CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今日も治療3時間 | Main | 札束の嵐»
プロフィール

カタツムリさんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
蝶の舞う海 [2011年05月19日(Thu)]




昨日は、午前中はビタミンC点滴療法の市川電力ビルクリニックで、試験投与の
二日目と採血。昨日の採血結果だと白血球は7400、好中球が68%。まあまあの
数値ですが、ヘモグロビンが少し足りないとか。点滴も採血も、ベテラン看護師さ
んのおかげて不安なく助かります。今日は30000円弱の支払い。

午後から、東西クリニックで免疫療法の相談でした。いろいろと聞いていただい
て、他の療法の併用についても質問。BAK療法をやられるのなら、こちらはやら
なくてもいいのではないでしょうか、というお答えでした。がん患者は、複数の
医療機関を受診して、どの治療法がいいのか、なかなか判断できない状態です。
ある程度、比較して話をしてくれるとありがたいですね。相談料1時間、15000円
程度でした。有明病院のセカンドオピニオンなら、4万円になるところですから、
決して高くない相談でした。感謝!!

ということで、私の治療は、来週からの抗がん剤標準治療(TS-1)と、毎月一回の
免疫細胞療法(BAK療法)と、毎週2回の温熱療法とビタミンC点滴療法の4つの治
療の併用ということになりました。一つ一つが時間がかかるものもあるので、結
構、忙しいものです。頑張って、少しでも生き延びたいですね。




さて、そんな中、京都の齋藤洋さんから、またメールをいただきました。この6月
10日から、岩手県や宮城県に出かけてきて、野染めをするというのです。

「野染め」という魅力的な名前は、野原でたくさんの人々の手によって、布を染
めることから来るようです。私にいただいたマフラーも、野染めの布でした。同
じ色、同じ模様は一枚もない。そんな即興の魅力に魅せられて、齋藤さんは野染
めを繰り返してきたそうです。

昔、確か一度、一緒にさせていただいたことがありましたが、いいものです。
齋藤さんの文章と写真で、その魅力を感じてください。

私は、エリザベス・キュブラー・ロス博士の白い蝶の舞う壁の話から、蝶の舞う
海の話に惹かれます。エリザベス・キュブラー・ロス博士は、死に行く人のための
医療の提唱者として早くから活躍され、エイズ孤児のサポートにも力を注がれました。
私は、彼女の著作「死の瞬間」シリーズの愛読者で、エイズ問題に取り組んだときにも
ずいぶんと助けられたことを思い出します。


「重なる手」「連続無窮」第10号から




「大船渡」での野染めの呼びかけ



コメントする
コメント
こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
すでに私の夫と顔見知りになられていますが、私とは同じ臓器の病気の繋がり、どうぞよろしくお願いします。
以前、私が海外での未承認治療を受ける前に主治医から提案されていた治験についてお知らせしたく思いました。参考までにこちらのURLをごらんください。http://pancreatic.cocolog-nifty.com/oncle/cat21421799/index.html
http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~hmtonc/vaccine/index.htm

主治医からの提案は阪大系のWT-1ですが現在は新規の受け入れをしていません。東大系のものは幾つかの病院で可能です。
BAKよりは確実性が期待できます。どうぞご検討くださいますように。
Posted by: pnetねこ  at 2011年05月22日(Sun) 10:46