CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«BRUTUS用眼鏡 | Main | 47都道府県と世界20ヶ国から寄付を集める?!»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
高木仁三郎さんのこと [2011年05月26日(Thu)]



4度目の入院が終わり、また退院です。ふうふう(-.-;)

あっという間に一年が過ぎました。

病気の上に震災と津波と原発事故があり、時間感覚がおかしくなっています。不思議な感じです。

抗がん剤治療(TS-1)を今朝から開始します。毎日、朝晩、飲みます。併用している免疫細胞療法、温熱療法、ビタミンC点滴療法と相乗効果がでて、がん細胞の拡大を少しでも遅らせることができるといいな、と思っています。


原発事故で、高木仁三郎さんの名前を目にする機会が増えました。

原子力資料情報室の初代代表だった高木さんは、原子力産業に就職しながら、日本の原子力開発に疑問を持ち始め、やがて反原発の市民科学者としての道を歩み出します。

わたしも何度かお話を伺ったことがあります。病に痛む身体をおして、女川原発訴訟の証人に来ていただいたこともありました。わたしの尊敬する人の一人です。


高木さんは、2000年10月、62歳と2ヶ月で、亡くなりました。


実は、今年の秋、わたしも62歳と2ヶ月になります。高木さんが晩年、がんに苦しみながら、わたしたちに残した宿題を果たすことができず、とうとう福島原発の事故という最悪の事態になってしまったこと、残念です。

その高木さんが逝った歳に、わたしもあと半年でなります。いや、あと半年持つかどうか。

そんなことを思いながら、高木さんの最期の著作「原発事故はなぜくりかえすのか」(岩波新書)をくりかえし読んでいるわたしです。



写真は、定禅寺通りのケヤキの木から空を見上げて、退院の朝に。

コメントする
コメント