CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«する? しない? 悩ましい・・・ | Main | 高木仁三郎さんのこと»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
BRUTUS用眼鏡 [2011年05月25日(Wed)]




本棚が好きだ。
だから、本屋が好きだ。
いやいや、本が好きだ。

どれも正解。

昔から、人様の本棚を覗くのが好きだった。

そうそう、作家の書斎訪問などという企画で、本棚の写真が載っていれば、虫眼鏡片手に写真の本棚の本を探検するのが、大きな楽しみだった。

「BRUTUS」は昔から良く買う雑誌のひとつだが、しばしば本や本屋特集をやってくれるので、ついつい買ってしまう。

ただし、あくまでも読者層が、40代までなのだろうか、活字が極小のコラムや記事が多い。さすがのわたしも、老眼鏡なしでは太刀打ちできない。

あっ、わたしはもともと近眼だから、眼鏡を外して顔を紙面に近づければ読めるのだが、無様である。

もともとパソコン用の眼鏡は持っていたが、55歳過ぎまで近眼用眼鏡のまま文庫本が読めたので、読書用眼鏡を作ってなかった。

そこで文庫本からBRUTUSまでサクサク読める読書用眼鏡を作った。

このところわたしの眼鏡は、ポーカーフェイスという眼鏡屋さんで誂えている。若いスタッフが親切で、いいデザインのフレームが多く、技術もいいので気に入っている。

そこで見つけたのが、写真のフレーム。クラシックなスタイルで、縁にも模様がある。
なかなか味がありますね。

どこかのカフェで、この眼鏡をかけて本を読む男がいたら、わたしです。
コメントする
コメント