CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
ソーシャルビジネス支援 [2010年07月31日(Sat)]


今日は仙台です。内閣府の社会的雇用創造事業で、新しく社会的起業をする方を公募、選考して、資金とハンズオン支援を提供するものです。

ソーシャルビジネスマネージャーの大橋さんと二人で、30人ほどの応募者の皆さんにセミナーと説明会を開いています。あっ、大橋さんの奥様も手伝っていただきましたから三人ですね。

新しい起業家精神に燃える方があらわれて欲しいですね。
小出宗昭さんと富士市職員の挑戦 [2010年07月30日(Fri)]


今日も富士市で研修担当者研修です。朝一番に富士市産業支援センターf-Bizの小出さんがいらっしゃいました。

相変わらず元気でバリバリ仕事をしているようです。仕掛けた商品の紹介記事をたくさん持ってきてくれました。

富士市職員が勉強会をやって、さらに実践をしたいというので、間もなく二万人が集まり開催されるボーイスカウトの日本ジャンボリーで、地元のお茶を販売しようと企画をしているそうです。

ボーイスカウト発祥の地であるイギリスのアーガイル柄を活かした「ボーイ茶」「ガール茶」「隊長茶」「カブ茶」のセットと、神秘体験シリーズとして、「溶岩茶」「樹海茶」「湧水茶」「風穴茶」を開発し、職員が販売するそうです。

いい自主研修ですね。こういう研修が力をつけますね。
仙台七夕 [2010年07月29日(Thu)]


ある人と地域づくりの話をしていて・・・

自治体はボロボロだなあ、という。毎年、いろいろな大学の先生や講師がやってきては、地域づくりについて講演をしていくけど、具体的な一歩が踏み出せず、担当者も数年で変わる。地域住民も話を聞かされるだけでは変わらない。よく毎年毎年同じことをしているなあ、という。その間に何度も計画づくりは住民参加で行われるが、継続的な動きにならないのだという。

私も講師で様々な自治体に行くから、この話はひとごとではない。出来るだけ、単発ものはやめて、担当者が本気なところにだけ行くようにしている。中には、講演内容からタイトルまでお任せします、というのもあり、がっかりさせられることもしばしば。出来るだけやり取りをして、研修後も取り組みが続き、仕組みが残るようにしてはいる。
今日は静岡県富士市に研修講師で行きます。富士市、富士宮市などの広域研修を毎年引き受けてきています。少しずつお役に立っているのかな?仙台駅は七夕一色、皆さんをお迎えする準備万端整っているようです。
ファシリテーター研修 [2010年07月24日(Sat)]


今日は岩沼市で毎月開かれているラウンドテーブルで、ファシリテーションについて教えています。会議や話し合いを生産的にする技術と方法を、なるべく簡単にできるように伝えます。

悩みのリストは、
人が集まらない。
自己主張が強い人がいる
話し合いがテーマとズレる。まとめられない。
などなど・・・・・・

どこも共通ですねえ。
ビッグイシュー [2010年07月22日(Thu)]


今晩は仙台市市民活動サポートセンター地下のシアターホールで、10BOX夏の学校「好奇心と創造のレッスン」に出演しています。一緒に出演するのは、仙台の街角でビッグイシューを販売して3年になるという橋本さんです。筋書がない企画なのではたしてどんな話になるのか、楽しみです。

アジアジ・・・ [2010年07月19日(Mon)]


暑い暑い休日です。昨日買った本から3冊紹介します。

上田紀行さんの新著「「肩の荷」をおろして生きる」PHP新書。久繁哲之介著「地域再生の罠」ちくま新書。中野雅至著「公務員の「壁」」洋泉社。

中でも、「地域再生の罠」が出色。オススメします。

目次から・・・
・大型商業施設への依存が地方を衰退させる
・成功事例の安易な模倣が地方を衰退させる
・間違いだらけの「前提」が地方を衰退させる
・間違いだらけの「地方自治と土建工学」が地方を衰退させる
・「地域再生の罠」を解き明かす
・市民と地域が豊かになる「7つのビジョン」
・食のB級グルメ化・ブランド化をスローフードに進化させる(提言@)
・街中の低未利用地に交流を促すスポーツクラブを創る(提言A)
・公的支援は交流を促す公益空間に集中する(提言B)
久しぶりの本屋 [2010年07月18日(Sun)]


この連休は、ひたすら事務所に篭って、この先の講演や研修の準備と事業報告書を書くことに専念しています。しかし、専念と言いながら目と耳はあちこちと机上をさ迷い、ついつい積ん読くになっている本をパラパラしているうちに深みにはまるのですね。

今日は帰り道、久しぶりにまともな本屋に入りついついたくさん買ってしまいました。
写真の「松岡正剛の書棚」は、東京駅丸の内北口にある丸善の中の、松岡さんがプロデュースした松丸本舗の紹介です。先日、社会イノベーター公志園のキックオフイベントで、丸善の社長にお会いして、松丸本舗の話で盛り上がったばかりだから、ついつい買ってしまうんですね。東京に行くとついつい松丸本舗に寄ってしまう私です。

あー、本が読みたい!禁断症状ですね。

写真の左の包みは購入本です。
蝸牛? [2010年07月17日(Sat)]


講演のときの自己紹介に、趣味は将棋や鉄道模型や蝸牛と書いてあるので、蝸牛って何?という質問をいただきます。

趣味が蝸牛って変ですね。もともとカタツムリ社という出版社をやっています。ますむらひろし、という漫画家のファンクラブの東北支部長を自認していたことがあり、彼の作品「シャイコナ」に出てくるよく潰れる出版社の名前が、カタツムリ社なのです。最初に出版社を始めるとき、冗談でつけました。

以来28年でしょうか、つぶれずに細々と出版活動を続けてきました。(この10年は忙しいので休眠状態です。)

約40冊ほどの本を世に送り出しました。なかには、かなりの販売部数になる本もあります。「ぬりええほんひゃくばんめのサル」「覚醒のネットワーク」などは代表的な本です。

なので、ついつい蝸牛に関係あるものが集まってしまいます。

今回は秘蔵の逸品を紹介します。

こういうことを書いていると暇そうですが、ほんとうは泣く泣く事業報告書を書いています。ふう・・・・

加藤のプロフィールを載せておきます。 [2010年07月17日(Sat)]

いろいろ不便なので、加藤のプロフィールを載せておきます。
Wikipediaでも、古いプロフィールが修正されず載っているので、ときどき誤ったプロフィールが講演先で紹介されたりします。
一応、公式プロフィールは、こちらを使ってください。

小学三年生? [2010年07月16日(Fri)]


今夜は、仙台市市民活動サポートセンターで、NPO税・法人制度改革学習会in仙台というセミナーを開催しています。講師のシーズの関口宏聡さんは、なんと、シーズが設立された1994年には、まだ小学三年生だったといいます。ヒエー!驚きですねえ。

もう私のようなロートルは引退だなあ、という感慨にふける私でした。

認定NPO法人の宮城県第一号の、みやぎ発達障害サポートネットの伊藤さん、三浦さんに事例報告をしていただきました。ありがとうございます。

秋田県、山形県、福島県の皆さんも参加いただきました。感謝です。

民主党政権が迷走しているとは言え、NPOや市民セクター寄りの施策がたくさん打ち出されていることもよくわかります。ただし、まだまだ「寄付と会費でNPOの自立を!」という掛け声施策が目立ちます。それは、多くの草の根のNPOにとって大事な基盤ですが、一方で、行政の施策の受け皿として活躍するNPO(社会福祉法人や社団・財団法人なども含む)に関わる、契約上のルールやセクター間の協定などに関する施策は打ち出されていません。そのあたり、今後の大きな課題となっていくでしょうね。
| 次へ