CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年04月 | Main | 2008年06月»
<< 2008年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
川口サテライト K
長岡雪害ボランティアセンター (02/07) たらふ
長岡雪害ボランティアセンター (02/07) きずなマラソンスタッフA
きずなマラソン その2 (11/04) キズナ
きずなマラソン その2 (11/03) 川口サテライト
イベント情報 (10/28) 菅原幸司
イベント情報 (10/22) 春日
荒谷山菜とりツアー (09/09) ケーナくらぶ、ねこ
荒谷山菜とりツアー (09/06) K
中越・山の暮らし大学校 (09/21) akoako
中越・山の暮らし大学校 (09/17)
最新トラックバック
そばの郷 野菜を植えました! [2008年05月31日(Sat)]
5月25日 
そばの郷では、野菜の植え付けが始まりました。
そばのオーナー制度を楽しく充実したものにするため、
野菜を育てることにしたのです。
昨年、一面そば畑だったところにサツマイモやジャガイモ、枝豆を作付けします。

畝を作り、大切に種をまきます。

ジャガイモを植え付け。
元気な苗なので、きっとおいしく育ってくれることでしょう!

作業が終わって、ほっと一息。
皆さん、良い笑顔です笑い

育てた野菜で、オーナーさんとの会話も弾みそうです。
その後、お茶飲みをしながら、栃木のオーナーさんと楽しく交流できるよう、話し合いもしました。
充実した1日になりました。
木沢 棚田の田植え [2008年05月26日(Mon)]
5月24.25日
木沢の棚田を使って、田植え体験が行われました。
今回の田植えは、年間を通じて田んぼを管理するという、かなり本格的なもの。
びっくりするほど急な坂道を降り、棚田へ到着。
説明を受けた後、田んぼに入ります。

「ころがし」と言われる道具を使って、苗を植える場所に印を付けていきます。
しるし付けにも様々な方法があるものだなぁ〜と感心してしまいます。

これが、手植え用の苗です。
機械植えと大きく違います。
皆さんはわかりますか?

印を付けたところへ優しく丁寧に植えつけていきます。
でも、やっぱりむつかしぃ〜!

指導員・福太郎さんはさすが、プロフェッショナルびっくり
早い!正確!

植え終わったあと、棚田から木沢の風景を見下ろしながら休憩をしました。
・・・なんだか、家族のような一体感がにじんでいます。
皆さん、お疲れ様でした!
川口のお母さん、銀座へ行く [2008年05月25日(Sun)]
5月24日 
早朝の支援センターは明るい声で満ちていました。
東京で開かれる家政大の学生さんが協力したお酒「白藤郷」のお披露目会へ行くために
朝4:30集合です。
一日、大丈夫なのか?と思うほど元気でハイテンションなお母さんがたに
支援員AもBもたじたじです。
8:30 銀座の真ん中に支援センターの車が入ります。
予定よりも少し早く到着しましたが、程なくエコライスの方々もいらっしゃいまして、
早速準備開始。

久々に再開した学生さんともすぐに息のあった作業になります。

見たことも聞いたことも無い山菜に興味津々。
味見をするたび、歓声がわきあがります。
それを見ていた私たちも用意してきた料理が
自信をもってお勧めできるものだと確信しました。
前日、山に入って採ってきたり下ごしらえをしたり。夜中に味付けをしてくださった料理も並べました。

白藤を復活させた上原酒造社長の挨拶などを経て、乾杯をしてお披露目会が始まりました。
たくさんのお客様が入れ替わり立ち替わりいらっしゃって、
たくさんの料理が見る見る減っていきます。
おいしそうに食べてくださるお客様を見ているだけでも嬉しくて楽しくなります。

学生さんも取り分けが大変!
最後に近くなってきてくださった方には申し訳なかったほどでした。
学生さんとも話し、お客さんに直接感想を聞き、充実した一日になりました。
参加させてくださったエコライスの方々。
たくさんお手伝いしてくださった家政大の皆さん。
そして上原酒造の方々。ありがとうございました!

・・・帰りの車の中は、やはり静かな時間が流れていましたウインク

木沢のお母さん、になへ行く [2008年05月22日(Thu)]
5月16日
前週、にな二〜ナの皆さんが木沢へ来てくださいました。
今回は木沢のお母さんが、にな二〜ナへお邪魔しました。
数日前から山菜をとりに山へ入ったり、メニューを考えたり。
お母さん方も楽しそうです。
到着すると、挨拶もそこそこに準備が始まります。
並んだ料理にスタッフの皆さんも興味深々。
参加される方々も集まり始め、木沢に来てくださった方とも再会し、会が始まりました。

若い年代のお母さんも多い参加者の中には、珍しい山菜が並びます。
名前も聞いたことが無い山菜に皆さんも身を乗り出して聞いてくださいました。

そうして、お待ちかね!
試食会が始まりました。
思いのほか、子供さんもたくさん食べてくださいます。
木沢のお母さんも嬉しそう!

おいしそうに召し上がってくださったみなさんびっくり
ありがとうございました!
充実した一日に木沢へ帰る車まで皆さんが送ってくださいました。

また、いろいろなことで皆さんと交流したいな、と思っています。

復興と交流のモニュメント 地鎮祭 [2008年05月20日(Tue)]
5月18日
早朝の木沢地区
小学校の前にフレンドシップ木沢のメンバーや関係者が集まりはじめました。

今年はじめ神戸西宮地区を訪問した際、いただいた木像を安置する場所を作るため、
念願の地鎮祭が行われます。

地区にあるお寺の方丈様がお経を上げてくださいました。
お供えをし、皆で今後の安全な工事を祈ります。

滞りなく地鎮祭は終了しました。
よってげぇ亭・ふれあい市 [2008年05月19日(Mon)]
5月18日
恒例のよってげぇ亭・ふれあい市が開かれました。
朝から好天に恵まれ、暑いくらいの日差しです。
歩行者天国になった通りには、所々ベンチが置かれ、
よってげぇ亭前の広場は花が咲き、何となく良い気分!

犬と牛が風船を配って歩きます。
子供たちに囲まれ、大人気音符

独楽回しや宝探しゲーム、シャボン玉遊びもありました。
小さな子は水遊びのようになってしまい、お母さんは大変悲しい

遊んでばかりいたわけでもありません!
よってげぇ亭の周りに置いてあるプランターのカバー製作を、
男の子が中心になって手伝ってくれました。
本当にありがとうハート

四川大地震の募金活動も行われました。
後ほど関係機関を通じて、寄付させていただきます。
皆さんの暖かい心に感謝いたします。

たくさんの方が訪れたよってげぇ亭。
毎月第3日曜、開催します。
皆さんもどうぞお越しくださいびっくり
にな二〜ナの皆さんと山菜採り [2008年05月14日(Wed)]
5月に入って初めてのブログです。
ゴールデン・ウィークの休みが入り、ほっと一息ついたのもつかの間、地域の方々の動きが一気に加速して、支援員は嬉しい悲鳴をあげています。
5月8日
長岡のにな二〜ナの皆さんが木沢のお母さんを訪ねて、山菜採りに来てくださいました。
子育て世代の山菜採り。静かな山が、にぎやかになりました。

山へ行くと雲行きがあやしい・・・。
あまり急な斜面には入れませんが、道路沿いの場所を探しては子供と遊びながらゆったりと進んでいきます。

途中、雨が降ったり、子供が転んだり。それでも子供たちのハイテンションは留まることを知りません。

お母さんたちも大変です。たくさんの荷物や山菜、逃げる子供を捕まえなければ・・・ウインク
短い時間でしたが山の空気をたくさん吸ってお母さん方の気分転換にもなったようです。
子供たちの中には集合場所にもどるのが嫌で、泣き出す子も・・・笑顔
木沢のお母さんの配慮で、綺麗な風景が見られる場所を廻って、ゆっくり戻っていきます。
そうして待っていたのは、たくさんの山菜料理!

みんな揃っていただきま〜すびっくり
事故がないよう下見をしたり、ちょっぴりお土産用の山菜採りに山へ入ったり、楽しい日々が続いていました。
木沢のお母さん方も本当に楽しそうでした。
怪我や事故が無かったこと、みなさんが楽しそうにしてくださったこと。
本当に嬉しかったし、良かったと思います。
是非、また来てくださいねハート
花を植えました! キラリ☆町並み整備班 [2008年05月05日(Mon)]
5月1日 東川口で花植えの作業がありました。
用意されたプランターは30個。6名が参加し、準備が始まりました。

土を入れ、肥料を足し、花を植えていきます。
黄色の花を選び、ガザニアとなりました。

プランターを2箇所に置き、水をたっぷりあげました。
                ↓ 目黒床屋跡地

                ↓ よってげ亭

そして、今朝のプランター。
元気に花を咲かせていました。

順調に育ってくれることを願っています。
この花は冬間近まで咲き続けてくれます。
田麦山自然塾 その2 [2008年05月01日(Thu)]
・・・・クリーン作戦に続いて、塾長挨拶があり、自然塾が始まりました。

様々な方が色々な方法でこの日を楽しみます。
今まさに採ったばかりの山菜で天ぷらを揚げる方。ブロックで作った窯でピッツァを焼くグループ。その横で薪割りもしていました。熟すしを売る方。あぐり汁は寒かったこの日、とてもおいしいご馳走になりました。コーヒーやクレープまであり、びっくり!(支援員も焼きそばつくりをお手伝いしました。)

講演や演奏が次々と披露されていきます。ホルンの演奏は周りの風景にとても馴染んでいました。

餅つきもあって、おいしいお餅を戴くことが出来ました。

後片付けも皆でお手伝いをし、無事終了しました。
楽しい一日でした。