CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年12月 | Main | 2011年02月»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
動物虐待天国ニッポン [2011年01月30日(Sun)]

なかのまきこさんは、加藤のとても古い友人です。
昔、カタツムリ社から、『実験動物の解放』『野生動物の解放』という2冊の著
書を出していただきました。まだ彼女が20歳の頃です。
突然一人でアラスカにシロクマさんに会いに行ってくると出かける人です。

その後、獣医師の学校に入り、動物実験に反対しながら卒業、今度は、路上生活
者の飼っている犬や猫の診療をしています。

『野宿に生きる 人と動物』という本が最近の本です。
 https://blog.canpan.info/katatsumuri/archive/199

というような記事をわたしのブログに紹介したのが、昨年の6/22のことでした。

そのなかのまきこさんが、久しぶりに仙台にやってきます。

■「ひげとしっぽの現状」なかのまきこ 講演会

 進歩した人間社会。豊かな生活。
 けれども、動物たちを取り巻く窮状は変わっていません。

 20数年前に、この仙台で動物解放運動に関わった先達の一人であり、
 20年前に「実験動物の解放」(カタツムリ社)という本を出し
 日本で初めて動物実験を行わず獣医師資格を取得した獣医でもある
 「なかのまきこ」氏を迎えて講演会を開きます。

 恵まれた現代だからこそ、私たちの身近な存在である動物たちのことを
 一緒に考えてみませんか?

 日時:2010年2月19日(土)14:00〜(もしかしてゲスト有り?)
 場所:仙台市市民活動サポートセンター 4階 研修室5

 なかのまきこプロフィール
  中野真樹子 1968年仙台に生まれ育つ。
  1988年より動物と人の共生を考える自由非組織「ひげとしっぽ企画」を主宰。
  動物実験や野生生物、犬猫の問題に取り組む。
  麻布大学獣医学部獣医学科を2000年に卒業、その後獣医師となる。
  「ALIVE(地球生物会議)」調査員
  「IFAW(国際動物福祉基金)」日本事務所スタッフほ経て
  現在は往診専門の「ひげとしっぽ移動どうぶつ病院」を営む
 
 主催:BANISH ARMS 
  お問い合わせ banisharms@gmail.com 又は、090-2276-8925(浅野)

その中野さんの仕事に関係のある本が、一つ前の記事の写真に載っている
『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』という本です。
朝日新聞出版から発行されています。取材執筆は、AERA記者の太田匡彦さん。
AERA編集部による全国106自治体調査結果も収録されています。

韓国パチンコ全廃の本と同様、動物関係のNPOの方々に、ぜひ読んでいただき
たい本です。
世界一の博打大国は? [2011年01月30日(Sun)]




皆さん、世界一のギャンブル大国はどこでしょう?
知っていますか?

ラスベガスのあるアメリカか?
マカオのある中国か?
それとも・・・

違います。
それはわたしたちの住む国、日本です。

えー!?と驚くかもしれません。
だって日本では、ばくちもカジノも禁止でしょう?

そうなんです。
芸能人がちょっと賭け麻雀をやったといっては、逮捕される国ですよ。

でも、皆で博打をやっているのに、絶対に逮捕されないものがあります。
それが「パチンコ」です。

皆さんご存知の「パチンコ」こそ、
世界一のギャンブル大国ニッポンを支えているのです。

ここまではわたしはずっと前から知っていましたし、
その理由も薄々は知っていました。

しかし、しかし、しかし・・・

2008年8月、お隣の国、韓国では、そのパチンコ(韓国ではメダルチギという)が
全面禁止になりました。なんと、15000軒のパチンコ屋が廃業、100万台の機械が
廃棄処分されたということです!!

なのに、なのに、どうしてわたしたちは、そのことを知らないのでしょうか?
皆さんは知ってました?

わたしは、この本を読むまで、まったく知りませんでした。

若宮健著『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』祥伝社新書。

この本を読むと、たくさんの疑問が解けます。

そして、ギャンブル依存症によって、たくさんの人々の生活が破壊され、自殺に
まで追い込まれているにもかかわらず、ほとんど報道がされないマスコミの怪と、
むしろパチンコ業界の味方を続ける国会議員の群れが、異常に思えてきます。

依存症関連のNPOも多いのですが、この本は、そういう方々にも、ぜひ読んで
いただきたい一冊です。

今日は多賀城です。 [2011年01月29日(Sat)]


今日は、多賀城こみプロの報告会です。多賀城市では、地域住民が2年間をかけて取り組んできた地域コミュニティ再生の活動をして来ました。わたしは、統括アドバイザーをさせていただきましたが、入院などでずっとご無沙汰していました。

なので、今日は久しぶりに住民の皆さんともお会いすることが出来て嬉しかったです。

参加された4地区の住民、担当職員、担当ファシリテーターからの報告をうかがいました。皆さんすごい!話し合いの効果を実感させる感動的な報告でした。

コメントを求められたので、ちょっとだけご挨拶をいたしました。
その中で、こみプロは、3つのポイントがあったという話をしました。

1つは、何かやることを行政から決して強いない、ということです。
どうしても、まちづくりの多くが、行政から何か頼まれたことをやらなければならない、という感覚になりがちですが、今回のこみプロは、そこを徹底して、地域に任せることにしました。

2つ目は、話し合いの徹底ということです。
2年間に渡って地域での話し合いは、最初なかなか難しかったようです。しかし、次第に話し合いの魅力に気づき、また新しい参加者迎えて、さまざまな発見があったという報告がたくさんありました。深い話し合いとはどういうものか、たくさんの人たちが体験したようです。

3つ目は、多様な参加者を迎えよう、でした。
これは最初かなり苦労されていたと思います。若者が参加しない、女性が参加しない。そういう嘆きも聴かれましたが、ちゃんと若者の話を聴いてみたところ、互いにわかったことがたくさんあったようです。地域内・世代間交流は、どこの地区でも大きな課題のようでしたが、東部地区のこみプロでは、若者の参加により、3つの大きなヒントが出ました。それは、

■情報発信の工夫
 地域の情報が若者に伝わるように、メールやホームページを利用するといいかもしれない。

■地域参加のきっかけづくり
 若い世代の知り合いに、地域参加をどんどん呼びかけてもらおう!

■若い世代が担う「役割(お手伝い)」
 「役員」ではなく「お手伝い」ほお願いして、地域に参加しやすい環境をつくろう!

後半は、延藤安弘さんの楽しい幻灯会ですね。
いつもの延藤節が炸裂しましたね。

参加者数200人を超す、大きな報告会でしたが、次のステップへの元気をもらったとという声が多かったようです。次年度が楽しみですね。
大きなカエルのみつけかた [2011年01月28日(Fri)]


「ねえねえ、仙台文庫がとうとう発行されたね」
「うん、大泉浩一さんが50歳になったというので、一念発起して起こした出版レー
ベルだよ。火星の庭の前野久美子さんが第一巻で『ブックカフェのある街』を書
いています。」
「大泉さんって誰?」
「カタツムリ社が24年前に出版した『センダードマップ』という地域の市民活動
情報本の編集を一緒にした人だよ。その後、小説を書いていたかと思うと、フリー
ライターとして楽天イーグルスの記事をたくさん書いていたね。私の古い友人だ
よ。」
「ふーん、第一巻はほんとうは哲夫さんが書く予定じゃなかった?」
「そうなんだよ。でも、なかなか忙しいから書けないでいるうちに、入院・手術
になってしまい、迷惑をかけたねえ。でも、第一巻だけじゃなく、第二巻の宮城
県美術館の齋正弘さんの『大きな羊のみつけかた 「使える」美術の話』と共に
出版されたんだけど、どちらもとても良い本です。」
「へえー、どんな風に良いの?」
「久美子さんの『ブックカフェのある街』は、いろんな読み方ができると思いま
す。小さな自営業事始めでもあり、本にまつわる奥深い仙台人脈記でもあり、愛
する本に対するオマージュでもあり、少し不思議な女の子のちょっぴり長い青春
記でもありますね。読んでいてワクワクするよ。」
「へえー、ワクワクねえ。目が回るんじゃないのね。齋さんの本は?」
「黙って買いなさい!」
「ヒエー!!」
「ハハハ、長年、県の美術館の教育普及部で、学芸員を続けてこられた齋さんは、
鉄の彫刻家でもあります。火星の庭の看板彫刻は、齋さんの作品だね。わたしは、
学校の図工の時間のせいで絵を描くことが嫌いになったんだけど、齋さんの書い
たものを読むと、もったいないことをしたなあ、と今でも思うよ。」
「ふーん、とにかく買えばいいのね。ハイハイ。哲夫さんの本は出るの?」
「ううう・・・」

仙台文庫1『ブックカフェのある街』前野久美子編・著 
仙台文庫2『大きな羊のみつけかた 「使える」美術の話』齋正弘著
 発行:メディアデザイン 発売:有限会社本の森

本の注文はこちらから↓
 http://sendaibunko.cart.fc2.com/

検査結果は? [2011年01月26日(Wed)]


ご無沙汰しています。あまり更新しないと、心配をかけますが、新年になったら何かと慌ただしく、なかなか書けませんでした。結構いろいろと仕事があって、なかなかのんびりもしていられません。良くないとわかっていますが、良くないですね。

体調は悪くなく、たまに食べ過ぎて苦しむくらいで、体重も戻ってきています。脚力もついたかな。

今日は病院、一ヶ月ぶりの血液検査と主治医面談でした。おかげさまで、ほとんどの数値が正常値になりました。大丈夫と思っていてもやはりホッとしますね。

2月末に、念のために、PET-CTを撮ります。また一ヶ月、体調管理に留意しながら生活していきます。

病院の帰りに近くのカフェでカフェオーレをいただいています。いいひとときですね。
イワン・デニーソヴィチの一日 [2011年01月21日(Fri)]


仙台文学館の事業で、『仙台 本の話 24人でつくりました』が発行されました。

仙台は作家さんもたくさん住んでいる街なんですが、俵万智さんと伊坂幸太郎さんの対談があったり、熊谷達也さんのインタビューがあったり、仙台の本好き人間がたくさん登場したりしています。

中に「101人、わたしの一冊」という特集があり、わたしもインタビューに答えています。

わたしの一冊は、ロシアの作家、ソルジェニーツィンの「イワン・デニーソヴッチの一日」でした。以下、再録。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学校を5回も転向した本好きの理科系科学少年でした。
小学4年でマニアックな『天文ガイド』を定期購読、太陽が燃え尽きて人類は滅びるのかと驚いたり。

中学では文学に目覚め、学校図書館で夏目漱石や森鴎全集を読破して。北杜夫の信者になって小遣いをはたいて買ったりね。

でも社会を考える一冊になったのは、『イワン・デニーソヴィチの一日』。中学生のとき巡回文庫から借りて。シベリアの強制収容所の話で、凍土を掘っくりかえしては埋める、意味のない労働というか、衝撃的な話でした。

後に、出版と社会運動の中で、その事を本にして紹介しました。本は空気的存在かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、最後の「後に、出版と社会運動の中で、その事を本にして紹介しました。」が、本人にもわからない。原稿確認したはずなのに、おかしいな。

本は、1200円+税で、市内の書店で販売中です。
お金は、愛が形を変えたもの [2011年01月18日(Tue)]



山口県のYSさんからの新年のメッセージを紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新年だ、うれしいな♪♪ また新しい年を迎えることが出来たことが嬉しい。新
しい手つかずの一年。どんな一年にしようかな♪♪♪♪ 

昨年は募金、寄付のいいご縁にたくさん出会えた。長いこと私は自然を守る方面
に寄付したいと思っていた。返して言うと人間を救う関係には寄付したくなかっ
た。自然の方がエマージェンシー度が高そうだし、その元凶の人間に力を貸すこ
たないと思っていたのだ。けれど昨年出会った人間が対象の支援活動の中で少し
ずつ考えが変わってきた。

 お金は、愛が形を変えたもの

とある日ふとひらめいた。人間が、自然をこんなにしっちゃかめっちゃかにして
しまうほど、物欲に駆られているのは、過食症の人が心の満たされなさを食べも
ので埋め合わせようとするのと同じなんじゃないだろうか、と。だとすれば、人
類を安心させることができたら自然破壊は止む。大丈夫、愛されている、守って
くれる人がいることを実感できたら、足るを知ることができる、きっと。

募金というのは、エネルギーを分け与えるということだ。そのお金で直接誰を救
えるだけでなく、その誰か以外の多くの誰かに、「誰かが困っていたら助けたい
と思っている誰かが確かにいるよ」と知らせる意味もある。心のための命綱だ。
あなたやわたしがチャリンと箱に入れる小銭は、その綱を編む1本、1本の糸だ。
その命綱が安全ネットとなって大きく大きく、太く太く世界を包んでいけば、み
んな安心できて、もっとゆったりした気持ちになり、モノで心を埋める必要がな
くなっていくんじゃなかろうか。

私はやっぱり自然を守りたい。今は同じくらい人間に愛をそそぎたい。私の労力
と時間と引きかえに得たお金を、「困っているあなたの力になりたい」という愛
の表現手段として使いたい。一緒に安全ネットを編みませんか? 今年もよろし
くお願いします。いつも読んでくれてありがとう。一緒によりよい年にしていき
ましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この文章は、おそらく12年前の年賀に(恐らくというのは、うさぎのイラストが
書いてあるからですが)、山口県のYSさんからいただいた新年のメッセージで
す。当時、感動して、自分が出している通信に了解をいただき転載した記憶があ
ります。寄付や募金ということについて考えた文章ですが、昨年末から話題になっ
ている「伊達直人現象」を考える上でも必要な視点を含んでいます。

社会起業家ブームなどで、寄付などに依拠する支援活動に否定的な意見を言う方
々が増えているような気がします。ホームレスの方々が販売する雑誌「ビッグイ
シュー」の紹介でも、与える福祉ではダメだから・・・とか、甘えさせてはいけ
ないなどの物言いも散見されます。甘えたって餓死するよりはいいんです。そう
いうことを言っている人は、一度も炊き出しの現場に立ったことがなかったり、
寄付をしたことがなかったりします。そういう自分のことを正当化するのに、
ホームレスの仕事をつくるというチャレンジをしているビッグイシューが引き合
いに出されているのではないでしょうか。

実際には、炊き出しも夜まわりも、そしてビッグイシューも必要です。そして、
その活動を支えるためには、たくさんの人々が寄せてくれる「愛の表現手段とし
てのお金」が必要です。あれかこれかではありません。あれもこれもです。

寄付をする側も、寄付を受け取る側も、もう一度、寄付されたお金の意味を考え
てみましょう。

「もっと、もっと、伊達直人。プロジェクト」進行中です。
 https://blog.canpan.info/datenaoto/
川北さんと久しぶり! [2011年01月16日(Sun)]


今日はサポートセンターを会場に、環境基金の主催で「地域における環境政策提言力」向上セミナーを開催しています。
http://www.minmin.org/archives/699

もともとはわたしが講師で準備をしてきたのですが、入院があり、日程を変えて川北さんに講師をお願いしての開催でした。
川北さんには、大分の講座などいろいろお世話になりましたので、御礼です。

講座は東北各地からたくさん参加をいただきました。各県と県庁所在市の調査結果を持ち寄り学びあう場にと企画しました。担当者の布田さんが頑張りました。

調査結果はなんらかの形で発表したいと思います。

外は寒いです。

途中で抜けさせてもらい、本屋に立ち寄り帰りました。
もっともっと伊達直人・・・ [2011年01月15日(Sat)]

伊達直人さんが全国的に増殖していますね。
いろいろな見解があると思います。

しかし、この機会に、直接恵まれない人に寄付や支援物資を送るだけではなく、
その仕事をしている団体を発見してもらう機会と捉えて、信頼できる団体を通し
て、あなたの善意を活かすことができるというメッセージを団体と組んで発信す
るといいと考え、センターでプロジェクトにしました。

まだ団体側の反応が少ないですが、瞬発力が勝負です。追加しながら発信してい
く予定です。

以下、簡単な説明です。↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 プロジェクト名:「もっと、もっと、伊達直人。プロジェクト」
 リンク:https://blog.canpan.info/datenaoto/

 〜寄付を通して命や子どもを守りたいあなたへ〜
 「もっと、もっと、伊達直人。プロジェクト」開始のお知らせ

 世にも奇妙なブームから始まった、2011年。

 タイガーマスクの主人公、伊達直人を名乗って寄付行為をする人々が、
 全国各地で出没しています。

 2011年1月13日の河北新報社には、「全国で300人の伊達直人が現れた」という
 記事が掲載されると、その夜の全国ニュースでは、「その数が700人に達した」
 という報道がされる事態です。

 このブームには、賛否両論あるかもしれませんが、
 日本人が寄付に目覚めるキッカケになるかもしれません。

 そこで、「自分も伊達直人になってみようか。でも、どこに寄付したらいいだ
 ろう」と考えていらっしゃる方に向けて、こどもやいのちに関わるNPOをご
 紹介させていただきます。

 ご紹介している各団体は、活動自体はもちろん、情報公開にも意識が高い団体
 ですので、安心してご寄付ください。

 紹介団体の情報は、コチラ↓
 https://blog.canpan.info/datenaoto/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後の展開↓

■「もっと、もっと、伊達直人。プロジェクト」が河北新報に紹介されました。
 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/01/20110115t15016.htm

              ↓
              ↓

「伊達直人」に団体紹介 仙台のNPO ネットに情報
 漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」などを名乗った匿名の寄付が全
国で相次ぐ中、NPOの活動を支援する「せんだい・みやぎNPOセンター」
(仙台市)は14日、子どもや路上生活者などの支援に取り組む団体をホームペー
ジ(HP)で紹介する「もっと、もっと、伊達直人。プロジェクト」を始めた。

 「寄付をしたいけど、どこに贈ればいいか分からない」といった人に団体の存
在や活動内容を知ってもらい、支援の受け皿を広げるのが狙い。団体の連絡先や
口座番号、寄付金の使い道などを掲載する。
 スタート時はいずれも仙台市のNPO法人で、自閉症や発達障害の子どもを支
援する「みやぎ発達障害サポートネット」と、路上生活者の自立を後押しする
「仙台夜まわりグループ」を掲載。今後、市内の8団体を順次加えていく。
 他にも掲載を希望する団体があれば、センターが審査した上で掲載を判断する
という。
 センターの担当者は「『自分も何かの役に立ちたい』という思いを持つ人に団
体の情報を発信し、善意の輪をつなぎたい」と話している。
 プロジェクトのページはセンターのHPからアクセスできる。

2011年01月15日土曜日 河北新報

さらに↓

■東北各地の伊達直人情報
 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/01/20110114t73018.htm
中野民夫さんと対談しました。 [2011年01月12日(Wed)]
中野民夫さんと対談しました。

これは、以下のような日本ファシリテーション協会仙台サロンの企画で、セミク
ローズドの集まりでしたので、中野さんとも久しぶりだし(8-9年ぶり)、他の講
演やセミナーは全部断っていたのですが、これだけを残していたものです。幸い
体調も順調でしたので、参加された皆さんに迷惑をかけずに無事、お話をするこ
とが出来ました。話をしているとついついスイッチが入ってしまうということも
改めて感じましたので、また1年くらいはおとなしくしていようと思った次第で
す。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥

 NPO法人日本ファシリテーション協会(FAJ)
 仙台サロン1月例会<1/10(月・祝)>

  ● ファシリテーション・ワークショップの意義と可能性 ●

 〜2人の経験と知見から見えてきたもの、そして伝えたいこと〜
 
‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 https://blog.canpan.info/katatsumuri/archive/316

仙台サロンのHPとわたしのブログ程度でしたが、たくさんの人たちに集まってい
ただき感謝に堪えません。内容は、DVDの第3作目として「火星の庭」さんから
発売予定ですので期待していただきたいですが、添付のような資料を準備して臨
みました。

第一部(前半)が、ワークショップやファシリテーションの技術論ではなく、ルー
ツ・起源を訪ねる対談、第二部(後半)は、現代社会の変革のツールとしてのワー
クショップやファシリテーション技術を使うにあたって二人がどう考えているか
という話になりました。

参加された方も報告を書かれると思います。知らせていただけばリンクします。

当日資料


| 次へ