CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

町田せせらぎフラワー通り (11/08)
ツツジが満開 (05/16)
胡蝶蘭の花が咲きそろいました (03/27)
冬眠からの目覚め (03/27)
あけましておめでとうございます (01/22) 山陽ウィール・チェアー 空です
中秋の名月 (10/25)
この暑さに負けず (08/05) 井上孝子
春のほのぼの三人展 (03/30)
故郷の味 [2020年09月24日(Thu)]
画像1.jpg

何年ぶりだろう、
これぞ故郷の味という「アイスクリン」を口にした。

「まあ、これを一変、口にしてみいや、こじゃんと土佐の高知の夏の味がわかるぜよ。
ほんまに、むつこうのうて、あっさりじゃけんど、暑い時にゃ、すっきりするぜよ。」

久しいぶりに、忘れかけた土佐弁で話したくなりました。

高知のアイスクリンは、
「高知の「1×1=1」アイスクリン、そのパラソルは昔から有名な大正10年からの歴史と伝統のあるアイスの目印で、今では高知名物の一つとなりました。
材料は、砂糖・卵・脱脂粉乳・バナナ香料で脂肪分が3%以下と氷菓子の仲間ですが、
「シャーベット」ではありません。
アイスクリームとシャーベットの中間で、独特の舌触りと食感で皆に好まれる味なのです」
この様に言われています。

夏に帰ると、ロードサイドのあちこちに、「1×1=1」と書かれたパラソルが建てられており、ここで、アイスクリンが売られています。
海沿いを走っている時に、このパラソルを見かけると、ついつい止まり、買って食べますね。
このアイスクリン食べながら、太平洋を眺めていると、溜まっていたストレスも、すっ飛んでしまいます。

今回のアイスクリンは、コロナ禍で買い物に出るのを控え、注文した食材や日用品を宅配してくれる「生協ひろしま」で、かみさんが買ってくれた品物です。

高知出身の私の事を思ってくれて注文してくれたようです。

かみさんの心遣いに、

感謝( ^ω^)・・・感謝です。



Posted by 森 勝利 at 16:34
プロフィール

森 勝利さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/katu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/katu/index2_0.xml