CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年09月 | Main | 2007年11月»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
■■■加藤哲夫の蝸牛庵日乗 第11号 ■■■ [2007年10月19日(Fri)]
メルマガをそのままブログにも掲載させていただいています。

■■■加藤哲夫の蝸牛庵日乗 復刊第4号 2007/10/19発行■■■


ご無沙汰いたしております。
加藤でございます。

読者数が増えていただいているのに、このメルマガは廃刊か?
さっぱり発行せず、大変申し訳ありません。
ブログも増えて、仕事も増えると、ますます書けない私がなさけないです。

書きたいことは山ほどなんです。

例えば、舛添厚労省大臣が、社会保険料を着服した自治体職員を
昔にさかのぼって刑事告発する、といきまいています。
宮城県の大崎市は、合併前の旧田尻町の職員が対象にされ、
告発せよ!と命令に等しい指示(恫喝に見えます)を受けたのですが、
伊藤大崎市長は、既に全額返納、懲戒免職、社会的制裁も受けて
更正している人を、もう一度、今度は刑事告発する必要はないと、
記者発表をしたところ、舛添大臣のパフォーマンスに煽られた市民から
抗議の電話やメールが殺到したそうです。
大臣は社会保険庁に指示して刑事告発に踏み切らせました。

今は、誰かが煽ると、自分ではちゃんと考えもしていない人たちが、
群集となって非常に攻撃的に振舞う事態が増えていますね。
とても嫌な感じがします。

私は伊藤市長と大崎市のとった方針は、極めてまともで立派なものだ
と思います。でも、このままですと、抗議の嵐に、大崎市の皆さんが
めげてしまうかも知れません。
あるいは、他の自治体が毅然とした態度を取れなくなる可能性もあります。

そして大臣の人目を引くパフォーマンスは、社会保険庁の長年の悪徳商法の
ような体質の改革へ人々の目を注目させることなく、やり玉にあげる
スケープゴート(犠牲の羊)をつくり、いつの間にか、一過性のスキャンダル
として忘れ去らせてしまうのです。人気取りのパフォーマンスの影には、
そういうメタ効果が隠されていることを読み取りたいものです。

そうならないために、私にできることは何か、考えました。
そうです。
大崎市に、励ましのメールや電話をすることでしょうね。
講演でも、そのように話しています。
さっそく行動です。

なんてことを考えながら、10周年の記念事業の準備をしています。

ご縁がありましたら、ご参加ください。

加藤哲夫


【BCC:クロスポストお許し下さい・転送歓迎】

★,。・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆★,。・:*:・''☆:★,。
・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆★,。・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆:★,。・:*:
・''☆
■■■せんだい・みやぎNPOセンターの設立10周年記念事業のお知らせ■■■

★,。・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆★,。・:*:・''☆:★,。
・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆★,。・:*:・''☆:★,。・:*:・''☆:★,。・:*:

おかげさまで、せんだい・みやぎNPOセンターは、この11月1日で満10年
になります。NPO法が衆議院を通過の直後の7月、緊急報告集会を同時に、セ
ンター設立呼びかけ集会にして3ヶ月、11月1日に設立総会を開催したのが、
つい昨日のように思われます。

この10年間にお世話になった方々と共に、豊かな感謝の時間を持ち、さらには、
この10年で私たちは何を成し遂げ、何を失敗してきたのか、その総括と今後の
展望を語り合うことをめざして、11月1日から3日に、記念事業を開催いたし
ます。盛りだくさんの内容ですが、この機会に、仙台の秋の味覚を楽しみながら、
NPOの未来に思いを寄せていただきたいと思います。

ご来訪、お待ちいたしております。

                   せんだい・みやぎNPOセンター
                     代表理事 大滝精一、加藤哲夫
                     他理事・監事・職員・会員一同


以下、各事業のご案内を申し上げます。

■【その1】「谷川俊太郎+谷川賢作の世界「朝のリレー」詩と音楽の贈りもの」

日時:11月1日19:00〜21:00
場所:イズミティ21 小ホール

当センターでは、11月1日〜3日の3日間にわたり、設立10周年記念事業を開催します。
その第1弾として1日の夜に開催されるのが、
「谷川俊太郎+谷川賢作の世界 「朝のリレー」詩と音楽の贈りもの」です。

谷川俊太郎さんは、皆さんご存知の日本で最も知られている詩人ですが、なんと
当センターの正会員です。縁あって会員になっていただきましたが、今回はまさ
に縁あってご子息の谷川賢作さんとの共演、朗読とピアノによるコンサートが実
現しました。ちょうど10周年を迎える、NPO法人ソキウス仙台さんと一緒に開
催します。会員の方はもちろん、一般市民の方にも楽しんでいただけます。また、
仙台在住の著名なフラワーアーティスト「森春雄さん」とのコラボレーションも
急遽実現することに。谷川俊太郎ファン必見のパフォーマンスが実現しそうです。
ぜひお越しください。

*詳しくは、当センターホームページをご覧の上、お申込みください。
 http://www.minmin.org/info/2007/10/03_2002.php


■【その2】10周年記念式典&記念講演・シンポジウム

日時:11月2日13:30〜18:30
場所:仙台市市民活動サポートセンター地下 市民活動シアター

10周年記念式典のあとは、文化人類学者で、東京工業大学大学院准教授 上田紀
行さんによる記念シンポジウムです。つい最近、ダライラマとの対談集がでたば
かりの上田さんですが、今回の記念講演タイトルは、「目覚めよ日本!がんばれ
NPO!」です。今年の日本の世相をふりかえると、なんとぴったりのテーマで
すね。NPOが、今の日本で、世界で果たせることって?ちょっと足を止めて、
この日ばかりは上田さんのお話に耳を傾けて、明日からのこと、来年のこと、未
来のことを考える時間にしてみてはいかがでしょうか?

また、記念講演のあとは、(1)仙台・宮城のNPOの方に、この10年と今後の展
望について語っていただきます。続いて、(2)11/1〜2と行われる支援センターワー
クショップのゲストからNPO支援10年の総括と展望についてパネルディスカッ
ションにて議論の成果をご報告いたします。長丁場のシンポジウムです。

*詳しくは、下記のアドレスをご覧ください。また、参加のお申込みは、当セン
 ターまでご連絡ください。
 http://www.minmin.org/info/2007/10/14_1716.php


■【その3】10周年記念パーティー
        「拓け!市民社会、やってやれないことはない」
         なんと驚きの「10周年記念グッズ付き」!!

日時:11月2日19:00〜21:00
場所:仙台市市民活動サポートセンター地下 市民活動シアター

記念講演「目覚めよ日本!がんばれNPO!」に引き続き、記念パーティ「拓け!
市民社会、やってやれないことはない」を開催します。

このパーティにご参加いただく方には、もれなく「10周年記念グッズ」を進呈
いたします。その中味は、なんと!
(1)報告書「せんだい・みやぎNPOセンターの仕事3」と「地域のNPO支援10年の
総括と展望」を贈呈
(2)オリジナル日本酒【純米大吟醸「協働」】と【有機米仕込み純米大吟醸「みん
みん」】の2本を贈呈。それぞれ題字は、「協働」を、市民協働の提唱者である
元仙台市長・藤井黎さん、「みんみん」を谷川俊太郎さんに揮毫いただきました。
おいしいお酒の味わいがグーンと深まるはずです。
*(1)(2)共に、新酒の出荷される来年2月を予定しております。

なお、パーティには出席できないが、せんだい・みやぎNPOセンターの10周
年を祝って、記念グッズが欲しいという方も、ご祝儀と思ってお申し込みくださ
い。パーティ不参加分のおまけをつけてお届けいたします。

パーティ参加・不参加いずれも、参加費は10,000円となります。

*詳しくは、下記のアドレスをご覧ください。また、参加のお申込みは、当セン
 ターまでメールでご連絡ください。
 http://www.minmin.org/info/2007/10/16_1214.php


■【その4】オプショナル訪問企画
日時:11月3日(土)
(1)バスで行く「みやぎの田んぼは、元気だっちゃ!」 9:10−15:30
(2)「秋の仙台まち歩き」 10:00−13:30

2つの企画は、地元の人も意外に知らない宮城県や、仙台のまちを楽しむ企画で
す。遠方からおこしの方におすすめの2コースです。

◆環境保全団体の案内でラムサール条約指定の地、蕪栗沼を訪問、さらにバスで
 行く先のゴールは、記念グッズの製造元でNPOとの連携を進める蔵元・一ノ
 蔵です。(参加費:4,880円)
◆仙台のまち歩きでも、広瀬川だけじゃない見どころがザクザクあります。
 (参加費:2,480円)

*お問合せは、せんだい・みやぎNPOセンターまで。
 http://www.minmin.org/


■【その5】ワークショップ「地域におけるNPO支援10年の総括と展望」
日時:11月1日(14:00〜17:30)〜2日(10:00〜12:00)
場所:仙台市市民活動サポートセンター セミナーホール

北海道、上越市、大阪市、神戸市、千葉市、北上市などの地域NPO支援センター
の理事長、事務局長やNPO研究者を発題者に、IIHOEの川北秀人さんと当セン
ター代表理事の加藤哲夫が、コーディネーターで、この10年の総括と今後の展望
について公開の議論を展開し、参加された皆さんも呼応して、議論を深める二日
間です。参加費無料。NPO支援に情熱を持つ、行政担当者や支援センター幹部、
研究者にも開かれた議論の場です。(参加費無料)

*こちらからお申し込みください。
 http://www.minmin.org/info/2007/10/14_1646.php


■11/3-4には、IIHOEと共催の支援力パワーアップセミナーも開催いたします。
 https://blog.canpan.info/iihoe/archive/49



□お問い合わせ、お申し込みは、
-----------------------------------------------------
 特定非営利活動法人
       せんだい・みやぎNPOセンター
 980-0804
 宮城県仙台市青葉区大町2-6-27 岡元ビル4F
 TEL  022-264-1281
 FAX  022-264-1209
 メールアドレス minmin@minmin.org
 ホームページ http://www.minmin.org/
 センターブログ https://blog.canpan.info/minmin/
-----------------------------------------------------

これはなんでしょう? [2007年10月04日(Thu)]
事務所の前の歩道の植え込みになんと里芋が出現!!里芋畑で葉っぱの露をこぼして遊びましたが、それがなんでこんな街中に!!楽しいですね。ゲリラ農園かな?
冠ロータリークラブ [2007年10月04日(Thu)]
センターの活動の中で、サポート資源提供システムとみんみんファンドの運用があります。
運用ったって、元金が何十億円もあるという話ではありません。
毎年、数十万円から数百万円を資金調達するのです。

そのご協力をいただいている団体の一つが、冠ロータリークラブさん。
毎年、講話をさせていただき、みんみんファンドに寄付金をいただいています。

その皆さんから植林活動に参加してみたいとお話を受けました。
そこで、蔵王のブナと水を守る会さんをご紹介しました。
今日は例会での講話に、代表の白内恵美子さんに来ていただきました。

蔵王のブナと水を守る会は、なんと1986年設立。
同時は、私も参加していましたが、東北各地でブナの原生林を伐採から守ろうという運動が盛んになっていた頃です。
蔵王のブナと水を守る会でも、伐採の反対から声を挙げ、
やがて90年代に入って、伐採がとめられてからは、荒地に植林をして、もとのブナ林を復活させようという活動に転換します。
1998年からはナショナルトラスト運動を開始、土地を取得して植林を進める手法をとってきました。

センターの運営するサポート資源提供システムでは、昨年、約7500坪(約2.5ha)の山林を社会のお役に立てていただきたいという市民の申し出を受けて、蔵王のブナと水を守る会に土地の寄贈を仲介しました。

今後は、クラブ内で話し合って、継続して植林や草取り作業に皆さんが参加される方向だそうです。

せっかくの写真がデータが大きくてのらないよお・・・トホホ

新刊です!! [2007年10月02日(Tue)]
ここ数年、コミュニティ自立研究会の活動の中から本を出版してきました。三部作のトリは、「コミュニティの支援戦略」です。今日出版社から届きました!!第一章を加藤が書いています。なかなか読みごたえがある本に仕上がりました。地域コミュニティの再生や活性化に取り組んでいる人にはとくにオススメします。
『コミュニティの支援戦略』鰍ャょうせい刊 2000円 です。