CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«住民ディレクター | Main | 父の死»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
実家です。 [2008年10月27日(Mon)]
久しぶりに実家に泊っています。

今日の午前中までは、岩手県住田町におりました。
住民ディレクターの提唱者、岸本晃さんと一緒に、住田ケーブルテレビのスタッフや
提携している遠野のケーブルテレビの方々などと打ち合わせをいたしました。

地域づくり塾のメンバーの昨日の反応を見ると、
皆さん、ちゃんとした参加型のテレビづくりに興味津々というところです。

あとは、役場の側の理解がどこまで開くか、ですね。

さて、昼から新幹線で仙台まで戻り、仕事の打ち合わせをしてから、
福島の実家に来ています。

というのは、父親が入院していまして、かなり重篤な状態だという連絡があったからです。
個室に入って、食事はもうできない状態で、点滴。
肺の機能がもう少なくなっているので、
脳に酸素が足りず、幻覚を見たりしているようです。

でも、私の声と顔は識別し、ちゃんと話はできないけれど、
相槌と身振りで意志の疎通はできます。

もう1年以上肺がんの手術をしてから自宅で療養し、
9月に肺炎で緊急入院していたのですが、よく持っています。
もともと体力があり、我慢強い人なので、しっかりしているようです。
どんなに具合が悪くても、
見舞いに来る人に椅子を勧めたり、気をつかう人です。

意識が混濁してくると、無意識に点滴のチューブを引き抜いてしまうなど、
放っておくと危ないので、ついていて手を握っています。
まだ力があるので、結構しっかり握ってきます。

親父の手を握るなんて、こんな時だけでしょうね。

いつも実家にも寄り付かない親不孝息子ですが、
こんなときには、なんとかやりくりがついて、ついていられるのも、
まわりの皆さんのおかげです。






コメントする
コメント