CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

風をあつめて

不登校・ひきこもりの支援活動をしているNPO法人フリースクール阿波風月庵の代表をしているかぜさんです。この活動で色んな若者やその親御さんと会いました。人の心っておもしろいです。僕自身も活動の中で、生き方がどんどん楽になってきました。そんな不思議な心の話をしてみたいなあ!


自己発見のコマーシャル [2021年10月15日(Fri)]

テレビを見ていて、「このコマーシャル、このタレントさんに変わったのか?」と思い、「なるほど!」と来るときと、「そうかな?」と首をかしげるときもある。
奥さんには、それらに何の関心も持たない様である。

最近、車のコマーシャルが各社個性を競っているように見える。
各車種をアピールするものが大半だが、社名のイメージチェンジを図っているのかと思われるのが、日産と豊田だ。

日産は、矢沢永吉から木村拓哉に代わった。豊田は香川照之が、社長を取材する形で、話題性を提供している。
個性派の役者を使うことが多く、其々のタレントが持つイメージがその商品をアピールしている。

ご本人の生き方よりも単純に人気やカッコよさで表現しようとする日産は、世間に迎合してきている様でつまらない。
矢沢永吉がイメージキャラクターとして登場したときは、日産が何を大切にやっていきたいのか共感できたが、キムタクが現れたときは、「そうかな?」と首をかしげることとなった。

スズキ、ホンダ、ダイハツ、三菱も、今迄通りのタレント起用でアピールしているが、スバルとマツダは違っている。
スバルは音楽でメッセージの中心に持ってきて(ミーシャの映像が出るが、あれはいらない)やはり歌だと見える。

特にマツダは、言葉と映像から、さらに映像に磨きがかかってきたと思う。
あの「be a driver 」に執着して、映像に訴えかけてきた流れは注目に値する。

CIMG1382.JPG

そして今回の「CX-8」の映像表現にはゾクッとさせられた。
感性の高い写真の様な動画が流れていく。画面が次々と変わり、生活の質の高級感がにじみ出ている。

 以前も、車体のフォルムと色と光沢だけで、車の性能に込めるマツダの意気込みを伝えてきたときも驚いた。
マツダのコマーシャルから、目を離せない。

CIMG1383.JPG

もうひとつ、ロングランの何気ないコマーシャルだが、気になっているのがダイハツのキャンパスだ。
これもタレントを起用していないが、藤原さくら歌う大瀧永一の歌詞「思い出はモノクローム、色をつけてくれ」が耳に残ってくる。
最近、街でキャンパスをよく見かけると、あのコマーシャルの影響の大きさと想像してしまうのである。

これらの癖は、私がカメラマンを目指していた頃の後遺症かもしれないが、社会を生きる小さな楽しみ方の一つでもある。

「このコマーシャルの何が自分をひきつけるのか?」
そんなことを、つらつらと思い巡らすのも、楽しいものである。
【なんだかんだの最新記事】
お父さん、こわい! [2021年10月15日(Fri)]

家族間で、息子とお母さんは話をしているが、父親とは殆ど話をしていないというご家庭が多いようです。

用事があれば話すが、それ以外に何の話しがあるの?というお父さんの意見も出てきます。
そのお父さんが、息子が何を考えているのか分からないと、困惑した気持ちも出てきます。

子どもがどんなことを考え、どんな気持ちでいるのかを知りたいというお父さんの気持ちも、やはりあるのです。

では、お母さんはどうかというと、当たり障りのない話しは出来ているかもしれないけど、肝心な話はお父さんにしてもらいたいと、よく聞きます。

お父さんに話すことを避けている息子さんに、「どうして、お父さんに言わないの?直接言った方が効果的なのよ」と、あるお母さんが聞いてみましたら、言葉が出てきません。
「もしかして、お父さんが怖いの?」と、まさかと思いつつ聞いてみましたら、返事が返ってこず、無言のままでした。

そこで始めてお母さんは、この子はお父さんが怖いのだということを知ったのでした。

お母さんには気軽に言えるようなことも、お父さんにはためらってしまう何かがあるのです。
お母さんにしたら、「あのお父さんのどこが怖いの?」としか思えない様ですが。

なぜ、怖いのでしょうか?

そこを、お父さんも、息子さんも越えなければ、気軽に話し合うことは、いつまでもやってこないでしょう。

CIMG0985.JPG

では、お父さんのお父さん、おじいさんのことを今もお父さんは怖がっていますか?
死んだおじいさんを今も怖がっているお父さんなら、息子さんから怖がられるお父さんでいても不思議ではありません。

だって、おじいさんからお父さんが、父として子どもにどう接したらよいかの本音を学んでいない、教えてもらっていないということですから。

お父さんとしての生き方を、お父さん世代も、お爺ちゃん世代も知らなかったということですか。

ではどうしたらよいのでしょうか?

目の前の子どもに聞きながら、新しい親子関係を二人で創るところから始めるしかないと思うのです。

先ずは、二人で居ることに慣れる時間を増やすところから始めてみませんか。
相談できる家族 [2021年10月05日(Tue)]

「ほうれんそう:報連相」→報告・連絡・相談を、大切に!
いろんな場で、この言葉を聞くことがあります。

場面により解釈は違うのかもしれませんが、私達の場合は、「報告」とは、自分の気持ち・考えが言える
「連絡」とは、相手の理解度を図り、相手の言いたいことをそのまま受け入れる(求めていることを確認する)
「相談」とは、コミュニケーションから第3の答えが出る
ことではないかと、考えています。

多くの家族の会話では、親が言いたい事を言うだけで、子どもは聞く気もなく、無視か拒否を演じているかに見えます。
まずは、言いたいことが言える雰囲気を保障することが、「報告」を気軽に生み出せるということなのでしょう。

お互いに言いたいことだけを言って、自分の価値基準で切り取り、「何を考えているのか分からない」と、自分の価値基準から外れたものは、切り捨ててしまいます。

CIMG0455.JPG

相手の考えや気持ちをその場で受け止めずに、言い放しですが、後から相手の気持ちや考えを察して、気遣っている親子(人間)関係は多いものです。
この時点では、相手が本当はどう思っているかが、お互いに分からない、「連絡」確認が済んでいない状態と思われます。

私は、この段階では会話は出来ていないと考えています。
自分の話した内容を相手がどのくらい理解できているかをその場で図りながら話すことが求められると思うのです。

人は其々に、自分の価値基準で判断し、そこから外れたことはその場で切り捨てていると先程も伝えました。
この捨てていたことを、自分の心の隅においておくことが出きると、その後にそれに似た体験をすることになります。

その体験時に、やっと自分で納得できる(腑に落ちる)ことになります。
あの時には理解が及ばなかったが、「もしかすると、こういうことだったか」と、相手を受け入れられる気持ちになります。

CIMG0932.JPG

それが出来てくると、相手の話をそのまま聴くことができるようになれる様です。

自分の言っていることは、相手には何割しか伝わらないという前提で話をしていると、何割くらいが伝わったのかがわかるようになってきます。
ですから、相手に何割伝わっているかは、伝える側の責任だとかんがえていると、何となく分かってきます。

これを、相手のことは分かるはずがないと決め付けて話をしていると、その何割かはいつまでも見えてきません。

その様な配慮が届いた関係で、話しながら聞き、聞きながら話している内に、相手の考えでもなく、自分の考えとも違う、第3の答えが出てくるようになってきます。
ここに至ることで「相談」できていると、私は思うのです。

自分の言いたいことが相手に何割伝わり、相手の言いたいことが自分にも何割受け入れられ、双方の考えや気持ちの違いをすりあわせしながらやり取りしている内に、双方の気持ちで、スッキリ出きる答えが生まれてきた時に、それを第3の答えと言えるのです。

相談のできる家族になることが、私達家族会が求めるゴールなのではないかと、考えるようになりました。
いのちを見守る [2021年10月05日(Tue)]

雲の形に誘われて、出かけることになった

CIMG1357.JPG

風のやつが、少し冷たく

CIMG1362.JPG

「こっちへおいでよ」と、つぶやいた

CIMG1365.JPG

誰もいないじゃないか!

CIMG1363.JPG

何にもないじゃないか!

CIMG1360.JPG

いのちのささやきだったのか?

CIMG1370.JPG

営みは、美しくつづき

CIMG1348.JPG

やがて、土へとたどりつく

CIMG1347.JPG
 
 空は静かに見守ってくれている
礼服は、ダブルで [2021年09月20日(Mon)]

少し前の、あの暑い時期に、叔母の訃報が入ってきた。

「もしかすると」と、いわれながらも、何度もその山を越えてきていた。
最も身近な親戚である、身近に住む従兄弟が、一人で叔母を看て来たので、なんと言葉を返してよいか戸惑った。

そこで、頭をよぎったことは、自分は夏物のダブルの礼服を持っていないという戸惑いでした。

私が初めて礼服を作ったのは20代で、友人のお父さんに仕立てていただいたもので、長年愛用していた冬物でした。

いつの頃か、一度夏に礼服を着ることがあり、急ぎ夏用を購入しましたが、年と共にお腹周りがきつくなり、10年前に親戚の若者に使ってもらうことにしました。

しかし、冬物の礼服は、きつめでも、今も着られるのでタンスで眠っていました。
実はこれはシングルで、作る時友人のお父さんから、ダブルにしとく方がと説得されつつも、シングルで仕立ててもらったのを憶えています。

この時、夏物のダブルの礼服を買いに行くしかないと、決心していました。
すぐさま、イオンに向かい、礼服コーナーに行きますと、今はダブルを着る人はいないというのです。

なんとダブルは10着くらいでしょうか?

後は全て、シングルで、なおかつ、オールシーズンが殆どで、夏物というのが、さらに少ないと説明されました。

私の求める夏物のダブルは1着もなかったのです。

ダブルか、シングルか? 夏物か、オールシーズンか?

決めかねている私をみて、横にいた奥さんが、「食事をしながら、ゆっくり考えてみようか?」との提案に、フードコートへと向かいました。
食事を味わえる余裕もなく、「どうするの?」と、問いかける奥さんに、遠慮がちに、きっぱりと、「やっぱり、ダブルのオールシーズンか!」と、言い放つと、すたすたと売り場に向かいました。

注文をし、裾直しを急ぎお願いし、夕方には取りに来るからと、支払いを済ませて、帰宅しました。

帰宅後、奥さんが喪服を用意している横を通り過ぎて、タンスを覗いて、礼服を確認してみました。

そこに冬物はなく、オールシーズンのダブルが1着つられていたのでした。
一瞬、何が起こったのか私にはわかりませんでした。

そこでやっと記憶が戻り、10年前に父が亡くなり、私が喪主で送り出したのですが、その時に、合い物のダブルの礼服を作っていたのでした。
これもイオンで、急ぎ購入したように思います。

夜、ほぼ同じの2着の礼服を見比べながら、自分の思い込みにあきれるばかりでした。

CIMG1346.JPG

折角なので、通夜も告別式も、そんな愚かな失敗談は全くないような顔で、新しい礼服で、気分よく参列しました。
「支援テキスト」編集が終わった! [2021年09月20日(Mon)]

9月13日に、印刷をお願いする授産センターに、原稿を届けてきました。

このブログを書く余裕もなく、7月から毎日(2〜8時間)の様に、原稿とにらめっこで、パソコンに向かってきました。

この年齢でのパソコン作業は、6時間が限界です。
勿論、休憩を取りながら進めるのですが、6時間すると、他の活動が出来ません。
また、2日続けての6時間は無理だと判明しました。

「無料相談ブログ」の原稿作りも同時進行でしたので、頭の中が整理できないままに進んでいました。

今回の原稿は、既に機関誌に掲載・研修発表の内容ですが、A4サイズで250枚あり、全てを再編集し、原稿数も半分に減らすことで進めてきました。

8月中旬から10人の方に、その原稿直しをお願いしました。

それを再度私と見直しながら、3回は修正して原稿を9月5日に持ち寄り、共通基準をだして、全員で校正をしました。

その原稿の校正箇所を修正後、最後は奥さんにもう一度校正してもらい、114ページでの仕上がりとなりました。

CIMG1373.JPG

表紙のデザインも決まり、お渡しすることが出来ました。

始めたのは去年の秋から、原稿を抜き出し保存しました。

全体構想を決めて、原稿の分類を終えて3月でした。

外部の方が今読んでいただいても分かるように、再編集し直し始めたのが、この4月からでした。

こんなコツコツ作業を、2年に渡り、よくやれたものだと、自分で、自分に「ご苦労さん」と声を掛けました。

奥さんが労をねぎらい、月末にご馳走してくださるとのことで、楽しみに待っている昨今です。
「支援テキスト」の基準 [2021年08月02日(Mon)]

20周年記念事業「支援テキスト」の制作を進めています。
それで、ブログ投稿が減っています。すみません。
暑さと戦いながら、毎日が結構、戦いなのです。

「支援テキスト」の内容は、カンパンブログと会報「風月」から項目別に移し出した文章と追加文章とで編集されます。

先ずは、既に書かれている文章を選ぶ作業を去年から始めて、4月には終えることが出来ました。

次に、使える形に仕上げ直す、試作原版作成に入りました。原稿内の流れを再修正し、原稿の配置を並べ直し、全体としてのまとまりを考えていく作業を5月から始めました。

これがなかなか進まなくて、7月に入ってから追い込んでいきました。
また、他のメンバーにも原稿依頼・原版修正を始めてもらうことをお願いしました。
それで7月25日に目途がつきました。
その原稿数240ページ→190ページまで整理していきながら、他の人の原稿と調整に入りました。

CIMG1343.JPG

実は、「支援テキスト」の編集ページは100ページ予定なので、190ページ→100ペ‐ジまで整理しなければならないのです。
現原稿の半分を削らなければならないのです。

そこで、頭をよぎったのは、「支援テキスト」は、どういう主旨で制作し、配布されるのかが問われました。

そこで、削ることになったひとつの基準は、講演・研修・本からの引用で支援メモとして作文したものは原則削ることにしました。

我々は副題に「ピアサポーターからの提言」とありますから、私たち自身の活動から生まれてきた「ピアサポーター」ならではの提案を中心に載せていきたいということ。

色んな特徴を持った、立場の違う人の作文も盛り込みたい。

何より生の体験を重視した、我々独自の提案でありたいことなどが肝心と考えるようになりました。

8月の中旬には、100ページまで整理を済ませたいという無理な挑戦を、また、課せているのです。
心の解決を図る文化 [2021年07月10日(Sat)]

急に暑くなった。
天気予報では、一週間ずっと雨のはずだったが。

時折晴れては、夏日の温度まで上げてくる。
確かに、暑い! 梅雨明けか?

奥さんは、外出をしては、車中が堪らない暑さだと言う。
室内に入ってきて、開口、不機嫌につぶやく。「暑い!」

CIMG1335.JPG

さもありなん。
窓から入るわずかな風を心地よく感じている私の涼しげな様子を、横目で見て不快だったのだろう。

一気に麦茶の冷たいを飲みこんだ。
扇風機を回して、かぜを確かめ、
息をついて、バタン!と倒れてた。
暫く後、「堪らんから、クーラーつける!」と、
窓を閉め始めた。

CIMG1340.JPG

さもありなん。さもありなん。
確かに、暑い!

何故、私は暑く感じないのだろう?
何故、奥さんはそんなにも暑いのだろう?

暑い車中で、それこそクーラーをかけて運転していた。
車を降りて、熱射の下、暑い! と実感しただろう。
「暑い!暑い!」と念じながら部屋へと入ってくる。
念ずる気持ちは、さらに体感以上にヒートアップさせる。
涼しげな私の顔も、それに拍車をかける。

室内でパソコン業務をしていた私は、窓からずっと入ってくる風が、心地よく、時には涼しくさえ感じていた。

CIMG1341.JPG

奥さんの気持ちは、涼しさを意識するゆえの暑さに向かい、私の気持ちは、暑さゆえの一風の涼しさに向かっていた。

奥さんは「暑い!」と叫び、私は「涼しいかも?」と想う。

風鈴の音が涼しいわけではない。
その音色で涼風を想像し、涼しさに気持ちを向けるから、
心地よいのである。

目の前の暑さに振り回されず、心で涼しさを味わえる文化を、日本人として楽しみたいものである。
桜舞う 八景から [2021年06月30日(Wed)]

日本人の心地は、梅から桜に移ったという
それは、能から歌舞伎への移り気にも似ている

CIMG1292.JPG

花は、蕾から花開き
風に誘われて、散りて舞い、落つる

CIMG1295.JPG

咲かんとするひたむきな命が美しいのか
散り行きてなお、無欲なる美しさか

CIMG1283.JPG

知らぬ人は何事もなく通り過ぎる
時の流れが、あるとも、なくとも

CIMG1303.JPG

時に任せて、委ねたる波紋
ほんの一音たる辞世の句と香る

CIMG1297.JPG

行きずりのささやきに耳傾け
命の移ろいに耳を澄ませてみよう

CIMG0863.JPG

命を分け合い、命を繋ぐ
命は何処から来て、何処へ行くのだろう

CIMG1305.JPG

さあ、ゆっくりと休むがいい
いつかまた、時のいたずらに、逢うこともがな

CIMG1280.JPG
好きなものを育てることから [2021年06月30日(Wed)]

当家で鼻歌が聞こえてくることはなかったそうです。

少し外出が増えてきた息子さんに、
通院を始めてみないか?
作業所に行ってみないか?
高校か、夜間中学に行ってみないか?
風月庵に勉強に行かないか?

CIMG0812.JPG

親からは、社会参加に向けての色んな提案が、次々と出されていきます。
社会との接点が出来、外出を始めて3年になる。
周りから見ても、もっと色んなことに挑戦出来るだろうに、もったいないと、焦る気持ちが正直ある。

しかし、去年は「何をやっても続かないから」と自らを反省して、この5月から始めた「10分トレーニング」は、1ヶ月以上続いている。
それは認めるものの、もう少しと周りは、また欲を出す。

そんな時、当家では聞かない歌声が聞こえてくるようになって来ました。
聞くと、カラオケの練習を始めたというのです。
先々心配するお母さんは、「騒音で近所に迷惑かけないだろうか?」「隣部屋の兄は迷惑しているのでは?」と、気を回す。

カラオケでも、鼻歌でも学校卒業してから歌ったことのないお父さん・お母さんは、(本人に一緒に行ってと誘われたらどうしよう?)と、そこも心配している。

CIMG0187.JPG

さて、少し頑張って出きることなら、挑戦して一緒に行ってあげたらいいと思いますが、無理をして頑張らねばならないことは無理をせずお断りすることが、誘ってくれた人へも誠意ある対応でありましょう。
それは、親子であっても、子どもがひきこもりから何とか頑張っているからといっても、関係ないことである。

子どもも、自分の好きな範囲で頑張っているのでいいし、親も無理をすることのない範囲で応援すればいいのである。

子どもの行動が親に無理をさせる程に感動させられたのであれば、突き動かされるままに応援するもいいでしょう。

「もう少し頑張って!」の親心も、
「出来るだけ無理はしたくない」とこだわる子どもも、

何かしら動いているのなら、
お互いに「そりゃ、そうだろう!」と、
認めてあげて欲しいのです。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

フリースクール阿波風月庵さんの画像
https://blog.canpan.info/kazetuki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kazetuki/index2_0.xml
QRコード