の ち

CIMG0954.JPG

法則の中に動きがある美しさ

CIMG0923.JPG

ただ、ひたすら生きようとする輝き

CIMG1047.JPG

こんな自己主張もあると、知らされた

CIMG0973.JPG

小さきものの声が、あちこちから聞こえる

CIMG0736.JPG

そして、そして、今の僕・・・
 WINDOW-GLASS の 異世界 [2020年07月17日(Fri)]

ウィンドウグラスに映し出された世界を覗き込む

CIMG0521.JPG

ガラスの向こう側には、現実とは違う世界があるのだ

CIMG0625.JPG

ゆるやかなガラスの曲線が光のプリズムを生む
そこが異世界への入り口である

CIMG0704.JPG

ガラスが蒼く、どこまでも広がっているのは錯覚か?
天を望む青空よりも、深く、広く見える

CIMG0989.JPG

車の曲線が生み出すモニュメント:光のダンシング

CIMG0829.JPG

夕陽が騒がしくリズムを叩き続ける

CIMG0991.JPG

この柔らかな光が世界にゆっくりと広がってゆく
その光の行方を、心で追いかけていた

CIMG0673.JPG

ガラスから流れでた光が、お喋りを止めない
夕暮れ散策 [2020年05月04日(Mon)]

先月からの日課で、飽き性の私が続いている夕暮れ散策

青空から夕暮れにかわる空の下、吹く風と親しむ

CIMG0924.JPG

外に出ると、散策道の傍らから、ふと見える草葉の一言

CIMG0921.JPG

CIMG0940.JPG

日々の暮らしから密かな楽しみの世界へと歩む一歩、一歩

CIMG0916.JPG

CIMG0947.JPG

CIMG0948.JPG

気温の移り、風の動き、日差しのささやき、気が和む

CIMG0932.JPG

気づけば、迫る夕陽に戸惑う青空がコミュニケーション

CIMG0914.JPG

CIMG0918.JPG

眠り仕度の空に、今宵も別れを告げよう

CIMG0909.JPG

CIMG0957.JPG

仕事疲れの太陽に、「おつかれさま」の一言をつぶやいて
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード