CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年03月 | Main | 2011年05月»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
20年目の春 [2011年04月30日(Sat)]




今日は、京都から珍しい人が病室を訪ねてきました。
齋藤洋さん。
染色家です。

私との縁は、1990年12月末、年の瀬も押し詰まった頃、エイズで亡くなった人を
追悼するためにつくられたキルト、エイズ・メモリアル・キルトの日本展を、全国
9ヶ所のツアーで開きたいが協力して欲しい、と京都から訪ねてこられたのが最
初です。齋藤さんは、ニューヨークの公園で展示されていたメモリアル・キルト
を見て、これだ!とひらめき、日本展を実現させるために奔走していたところで
した。私のことは、1986年11月から1987年2月にかけて、松本-神戸-高知と連続
して起こったエイズパニックのことをミニコミで話題にしていたことを読んでい
た金沢の友人からの紹介でした。

私は、実行委員長になり、分担金200万円をほぼ寄付だけで集め、1991年5月、3
日間の仙台展を開催、1300人以上の方々に、約200枚のキルトを見ていただくこ
とができました。それはそれは、荘厳かつ痛ましいもので、多くの人々に、単に
エイズという病気を怖れるのではなく、その病気なった人間を見るという視点を
もたらしたと思います。

あれからちょうど20年目の春です。

齋藤さんは、東北で被災したり、売り上げが落ちたりしているアートやクラフト
の作家たちを、京阪神のギャラリーや展示会などで支援する枠組みをつくろうと
訪ねて来られたそうです。

途中、いわき市から北上、南相馬市を通って、仙台に来られたようですが、人っ
子ひとりいない、しかし建物は壊れていない、つい寸前まで人々が暮らしていた
痕跡がある広野町など、そのあまりの不気味さに言葉も出なかったとおっしゃっ
ていました。

旧交を温めるとともに、二人とも悲しみと怒りにいっぱいの胸のうちをぶっつけ
あう時間でした。

写真は、齋藤さんにいただいたテディベアとマフラーです。
テディベアは、ずっとHIV/AIDSの人々の生活を支援する基金(テディベア基金)の
ために制作されているものです。テディベアは、もともと米国で、エイズの患者
さんが痛みに耐えるときにテディベアを抱いていたことから、支援活動のシンボ
ルになったものです。マフラーと共に、野染めという手法で染められています。
素敵な色合いですね。

一緒に写っているヒデヨシくんは、ずっとエイズ関係の活動でおつきあいのある
方にはなじみのものです。もともとは、ますむらひろしというマンガ家の作品に
登場する人間よりも人間らしい猫です。カタツムリ社という私の出版社の屋号は、
そのヒデヨシが登場するマンガの中に出てくる、よくつぶれる出版社の名前から
つけたものです。

感謝!!


問われているのは「私」 [2011年04月30日(Sat)]

南相馬市の高橋美加子さんと電話でお話しました。
少し疲れている様子でした。

あの「南相馬からの便り1,2」を発表してから、多くの人々が感動したと言っ
て連絡をくれたり、訪ねてきたりするといいます。中には、映画にしませんかと
か、食料を届けてくれる人もいるそうです。


「でも、違うんです。」と彼女は言っています。
「私が書いたことは、そんなことじゃないんです」と。


あの便りによって、彼女は地元でも、原発を憂える人々の間でも、有名になりま
した。感動したという声もたくさん届いています。でも、その多くの人々は、彼
女の苦しみや恐怖や躊躇を理解していないのではないか、と私は危惧しています。

あちこちに彼女のメッセージがリンクされ、たくさんの人々に読まれることは、
もちろん悪いことではありません。

しかし、なぜ、彼女だけが目立つのでしょうか?

それは、実名を出して、はっきりと原発はもうやめて欲しいということを訴えた
人が、残念ながら、まだまだ他にいないからです。(もともと反対の声を上げて
きた方々のことは別においておきます。)

彼女の事業は、地域で一番大きなクリーニング店です。数十人の従業員を抱えた
経営者です。そういう人間が、「原発はもうやめて欲しい」という声を、原発立
地の地域で上げることは、どのような軋轢をもたらすか、想像してください。ど
のような圧力がかかるか、どのような隠微な嫌がらせを受けるか。原発の現地の
状況をもっとリアルに想像してください。

彼女は、それを承知で、それを覚悟して、あのメッセージを公にしたのです。


彼女を孤立させてはなりません。
彼女を見殺しにしてはなりません。

そのためには、彼女をジャンヌダルク扱いするのではなく、一人ひとり、彼女の
メッセージを受け取った人が、自身の言葉で、自分自身を問う言説を吐き、行動
することです。


私のブログにも、ときどき、あのページにリンクさせてください、というメール
が届きます。そんな時、私は、必ず、ただリンクや引用によって紹介するのでは
なく、そのメッセージを受け取ったあなたが、どう感じ、どう思考し、どう行動
しようとしているのかということを書いてください、と要求しています。私を主語に
しない言説は、無力です。


電子メディア時代になって、リンクやらコピーペーストやら、技術は非常に便利
になったわけですが、その分、人々の自分自身を問う作法は、大いに廃れている
のではないか、というのが私の見方です。


「南相馬の高橋さんがこんなことを言っている」ではなく、「南相馬の高橋さん
のこんなメッセージを読んで、私は、こう感じ、こう思考し、こう行動するよ」
ということを表現しましょう。


いつだって「問われているのは、私(たち)」です。


高橋さんのメッセージには、以下のように、私たちに対する行動要請が書いてあ
ります。この問いかけに、私を主語にして、ちゃんと応えること、それだけが、
彼女を孤立から救うことができるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この絶望から私たちが抜け出せるとしたら、それは外側にいる人たちがこの苦し
みに共感して、「おかしい!何とかしなくちゃ!」という声を国家や社会にむけ
て発信してくれること、そしてその声が我々の場所にまで届いてくるような大き
さになることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高橋さんには、いろいろな声に惑わされず、ぜひ、「南相馬からの便り」を書き
続けてください、と言いました。黙々と紡ぎだされる言葉にこそ、希望がありま
す。騒々しいお祭り騒ぎは、あっという間に、消えていきます。






明日から5月。

写真は、柏餅です。
私にとっては、柏餅は、母の味ですね。

子どもの頃、柏の葉をたくさん採ってきて、母と一緒に、小豆を煮て餡をつくり、
餅に包んで蒸すと、柏餅の出来上がりでした。蒸したての柏の葉の匂いが懐かし
いです。

福島の桜 [2011年04月29日(Fri)]



今日は暖かな日和でした。
楽天イーグルスとベガルタ仙台が、
仙台のホームゲーム開幕戦で、共に勝利を収めました。
こんなことってあるんですねえ。


思えば25年前の4月26日は、チェルノブイリ原発の事故の日です。
新聞の一面全部が事故のニュースでした。

実は、事故直後の5月の連休に、自然と親しむため、仙台の西にある作並温泉の
近くの奥新川というところの河辺で、山菜を採りテンプラにして食べるというイ
ベントを主催していました。事故があったにもかかわらず、中止しなかったので
すが、数日後に知ったのは、その直前に日本に降った雨には、それなりの濃度の
ヨウ素131やセシウム134が含まれていたことでした。また、千葉県などの水道水
の放射能汚染が発覚し、WHOの水道水の放射能基準値を上回るヨウ素131が検出さ
れたということでした(日本の基準はなかった!)。そして各地の牛乳からもヨ
ウ素131が検出されるという報道が1ヶ月続きました。

少なくとも、原発の危険性を知り、設置を止めるように声を上げていた者として
私はその時、危惧していたことがありありと現実化するという悪夢を見るような
体験をしたのです。その後、3ヶ月近く、失語症ではありませんが、原稿が書け
ませんでした。7月にふと気がつくと、原稿書けていない! と思ったのです。そ
れくらいの衝撃を受けたのです。(このときのことは、当時、『自然食通信』と
いう雑誌に連載をしていた「加藤哲夫のBOOK NEWS」に書きました。単行本『加
藤哲夫のブックニュース最前線』無明舎出版に載っていますので、ご覧ください。)


その悪夢が、こうやってとうとう東日本に、故郷福島に、襲いかかっているので
す。ほんとうに悔しいです。


そして、今日29日は、ちょうど一年前の29日、腹部激痛で救急車が病院に担ぎ込
まれた日なのです。あれから一年、いろいろなことがありました。


8月に再入院、10月に手術をしたらすい臓がんと判明。11月に退院して自宅療養
を続け、体重も少し戻りつつあるなあ、というところで3月9日に転移が確認され
がん再発。3月11日に別の病院に転院の手続きをしているところに、この震災に
被災。再度、入院して、抗がん剤治療を続けているところです。


なんとか、よく一年を生き抜いてきたなあ、というのが実感ですね。


大分の友人が、福島の支援に入って、
福島県庁裏の桜の写真を送ってくれました。

懐かしい風景です。
高校生や大学生のとき、この阿武隈川沿いの道をよく通りました。
桜の木の下も通った記憶があります。


放射能が降り、私は病気であっても、桜は咲くのですね。


5月の連休になると、実家の庭の藤の花が見事です。
父親が山で採って、根付かせたもので、
父が亡くなってからは、母が手入れをしています。
それはそれは見事なものです。

昨年の連休には入院していて見にいけなかったため、
今度は私が手入れをしなければ、と言っていたのでしたが、
親不孝にも、約束が果たせないかもしれませんね。




飯舘村の村民決起集会 [2011年04月28日(Thu)]
原発に関する情報を2つ。

一つは、26日に飯舘村で開かれた、村民決起集会の中継録画。
先に紹介した、南相馬市の高橋美加子さんも発言しています。
村人たちの声を直接にお聴きください。

■2011-04-26「愛する飯舘村を還せ!!村民決起集会」
 http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-205.html


もう一つは、知人がつくってくれた原発問題を考えるのに参考になるような、
今までにWebにアップされているさまざまな情報をわかりやすく整理したリンク集。
今回の事故で、初めて危機意識を持ったという方でも、
このリンク集があれば、一通りの知識を得ることができる。

■禁断の原発
 http://blog.livedoor.jp/kindannogenpatsu/
オブジェ2 [2011年04月28日(Thu)]


新しい震災オブジェが完成じした。
今度は、顔がテーマです。

たくさんの人々が亡くなったり行方不明になっていたりします。
数字ではなく、一人ひとりの顔があり、人生があるのですね。




エネルギーシフトパレードへのメッセージ [2011年04月24日(Sun)]

今日はもうすぐ、東京の代々木公園から、エネルギーシフトパレードが行われる。
坂本龍一さん、小林武史さん、加藤登紀子さん、河野太郎さんらが賛同人になって、
たくさんの人々が参加するだろうといわれている。

この前、高円寺で1万人を越すデモがあったときは、
マスコミはまったく報道しなかったのだが、今回はどうだろうか。

会場で読み上げるメッセージを送れという電話が今朝あったので、
こんなメッセージを書いて、Nくんの携帯電話に送信した。

エネルギーシフトパレードHP
 http://www.enepare.org/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私の祈り
                  加藤哲夫


私は福島県出身です。
老いた母親が一人、放射線量の高い福島市に住んでいます。

この事故でたくさんの友人たちが散り散りになってしまいました。
そして、福島県の人々の暮らしと仕事は決定的に破壊されてしまいました。
何年かかれば取り戻すことができるかどうか、誰もわかりません。
もっと事態が悪くなる可能性すら、かなりの確率で存在します。

それなのに推進してきた人々は、
早々と原子力発電はこれからも推進すると言っています。
その揺るぎなさはどこからくるのでしょうか。
福島で起きていることが見えないのでしょうか。
見たくないものは見ないということなのでしょうか。
あの推進してきた方々に、
ぜひ原発から30キロ圏内に住んでいただきたいものです。

せめて、自分たちに力が足りなかった、申し訳ない、
という謝罪から話を進めるべきではないかと思うのですが、
そういう方はほとんどいませんね。

そういう人間として信じられない人々に、
政治や技術をお任せしてきたことのツケを、
どうして福島の人々だけが支払わなければならないのでしょうか。

「想定外」などという言葉に騙されてはなりません。
いつだって彼らは「採算外」という言葉を「想定外」と言い換えてきたのです。
お金になるから原発を受け入れろ、お金にならないからそんな対策はできない。

お金、お金、お金・・・

ただ、お金こそが最優先されてきたのです。
その象徴としての神殿こそが、あのボロボロの福島第一原発だったのです。

その上、トラブル隠しは日常茶飯事、
2002年には内部告発で29件ものトラブルを隠していたことが発覚しています。


そして、とうとう事故は起きてしまいました。


これから長い闘いが待っています。
一回や二回、パレードをするだけでは、原発は止まりません。
世界は変わりません。
知恵を絞り、手を取り合い、恐れずに声をあげ続けなければなりません。

そのとき、このことだけは忘れないでください。

事故や放射能への恐怖心だけでは、闘いは続けられません。
なぜなら、原発は、放射能は、既に私たちの中に存在しているものだからです。
外側にある何か邪悪なものではありません。
そうではなくて、私自身の中にある、邪悪なものなのです。
それはエゴイズムとニヒリズムという形をとって現れるものです。

私たちが克服すべきものは、
そのエゴイズムとニヒリズムという病を抱えた自分自身です。

そのために必要なことは、
福島の現地に今もなお暮らし続ける人々の気持ちと、
しっかりとつながっていることです。

繰り返し繰り返し、そこに生きる人々に寄り添い、つながることです。
そして、その声にならない不安、いらだち、怒り、悲しみを受け取ることです。

そこから、私たちは、
自らの中に棲む邪悪なものたちとの闘いに、
勇気をもって踏み出すことができるでしょう。

私は、膵臓がんステージ4−bという進行がんの患者です。
私が生きているうちに原発をとめることができるかどうかわかりません。
しかし、私自身の闘いは終わることはありません。

より良く生きること、
恐れることなく声をあげること、
自分をごまかさないこと、
それが原発を止める唯一の道です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



福島原発の地元から [2011年04月23日(Sat)]
原発事故の現地、20キロ圏すれすれの福島県南相馬市原町で
クリーニング店を営む友人、高橋美加子さんのメッセージです。読んでください。

北洋舎クリーニングHP
http://www.hokuyosha.com/

メッセージ その1
http://www.hokuyosha.com/shinsai.pdf

メッセージ その2
http://www.hokuyosha.com/tayori_110420.pdf

安否がずっと気にかかっていたのですが、今日、ようやく電話をしました。
人口が3分の1に減ってしまった南相馬市で頑張っています。
思ったより元気そうでした。
声を聞くだけで、胸が詰まります。

エコロジー事業研究会の会員でした。
仙台のぐりん・ぴいすにも、しばしば来てくれていました。
従業員をたくさん抱えた大きなクリーニング事業の
経営者としてずっとやってきた方です。

原発事故の現地からの叫び、ぜひ読んでください。
そして、伝えてください。


ヒデヨシくん! [2011年04月23日(Sat)]


「オハヨー(^-^*)/カエルくん、元気かい!」
「あっ、ヒデヨシくんだ。相変わらず元気だねえ。」
「そういうカエルくんは、青い顔をしているね。具合悪いの?」
「顔が青いのは、青カエルだから生れつきだい!でも体調はイマイチだなあ。抗がん剤第二クールがスタートになり、副作用で身体がだるいのと、ひどい便秘に悩まされているのさ。」
「ふーん、ベンピーカエルくんね。」
「ただ便秘というより、消化管全部が抗がん剤副作用でストライキを起こしているんだよ。だから食べられないんだ。四日くらいで治るんだけど、第二クールはよりひどいかも。」
「食いしん坊のカエルくんだから、食べられないのはつらいね。いつまで続くの?」
「今は抗がん剤治療第二クールスタートだから、あと二週間続けて、ようやく効果があるかどうかわかるらしいよ。その結果で、東京のがん専門病院にセカンドオピニオンを受けに行く予定です。」
「こんなに大変でも、効果があるかどうかわからないなんて悩ましいね。オイラだったら堪えられません!」
「ハハハ、ヒデヨシくんは短気だからねえ。でも、抗がん剤治療は、毒を以って毒を制する治療だから、身体がやられるか、がん細胞がやられるかチキンレースなんだよ。しかも効かないものも多いしねえ。」
「イェーイ!たまらん!たまらん!それなら温泉に毎日入っていた方がよほど効くんじゃないの!」
「そうなんだけどね。間違って効くかも知れないから、まったくやらないと決めるのも勇気がいるんだよ。」
「イェーイ!まあ、第二クールが終わって、セカンドオピニオンを受けたら、決めるんだね。」
「うん、そのつもりだよ。」
私たちが失ったものとは? [2011年04月21日(Thu)]


私が市民活動支援/NPOという手法を梃に日本社会の変革を志し動き出したちょうどその頃、結城登美雄さんは、東北の農村なかんずく過疎へき地と呼ばれる山村漁村を訪ね歩きはじめた。1995年8月から3年間の新聞連載をまとめた本書は、結城さんが歩いた町村の人々の飾り気のない真摯な生活が写されている。

都会でエコやオーガニックや自然保護を語る人は、ぜひ本書を精読して欲しい。福島原発に事故が起きて初めて、自分たちの使っている電気をどこで誰が作っているのかわかったという人々が多いことにいまさらながら驚くが、同じように私たちは、自分が食べている野菜や魚や米が誰のどのような努力によって支えられているのか、ほとんど無知である。

宮城県唐桑町、冬の味覚の代表格である牡蠣を出荷するための牡蠣殻むき作業は、製造物責任法の影響で午前1時から始めないと間に合わないという。そのためこの期間、午後6時就寝午前零時起床が海に生きる人々の暮らしのリズムである。

岩手県田野畑村、真夏なのに雨が降り気温14度の午前4時、港では黙々と昆布についたコケムシを洗い落としていた人々がいた。

福島県熱塩加納村、冬の吹雪でナラの原木も凍る中、ホダ木づくりが進む。1本20個1日1200本、ひたすら春まで作業は続く。

結城さんが訪ね歩いた三陸沿岸から福島の海辺までの町村に、容赦なく地震と津波が襲った。牡蠣や昆布の豊饒をもたらす唐桑や田野畑の海が牙をむいた。放射能が降り注いだ福島県では、原発からはるか離れた会津の熱塩加納村の椎茸は、はたして今年は売れるだろうか?

宮城県名取市閖上港は、城下町時代から300年間続く行商のおばちゃんたちが午前6時のセリの主役である。その「閖上のおばちゃん」が活躍した港は壊滅した。

地震と津波と原発事故で私たちが失ったものは、建物や堤防や自然ではない。ましてや誤解を恐れずに言えば、1万人とも2万人とも言われる数量化された命ですらないのではないか。

生きるとは、域を息ることだ、と村瀬学は書いている。海に生き、農に生き、牛と共に暮らす人々に、放射能が危ないから早く避難したらいいのに、という親切な声が届く。域を息るものを知らぬ戯言である。逃げられる人は例外的な人々である。逃げ出した隣の県で農業ができるか?牛が飼えるか。魚がとれるか。

作家の熊谷達也は、河北新報4.16の震災と作家たちというコラムで「安易な言葉 もう沢山だ」と怒っている。

「あるいは、今後は津波の来ない場所に町を再建すべきだと、訳知り顔で言ってのける者もいる。何度津波が来ようと、海のそばでしか暮らせない人々の、海のそばで暮らしたい人々の、その気持ちがなぜわからない。いつも海を見ていたい人々の心の在り方に、どうして思いが至らないのか。」

数量化できるものしか見えない者には、数量化できるものしか復興できない。数量化できないものは、もう一度、ほんとうに失われる。

公共という言葉が泣くような、公共広告機構の広告が垂れ流されている。まさに「安易な言葉もう沢山だ」である。代わりに、この結城登美雄さんが書いた東北の山と海に生きる人々の暮らしの記録をただ朗読する、そんな広告のスポンサーになる勇気ある企業はないか。数量化できない失われたものを私たちが取り戻すために。

結城登美雄さん、昭和20年、旧満州生まれ。広告業界を経て、東北の各地をフィールドワークしながら地域づくりに関わってきた。昨年、私が入院しているときに、彼も倒れたと聞く。その後、奇跡的に健康を取り戻し、また各地の人々に頼りにされているという。

結城さんは、実は、私が仙台で最初にちゃんと勤めた広告代理店の先輩であった。4つ年上の先輩社員として1年間お世話になったまま、私は危ない会社の社長に誘われて、倒産寸前の会社に転職、その後会社は倒産して、26歳のときに起業、30代から市民活動を始めたわけだが、広告業界で頭角を現した結城さんは、やはり起業し、会社を大きくしていった。同時に、黒テントを呼んだりしていた。今は無き、八重洲書房という本屋で会えば挨拶を交わす程度のつきあいが続き、やがて結城さんは50歳にして会社を整理し、東北の山や海に生きる人々を訪ねて歩き出したのである。その仕事の最初のまとめが本書である。

私は、この先輩の仕事に、とても大きな敬意と畏怖の念を抱いている。私にはとてもできない仕事だと観念しているが、いつかはその境地に近づいてみたいものだと思っている。


「山に暮らす海に生きる」結城登美雄著、無明舎出版。
ドイツの脱原発政策のゆくえ [2011年04月14日(Thu)]

地震と津波の被害も大変なのですが、それに原発の事故が重なった福島の被害が
大変なことになっています。

私は、福島県出身なので、とてもとても気にかかっています。

これから、いろんなことを書きますが、新しいカテゴリーをつくります。
「脱原発」です。

日本がこの先、十年余をかけて、原発をとめる政策に転換できるかどうか、
大きな試練の道が待っていますし、その間も、放射能物質を出し続ける
福島第一原発と付き合わなければならず、
さらには、避難させられている多くの人々の命と生活を守る闘いがあります。

以下の資料は、友人が国会図書館から入手したものです。

「ドイツの脱原発政策のゆくえ」 山口 和人

少しずつ、政策転換のための勉強も始めましょう。


| 次へ