CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
川口サテライト K
長岡雪害ボランティアセンター (02/07) たらふ
長岡雪害ボランティアセンター (02/07) きずなマラソンスタッフA
きずなマラソン その2 (11/04) キズナ
きずなマラソン その2 (11/03) 川口サテライト
イベント情報 (10/28) 菅原幸司
イベント情報 (10/22) 春日
荒谷山菜とりツアー (09/09) ケーナくらぶ、ねこ
荒谷山菜とりツアー (09/06) K
中越・山の暮らし大学校 (09/21) akoako
中越・山の暮らし大学校 (09/17)
最新トラックバック
冬の暮らしWSツアーin川口荒谷 [2012年02月17日(Fri)]
今日から大雪予報ですが、
今のところ落ち着いております。

しかし北陸地方は70〜90cmの予報なので
これからモサモサ降ってくるんでしょうね…。


嫌だよぅ〜〜〜悲しい



雪国にお住まいのみなさん、
これからこちらに来る予定のみなさま、
気をつけましょうね注意






「冬の暮らしWSツアーin川口荒谷」






2月11日、12日と長岡市川口荒谷で、
冬の暮らしを体験できるツアーが行われました!


参加者は22名。
ほとんどが県外の方でした!




でも、
「今回初めて荒谷に来た!」
という方ばかりではなく、
以前にも荒谷の企画に参加したことがある
(しかも2回、3回と!!!)



「荒谷ファン」の方が半数キラキラ




そんな「荒谷ファン」の方から
「楽しいよ〜音符」と聞いた仲間の方も参加してくれましたハート

どんどん輪が広がっていきますねラブ







さて、体験ツアーの中身の方ですが…



冬の荒谷でおなじみ!!!





「うさぎ狩り」です。







まず行く前に支度をしなくてはいけません。
深い雪でズボズボとうまってしまいますからね汗









狩りの匠に指導いただきながら、
なんとか雪対策の「カンジキ」をみなさん装着OK
(足もとに付いているものです!)







行く前に狩りについての話をしていただき、

いよいよ出発ですびっくり











狩りの匠が目をこらして「うさぎ」を探します!

参加者は危険のない位置から、
じっと静かに見つめていました。。。










そして発見びっくりびっくりびっくり





さすが狩りの匠!!!

大成功ですキラキラ












自然の事なので、
天候も、見つけられるかも、
しだいびっくり

さすが狩りの匠!
運まで味方につけるんですね〜〜〜(笑)










採れたうさぎを持って記念撮影カメラ

この後、体験の1つとして、
うさぎをさばくのですが、
その様子はちょっとひかえさせていただきます…。







たくさん動いて楽しんだあとは…
お腹すきますよね〜…






そう、待ちに待った大交流会ですジョッキ












さばいて調理したうさぎはもちろん、
いのしし汁や、
荒谷シスターズが作ったこうじ漬けなどの
郷土料理がた〜くさん振る舞われました料理





メインのうさぎ料理ですが、
いろいろありまして…



うさぎまんま(ご飯)
肉じゃが
炭火焼
スペアリブ

などなど、いろんな料理となりました!



自然の恵みに感謝して、
全ておいしくいただきました料理








参加者は、
いろいろな料理となった”うさぎ”や”いのしし”を食べ、
きっと満足されたことでしょう笑い









お腹も満たされ、
地域の方とさらに親睦を深めた後は…










ロウソクに火を点けて、
幻想的な夜のかまくらを満喫しましたキラキラ






うさぎ狩りの他にも…

みんなで雪合戦をしたり、

雪の中で宝さがしたり音符

荒谷シスターズと昼食をつくったりして楽しみました〜びっくり

(お宝は、荒谷ならではのものでしたーキラキラ
 気になる方は、ぜひ来年参加してみてくださいウサギ








参加者の皆さまにとって、
思い出深い2日間となって頂けたら嬉しいです音符






最後に、

荒谷を支援している支援員から参加者のみなさまへ



ツアーに参加してしていただき、ありがとうございました。

命をいただく「狩り体験」と、雪国の「雪との関わり方」。

荒谷の冬の暮らしを感じていただけましたでしょうか?

荒谷では狩りの匠たちが毎週末、
雪山に入ってはうさぎやイノシシを捕まえ自らさばき食します。
大切なことは、それを余すことなくいただくこと。

雪は毎日積もって除雪は本当に辛く大変な作業ですが、
雪が降るからできる遊びや楽しみもあります。
(どぶろく作りや野菜の雪貯蔵、カンジキリレーや雪合戦など)

3mも積もった雪も春には融けてなくなり、
おいしい山菜が芽を出します。
そしておいしいお米や野菜を育てる楽しみも待っています。

地域の方はその地で暮らす喜びや楽しみ方を、
みんなが知っています。
きっとどこの田舎でも…。

荒谷には、暮らしを楽しむ知恵がたくさんあります!
ぜひ、冬以外の荒谷も体験していただきたいと思います。
また荒谷に遊びに来て下さいね音符

荒谷一同、皆さんの帰りをお待ちしておりますラブ






PS

荒谷若手が頑張ってブログをしております!

「はぁ〜とふる荒谷塾」

こちらもぜひご覧ください!!


雪かき道場in川口木沢 [2012年02月16日(Thu)]
また週末雪が降りそうですね…。
これが最後の寒波となるのでしょうか落ち込み
最後であってほしいです。。。



あまりの雪の多さに、
どこもかしこも高い雪壁&道が狭いびっくりびっくりびっくり
見通しが悪く、対向車とすれ違うのもやっとの所がたくさんあります汗


せっぴが落ちてきたり、
雪崩がおきないように排雪作業がいろんな所で始まりました力こぶ


我々サテライトの事務所がある
旧小学校のグラウンドも雪捨て場所となりました。


ホント
「これでもかーーー!」
と、言うほど雪がた〜くさんです雪


早く春になって鮮やかな緑を拝みたいものですクローバー












「雪かき道場in川口木沢」



2月11日、12日と長岡市川口木沢で雪かき道場が行われました!
参加者は全部で27名びっくり
木沢の雪の多さに驚いたことでしょう(-_-;)

だって、当日の木沢の積雪は3メートル70センチくらいですから…困った

みなさん、
TVで見るのと現実に雪壁の前に立つのとでは
全く違うんですよ〜びっくり






そんな雪初体験の方々、
まずは先生から雪についての安全講習ですメモ








こちらは何をしているかというと、
ロープワーク講習です電球

危険な箇所での除雪作業では、
命綱を付けての作業となるので、
命を守るために大切な講習ですびっくり


慣れた雪国の方でも
毎年屋根から落下してなくなる方が大勢います。
今年のような大雪の年はなおさら危険が増します汗
慣れた方にもぜひお勧めしたい講習ですびっくり









先生から色々な知識を教えってもらったら、
次は外に出て実践ですびっくり


まずは初級編の
スコップ&スノーダンプの使い方です。


先生が分かりやすくスコップでの
雪ほりのやり方を教えますびっくり










こちらはスノーダンプでのやり方です。










いよいよ中級編びっくり
地元の方のお宅の屋根の雪下ろしです電球

先ほど習ったロープワークを活かし、
ハーネスをつけて屋根に上がります家




足元に気をつけて雪を落としていきます。

屋根の雪を掘る人、
落とした雪を家の周りから運ぶ人に
分かれて作業を進めていきます電球

落とした雪は重たいので、
運ぶのが大変なんですよ汗


ちなみに、こちらのお宅は
完全に1階部分が雪でかくれてしまっています困った

隣の家の屋根もひどい状態ですよね…。


上級編では、
家庭用除雪機の使い方を教えるのですが、
今回上級編はしませんでした。












朝から講習、実践と慣れない作業をして
みなさんグッタリ…



そんな疲れた体には美味しいものが1番ですよね料理








夜は地元の方々と楽しい交流会ですジョッキ熱燗音符

実際雪ほりを体験してから、
地元の方と話すと盛り上がりますよね笑い







まだまだ雪のある生活が続きます…
皆さん気をつけて作業しましょうねびっくり




雪は大変なだけではありません電球

雪まつり等も楽しみながら、春を待ちましょうね〜音符
「あつまっか大熊×川口」交流会! [2012年02月13日(Mon)]
こんにちは!
今日の川口地域は、朝久しぶりに青空が見えてスカッと晴れやか
だったのですが…今は曇り空です!
でもそんなに寒くないですね〜


というので、先週2月6日に行われた
福島県大熊町から柏崎市に避難されている
「あつまっか大熊」のみなさんとの交流会の様子をお伝えします!


昨年の12月に「あつまっか大熊」の忘年会に
川口からそばやもち、しめなわなどを一緒につくろう〜
と、伺ったことがご縁で、
川口の元気印、平沢勝幸大将が
「今度は川口で交流だー!」と企画したのが今回の交流会ですw




バスが到着すると、「おッ〜、よく来たね〜!久しぶりぃ」という感じで
早速盛り上がっていました。

あつまっか大熊の方々16名と
川口地域からは、東川口・木沢・荒谷・
中山・田麦山・和南津などなど20名くらいのメンバーが参戦!
そして、ゲストとして


1.東日本大震災でわかめの養殖業の復興に取り組む
 岩手県石巻市北上町大指地域(おおざし)の「阿部勝太さん」
 の、わかめを持ってきてくれた東京の
 「NPO法人地域交流センター」の濱田さん


2.能登半島地震からの商店街復興に取り組む
 穴水町の「七海友也さん」
 (川口ではおなじみ!)


3.柏崎で歌手をされている「三咲あかりさん」



などみんなそれぞれの地域で復興に取り組む素敵なゲストと
大熊・川口のみなさんとで食事づくり&美味しい食事を楽しみました〜

ん〜ッ、でも昼食は、本当に本当に豪華で

・石巻市大指で震災後初めて収穫された
 わかめのしゃぶしゃぶ。ポン酢でさっぱり!
・穴水町の特産の岩ガキ(炭火焼)
 冬場は特においしいそうで、やっぱりうまかった!
・川口のそばネットの天ぷらそば
・荒谷集落のイノシシ汁、イノシシのスペアリブ
・震央米の入った石窯ピザ
・お母さんたちがにぎったおにぎり&お漬けもの&お惣菜

などなど、各地の逸品が勢ぞろい!
こんな美味しい交流会は初めてカモっ!
(これは、食のイベントとして企画してもイケるな〜
とおもいながら、ひたすらかきを焼いていました)


また、地域交流センターの濱田さんが持ってきてくれた
石巻の大指産(おおざし)のわかめ!
東日本大震災で大指の漁業は壊滅的な被害を受けたそうです。
そんな中で三陸産のわかめの養殖業に取り組む
阿部勝太さんは、三陸産わかめの復興に取り組む若手のリーダーです。
さっとお湯に通すと、茶色のわかめは
一瞬でグリーンにぃぃぃ!
わかめってこんなに歯ごたえがあってうまいんだぁ
と食べまくってしまいました。(ヘルシーだからイイよね!)

そして2月25日の雪洞火ぼたる祭には
阿部さんが、石巻からわかめを持って参加頂きます!
ぜひ阿部さんが育てた、大指産のわかめを食べて復興支援しましょう〜

阿部さんのブログです。ぜひ見て下さい
↓↓↓
http://ameblo.jp/oozashi/




美味しい昼食の後には、
三咲あかりさんの素敵な歌声が〜♪



そして、満を持してあのお方
「穴水の七海さん」が登場!
それもスカイプでネット通信。
(きずな館初のスカイプでの交流!)




七海さんと川口の中林さんの二人の
「かけあい漫才」はネットでも健在!
やっぱり生きてきた経験値が違うな〜と
おやじギャグを聞きながら思いました。
途中からは、長谷川支所長も混ざって大変!


そして、穴水町商店街の吉村会長も登場!
吉村会長といえばコレ!




(わかる人は分かりますよね!
ダチョウ倶楽部のおでんのコントみたいな
吉村会長のテッパンネタ)
大熊の人たちもこの笑顔!
みんながこれで穴水町を覚えます!

とっても気さくな穴水地域のみなさま
友情出演ありがとうございました〜!



また、大熊の方々へ川口地域の復興活動の取り組みを
参加した全員が紹介しました〜

豆だ会の小宮山豊彦さんと丸山秀夫さんからは
手づくりみそと塩こうじのプレゼントや
木沢のお母さんからは、震災の時の話や
木沢地域が一丸となって頑張っている
宿泊施設のやまぼうしの話など伝えていました〜





ピンクはやっぱり「みっこ色」
(みっこさんに怒られるかな〜w)



美味しいごはんと、楽しい話、素敵な歌声に
みんなの笑顔があふるとっても楽しい交流会でした!







最後に!
大熊のお母さんと帰りのバスに乗る前にこんな話をしました。
「たくさんの方から支えてもらって
今新潟にいるんだから新潟の生活をめいっぱい楽しまないとね!
あっちじゃこんな雪も見れないし、こうやってみんなと会えなかったし。またね〜」
と。

ぜひ一緒に楽しこと一杯?いっぱいやりましょう〜
川口地域の人たちの温かさと懐の深さはハンパないっすよ!
楽しみにしててください!
雪洞火ぼたる祭 [2012年02月10日(Fri)]
今シーズン1番の寒波…
今朝の除雪は大変でしたーーー悲しい
家から出て雪をどけようと思うのですが、
長靴の上までうまるのです汗

そして除雪車での除雪が追い付かず、
辺りは雪・雪・雪落ち込み

雪を出す場所もやっとでした〜困った

今は雪の降りも落ち着いています。。。
大雪終わったのかな…?

大雪が終わっても危険はいっぱいですびっくり
みなさん気をつけましょうね注意




「雪洞火ぼたる祭」




今年もこの時期がやってまいりました雪
火ぼたる祭です音符

昨年は晴れてとっても気持ちのいい1日となりました太陽
今年もいい天気になるといいですね〜笑い



昨年の様子ですが…








こんなにたくさん出店しましたウインク

美味しそうなものがた〜くさん料理
どれを食べるか悩んじゃいますねー音符
いい匂いがするし全部食べたくなっちゃうな〜ブタ













そしてこれ…
ビックリですよね困った

本物のくまさんですびっくり

猟友会の方が持ってきたのですが、
近くに熊がいるってことですもんね〜〜〜。

気をつけよっと。。。












火ぼたる祭名物びっくり

「えちごかわぐち雪積み合戦VS

子どもの部と、大人の部があり、
毎年本気の熱い戦いが繰り広げられていますびっくり

どんどん高くなる雪の塔…

トップだったチームの塔が崩れた…(-"-)

なんてハプニングが毎年おこります困った

最後まで気が抜けない熱い戦いは必見ですキラキラ















熱い戦いも終り、
徐々に陽が落ちてくると、
幻想的な風景に変わりますラブ

たくさんのローソクが灯され
とってもキレイですよキラキラ











最後は雪上での花火です花火

こちらも真っ白な雪と、
鮮やかな花火がセットで、
とてもキレイですキラキラ







みなさん、
ぜひ足を運んでみてください笑顔




詳細ですが…




開催日   2012.2.25(土曜日)
      
時 間   12:00〜17:30

場 所   長岡市川口中山 川口運動公園 多目的広場

内 容

◎ 地元名産うまいもの屋台 12:00〜

◎ 雪上レクリエーション 12:00〜
 ・ ジャンボ滑り台
 ・ 宝さがし 第1回12:00〜 第2回13:30〜 第3回15:30〜

◎えちごかわぐち雪積み合戦13:00〜

 ※ 5人1組でチャレンジする競技。
  制限時間内に誰よりも雪を高く積み上げたチームが勝利。
  優勝賞金5万円目指して、いざ勝負!
  白熱した戦いをぜひ会場でお楽しみください。
  2月13日(月)まで申込み期限延長! 応募お待ちしています。



   ◆応募・問合せ先 えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭実行委員会事務局
    (川口支所産業建設課 TEL0258-89-3113 FAX0258-89-2110)
   ☆メールでも応募できます → kwg-sangyo@city.nagaoka.lg.jp

◎幻想雪灯り 16:00〜

◎東日本大震災復興支援
 キャンドル大抽選会 18:00〜

  ※ 抽選券は、義援金付き雪灯り用キャンドル5本(1本60円)購入で1枚、
  または当日会場内でメッセージキャンドル1本(1本100円)購入で1枚もらえます。
  購入していただいたキャンドルの売上げ1本につき10円が、
  東日本大震災復興支援として寄付されます。



◎雪上大花火 19:30〜

 ※イベント内容は現時点のものです。天候等の影響により、
  内容、時間が変更となる場合があります。



◎会場設営ボランティア募集しております!

 ☆メールでも申込できます
 → kwg-sangyo@city.nagaoka.lg.jp
  問合せ・申込:えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭実行委員会事務局
 рO258−89−3113(長岡市川口支所産業建設課)

 締切日:平成24年2月10日(金)


◎雪灯りづくり体験者募集

 日 時: 平成24年2月25日(土) 13時集合
 集合場所: 川口運動公園多目的広場 祭本部テント前
 作業内容: 会場内の雪灯りづくり、ロウソクの点灯
 そ の 他: 会場はとても寒いので暖かく、作業のや
 りやすい格好でお越しください。
 もちろん当日の参加もOKです!
 (人数を把握するため、事前に申込をお願いしています。)
  ※当日参加もOKですが昼食券をプレゼントできない場合がありますので、
  事前応募をお勧めします。

 ☆メールでも申込できます→ kwg-sangyo@city.nagaoka.lg.jp
 問合せ・申込: えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭実行委員会事務局
 рO258−89−3113(長岡市川口支所産業建設課)

 締切日:平成24年2月10日(金)


◎シャトルバス

 会場周辺の駐車場は限りがありますので、
 川口支所・会場間のシャトルバスをご利用ください!






今シーズン1番… [2012年02月09日(Thu)]
皆さま…
昨日からの川口は今シーズン1番の大雪となっております困った

短時間に降っている雪の量は、
明らかにクリスマス寒波や前回の寒波より
多いように感じます汗




先日までの温かい陽気で
だいぶ融けた雪も…


現在はまたこんなに積もってます落ち込み







昨日の朝方から降りだしました雪








朝、駐車してから、
もうこんなに積もっています汗








この前の雨でだいぶ融けたはずの雪が
またこんなにたくさんになってしまいました悲しい








窓から撮ったのですが、
向こうに見える家が屋根しか見えません困った








グラウンドに出るドアも、
これじゃあ開きません(-"-)





昨日は大雪の影響で
国道も事故でストップ汗

今日もかなりの雪ですびっくり

細心の注意をはらって運転しましょう注意

渋滞になる事も予想されます。
焦らず、慎重に帰宅しましょうねびっくり

除雪をされる方も気をつけて作業してください注意



早く雪がやみますようにクローバー





昨日の出来事 [2012年02月08日(Wed)]
昨日、2月7日といえば…
皆さんご存じの

「煮菜(にな)の日」


ですよね〜。
って、知らない??


ご存じない方に新潟日報ではこんな感じで紹介されていましたヨ!



(デカ!そして見ずらい?)


中越地域の郷土料理。郷土食!

「煮菜」

長岡中央青果の方々のこんなご苦労があったとは…
そして山古志から体菜の普及活動が行われていたんですね〜


ちなみに川口地域の煮菜は、体菜を使う方もいれば
野沢菜や味美菜(あじみな)を使う方など
家庭によってさまざまです!

みーんな、大鍋でつくっては
ご飯のおかずやお酒のおつまみ、お茶うけに
食べられています!


というので、川口地域ではおなじみの
「多世代交流館になニーナ」主催で行われた
「煮菜の日」に、
よらん会(あぐり里で大人気の惣菜を作ってます)
はぁ〜とふる荒谷塾のお母さんたちが参加してきました〜





会場には、お子さん連れのお母さんからご年配の方まで
100人近い人たちが来られ
入りきれない人たちもいたほどの大盛況ぶり!
こんなに煮菜に関心がある方が多いとは〜
地域の郷土食ってやっぱり大切ですね!


それで、川口からは
はぁ〜とふる荒谷塾のお母さんたちが(通称荒谷シスターズ)
煮菜の作り方を実演!してきました。
巨大なスクリーンに作っている様子は映され
参加された皆さんは真剣に煮菜の作り方をみていました。

その様子は、はぁ〜とふる荒谷塾のHPで紹介しています!
よろしければこちらも御覧になって下さい
↓↓↓
http://kawaguchi-araya.com/?cat=0


また、よらん会は来場者の方の試食用に
煮菜をもって行きました〜
そして煮菜の日というからには、
これでもかッ!

と言わんばかりの
中越地域のお母さんたちが作った
煮菜が並びました。
栃尾・小国・小千谷・見附・長岡市内などなど。





不運にもになニーナの馬場さんに感想求められた(笑)
長岡に嫁がれたお姉さんは、
「長岡の郷土の味をしれました〜
どの地域もいろんな味があって美味しかったです!
自宅でも作ってみたいです」
と、煮菜はとっても好評だったようでした!


地域毎にどの煮菜も具材や調味料が違って
みんな味が違うのがまた面白いんですよね〜

になニーナが進める多世代交流はこうやって
郷土食の煮菜で、たくさんの人たちがつながっていくんですね〜
いい活動ですね!

ちなみに、会場にこられた方で
2世帯同居をされている方からは
「お母さんとおばあちゃんで煮菜の味が違うよ」
なんてこともあるそうです。


昨日はかなりたくさんの煮菜を食べましたが
煮菜だからまぁいいかな?








おまけ、
煮菜の試食が終わった後の地域の物産販売timeでは
戦争の様な買い物合戦が行われていました。
各地域のお母さんたちがつくるお惣菜や野菜などは大好評でした!


ヒトヒトヒト、女性のパワーには圧倒されます





小国の支援員の片岡さん一家も来てました〜
家族はイイですね〜
竹田かんじきウィーク開催決定! [2012年02月08日(Wed)]
おはようございますびっくり

昨日は温かく雨だったため、落雪、なだれ等
起きやすくなっていました。
今日はまた雪の1日のようです困った

雪が緩んでいる場所もあるうえにこの雪ですので
皆さん、車の運転や出歩くときなど
気をつけて下さいびっくり


今年もこの季節になりましたびっくり


「竹田かんじきウォーク2012」開催決定びっくり


竹田元気づくり会議主催で行っているかんじきウォーク。
今年で4回目となりました。

川口地域で1番小さな集落ですが活動は
どの集落より負けていませんびっくり

ぜひこの竹田集落へお越しくださいびっくり


開催日     3月4日(日)

会 場      新潟県長岡市川口中山1964
          竹田集会所

時 間      8:30〜13:30
          受 付  8:30〜   開会式  9:00

参加費     大人 2,000円   小人 1,000円(中学生以下)
          ※ガイド、昼食、保険、かんじき貸出費用が含まれています

参加資格    小学生以上・・・小学生は保護者同伴での参加になります

募集定員    先着20名   大勢の方の参加をお待ちしております

申込方法    電話、メールにて「住所・氏名(ふりがな)・電話番号」を記入のうえ
          お知らせください

内 容      ・竹田集会所からキノコの展望台までかんじきを履いてウォーク
           コースは全長約5q
          ・キノコの展望台で素晴らしい景色を観賞
          ・地元の方による動植物のガイド
          ・きずな館にて休憩
          ・疲れた体に竹田産コシヒカリのおにぎりや、地元母ちゃん手作りの
           あったかお汁に舌鼓

その他      ・雨天決行
           (ただし、悪天候により内容の一部が変更になる場合あり)
          ・参加申込いただいた個人情報は本ウォークのみに用い、
           他の目的には一切使用いたしません


※ 不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください!



主 催   地域づくり団体「竹田元気づくり会議」

共 催   (財)山の暮らし再生機構川口サテライト



申込・問い合わせ

新潟県長岡市川口牛ヶ島424−1
(財)山の暮らし再生機構川口サテライト   担当 中林
TEL 0258−89−2990
mail     michiyasu_nakabayashi@yamanokurashi.jp

電話でのお問い合わせは平日 8:30〜17:30
メールでのお問い合わせは24時間受け付け



なお募集は2月24日(金)まで行う予定です
(定員になり次第、募集・受付は終了させていただきます)





皆さんの申込お待ちしていますびっくり




牡鹿半島を支援する会 [2012年02月06日(Mon)]
先週の大雪・吹雪は凄かったですね困った
とりあえず雪も落ち着き良かったですびっくり



が、かなり気温が上がっているようで
各所で雪が融けだしています雪


雪崩や雪壁の崩落に巻き込まれないよう十分注意しましょうね注意





「牡鹿半島を支援する会」




震災からもうじき11か月…
今だに震災当時の風景が残ったままですね。

そんな景色を見てまた涙がでてきます。

でもみなさん一生懸命復興に向けて頑張っています。

そんな頑張っている被災者のみなさんを

震災直後から応援している方たくさんがいます。




その1人に、
私たち川口地域とつながりのある

石見喜三郎さんがいます。




石見さんは中越地震の時に
10日間ほどボランティア作業に参加してくださいました。

川口との付き合いはその時から始まりました。


そして昨年の東日本大震災…。

石見さんは、
「何か支援しなければ!」と考え
4、5月に宮城県石巻市などに泥さらいのボランティアに行きました。

そこで、
「牡鹿半島の被害がひどい」と聞いたそうです。

石見さんは、6月に現地を初めて訪れました。

リアス式海岸沿いの浜は
カキやワカメ、ホタテ、ホヤの養殖が盛んなところだったそうです。
しかし、津波で養殖イカダや漁船、住宅のほとんどが流されてしまいました。


「1人ではどうにもならない…」

と、感じた石見さんは仲間たちに声をかけ、

「支援する会」を結成しました。



それからは、

小渕浜の漁師に防寒用マフラーを届けたり、
各所で募金活動をしたり、
ボランティア仲間の方と可愛いぬいぐるみを保育所へ贈呈、
学用品などを大原小学校へ贈呈したり…
と、様々な活動をしてきたそうです。


そして昨年末単なる物資ではなく
「お歳暮」として贈ろうと思い、
中越地震の震源地、川口の農家からお米を協力いただき、
その他の地域から安く提供してもらった野菜や餅などと一緒に被災者へ届けました!



その後も支援は続き、
漁師のお手伝いをされてきたそうです。


そして今回われわれのもとへ
ボランティアの案内が届きました。




以下は、石見さんから届いた案内です。



「牡鹿半島へボランティアに行きませんか」



お願いの趣旨


牡鹿半島の小渕浜地区はワカメや牡蠣養殖の盛んな漁村です。
昨年の3.11にその設備や船を全て流失しました。
全てを失った中、昨年の10月下旬に種付けをしたワカメの収穫が
3月から始まります。
その作業の支援依頼が現地の猟師からあります。
ご判断に必要な情報を下記に列記します。
お手伝いしていただける方は石見まで携帯かメールでご連絡くださいませ。
私は2/25〜4/26まで、受入調整のため現地に滞在します。

                  

                  


ボランティア先 : 宮城県漁連・表浜支所・石巻小渕浜の漁師

作業内容 : ワカメの収穫の手伝い(作業小屋での作業)
         a.メカブソギ(メカブを茎から切り剥す)
         b.塩蔵ワカメを箱に入れる
         c.それらに付随する雑用

期間 : 2012.3.1〜4.30(2ヶ月間、ワカメの収穫はこの期間で終了)


連絡先 : 牡鹿半島を支援する会 現地支援担当 石見喜三郎

       TEL/FAX : 042-537-3238
       携帯 : 090-9104-0928
       e-mail : k6.iwami@agate.plala.or.jp





詳細は、石見さんまでご連絡ください。








川口雪状況 [2012年02月03日(Fri)]
全国的な(世界的にも)大寒波になってますね…困った
各地で事故が多発しています汗


除雪作業中・車の運転・歩行中の転倒…などなど
様々な危険があるので気をつけましょう注意

渋滞にはまった際も、
大雪で排気口がふさがらぬよう注意しましょうね注意







川口周辺の道路は、
優れた除雪マンのおかげで
いつもキレイに除雪されていますキラキラ

長年、豪雪地帯で除雪作業をしてきた方々のおかげですね笑い




ですが、さすがに今朝はたくさん降ったせいで
道路の状況が悪かったです汗








川口サテライトの玄関からの様子ですが…














(階段も雪壁ができてしまいました困った







雪です落ち込み


向こうの景色が全く見えません。。。









窓から見た様子です…

一応階段を3〜4段上がった位置から撮っています汗









体育館も1度雪をどけたのですが、
もう窓までとどきそうです落ち込み





今は天気も良くなり
だいぶ暖かくなってきましたびっくり



天気が良くなり
屋根に上がり雪ほりをする方も
大勢いるかと思いますが
気を付けて作業してくださいね!


気温が上がり雪崩や雪壁が崩れてくることも
あるかと思いますびっくり

十分注意しましょう注意
新春もちつき大会 [2012年02月01日(Wed)]
連日、豪雪豪雪とニュースになっておりますが、
皆さん事故なくお過ごしでしょうか!?

運転・除雪作業中の事故に遭わぬよう気をつけましょうね注意






「新春もちつき大会」




先週、になニーナ主催の「新春もちつき大会」が行われました力こぶ

今回も「川口木沢集落 フレンドシップ木沢」の皆さんが協力笑い






木沢のもちつきは3人で行います力こぶ

初めて見るその迫力に、
大人も子どもも「お〜〜〜!」と声をあげていましたびっくり


(この日は3回つきましたびっくりびっくり










もちつきが体験できるという事で
子どもたちは大喜び音符


フレンドシップのメンバーも
自然とにこにこ笑顔でしたまる








もちがビヨーンとついてくるので
それがたまらないようです(笑)








お母さんたちも
大根おろしをたくさんすったり、
あんこを作ったりと大忙し汗

参加者がたくさんだったので
餅をちぎるのも大忙し汗








大忙しだったけど
餅を食べた参加者からは笑顔が笑い

みんなとってもいい笑顔でした音符






もちつき終了後、
帰ろうとした子どもが木沢のお父さんに

「ありがとうラブ

と、大きな声で言っていましたハート

フレンドシップのメンバーも参加者も
みんな笑顔で素敵な1日でしたキラキラ