CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«南相馬からの便り5が届きました。 | Main | 蟷螂のつぶやき»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
フクシマが日本を救う! [2011年07月21日(Thu)]

ご無沙汰いたしております。
少し前に、「ビッグイシュー」に書いた連載原稿ですが、
多くの人々に知って、行動してもらいたいため、
雑誌では削られたものも入っている素原稿を
雑誌の発売の後に公開させていただきます。

「ビッグイシュー」7/15号は、特集 いまフクシマ です。
ぜひ、入手して、ご覧くださいね。

それにしても、立地県の知事や市町村長はだらしがない。
政府の方針と見解を糺すと証しているが、誰一人として、
自分の頭で考え、判断しようとしていない。
皆さん、次に何かあったら、政府が安全宣言をしたから、と言い訳をするに決まっている。
話にならない。

既に、福島の事故が起きた後に、安全宣言はありえない。
ちょっとした津波対策などの手直しで、どうにかなるものではない。

例えは、今回、事故のあと、ヨウ素131の体内吸収を防ぐという目的で、
備蓄されていたよう素剤は、なぜ配布できなかったのか?

次の事故では、配布できるのか?
フランスのように、周辺住民には、事前に配布しておくべきではないのか?

こんな素人でもわかる疑問にも、答えていない。

安全宣言というのは、考えるのを止める宣言のことですか?



■フクシマが日本を救う!

この一週間、生死の境をウロウロし、ようやく生還したばかりだ。毎日毎日被災
地の死者の名前のリストが載る新聞を読み、遠方の友人の訃報を発見。生と死の
境界線の淡さに想いを馳せていると、3月より執筆・編集を進めてきた『市民の
ネットワーキング 市民の仕事術T』『市民のマネジメント 市民の仕事術U』
(仙台文庫 汲ルんの森発売)が届く。この20年間、私が市民活動の現場で考え
てきたことがこの二冊に凝縮している。素直に嬉しい。

福島県の復興ビジョンを検討する委員会が、「脱原発」を鮮明にした基本方針案
をまとめた。世界に放射能汚染地域フクシマの名前が記憶されてしまった福島県
にとって、復興とは何よりも原子力災害の克服である。そして、その仕事はただ
物理的な復旧や経済的な復興ではない。世界の見る目を変えさせることだという
決意のみなぎる案である。「原子力に依存しない、安全・安心で持続的に発展可
能な社会」を築くという宣言は、固唾を呑んで見守っている世界の人々に、感動
と共に届くことだろう。被曝した地だからこそ、エネルギーシフトをして、東電
の第二原発も廃炉にするという方針である。それを知事も尊重すると言明してい
る。

国レベルでは、菅総理の追い落としと共に、原子力村の面々が跋扈し、逆襲が始
まっている。既に経産省は海江田を使って、浜岡以外は動かせと言い出している。
たちまち佐賀県知事が籠絡され、玄海原発再稼動のシナリオが動き出している。
しかし、他地域の知事たちは今のところ慎重である。止まった原発の再稼動には、
知事の同意がいる。福井の知事もさすがに拒否しているが、大阪の橋本知事も、
大阪市長も、関電の依頼を拒否して、福井の知事の拒否を支持している。大消費
地の知事が、関電の依頼を拒否している。橋本知事などは記者会見のバックボー
ドに「エアコン止めれば、原発止まる」と大書きしている。(直後に、誰かが入
れ知恵したのだろうが、「夏のピークに エアコン止めれば、原発止まる」に正
しく修正された。)

だから、全国から福島県という自治体と知事の決断を支持するキャンペーンを起
こして欲しい。復興計画に、この方針案がきっちり反映すれば、間違いなく東電
の第二原発が止まる。今の日本で、一人で原発を止められるのは、現地の知事だ
けだ。国の方針を変えるのは、まだまだ至難の業かもしれない。しかし、地方分
権の時代だ。立地県の知事が拒否する限り、原発は止まる。被災地フクシマが拒
否することを誰が批判できようか。

全県が被曝、本当なら100万人もの人々が避難しなければならないかもしれない
ほどの汚染地域に住む人々の決断によって、日本が救われるのだ。助けられるの
は、日本全体である。私たちである。彼らを見捨てないでいただきたい。福島県
を応援するメッセージを全国から、福島県庁に、そして、福島県のメディアに、
届け続けて欲しい。


コメントする
コメント