CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

町田せせらぎフラワー通り (11/08)
ツツジが満開 (05/16)
胡蝶蘭の花が咲きそろいました (03/27)
冬眠からの目覚め (03/27)
あけましておめでとうございます (01/22) 山陽ウィール・チェアー 空です
中秋の名月 (10/25)
この暑さに負けず (08/05) 井上孝子
春のほのぼの三人展 (03/30)
来年の干支「亥」 [2018年12月19日(Wed)]
画像802.jpg

竹細工を習い始めて最初に作ったのが「子」ネズミさんでした。
今年作ったのが、イノシシ、
考えてみると、干支で言うと一回り、12年になりました。

今回のイノシシには、今までで一番苦労しました。
何度試作しても、なかなか形にならず、お手上げ状態でしたが、

画像786.jpg

画像794.jpg

何とかイノシシに見えると、無理やり自分で思うようにして、作品としました。

今年を振り返ってみると

今年の漢字一文字であらわされた「災」が、私自身にも、ぴったり当てはまる一年であったような気がします。

来年は、この竹細工のイノシシを飾って、良い年になるよう、猪突猛進、努力したいと思います。
Posted by 森 勝利 at 16:08
来年の干支作り [2017年12月15日(Fri)]
来年の干支は「いぬ」ですね
漢字を見ると「戌」となっています、馴染みのない字ですね ドコモ提供

画像568.jpg

ほんの少しだけ、並びを変えてみると

画像567.jpg

並べ方で、色々楽しめそうです

画像547.jpg

画像561.jpg

竹細工を初めて、11年になりますね

思い返してみると、江田島の江口先生に教えていただいて、最初に作った干支の竹細工が
「子」でした。
あと一つ、干支の「亥」を作れば、一回りします。

私の一番苦手な寒い時期、しかも今年一番の寒気が降りてきているこの何日かです。
体調を崩さないように、気を引き締めてトレーニングも頑張ります。

サンルームでは、シャコバサボテンが花をつけてくれています

画像569.jpg




Posted by 森 勝利 at 15:15
来年の干支づくり [2016年12月04日(Sun)]
画像231.jpg


竹細工を初めて10年。
竹細工教室で教えていただいて、最初に作ったのが干支の子でした。
出来不出来はあるものの、私の作る、竹細工を楽しみにしてくれる方もいるので、
この時期になると、ナイフとノミを研いで作業に取り掛かります。



画像232.jpg

画像235.jpg

今年の作品に、どのような反応をしていただけるか、楽しみでもあり不安でもあります。

まずは、作品完成です。




Posted by 森 勝利 at 15:49
久しぶりの竹細工 [2015年02月18日(Wed)]
DSCF0801.JPG

以前に展示していた作品のリニュアールと制作途中の部品の組み立てをしてみました。

今回は開花前のシンビジュウムの合間に置いて撮ってみました。
蝶の雰囲気が少しは感じられるでしょうか。

DSCF0800.JPG

DSCF0803.JPG

DSCF0802.JPG

置き場所によって同じ作品でも、全然違って見えることを発見しました。

次の作品と見比べてみてください。

DSCF0796.JPG

DSCF0797.JPG

Posted by 森 勝利 at 16:11
久々、竹細工で干支の未(ひつじ)作り [2014年12月22日(Mon)]
久しぶりの、竹細工です
DSCF0730.JPG

来年の干支、「未」づくりに挑戦してみました
DSCF0729.JPG

DSCF0731.JPG

DSCF0733.JPG

何とか羊に見える作品になったと思います

すでに、2頭は、嫁入りというのか、婿入りというのか、嫁いでいきました。

ネットでひつじ年の由来を検索してみると

(群れをなす羊は、家族の安泰を示しいつまでも平和に暮らす事を意味しています。
 また、穏やかで人情に厚い、「未」は成長途上の植物の意
 子から始まり亥に至る植物の発達段階を十二段に分けて表したもので、未はまだ熟しきらない 成長途上の植物を表している。
 つまり未熟の未という意味である)

と出ていました

私自身、70歳は過ぎていますが、まだまだ成長できる分野を探して、努力していきたいと思います。
世の中は、平和で安泰を保ちつつ、経済面ではさらなる発展をして、誰もが安心して暮らせる
年になってほしいと願うところです。









Posted by 森 勝利 at 16:23
春のほのぼの三人展準備完了 [2013年04月05日(Fri)]
念願の三人展示会が6日・7日になりました。

DSCF0023.JPG

広町のギャラリーをお借りしての展示会です。


DSCF0034.JPG

こうして展示してみると・・・いい作品に見えます。

我、作品の上には井上さんの癒し系パステルアート作品が、応援してくれています。

DSCF0047.JPG

DSCF0049.JPG

DSCF0051.JPG

井上さんの作品に直に触れてみると、何とも言えない

安らぎを感じます。

身近にこんな芸術家がいるとは

なにこれ・・・新発見です。

このパワーで東北の支援をされているのです、ね、 ハートたち(複数ハート) ハートたち(複数ハート)揺れるハート
DSCF0029.JPG

DSCF0028.JPG

井上さんの思いやりに、呉でも多くの方が心動かされ協賛されています。

お次は

磯本さん

10年以上も作り続けてこられた作品が、ずらっと、展示されています。

DSCF0046.JPG

DSCF0048.JPG


DSCF0052.JPG
この作品は、ワンちゃんで犬の字をかたどって展示されています。
一匹一匹は個性を持った表情をしていて、なかなかに可愛いです・・・・

三人それぞれに個性があり、楽しい展示になっています。

ぜひ立ち寄ってみてください。

私の作品を何点か紹介します。

DSCF0032.JPG

DSCF0035.JPG

DSCF0040.JPG

広町商店街のギャラリーを覗いてみてください。












Posted by 森 勝利 at 17:06
春のほのぼの三人展 [2013年03月28日(Thu)]
久しぶりに竹細工作品作りに取り組んでいます。
今回の追加作品です
DSC_0150.JPG
DSC_0151.JPG
DSC_0148.JPG

やじろべーのハチ鳥
バランスを保って竹の枝先に止まってくれています。

もう一つは今現在、黒瀬川の河口でも見かける鴨です
ぼつぼつ旅立つ時期ではないでしょうか?
DSC_0156.JPG

今まで作りためた作品の整理もできたところです。
DSC_0159.JPG

【春のほのぼの三人展】
パステルアートの井上 孝子さん、陶芸作家の 礒本直和 さんと、私の三人で、ほのぼのとした作品展を開催することになりました。(^^)
井上 孝子さんはパステル和(NAGOMI)アート(正)インストラクターの資格を持っています。

とき:2013年4月6日(土)・7日(日) 10:00〜16:00
場所:広まちづくり推進協議会ギャラリー
(井上さんが期間中パステルアート体験を随時受付てくれるようです。@500円)
(磯本さんは展示会に向けて、可愛いワンちゃんを50匹も制作されたようです)
楽しい企画になっていると思います、是非のぞいてみてください。


Posted by 森 勝利 at 11:14
久々の竹細工 [2012年12月16日(Sun)]
IMGP2322.JPG

来年の干支「巳」を作ってみました

今日は、テレビで岩国の白蛇を取材していました

白蛇に見えるでしょうか?

来年は、経済も上向いてほしいですね!!!

これは少々前の作ですが、サンタクロースの竹作品を、と所望をされて作ったものです
IMGP2247.JPG

何とか雰囲気は出ていると思うのですが。

Posted by 森 勝利 at 16:41
サルカニ合戦 [2012年03月29日(Thu)]
IMGP1959.JPG


IMGP1960.JPG





しばらくご無沙汰していた竹細工
久しぶりに春の暖かさを感じる日差しを受けて、思いついたのが
何故かサルカニ合戦の場面でした

カニは以前作っていたので、サルに挑戦・・・

なんとなくサルに見える作品になりました

カニと対面

IMGP1964.JPG

カニに降参した場面になっちゃいました


これはこれで面白いかも???







Posted by 森 勝利 at 19:02
竹細工海を渡る [2010年09月06日(Mon)]
ドイツのフライブルグ大聖堂少年合唱団が8月中旬から6都道府県でコンサートを開いて
おり、9月初めから広島に来ています。
このメンバーの二人が我が家に、ホームステイということで9月2日から泊まりに来ています。
彼らは忙しい合間を見つけて、日本の文化に触れたいという申し出があり、私がやっている竹細工と、
娘が習っていた毛筆習字を体験してもらうことにしました。
グーテ ターク(こんにちわ)・グーテン モーゲン(おはよう)
こんな会話の世界では、話が通じん???こまったなー!!
と思っていましたが、
案ずるよりは産むがやすし?
彼らは13歳にして日常会話は、英語が通じました。


私との、かたことの英語で完成させた、スワンです。
ノコ、ノミ、ドリル等を使っての作業でしたが、怪我もせず完成することができました。
彼らにけがをさせずにひと安心。


私の趣味がこんな処で役立つとは、ドイツノ子どもたちと一緒に工作ができるとは!
この歳になってうれしい限りです。




彼らを迎えるに当たって一番気を使ったことは、
合唱団の一員であるということで、のどを痛めない事。
夜寝るときクーラーを使えないということでした。
猛暑のこの夏いかにして涼しく寝てもらえるかということです。
彼らが帰る前にエアコンをつけて部屋の温度を下げる。
次は、下げた温度をどのように保つか?
屋根や壁に水をかけ少しでも周りの温度を下げる。(水道でなく我が家の地下水です)
と、無い知恵を絞りながら対応しました。
といったことを積み重ね、本日朝6時30分帰国に向かって無事出発しました。
新しい経験をさせていただきました。
因みに習字は、彼らの前途に幸いあれと。
我が娘の指導で、
色紙に「幸」という字を書いてもらっていました。
結構上手に書いており、びっくり!!

という、この 4〜5日でした
Posted by 森 勝利 at 16:48
| 次へ
プロフィール

森 勝利さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/katu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/katu/index2_0.xml