CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


自己発見のコマーシャル [2021年10月15日(Fri)]

テレビを見ていて、「このコマーシャル、このタレントさんに変わったのか?」と思い、「なるほど!」と来るときと、「そうかな?」と首をかしげるときもある。
奥さんには、それらに何の関心も持たない様である。

最近、車のコマーシャルが各社個性を競っているように見える。
各車種をアピールするものが大半だが、社名のイメージチェンジを図っているのかと思われるのが、日産と豊田だ。

日産は、矢沢永吉から木村拓哉に代わった。豊田は香川照之が、社長を取材する形で、話題性を提供している。
個性派の役者を使うことが多く、其々のタレントが持つイメージがその商品をアピールしている。

ご本人の生き方よりも単純に人気やカッコよさで表現しようとする日産は、世間に迎合してきている様でつまらない。
矢沢永吉がイメージキャラクターとして登場したときは、日産が何を大切にやっていきたいのか共感できたが、キムタクが現れたときは、「そうかな?」と首をかしげることとなった。

スズキ、ホンダ、ダイハツ、三菱も、今迄通りのタレント起用でアピールしているが、スバルとマツダは違っている。
スバルは音楽でメッセージの中心に持ってきて(ミーシャの映像が出るが、あれはいらない)やはり歌だと見える。

特にマツダは、言葉と映像から、さらに映像に磨きがかかってきたと思う。
あの「be a driver 」に執着して、映像に訴えかけてきた流れは注目に値する。

CIMG1382.JPG

そして今回の「CX-8」の映像表現にはゾクッとさせられた。
感性の高い写真の様な動画が流れていく。画面が次々と変わり、生活の質の高級感がにじみ出ている。

 以前も、車体のフォルムと色と光沢だけで、車の性能に込めるマツダの意気込みを伝えてきたときも驚いた。
マツダのコマーシャルから、目を離せない。

CIMG1383.JPG

もうひとつ、ロングランの何気ないコマーシャルだが、気になっているのがダイハツのキャンパスだ。
これもタレントを起用していないが、藤原さくら歌う大瀧永一の歌詞「思い出はモノクローム、色をつけてくれ」が耳に残ってくる。
最近、街でキャンパスをよく見かけると、あのコマーシャルの影響の大きさと想像してしまうのである。

これらの癖は、私がカメラマンを目指していた頃の後遺症かもしれないが、社会を生きる小さな楽しみ方の一つでもある。

「このコマーシャルの何が自分をひきつけるのか?」
そんなことを、つらつらと思い巡らすのも、楽しいものである。
タグ:表現
Posted by 林 at 12:37 | かぜ | この記事のURL | コメント(0)
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード