CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


「支援テキスト」の基準 [2021年08月02日(Mon)]

20周年記念事業「支援テキスト」の制作を進めています。
それで、ブログ投稿が減っています。すみません。
暑さと戦いながら、毎日が結構、戦いなのです。

「支援テキスト」の内容は、カンパンブログと会報「風月」から項目別に移し出した文章と追加文章とで編集されます。

先ずは、既に書かれている文章を選ぶ作業を去年から始めて、4月には終えることが出来ました。

次に、使える形に仕上げ直す、試作原版作成に入りました。原稿内の流れを再修正し、原稿の配置を並べ直し、全体としてのまとまりを考えていく作業を5月から始めました。

これがなかなか進まなくて、7月に入ってから追い込んでいきました。
また、他のメンバーにも原稿依頼・原版修正を始めてもらうことをお願いしました。
それで7月25日に目途がつきました。
その原稿数240ページ→190ページまで整理していきながら、他の人の原稿と調整に入りました。

CIMG1343.JPG

実は、「支援テキスト」の編集ページは100ページ予定なので、190ページ→100ペ‐ジまで整理しなければならないのです。
現原稿の半分を削らなければならないのです。

そこで、頭をよぎったのは、「支援テキスト」は、どういう主旨で制作し、配布されるのかが問われました。

そこで、削ることになったひとつの基準は、講演・研修・本からの引用で支援メモとして作文したものは原則削ることにしました。

我々は副題に「ピアサポーターからの提言」とありますから、私たち自身の活動から生まれてきた「ピアサポーター」ならではの提案を中心に載せていきたいということ。

色んな特徴を持った、立場の違う人の作文も盛り込みたい。

何より生の体験を重視した、我々独自の提案でありたいことなどが肝心と考えるようになりました。

8月の中旬には、100ページまで整理を済ませたいという無理な挑戦を、また、課せているのです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード