CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

町田せせらぎフラワー通り (11/08)
ツツジが満開 (05/16)
胡蝶蘭の花が咲きそろいました (03/27)
冬眠からの目覚め (03/27)
あけましておめでとうございます (01/22) 山陽ウィール・チェアー 空です
中秋の名月 (10/25)
この暑さに負けず (08/05) 井上孝子
春のほのぼの三人展 (03/30)
冬眠からの目覚め [2018年03月04日(Sun)]
画像612.jpg

3月に入り厳しかった寒さが和らいだ日が続いていましたが、今日は特に温かく、春の日差しが、ぼつぼつ外に出たらと、寒さに弱い、吾輩を誘ってくれました。

お日様のお誘いに乗って、黒瀬川の下流を散歩 るんるん るんるん るんるん

名前もわからない水鳥たちが、よくきたね・・と温かく迎えてくれました !!!

かわいい、鳥たち、渡り鳥り達だと思うんですが、温かく迎えてくれました。

画像613.jpg

画像611.jpg

画像614.jpg

画像620.jpg

画像618.jpg

画像615.jpg

それぞれ違う種類の鳥たちだと思うんですが、仲良く、春の午後のひと時を、くつろいで、羽を休めていました。

本当に心温まる風景に出会い、寒さに、ちじこまっていた吾輩の心を揺り動かしてくれました。

有難う、鳥さんたち‥( ^ω^)・・・


Posted by 森 勝利 at 19:36
この記事のURL
https://blog.canpan.info/katu/archive/298
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
時々ですが、時間がある時には
訪問させてもらっています。
この鳥さんの名前は“カルガモ”のようです。
川や池など水辺で一年中暮らす留鳥だそうですよ。(ネットによると)
カモ科マガモ属で日本で唯一の留鳥カモのため、繁殖期に他の種類のカモが身近に居ないため、オスが派手な色の羽を持たなくても良い。そのため、雌雄が同じ色だそうです。
オスとメスの羽の色の違いは繁殖の為だけだったのですね!
驚きました。
私はてっきり外的からメスを守る為オスは派手な色をしているのかと・・・思ってましたので。

また、おじゃましましたらコメントさせていただきますね(^^)ゝ空
Posted by:  at 2018年03月27日(Tue) 12:56

プロフィール

森 勝利さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/katu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/katu/index2_0.xml