CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

町田せせらぎフラワー通り (11/08)
ツツジが満開 (05/16)
胡蝶蘭の花が咲きそろいました (03/27)
冬眠からの目覚め (03/27)
あけましておめでとうございます (01/22) 山陽ウィール・チェアー 空です
中秋の名月 (10/25)
この暑さに負けず (08/05) 井上孝子
春のほのぼの三人展 (03/30)
故郷の味 [2020年09月24日(Thu)]
画像1.jpg

何年ぶりだろう、
これぞ故郷の味という「アイスクリン」を口にした。

「まあ、これを一変、口にしてみいや、こじゃんと土佐の高知の夏の味がわかるぜよ。
ほんまに、むつこうのうて、あっさりじゃけんど、暑い時にゃ、すっきりするぜよ。」

久しいぶりに、忘れかけた土佐弁で話したくなりました。

高知のアイスクリンは、
「高知の「1×1=1」アイスクリン、そのパラソルは昔から有名な大正10年からの歴史と伝統のあるアイスの目印で、今では高知名物の一つとなりました。
材料は、砂糖・卵・脱脂粉乳・バナナ香料で脂肪分が3%以下と氷菓子の仲間ですが、
「シャーベット」ではありません。
アイスクリームとシャーベットの中間で、独特の舌触りと食感で皆に好まれる味なのです」
この様に言われています。

夏に帰ると、ロードサイドのあちこちに、「1×1=1」と書かれたパラソルが建てられており、ここで、アイスクリンが売られています。
海沿いを走っている時に、このパラソルを見かけると、ついつい止まり、買って食べますね。
このアイスクリン食べながら、太平洋を眺めていると、溜まっていたストレスも、すっ飛んでしまいます。

今回のアイスクリンは、コロナ禍で買い物に出るのを控え、注文した食材や日用品を宅配してくれる「生協ひろしま」で、かみさんが買ってくれた品物です。

高知出身の私の事を思ってくれて注文してくれたようです。

かみさんの心遣いに、

感謝( ^ω^)・・・感謝です。



Posted by 森 勝利 at 16:34
ドライブスルーで [2020年04月21日(Tue)]
画像10.jpg

外出自粛要請を受けて、この一週間は立てこもり状態で、室内でのトレーニングは続けているものの、外の空気が据えないストレスが溜まってきたようで、イライラ気分が募ってきた感じがして、
ドライブに出かけてみました。

画像9.jpg

画像11.jpg

音戸の瀬戸公園のツツジですが、車の窓も開けずにとったら、露出不足になってしまいました。

久し振りに外の空気を吸うために、走行中窓を開けて走り
外の空気が吸えたおかげで、気分が落ち着いています。

音戸のツツジは、満開までには何日かかかりそうでした。

一日も早いコロナの終息を待つばかりです。






Posted by 森 勝利 at 15:05
広島県知事の外出自粛要請を受けて [2020年04月13日(Mon)]
最近天気の良い日は、外でマラソンのトレーニングをしているのですが、
知事の外出自粛要請を受けて、土日は家で色々と片づけをしていました。日曜日は雨という事もありましたが。
懐かしい資料が出てきました。

54歳からの挑戦記録です揺れるハート わーい(嬉しい顔)

画像45.jpg

画像46.jpg

画像48.jpg

画像49.jpg

我が故郷土佐の高知で開催された、トライアスロンです。
我々車いすは、スイムトランの バイアスロンです。

スイム 0.5キロ ラン 20キロ のレースです。

土佐湾(桂浜の直ぐ近くです)に出来た港の中とは言え、沖は太平洋ですから、波は結構ありますよ。

画像47.jpg

この大会から、6年続いたと思いますが、連続出場しました。

画像43.jpg

画像44.jpg

パンフレットにも載せてもらいました。
救助されているように見えますが、これは、スイムを終えて波打ち際からレーサーのおいてある、トランジットまで運んでもらっているところです。

この介助をしていただいたのがきっかけで、その後左側の男性とは長い間年賀状のやり取りもしていました。

この後 20キロのランが待ち受けているのです。

画像42.jpg

この画面で先頭にいるのが私です、

画像41.jpg

毎回、高知新聞でも大きく取り上げられていました。

これをきっかけに、色々な出会いがありました。
小学、中学の同級生も応援に来てくれるようになり、その後は同窓会の案内を受けて、毎年楽しいお酒を酌み交わすようにもなっていました。

54歳から59歳まで連続出場した思い出の多い、故郷での大会でした。




Posted by 森 勝利 at 15:31
大分国際車いすマラソンの記録証が届きました [2019年12月01日(Sun)]
画像64.jpg

3年ぶりに手にする記録証

あらためて、この一枚の重さをかみしめています

何か所もある登り坂の沿道で、もう少しだ頑張れと大勢の方たちの声援に押されて、頑張り続けたレースが思い出されます

大分の皆さんの応援にも大きな力をいただいてきたこのレース
第4回に初参加して、今までアクシデントで3回の欠場があれましたが
今回33回目の出場を完走で終れたことに

応援をしてくださった多くの皆さん方に、

ただただ感謝するばかりです 揺れるハート  黒ハート

レースの疲れが取れるのに1週間ほどかかりましたが、歳のせいでしょうね もうやだ〜(悲しい顔) 
とほほ( ^ω^)・・・ふらふら

ぼつぼつ来年のレースに向けてトレーニングを開始

画像54.jpg

画像56.jpg

画像57.jpg

このサギたちはレースのスタート地点の横にある城址公園のお堀で小魚たちを狙っている鳥たちです
狙われる小魚たちは、たまったもんではないと思います、何とか生き延びて欲しいし
サギたちも命を繫いでほしいし
複雑な気分になりますが、
この風景を見るためにも、是が非でも来年のレースに出たいものです。





Posted by 森 勝利 at 14:58
3年ぶり大分国際車いすマラソン完走 [2019年11月20日(Wed)]
画像52.jpg

3年ぶりに出場するこのレース
エントリーの受付に行くときに目にする看板( ^ω^)・・・
やっと来ることができたのだと、感慨ひとしお 揺れるハート

思い起こせば、2年半前に肩を痛め、ベッドから車いすに一人で移動することもできなくなり、奈落の底に落ちた気分になって落ち込んだ時期でした。

整形外科に行き診察をしてもらうと、50肩だろうという事、ヒアルロン酸とかいう治療薬を、何回か、肩関節に注入してもらったが、痛みは取れず、医者の言うのには、日にちが過ぎて徐々に痛みが無くなるのを待つしかないとのこと。

車いすマラソンに復帰するのは夢のまた夢かと、あきらめかけていた時

たまたまであったのが、広の古新開にある

夫婦鍼灸院の先生でした exclamation&question

その先生に、針治療・マッサージ・電気治療をしていただき、治療を初めて半年ぐらいだったかな、マラソン用の車いすにも乗れるようになり、軽いトレーニングもできるように回復しました。

この頃ですねー、30年続けてきた大分国際車いすマラソンに復帰できる夢がわいてきたのは、
他人さまからは、大げさすぎると言われるかもしれませんが
人生これからも夢をもって生きていけると確信できました。

こんな矢先、昨年は、西日本豪雨災害の被害に遭い、大会参加申し込みをしていたにもかかわらず体調を崩し無念の参加取り消しをしてしまいました。

あれやこれやと、不運続きでしたが、その後も、夫婦鍼灸院の先生に治療を続けていただき、
精神的なサポート、トレーニング方法のサポート(テーピング方法)などの助言を受けながら、トレーニングを続けることができ、今年のレース出場にこぎつけることができました。

実際にスタート地点に立つまでは不安がありましたが、
スタートの号砲を聞いた途端、不安も吹っ飛び途中肩の痛みも感じずにゴールすることができました。

レース参加前には、ハーフのタイムリミット、2時間以内に何とかゴールできれば、万々歳だと思って、レースに臨みましたが、

結果は、1時間31分52秒

過去のタイムと比較すれば、満足できるタイムではありませんが、レース途中タイムオーバーで収容車に拾われるかもしれないという不安があっただけに、このタイムは上出来だと、満足しているところです。

この好結果で、レースを終えることができたのは、何といっても

夫婦鍼灸院の先生のおかげです
黒ハート
感謝、感謝の心でいっぱいです 揺れるハート

当年77歳これからも車いすマラソンを生きがいに、トレーニングを続けて生きます、
これからも夫婦鍼灸院の先生お力を頼りにしています。

因みに、今年大分国際車いすマラソンハーフの部、完走者では最年長となっています。

先生、本当にありがとうございます ハートたち(複数ハート)






Posted by 森 勝利 at 15:42
ヒアリでは ? [2017年09月12日(Tue)]
画像483.jpg

びっくりしました がく〜(落胆した顔)

9月9日、マラソンの練習に阿賀マリのに行って車から降りると、目の前に今まで見たこともない蟻の集団がいるではないですか・・・・

最近話題になっている、ヒアリによく似た集団を見て、びっくり!!!

まずは、退治しておかなくてはと、噛まれないでつぶすには、と
チィッシュを重ねてつぶし、一匹だけはお尻の部分を潰して、ビニール袋に入れて持ち帰り。

すぐに、保健所にもっていこうと思ったが、土曜日だったので、月曜日まで待つことに

11日広の市民センター保健所に持っていきました。
親切に素早い対応をしていただき、本庁の環境管理課だったですか連絡してくださり、すぐに現物を送って鑑定してくださいました。

結果は、ヒアリではなく、日本在来の大型何とか蟻の女王蟻だという事をその日のうちに連絡していただきました。

呉市の素早い対応にも感謝

最近、呉市の各地から同じ種類の蟻の問い合わせが続いているようです。

ヒアリでなくて、まずは、一安心。
Posted by 森 勝利 at 16:50
久し振りのドロメ [2017年06月24日(Sat)]
画像449.jpg

久々に我が故郷、土佐の高知のドロメを味わいました。

広島では、生シラスですね。

フレスタ広店鮮魚コーナーで「生シラス」の看板を見つけ
高知の味が、味わえる、と買い物かごに、浮き浮き気分で入れました。

急いで帰って、食事前ではあったのですが、まずは一口、と
味ぽんでいただきました。

食感は、高知のピチピチ感とは少し違って、ちょっと柔らかいかなと思いますが
それでも新鮮な食感は、さすがです。

高知の桂浜の景色を思い出しながら、おいしくいただきました。

今年の、フレスタ広店では漁のある日は仕入れると言っていました。
当日朝とれたシラスを昼過ぎ、(15時頃かなと思います)店頭に並べると言っておられました。

今年は、ドロメを食べる楽しみができました。

フレスタ広店広店さんありがとうございます。
Posted by 森 勝利 at 15:52
こんな所にイノシシが [2017年05月22日(Mon)]
5月21日(日)朝早くから50メートルちょっと離れた畑で
イノシシが罠にかかった、と言って騒いでいた。

画像402.jpg

画像401.jpg

以前から、夜な夜なイノシシが畑を荒らすと言う話は、よく聞いていたけれど、見たことも、出会ったこともなかったので、
私の中では、真実味が少なかった。

しかしながら、こうして目の前にすると
本当に、このような家の近くまで来ていたのだなと、

びっくり仰天です。
がく〜(落胆した顔) フリーダイヤル

呉市広町田 朝の一コマでした。

Posted by 森 勝利 at 14:24
レモンを頂きました [2017年03月02日(Thu)]
画像327.jpg

呉のポートピアでボランティア活動活動もされている方から珍しいレモンを頂きました。

天応の段々畑で精魂込めて栽培されているということです。

画像328.jpg

画像326.jpg

完全無農薬有機栽培とのことです。

肌艶はいいし、みずみずしくて、すぐにでもかぶりつきたい感じです。

商標登録もされたとのことで、もしかしたら、呉のどこかのお店で目にかかることがあるかもしれません。

今夜、早速何かの料理に使ってもらおうと思います。

どんなに爽やかな味がするのか楽しみです わーい(嬉しい顔) ー(長音記号2)
Posted by 森 勝利 at 16:16
国際車いすマラソン完走 [2016年11月07日(Mon)]
完走はしたものの モバQ モバQ
大分国際車いすマラソンから、一週間以上たちました。
体がやっと元に戻った感じです。

年を取ると回復力が落ちますね( ^ω^)・・・

画像220.jpg

今年は、トレーニング ひと工夫、若い人たちの、ビデオを見て、ハンドリムのこぎ方も改善、

これなら、昨年よりは、10分は短縮できると、自分の胸の中では、期待をして意気揚々と、
レースに臨みました。

そのかいあってか、スタートは上々・・・ これならいけると
1〜2キロは思った以上のスピードで通過。

ところが、その先に闇が待っていました。

腕がだるくなる、重くなる、
なんということだ・・・・汗は出てくる。
15キロ地点までは、地獄のロードでした。

15キロ過ぎから、風が後を押してくれるようになり、元気復活。
何とかゴールにたどり着きました。

記録を見てみると昨年は
順位 タイム ゼッケン
70  1:13:31  401  海野 剛  40  静岡県
71  1:14:25  327  原 雅弘  63  高知県
72  1:14:44  415  中神 康浩  55  熊本県
73  1:15:31  409  森 勝利  73  広島県
今年は
87  1:18:32  389  大城 盛昭  61 沖縄県
88  1:19:39  420  津崎 裕之  48 熊本県
89  1:19:42  358  前野 耕一郎 48 高知県
90  1:19:50  400  森 勝利  74 広島県
と 20人近くも 遅くなっているし、タイムも4分以上も遅くなっている。

悲しいレースになってしまいました。

メンタル的にもやっと立ち直りつつあります。

マラソンをやめたときが、人生の終わりと思っています。

来年に向けて、一から出直します。












Posted by 森 勝利 at 15:57
| 次へ
プロフィール

森 勝利さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/katu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/katu/index2_0.xml