CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« キッズファンキャンプ | Main | メディア掲載・講演情報など »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
19.大人のフリーキャンプ 旧門谷小学校(新城市) 19.4.12-14[2019年04月24日(Wed)]


大人のフリーキャンプ 4/12〜14

旧門谷小学校(新城市)

平成31年4月12日(金)〜14日(日)


56393226_2123257057759952_5021938232229625856_n(1).jpg

聴くことを大切に活動しているなかよしのくにちゃん。
何をやっているのか、説明しづらいのだけど、
みんながその魅力にひきこまれている。

そんなくにちゃんに、
「よっしぃと大人のフリーキャンプ、してみる?」
と聞くと、即座に、
「いいよ、やろう!」

ということで始まったこのキャンプ。
参加者は、個性豊かな5人が集まった。

いつもの風の自然学校のスタイル・フリーキャンプ。
ここに来た動機、今の気持ちを聴いてお昼ご飯。
それぞれ、様々な場所で食べた後集まって
「やりたいことは?」
に、散歩、ということになったよ。

RIMG0097(1).JPG

4月になってからの寒さで、桜は満開。
川面に舞ってくる花びらがきれいだ。

RIMG0080(1).JPG

山道に入って見つけたのは”ウラジロ”
シダの仲間で、葉を使ってグライダーをした後は、
ピョンピョン跳ねるバッタ。
土の上で跳ねさせる。

56963283_270856983823933_4751436072326529024_n(1).jpg

枝の先を切って作るんだよ。

RIMG0082(1).JPG

散歩の収穫は、タラの芽。
夕食が豊かになりそう。

釣りを始めたMさんとよっしぃ。
くにちゃんは、釣れないだろうなと早々にいなくなった。
でも、釣れるんだよね。
ほとんど入れ食いの感じで、人数分の倍は釣れたね。
へへっ。

夕食だよ。
机の上に並んだのは、
アジの刺身
切り干し大根と油揚げの煮物
カブのステーキ(おいしかった〜。)
味噌汁と五分つきのご飯

大人だけだから、アルコールも入っていい感じ。

夜もあそびは続く。

RIMG0134(1).JPG

炎を見るのは、大人も大好き。

そして始まったのは、花火だったね。
打ち上げ花火もあったけど、
みんなが盛り上がったのは線香花火。
童心に戻って、だれが一番長くできるか。
こんなことでにぎやかだったんだよ。

おふろにも入って、お酒も飲んで、
楽しい1日目は終わったね。

翌朝、それぞれの時間で起きる。
校庭で本を読み始める人も。

Tさんは、チョウやガを手に載せて写真に撮る。
みんなも興味津々で見ている。

RIMG0101(1).JPG

今日のせて撮れたのは、
最初はクロサナエというきれいなトンボ。
このヒメウラナミジャノメも手に乗ってた。

朝ごはんは、いつものように干物を焼いたよ。
今日は、サンマの開き。
と、味噌汁、ごはん。

ミーティングで、やりたいことは?
なんと、全員が山登り。
ということで、さっそく、出発。

RIMG0103(1).JPG

杉の木では日本一の高さの”傘スギ”で、集合写真。
大きさがわかるよね。

そこからはそれぞれのペースと興味で登る。
途中休憩では、どんどんと話が弾み、
「まだ先があるんですけど」
と、休憩場所が目的地になったようで、
鳳来寺山を登り切った感じになりそうだったよ。

途中では、お寺の僧房の跡がいろいろ。

RIMG0106(1).JPG

石仏もたくさんあった。

お昼は山の上。
手羽先の炊き込みご飯の弁当を食べた。
下を見下ろして、日差しも暖かくいい場所。
そして、鳳来寺の本堂、東照宮を回る。

頂上を目指して登っていったMさん。
ゆっくりとマイペースで登っているAちゃん。
みんなそれぞれでいいなぁ。

RIMG0119(1).JPG

学校に戻って、キャッチボールなんだね。
Tさんが持ってきたグローブとボール。
楽しめたね。

RIMG0095(1).JPG

たき火の前の薪割り。
初めてかな?というくにちゃん。
終わったら、「薪割りが上達したよ。」
と、ちょっと得意げだったね。

たき火を始めたら、やりたくなるのが焼マシュマロ。
大人でも、やりたいんだよ。

RIMG0124(1).JPG

たき火も楽しいからね。

遅くなっていたAちゃんも帰ってきて、
さぁ、夕ご飯。

RIMG0125(1).JPG

昨日釣った魚たちは、唐揚げだよ。
こんなにたくさん釣れるとは、
くにちゃんは思ってなかったんだって。

昨日撮ったタラの芽。
これに加えて、門谷でお世話になっている
Mさんからの差し入れの、大量のタラの芽。

RIMG0127(1).JPG

天ぷらにしておいしくいただきました。

3日目の朝、朝食はアジの開き。

RIMG0138(1).JPG

いつものように、炭をおこして焼いたよ。
骨せんべいも作ってね。

朝のミーティング。
やりたいことは?に、
「影舞」
「未二観」
聞きなれない言葉だけど、説明するのも難しい。
でも、やりたいんだよ。

RIMG0206(1).JPG

指先を合わせるだけで”舞”になっていく影舞。
相手の気持ちをすごく感じ、
自分の気持ちもすごく感じられる。
流れてくる音楽が身に染みる、って感じもある。

この後、2人ずつに分かれて未二観。

RIMG0228(1).JPG

お昼ご飯は、最後の晩餐、ではないけど、
ちょっと豪華だね。

こんな感じで、3日間を過ごしたよ。
大人のフリーキャンプ、いい時間だった。

季節を変えて、秋にもやってほしい。
という声もあったね。

どうしようかな?


よっしぃ



19.大人のフリーキャンプ with くにちゃん[2019年03月21日(Thu)]

「くにちゃんとよっしぃの

大人のフリーキャンプ」


先日のこと、私が
「くにちゃん、よっしぃとフリーキャンプ
(自由なキャンプ)する?」
と聞くと、すぐに「いいよ。」という返事。
で始まった企画。

DSCN0853(1).JPG

大人も子どもの気持ちになって自由に遊びたい、
という希望をかなえるキャンプです。
場所は、愛知県の新城市の旧鳳来町。
その名の通り、鳳来寺山のふもとの集落にある、
20年以上前に廃校になった木造の小学校。
懐かしいにおいのする田舎の古い小学校、
長い木の廊下、朝礼台、二宮金次郎の石像。
これを聞いただけで懐かしい気持ちになってきますよね。

今回、一緒にフリーキャンプをするくにちゃんからの一言

「今回よっしぃにお誘いいただいて、
大喜びでフリーキャンプをやることになりました
橋本久仁彦です。
僕は影舞や円坐を仕事にしていますので、
よろしければ春の大自然の中で、
皆様にもご紹介させていただければと思っています。
よっしぃとは沖縄無人島で出会いました(笑)。
きれいな蝶々をとってくれたので
僕の兄貴分だと勝手に思っています。
皆様とご一緒できることが楽しみです。
では、どうぞろしくお願いいたします」

くにちゃん(橋本久仁彦さん)は、
聴くことをとても大切にしている人。
円くなって聞きあう円坐、
ただ聴く15分間を大切に読み解く未二観、
相手を感じ、聴きながら舞う影舞、
どれもすてきな時間、場なのですが、
言葉にすることがとても難しい。
でも、きっとすてきな大切なものになると思います。

鳳来寺山の開山は利修仙人で
大宝2年(702年)と伝わっており、
源頼朝や武田信玄に関する言い伝えもあります。
鳳来寺の本堂までは、1425段の石段を上りますが、
その奥には徳川家康を祭った東照宮がありますよ。
(三大東照宮の1つ)
中腹まで鳳来寺山パークウェイがあり、
近くまで車で行くこともできます。

DSCN0918(1).JPG

旧門谷小学校の前には、
サワガニや小魚のカワムツなどの住む小川があり、
網を使っ手遊んだり、
近くの竹で竿を作って釣りもできるし、
季節がいいので、
山野草を採りに行くこともできますね。
薪割り、たき火、工作、鬼ごっこ、大縄など、
やりたいことで遊びましょう。
参加されるみなさんの気持ちによりますが、
くにちゃんがいるので、
畳の敷いてある教室や鳳来寺の本堂前や
すぐ隣の神社の境内などで影舞、円座や
未二観もできると思います。

DSCN0902(1).JPG

2泊3日のフリーキャンプ、
参加する人の気持ちで創っていければと思っています。
ぜひ楽しみにして来てください。

日時:4月12日(金)11:00〜
     14日(日)15:00
     (2泊3日)

場所:旧門谷小学校(愛知県新城市門谷字宮下26)

内容:フリーキャンプ
(自分の気持ちに寄り添って、やりたいことをするキャンプ)
( 宿泊は、旧門谷小学校の畳の教室に布団、
または校庭のテントで寝袋で泊ります。)

参加費:29,800円/人
(宿泊費、食事6食、傷害保険料、プログラム費など)

持ち物:1日目の昼食、着替え、洗面用具など

対象:高校生以上

募集人数:12人

申し込み
メールで次のことをお知らせください。
1.参加する方のお名前
2.郵便番号、ご住所
3.電話番号
4.メールアドレス

風の自然学校
kaze-shizen●mbr.nifty.com
(●を@に変えてください。)

大人のフリーキャンプで、
みなさんと自由に過ごせることを楽しみにしています。

13.大人のビーチランドキャンプ (14/3/1-2)[2014年02月01日(Sat)]

大人のビーチランドキャンプ
 募集中


DSCN7487(1).JPG



何も考えず、ぼーっとイルカを見ている。
と、こちらをジーとみているイルカの目に気づく。
そんな時、う〜ん、いいなあ! と感じる。
なんで癒されるのだろう。
なんでかはわからなくても、今はそれでいい。

いつもの忙しい時間とは異なった水族館の時間。
朝目覚めた時、目の前にいるのは スナメリや魚たち。
いつもは味わえない感覚にドキドキする。


DSCN2061(1).JPG


大人の特別な水族館の時間を持ってみませんか?
イルカに触ったり、ウミガメを抱いたり、
獣医さんから話を聞いたり、
隣りの砂浜に行って、流れ着いたものを拾い、
それを使って工作するのもいいですね。

夕食もまた大人の時間。
テーブルを囲み、ゆったりと語り合う。
そんな時間もとっても心に響くことでしょう。

大人のビーチランドキャンプは、すてきな時。

お風呂は、隣のかんぽの宿の温泉に行きます。

DSCF8356(1).JPG



【日時】平成26年3月1日 11:30〜
           2日 14:00
   (1泊2日 現地集合、現地解散です。)

【場所】南知多ビーチランド (愛知県知多郡美浜町)

【内容】イルカと触れ合い、夜の水族館と動物たちの見学
    大人のための水族館裏側ウォッチングなど
    貝殻で自分だけのローソク作りなどもできます。
    スナメリの泳ぐ大水槽の前に寝袋などで泊まります。

【対象】18歳以上 限定10名 (先着順、最低4名で催行)

【参加費】17,000円 (食費、プログラム費、宿泊費を含む)

【持ち物】寝袋(または毛布)、着替え、洗面用具、初日の弁当など

【申込み】風の自然学校までメールで、
 お名前、郵便番号、住所、電話番号をお知らせください。
 E-mail:kaze-nature●nifty.com
(●を@に変えてください。)

13.大人のビーチランドキャンプ(13.6.22-23)[2013年07月01日(Mon)]

大人のビーチランドキャンプ(2)


大水槽の前で目覚める朝。
大水槽でご機嫌に泳ぐスナメリの姿を確認したら、
またボンバーズに会いに、
ショープールの下の水中をのぞける窓へ行く。
一頭一頭、顔を見せてくれて、昨日の感激が再び。

参加者の3人も園内を思い思いに散歩。
昼間とは違う動物たちの様子を見ることができたって。

だれもいない園内で朝食。
すがすがしい朝だね。

DSCF8345(1).JPG

みなさんのやりたいことを聴いて、
今日はまずビーチコーミングに行くことに。
それぞれ、このあとの工作で作りたいものを頭に描きながら
貝殻や流木を探す。

パスタの昼ご飯を間にはさみつつ、
工作に熱中。とってもすてきな作品ができあがったよ。
みなさんのセンスの良さにスタッフのべべはびっくりしました。

DSCF8353(1).JPG

DSCF8358(1).JPG

期待以上に動物たちとふれあえたこと、
獣医の大池さんからじっくり話を聴けたことなど、
ビーチランドでの、ゆったりだけど充実した
二日間を振り返ってキャンプは終わりました。

13.大人のビーチランドキャンプ(13.6.22-23)[2013年06月26日(Wed)]

大人のビーチランドキャンプ (1)


3人の参加者と南知多ビーチランドで集合。
今日、明日は大人だけで水族館のお泊りだ。
雨が続いていたが、期間中は雨の予報がない。
ラッキー!!

自己紹介などした後、芝生の上でお弁当を食べる。
そのあとは、アシカ・イルカショー。
土曜日とあって、スタジオは満員。
アシカに輪を投げる人の募集の時は、
勢いよく手を挙げていた。
(が、残念。選ばれなかったね。)

今日のイルカショーはアザーズの出演。
ハンドウイルカ、ハナゴンドウ、カマイルカの混成チーム。
種類の違うイルカのチームによるショーは珍しいそう。
それぞれに得意なことがあることがわかって、おもしろかった!

ショーの後は、ビーチランド名物のふれあいカーニバル。
アシカ、イルカ、セイウチのプールを回って、
タッチ、タッチ、タッチ!

DSCF8303(1).JPG

15時。いよいよバックヤードツアー。
ビーチランドの獣医さんの案内で水族館の裏側へ。

まずは餌の用意をする部屋。
続いて大水槽の上へ。
さっき下から見上げていた大水槽の上は
こんな風になっているんだね。
この水槽で今は元気に泳いでいるコマッコウが
浜に打ち上げられていたのを保護したときの話などを聞いたよ。

DSCF8329(1).JPG

さてこちらはウミガメの赤ちゃんたち。
アカウミガメとアオウミガメ。
本当に、青色と赤色なんですね。
間近で見て納得。
抱っこして笑顔。
この子たちは、いずれ、屋久島の海へ放流されるとのこと。

IMGP6483(1).JPG

獣医の大池さんとはここでお別れ。
続いては飼育担当の村上さんに案内していただきます。

まずはペンギンとご対面。
飼育員さんは70羽ぐらいいるペンギンの名前を
みんな言えるのですって!
お腹の斑点の模様、数で見分けます。
すごいー!

フンボルトペンギンのつがいは、
一生添い遂げる確率が高いそうです。
カップルで寄り添っている姿は微笑ましかった。

IMGP6503(1).JPG

ペンギンと別れて、アザラシのもとへ。
さっきまで、ガラスの向こう側から見ていた
アザラシに直接触れます。

ぽよぽよのお腹、背中、
私たちの手をしっかり掴んでくれる手。
愛くるしい表情。
アザラシは一度触ると
ファンになる人が多いというのもうなづけます。

DSCF8339(1).JPG

セイウチに裏口からあいさつ。
迫力満点の600kg。

IMGP6537(1).JPG

さあ、お待ちかねのイルカにタッチです。
ハナゴンドウと記念撮影をして、
アザーズと一頭一頭、握手。

IMGP6538(1).JPG

動物たちとの触れ合いに大満足したあとは、
近くのかんぽの宿へ。温泉です♪

帰ってきて、夕ご飯の準備。
今日のメニューは手巻き寿司、シイラのピカタ、
タコの卵の煮つけです。
(キャンプの料理は期待していなかったけど、
 どれもおいしかったです、
 と帰り際に言っていただけて、うれしかった)

満月前夜のまんまるお月さまを眺めながら夕ご飯。
照明の手配に行き違いがあったらしく、
ヘッドライトを装着。
こういうのもキャンプらしくていいよね。

仕事を終えた獣医の大池さんが加わってくれて、
海の生物たちとの日々の関わりから
見えてくるものをじっくり話してくれた。

海洋館の大水槽の前でそれぞれ自分の寝床を整える。
スナメリがエイにちょっかいを出している。
エイは、かなり、迷惑しているように見えたよ。
イルカって、見ていて本当に飽きないな。

眠る前にボンバーズ(ハンドウイルカ4頭)に会いに
ショープールの水中がのぞける窓のところへ行く。
夜は暇だからなのか、
昼間には考えられないほどイルカたちが構ってくれる。
ガラス越しに見つめあうことができて、感激。

おやすみ、また明日ね。


プロフィール

風の自然学校さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/kaze-nature/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kaze-nature/index2_0.xml