CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«人生、最高の書斎にて | Main | 無音の快楽、漆黒の安らぎ»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
飴と果物 [2011年08月14日(Sun)]


「月と6ペンス」みたいなタイトルですね。好きだったサマセット・モームを思い出しました。モーと入力したら、モー娘しか変換されませんでしたが。

以前、このブログに書いたように、「飴三昧」は続いています。

低空飛行と書きましたが、輸液は仕方がありません。しかし、口からある程度、食べられるなら、いいわけです。ただ、脂肪やタンパク質は、もう肝臓機能が失われつつあり、食べられません。割合純粋な糖なら、カロリー補給になるのです。

それが、この間の、「飴三昧」の正体です。

飴は、多くは水飴を使った糖です。余計なものは、香りや味つけに過ぎません。しかも、点滴と似ています。ゆっくり溶けながら、口から腸に流れ吸収されます。

どうも、これが体調を改善したようです。

体は面白いもので、正直です。途中まで食べられていた生乳百パーセントヨーグルトは、突然食べられなくなったのです。代わりに「飴三昧」の日々。不思議です。

あっ!
「月と6ペンス」や他のモーム作品では、良く、気だるい「雨」が降っていましたね。

果物は、目下、口から食べられる、もうひとつのものです。

実家の母が送ってくれる福島の桃は、実に美味しい!毎日、2個か3個いただいてます。スイカ、グレープフルーツなど、口の中で、「じゅわん、ぷちゅぷちゅ」とジュースになる瞬間が、たまりませんね。水分補給になります。たくさん冷蔵庫にカットした果物をいれておき、看護師さんにお願いして、食べるわけです。


6月の雨の季節が好きです。だからかな、紫陽花の青や藍や紫が交じりあった、あの色が好きです。

えー、カタツムリなんだから、紫陽花はつきものでしょう?!と言われてしまい、あっ!なる程と、納得してしまいました。

なので、「加藤哲夫記念・紫陽花基金」なのです。

もちろん、わたしの大好きな夏目雅子さんにちなんだ、「夏目雅子記念・ひまわり基金」の二番煎じは承知の上です。

実体は、「東北復興・紫陽花基金」になるはずです。
コメントする
コメント