CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日乗 | Main | 講演»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
総会の朝 [2010年09月05日(Sun)]


とうとう入院してから11日目の朝が明けました。前回はこのあたりから食事がオッケーになり、ぐんぐん回復して行ったのでした。今回はなかなか良くなりません。今日は中心静脈カテーテル挿入を行い、腕の点滴針負担軽減と栄養状態の改善を目指します。眠ってしまう間のことだから痛いわけじゃないんですが、身体に異物が入るというのはドキドキですね。眠っているけど頑張ります。

さて、今日はセンターの総会の日でした。設立以来、すべての総会と理事会に出ていたので、今回は初めての欠席になりました。事務局長、スタッフ、そして理事の皆さんで力を合わせていい総会にしてください。

総会記念講演を、株式会社アイエスエフネットの渡邉幸義社長にお願いしました。
アイエスエフネットさんは、IT関連人材派遣業とでもいうのでしょうか、急成長中の企業で、従業員1600人以上の会社です。

渡邉社長とお会いして、経営理念などをお聞きしました。面白いと思ったのは、現代社会の矛盾の多くは企業が引き起こしているのですが、渡邉社長はその原因の一つを、社会には障がい者も閉じこもりもいろんな人がいるが、会社はそういう人たちを切り捨てて成り立っている、会社を社会と同じ様にすればどうだろうか、と考えているというのです。

実際、障がい者のみならず、一般企業では採用されないと言われる方々を積極的に採用するという方針を出して実践しているといいます。

仙台でも、障がいのある方々の就労は広がりつつあるようですが、アイエスエフネットさんの試みは、新しい風を呼ぶかも知れません。満員に近いお申し込みをいただいているようです。反響が楽しみです。
お久しぶり!! [2009年12月30日(Wed)]
29日の朝日新聞のひと欄を見ていたら、懐かしい顔が載っていた。中野真樹子さん。

もう20年も前のこと、私がやっているカタツムリ社という出版社から、『実験動物の解放』と『野生動物の解放』という2冊の、手描き本を出版させていただいた方です。その頃から動物のことに熱心で、土砂降りの雨の中、自分の身体より大きな怪我をした犬を拾ってきたり、突然アラスカに行ってシロクマと会ってきたり、小さな身体の大物だったのですね。記事の写真につけられた年齢が41歳だから、当時はまだ20歳そこそこだったわけで、動物について私が関心を持ち、自治体職員研修などでも、発言してきたのは、いろいろなことを、なかのさんに教わったからなのです。

その後、仙台から去り、獣医師になり、新聞記事によると、路上生活者が飼う犬や猫のケアをしているというのです。あー、ほんとうに変わっていないですねえ。

先日、このブログにコメントをいただいたのですが、ほんと懐かしい。お元気で何よりです。

『野宿に生きる 人と動物』駒草出版が出るそうです。
買いますね。

うーん、なんで写真が半分になってしまうのか・・・
よかったよかった。小さくしたら、雰囲気はわかるね。