CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


ゲームばかりでいいのでしょうか? [2021年10月30日(Sat)]

不登校からひきこもりになり、3年以上、主な状態が変わらないのなら、何か外からの刺激が必要だと思います。

何より、ご本人が気持ちを固め、決心することからです。
次に適度に頑張ってもらうことが肝心なのですが、長らく経験がありませんから、この適度さが分からない様です。

折角、動き始めても、ハードルが高すぎたなら、早すぎたなら、無理をしてしまったら、ご本人がやっぱり今の自分では出来ない、無理だったんだと思い込んだら、それこそ次の動きは望めなくなります。

頑張り過ぎないように、ご本人も、ご家族も様子を見ながら進めることが重要です。
無理して出来ることは出来るではなく、無理をしていることなのですから。

その動き出してからの無理していないかどうかを確かめながら進めると、次のステップで、今自分は無理をしているのかどうかの判断が出来ます。

この判断が曖昧なまま進めると、無理かどうかの判断が、ご本人もご家族も分かりませんから、どうしても臆病になり、慎重になりすぎ、不安を抱えてしまい、新しい挑戦が難しくなります。

無理してでもやってみたいことを無理せずに出来るようになることが、先ず外へ出る挑戦の大きな一歩になります。

CIMG0687.JPG

ゲームの好きな子は、ゲームに。
アニメの好きな子は、アニメに。
プラモの好きな子は、プラモに出かけることから始めるといいと思います。

少し頑張って出きることを回数こなしていき、何気なく出来るようになったら、次のステップに進みます。
その時に、ご本人とご家族で、どのくらい無理をしているのかを数字(あるいは色)で伝えておくのです。

少しの頑張りなのか、無理をしている頑張りなのかの境目を親に伝えることで、自分の中にも記憶が残ります。
次の挑戦の時に前の挑戦の時と比べて、どんな数値で、回数と共にどの様に変わっていったのかを話し合っておきますと、ご本人の楽になっていく変化が見えてきます。

ある親御さんから、自分の好きなゲームのことでは外出が出来るのですが、仕事につながるような外出は出来ないのです。このままでいいでしょうか?との質問を頂きました。

ご本人のチョット頑張れると無理をする境目がご家族間で分かっていますか? そこの共通理解がないままで、新しい挑戦に不安なまま挑まなければならないのなら、臆病になるのは当たり前です。

いろんなことに挑戦しながら、どんなことなら出きるのか、どんなところから無理をしなければならないのかを、お互いに理解するところがあれば、ご本人も安心して、挑戦も失敗も受け入れ、いろんなことに向かって動き出せるのではないでしょうか?
Posted by 林 at 16:45 | 中期対応 | この記事のURL | コメント(0)
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード