CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年09月 | Main | 2008年11月»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2008年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
実家です。 [2008年10月27日(Mon)]
久しぶりに実家に泊っています。

今日の午前中までは、岩手県住田町におりました。
住民ディレクターの提唱者、岸本晃さんと一緒に、住田ケーブルテレビのスタッフや
提携している遠野のケーブルテレビの方々などと打ち合わせをいたしました。

地域づくり塾のメンバーの昨日の反応を見ると、
皆さん、ちゃんとした参加型のテレビづくりに興味津々というところです。

あとは、役場の側の理解がどこまで開くか、ですね。

さて、昼から新幹線で仙台まで戻り、仕事の打ち合わせをしてから、
福島の実家に来ています。

というのは、父親が入院していまして、かなり重篤な状態だという連絡があったからです。
個室に入って、食事はもうできない状態で、点滴。
肺の機能がもう少なくなっているので、
脳に酸素が足りず、幻覚を見たりしているようです。

でも、私の声と顔は識別し、ちゃんと話はできないけれど、
相槌と身振りで意志の疎通はできます。

もう1年以上肺がんの手術をしてから自宅で療養し、
9月に肺炎で緊急入院していたのですが、よく持っています。
もともと体力があり、我慢強い人なので、しっかりしているようです。
どんなに具合が悪くても、
見舞いに来る人に椅子を勧めたり、気をつかう人です。

意識が混濁してくると、無意識に点滴のチューブを引き抜いてしまうなど、
放っておくと危ないので、ついていて手を握っています。
まだ力があるので、結構しっかり握ってきます。

親父の手を握るなんて、こんな時だけでしょうね。

いつも実家にも寄り付かない親不孝息子ですが、
こんなときには、なんとかやりくりがついて、ついていられるのも、
まわりの皆さんのおかげです。






住民ディレクター [2008年10月26日(Sun)]
今日は岩手県住田町です。地域づくり塾で熊本の株式会社プリズムの岸本晃さんを招いて住民ディレクターのお話をしていただいています。住田町ではこの4月からケーブルテレビが開局しました。そこで住民ディレクターの手法を使えないだろうか、ということで、岸本さんをお招きしたわけです。「身体がカメラ」「番組はおまけ」という岸本節がどう地域に影響をもたらすか、とても楽しみです。

「画面に映っているのは、撮っている自分」「関係性が見えてくる」
「このカメラは、量販店で29800円で売っていたものです。これで番組がつくれちゃう。」
「身体がカメラだから、ズームをつかわず、ずーっと寄ってしまう。」
「寄るとぶれない。」
「寄ると、直接の会話が成り立つ。」
「だから、身体がカメラ」
「だからラジオだ。」
「インタビューより会話をしにいく。そこにたまたまカメラがある。」
「漬物をつける婆ちゃんにカメラを持たせてしまう。」
「取材者ではなく、蛸飯を習いに行ってカメラを回している。」
「介護の現場にカメラが入る。友達の介護を手伝いながら、カメラに撮ってしまう。」
「それをみんなで見ながら、議論して、いつか番組になってしまう。」
「ラジオ番組の中に、映像を入れる。」
「公開収録の楽しさ、気軽さを体験する。」


岸本節はとまりません。
私も片手にカメラを持ちたくなりますね。




ポスター作り [2008年10月23日(Thu)]


今日はクリーン仙台推進員さんたちの学習会で広報スキルアップのためポスターを作っています。雑誌を切り抜き、アピールしたいポイントをコピーにして書き込む。コラージュ的手法ですが、小学校の工作の時間以来という制作作業が、新鮮で楽しいものです。

最後に皆さんでポストイットで投票、参加者の最高点を獲得した作品がこれ。切り抜きでカラスに見せた腕がすごいです。





まるもり修学塾 [2008年10月15日(Wed)]

今夜は丸森町でまちづくり塾「まるもり修学塾」です。皆さんで気になることから取り組みを考えるワークをしています。板書しているといいアイディアが湧きますね。皆さん夢中になって他の人の企画にポストイットでコメントをつけています。
仙台の元気、お届けします。 [2008年10月12日(Sun)]
皆様

仙台の元気、お届けします。
明日13日は、せんだい・みやぎオータムセミナー2008が開催されます。

これは、愛知県の「あいち市民教育ネット」さんが企画してきたサマーセミナー
(3日間で講師1000人による1000講座を開催!!)に刺激を受けた仙台
の若者たちが中心になって、昨年秋から開催しているもので、今年は2回目です。

今年は、昨年以上の規模です。講師数157人!!

HPを見るだけで、仙台の元気が伝わってきます。
 http://www.heartbest.net/autumn2008/

こんなに多くの人たちが、無報酬で、自分たちの街のために、仙台の若者のため
に、一肌脱いでいるのです。なかなかですね。


仙台のNPO関係者も活躍しています。

CSR企業を探すにも、使えるセミナー講師を探すにも、いろいろなかかわり方
ができるオータムセミナーです。

行けない人はせめてHPを隅から隅まで見てくださいね。

ココロが、起動する。
▼せんだい・みやぎオータムセミナー2008
 http://www.heartbest.net/autumn2008/



加藤哲夫

-----------------------------------------
特定非営利活動法人
      せんだい・みやぎNPOセンター
980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2-6-27 岡元ビル4F
TEL  022-264-1281
FAX  022-264-1209
団体代表アドレス minmin@minmin.org
団体ホームページ http://www.minmin.org/
みやぎの公益活動ポータルサイトみんみん
         http://minmin.canpan.info/
-----------------------------------------
住民ディレクター [2008年10月10日(Fri)]
ご無沙汰いたしております。
ただ今、秋田県におります。

10月は一ヶ月になんと23回ほどに講演や講座を引き受けてしまい、
ちょっとヒーヒーしながら走り回っています。

さて、10/27(月)に、住民ディレクターの生みの親、熊本の岸本晃さんのセミナーが、仙台で開催されます。東北開発研究センターさんの主催です。


住民ディレクター運動は、西のほうが広がっていて、東はまだまだ情報が足りないのですが、この機会に、地域づくりの人材育成機能でもある「住民ディレクター」について話を聴いていただきたいと思います。

地域づくりの関係者、市民活動の皆さん、とても参考になる取り組みです。

以下、ご案内です。

第11回東開研セミナー

1.日 時 平成20年10月27日(月)15:30〜17:30

2.場 所 セントレ東北8階 第2会議室(仙台市青葉区中央2-9-1 別紙地図参照)

3.講 師 有限会社プリズム 代表取締役  岸本 晃 氏

4.テーマ 地域情報化によるまちづくりの実戦・全国版
       〜 住民ディレクターという人物伝 〜

5.定 員 40名(参加費無料、先着順)

以 上

※本件に関するお問い合わせ
〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目15−31 大町電力ビル別館
財団法人東北開発研究センター調査研究部 担当:渡辺
TEL:022-222-3394 FAX:022-222-3357
e-mail:watanabe@tohoku-drc.or.jp

岸本晃氏プロフィール
14年間の民放在職中に「地域づくりの手法」としてのテレビに着目、
住民が番組制作を経験することで総合的な企画力を培う「住民ディレクター」を提唱。
発想の基本は「押せば映る」「身体がカメラ」「番組はオマケ」。
「住民ディレクター養成講座」を核に、全国各地の社会活動をプロデュースしている。
CATV、民放、衛星、Web放送局などを活用し、
コミュニケーションの活性化による地域振興を目指す。
(株)プリズム代表取締役、NPOくまもと未来理事長。
総務省地域情報化アドバイザー。
日経地域情報化大賞・日経新聞社賞受賞、NHKスペシャル「変革の世紀2」(共著)etc.

http://blog.goo.ne.jp/0811prism 住民ディレクターNews
http://www.prism-web.jp/     プリズムHP
http://www.prism-web.jp/tv/   プリズムTV